暗殺教室 ネタバレ 167話「信頼の時間」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ 167話「信頼の時間」

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室167話「信頼の時間」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定(未確定、嘘バレ)、感想まとめ、あらすじです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



暗殺教室 ネタバレ画バレなし 167話
936: アニメ漫画の影響力がお送りします
信頼の時間

E組一同も殺も思いは一つ もう1度だけ会いたい
軟禁されている間中、E組一同は作戦を練る

そして"天の矛"発射当日
今まで全く現れなかったビッチ先生がE組の部屋に現れると
手当たり次第に口づけて帰っていく
生徒たちの口腔に残されたのは竹林の爆薬パーツ一式&脱出マップ

もはや四次元ポケットと化したビッチ先生の口はさておき
E組一同はいったん帰宅、準備を整え再度集合

渚を待っていた広海は
すっかりしおらしい普通の母親になっていた

律はイトナのドローンで参戦
突破できそうなルートは一つだけ、もちろんホウジョウたちが待ち構える

 殺せんせーの暗殺期限まで… あと3時間!!
■最終任務、開始(ラストミッション、スタート)。
 
バレ2
 
■今すべきことは、そして殺せんせーのしたいことは…囚われの身の学級会議
ナレーション:
まず第一に 殺せんせ—に本心から死んで欲しい生徒なんてE組にはいない …聞くまでもない事だ
第二に僕等はそれでも殺し屋だ
必殺に賭けたこの1年の思い出を…赤の他人に踏みにじられるのは絶対に嫌だ

寺坂「…て事はよ まず俺等は何をしてーんだ?」
矢田「…決まってるよ 」
「殺せんせ—も…やりたい事は一緒だと思う」

キュキュキュキュ…
ぴかあっ
机を吹きまくる殺せんせー。
さらに窓もピッカピカに。
「ヌルフフフ 会心の手入れですねぇ」
綺麗になった窓から外を見上げる。
殺せんせー(超生物の私に 今更恐れるものなどあろうはずが無い ただひとつ叶うなら もう一度だけ…生徒に会いたい)
(…会いたい)

E組(会いたい)
(会わなきゃ何も終らない!!)
同じことを思う殺せんせーとE組。
不破「気持ちを抑えて今は待とうよ」
『3日ほど 頭を冷やして考えるんだな』
不破「あの言葉の裏を読めば…3日待ってもレーザー発射には充分間に合う それまでに烏間先生はきっと手を打ってくれると思う」
ナレーション;
考えよう
もしもここを出れた時に備えて あらゆる作戦を立てておくんだ

何やら地図や装備品リスト、警備のタイムテーブルなどを広げるE組。

「あと3日」
監視カメラの位置を確認したり戦闘訓練を積むE組。
「あと2日」
カルマが座っている磯貝に声を掛ける
カルマ「磯貝」
「もし山の仲間で入れたら…そっからは俺に仕切らせて」
「…頼む」

いつになく真剣な表情のカルマに磯貝はにこっと笑う「…あぁ 任せた」

ナレ-ション:
あと1日!!
寺坂「…どーすんだよ 全く脱出のチャンス無かったぞ」
「もう今日だぞレーザー発射」
目を伏せる一同。
とそこで部屋がノックされる。
兵士「いいか 本当に顔を見るだけだぞ こんなの上にバレたらどうなるか」
「わかってるわよ 1目見れば安心だから」

現れたのはビッチ先生。
「あ〜ん生徒たち〜♡ 心配したわ〜!!」
誰だよオマエ…みたいな表情の一同。
いきなり竹林に濃厚なキスをかますビッチ。
竹林「!!?」
さらに男女構わずどんどんキスをしていく。
ビッチ「皆元気?」
「元気なら良ーし じゃ帰るわ」
普通に帰ろうとするビッチ。
生徒「ん ?ん?」
兵士「ほ ほらもういいだろ」
「もーお外に見張りいるんだからビビらないでよ じゃ またねガキ共」
投げキスしつつ出ていくビッチ先生。

照れが収まらない茅野「な…何しに来たのよ ビッチ先生!!」
「……渚?」
口を押える渚。
さらに他の生徒達の口からもコードに筒などのいろんな部品が出て来る。
竹林「………!! 僕の爆薬一式だ」

そして夜。
裏口を爆破して逃げ出すE組。
そこに待ち構えていたのはビッチ先生「遅いわよ 私の完璧な脱出マップがありながら」
矢田「…ビッチ先生 これは…」
イリーナ「カラスマから頼まれてね」
「思ったよりかかっちゃったわ E組教師を口実に通って心を開かせて 休憩室で見張り全員が談笑する習慣を作って あんたらの脱出経路を確保するまで」
得意の色仕掛けで警備兵に絡むビッチ先生の描写。

「どーやってこんだけの脱出道具口の中に入れてたんだ」
「恐るべし世界屈指 色仕掛け術」

イリーナ「レーザーの発射時刻は日付が変わる寸前ですってね」
「どういう結果になるのか私は知らない けど…どのみち明日は卒業式の日なんでしょ 最後の授業よ 存分に受けてらっしゃい」

一同「……っ」
「はい!!」
 
「よっし まず各自手はず通り帰宅して準備!!」
「逃げた事はすぐバレる 包囲の警戒が強くなる前に!!」
動きだすE組の面々。
「ビッチ先生」
原がビッチに声を掛ける。
「烏間先生と一緒に来て!2人とも私達の大事な先生なんだから!!」
頬を染めるビッチ「仕方ないわね」

【渚宅】
自宅に忍び込む渚。
ナレーション:
僕等の気持ちは…多くの人には伝わらなかった

体操服に着替える渚が母に気付く。
渚「か…母さん…!!」
ゴゴゴゴゴゴ…
母「こういう事だったのね…あんたが言う”全力でしていた挑戦”って……」

震える渚「…お願い」
「…母さん 行かせて」
「先生のもとに…皆で行かなきゃ」

ゴゴゴゴゴゴ…

母「……正しいと思うならそうしなさい」

固まる渚「……え」
母「私の気持ちまで考えて進学先を選んでくれた」
「そんなあんたが選ぶ道なら きっとそれは正しいのでしょう」
「行ってらっしゃい 無茶だけはしないでね」

微笑む渚「……行ってきます!!」

ナレーション:
E組の先生達…そして母さん
ちゃんと見て信頼してもらえる事が 心と体をこんなに軽くするなんて
高いマンションの窓から飛び降りる渚に愕然とする母。
母「む…無茶とはいったい…」

集まったE組を出迎えたのは律。
律「よくご無事で皆さん!! お留守の間に空からの偵察は完璧です!!」
「自律ドローン充電発着場か」「よくこんなの整備してたなイトナ」
イトナ「対殺せんせ—の最終兵器の予定だった 律と組ませば最大に力を発揮できる…だが違う奴らに使う事になりそうだ」
磯貝「山の外周の警備で突破できそうなのは…隣町から山ひとつ越えるこのルートだけ」
「1時間後この入り口に全員集合!!」

【1時間後】
磯貝「時間が無い この潜入が間違いなく最後のチャンス」
ナレーション:
最後の任務は全員無事に登校する事!!

そのE組の動きを感知するホウジョウ。
ホウジョウ「残念な坊や達だ 遊技場と死地の区別を教えようか」
 
先頭に立つカルマ「行くぞ」

■殺せんせ—の暗殺期限まで…あと3時間!!

バレ2


烏間の言葉を聞き、話し合うE組

渚「(まず第一に、殺せんせーに本心から死んで欲しい生徒なんてE組にはいない…聞くまでもない事だ

第二に、僕等はそれでもころしやだ 必さつに賭けたこの1年の思い出を…赤の他人に踏みにじられるのは絶対に嫌だ)」

寺坂「…て事はよ、まず俺等は何をしてーんだ?」

矢田「…決まってるよ 殺せんせーも…やりたい事は一緒だと思う」

その頃、殺せんせーは教室をピカピカに掃除していた

殺せんせー「ヌルフフフ、会心の手入れですねぇ

(超生物の私に今さら恐れるものなどあろうはずが無い ただひとつ叶うなら、もう1度だけ…彼らに会いたい…会いたい)」



E組も皆同じ事を思っている「(会いたい 会わなきゃ何も終わらない!!)」

不破「気持ちを抑えて今は待とうよ あの言葉の裏を読めば…3日待ってもレーザー発射には充分間に合う それまでに烏間先生はきっと手を打ってくれると思う」

もしもここを出れた時に備えてあらゆる作戦を立てる一同

1日…また1日と時は経ってゆく



カルマ「磯貝、もし山の中まで入れたら…そっからは俺に仕切らせて 頼む」

カルマの本気の目に笑顔で答える磯貝「…ああ、任せた」


そして更に時は経ち…

寺坂「…どーすんだよ、全く脱出のチャンス無かったぞ もう今日だぞ、レーザー発射」

浮かない顔の一同

その時、重い扉が開く音がする

兵「いいか、本当に顔を見るだけだぞ こんなの上にバレたらどうなるか」

やってきたのはビッチ「わかってるわよ、一目見れば安心だから あ〜ん生徒たち〜♡心配したわ〜!!」

テンションの高いビッチに対して冷めている生徒達

ビッチはいきなり竹林の頭を掴んでキスをする

そして男女問わず近くにいる生徒達にキスをして回る(渚もされる)

ビッチ「皆、元気?元気なら良ーし、じゃ帰るわ」

兵「ほ、ほらもういいだろ」

ビッチ「もーお、外に見張りいるんだからビビらないでよ じゃ、またねガキ共」

投げキッスをして去っていくビッチ、一同は冷めた表情のまま

涙を流す茅野「な…何しに来たのよビッチ先生!!…渚?」

口元を押さえている渚、その口からは何か出てくる

キスされた面々の口からも色々出てくる

竹林「…!!僕の爆薬一式だ」


夜になり、その爆薬を使って外に出たE組

待っていたビッチ「遅いわよ 私の完璧な脱出マップがありながら」

矢田「…ビッチ先生これは…」

ビッチ「カラスマから頼まれてね、思ったよりかかっちゃったわ E組教師を口実に通って心を開かせて

休憩室で見張り全員が談笑する習慣を作って、あんたらの脱出経路を確保するまで」

生徒達「どーやってこんだけの脱出道具、口の中に入れてたんだ」「恐るべし世界屈指の色仕掛け術」

ビッチ「フフフ… レーザーの発射時刻は日付が変わる直前ですってね どういう結果になるのかは私は知らない

けど、どのみち明日は卒業式の日なんでしょ 最後の授業よ、存分に受けてらっしゃい」

一同「….っ、はい!!」

動き出す一同

磯貝「よっし まず各自、手はず通り帰宅して準備!!逃げた事はすぐバレる、包囲の警戒が強くなる前に!!」

片岡「ビッチ先生、烏間先生と一緒に来て!!2人とも私達の大事な先生なんだから!!」

一瞬驚いたような表情をするビッチ


そして笑みを浮かべて答える「仕方ないわね」

暗殺教室 ネタバレ 167話 2

自宅にベランダからひっそりと入り、着替える渚「(僕等の気持ちは…多くの人には伝わらなかった)」

その時、渚の背後には母

渚「か…母さん…!!」

目を見開いて言う母「こういう事だったのね…あんたが言う “全力でしていた挑戦” って…」

渚「…お願い母さん、行かせて 先生のもとに…皆で行かなきゃ」

母「…正しいと思うならそうしなさい」

渚「…え」

母「私の気持ちまで考えて進学先を選んでくれた そんなあんたが選ぶ道なら…きっとそれは正しいのでしょう

行ってらっしゃい 無茶だけはしないでね」

笑顔で答える渚「…行ってきます!!」

ベランダから飛び立っていく渚「(E組の先生達…そして母さん ちゃんと見て信頼してもらえる事が、心と体をこんなに軽くするなんて!!)」

驚き震える母「む…無茶とはいったい…」


建物の屋上に集まる一同


律「よくご無事で皆さん!!お留守の間に空からの偵察は完璧です!!」

暗殺教室 ネタバレ 167話 3

磯貝「自律ドローン充電発着場か」

前原「よくこんなの整備してたなイトナ」

イトナ「対殺せんせーの最終兵器の予定だった 律と組ませば最大に力を発揮できる…だが違う奴等に使う事になりそうだ」

磯貝「山の外周の警備で突破できそうなのは…隣町から山ひとつ越えるルートだけ 1時間後この入口に全員集合!!」


そして1時間後

磯貝「時間が無い、この潜入が間違いなく最後のチャンス 最後の任務は全員無事に登校する事!!」

山に入り込む一同


それに勘付いたホウジョウ「残念な坊や達だ 遊技場と死地の区別を教えようか」

渚と拳を合わせるカルマ「行くぞ」


殺せんせーの暗殺期限まで…あと3時間!!

938: アニメ漫画の影響力がお送りします
政府ザルい
どうせそんなこったろーと思った

940: アニメ漫画の影響力がお送りします
>まず第一に 殺せんせーに本心から死んで欲しい生徒なんてE組にはいない …聞くまでもない事だ
>第二に僕等はそれでも殺し屋だ
>必殺に賭けたこの1年の思い出を…赤の他人に踏みにじられるのは絶対に嫌だ


もうどこから突っ込んでいいのかわからん
943: アニメ漫画の影響力がお送りします
早く来てくれ二代目
希望はお前だけだ

945: アニメ漫画の影響力がお送りします
何だ、やっぱ簡単に脱出じゃん
947: アニメ漫画の影響力がお送りします
政府が無能・甘過ぎだな
949: アニメ漫画の影響力がお送りします
地球ごと赤の他人の命を巻き込もうとしてることについては何か思うことないのか
950: アニメ漫画の影響力がお送りします
渚脳では殺せんせーの命は地球より重いからな
951: アニメ漫画の影響力がお送りします
赤の他人のくせに勝手に俺らを心配するな!
でも俺らはお前ら赤の他人全員巻き込んで勝手にギャンブルするつもりだぜ!

うーんこの
952: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>951
地球滅亡かかっている以上、人類全て当事者なのにな…
ましてや政府はE組への依頼者

そして予想されてた通り磯貝からカルマへリーダーチェンジ
957: アニメ漫画の影響力がお送りします
渚とカルマの連携でホウジョウは倒されそうだな・・・
958: アニメ漫画の影響力がお送りします
柳沢&二代目「(出番まだ…)」
968: アニメ漫画の影響力がお送りします
助けるとかじゃなくてただ一度会いたいっていうのはいいと思うわ
あとはホウジョウさんがE組無双してくれれば文句ない

971: アニメ漫画の影響力がお送りします
カルマはサバゲーで赤メンツを見下し使い捨てた挙句負けたんだが…
あいつが仕切るの?

カルマのせいでE組生徒が傷付いてはじめて足元から崩れおちるパターンかな
973: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>971
そんな面白そうな展開絶対ねえって
安定と信頼のがっかりマンセーだろ 
そういう展開やるならもっと早めにやって挫折からの成長劇にするもんだがもう尺がない
カルマに限らずE組は苦悩葛藤挫折の描写が薄過ぎて人間らしい要素がろくに描かれもしないから
成長した扱いされてもピンとこない上に愛着が湧かない
977: アニメ漫画の影響力がお送りします
実際狭間とか中村とかカルマの指揮にに対して不満持ってたメンバーもいるし
あきらかに見下してリーダーという器じゃない
それなのにゲームじゃないこの状況で指揮すんのか…
990: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>977
そう言われると磯貝だと人が良過ぎて実戦には不安かもな
まとめ役磯貝・軍師カルマ・秘密兵器渚
てのがいいと思うがそれも素人考えというか普通すぎですかね・・・

991: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>977
一応カルマは暗殺で成果を残せていない生徒(この場合狭間)の心情理解し上手く使ってやって2kill達成させてやってたろ
狭間も珍しく笑ってたし中村はそもそもカルマの指揮に不満もってない
ノリノリで副官やってたろ
981: アニメ漫画の影響力がお送りします
ホウジョウにボコボコされるけど一矢報いて
生徒たちに最後の面会だけ許すとかそういう落としどころかな

985: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>981
果たしてカルマがボコボコにされる展開を松井が描くかどうかだな
982: アニメ漫画の影響力がお送りします
殺せんせーのあの球体の完全防御形態だったらこのレーザー兵器もきかねーんじゃねーの?
983: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>982
あれ使うと丸1日動けなくなるから
発見されたら終わりじゃないか?
989: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>983
あっ!それ使って生徒どもが運び出す展開?
984: アニメ漫画の影響力がお送りします
メグが誘ったせいで烏間とビッチに死亡フラグ立ったんじゃ・・・
987: アニメ漫画の影響力がお送りします
最後カルマと渚が拳合わせてるけど
なんだかな~火神と黒子みたいだったな~
勿論あんな相棒感ないが…

992: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>987
杉野…
993: アニメ漫画の影響力がお送りします
一旦帰るとか余裕だな待ち伏せされてたらアウトじゃねえか
どうせなら謎なままの茅野とカルマの家族写してほしかったわ
でも「会いたい」は良かった涙腺にクル
997: アニメ漫画の影響力がお送りします
>>993
ほとんどの生徒の親ってセリフで語られるばっかりで姿見せないね
特に茅野んちは設定が無理くりすぎるから出したら矛盾点付かれまくりだろうなw

暗殺教室ネタバレ168話に続く。



2015年12月05日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます