暗殺教室 ネタバレ 170話 「ついに殺せんせーVS柳沢&2代目死神開戦」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ 170話 「ついに殺せんせーVS柳沢&2代目死神開戦」

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室170話「次世代の時間」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定(未確定、嘘バレ)、感想まとめ、あらすじです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



暗殺教室 ネタバレ(画バレ) 170話


殺せんせーと生徒達

『空にはレーザーの光が…今にも零れ落ちそうに輝いている』

磯貝「なるほどねぇ…レーザー発射は日付が変わる直前ですか…」

殺せんせー(あの光なら…完全防御形態すら貫かれるだろう)

倉橋「殺せんせー…なんとかして逃げよう!!
私達人質にでも何でもなるから!!」

横では三村が頷いている。

殺せんせー「どんな貴人を人質に取ろうが…ここまで来たらもう発射は止めないでしょう。
地球の命がかかってますから」

その言葉に意気消沈する渚とカルマ。

速水「殺せんせーは…分かってたの?  こうなることが」

殺せんせー「仮に先生が爆発せずとも…これだけ強大な力を持ち奔放に活動する怪物を…世界各国が恐れないはずはありません。
どのみち息の根を止めてしまいたい…と思うのが妥当でしょうねぇ」

不破「もっと早く来れてれば…捕まったりしなければ他に打つ手があったかもしれないのに!!
バリアの発生装置を壊すなり…TVやネットに出まくって訴えたり!!」

殺せんせー「そんな事をすれば君たちはもっと危険視され厳重な管理下に置かれたかもしれない。
発生装置の防備もまた鉄壁です。
先生からの投石にも備え対空兵器まで配備してある。
君たちの今の能力と装備では途中で捕まってしまったでしょう。
それほどにこの計画は完璧でした。
技術と時間と人員が惜しげもなく注ぎ込まれていた。
世界中の英知と努力の結晶の暗殺が…先生の能力を上回ったことに敬意を感じその標的であったことに栄誉すら感じます」

矢田「でもじゃあ…私達の努力は…無駄だったの…?」

殺せんせーは矢田の頭を撫でる。

殺せんせー「無駄な事などあるものですか。
矢田さん、君たちは…先生の爆発の確立が1%以下であると宇宙へ行ってまで突き止めてくれた。
暗く沈んでいたE組に明るさが戻りそこからの1か月は…短かったけど本当に楽しかった。
その過程が、心が大事なのです。
「習った過程の全てを尽くして君たちは会いに来てくれた。
先生としてこれ以上の幸福はありません」

寺坂「もう時間切れでいいだろーが。
たった1%だぞ!! その程度のリスク、俺等は余裕で飲めるってんだ!!
なんで政府も世間も1番近くで過ごした俺等の意見を聞こうとしねーんだ!!
このタコ、エロいくらいで何の危険も無えのによ!!」

暗殺教室 ネタバレ 170話

狭間「”ガキの言葉に耳は貸さない、その代わり哀れんであげる”侮辱に等しいわ」

村松「納得できるかこんなもん…」

吉田「今度会ったらあいつらぜってー…」

殺せんせーは生徒達の頬を撫でる。

殺せんせー「寺坂君、皆さん。
先生からアドバイスをあげましょう。
君たちはこの先の人生で…強大な社会の流れに邪魔をされて望んだ結果が出せない事が必ずあります。
その時社会に対して原因を求めてはいけません。
社会を否定してはいけません。
それは率直に言って時間の無駄です。
そういう時は”世の中そんなもんだ” …と悔しい気持ちをなんとかやり過ごしてください。
やり過ごした後で考えるんです。
社会の激流が自分を翻弄するならば…その中で自分はどうやって泳いでいくべきかを。
やり方は学んだはずです。
このE組で、この暗殺教室で。
いつも正面から立ち向かわなくていい。
避難しても隠れてもいい。
反則でなければ奇襲もしていい。
常識外れの武器を使ってもいい。
殺る気を持って焦らず腐らず試行錯誤を繰り返せば…いつか必ず素晴らしい結果がついてきます。
君たち全員、それが出来る一流の暗殺者(アサシン)なのだから」

暗殺教室 ネタバレ 170話

 静かになる生徒達。

寺坂「ケッ。こんな時まで授業かよ」

殺せんせー「ヌルフフフ。
こんな時だからこそできる授業です。
教師たるもの教育のチャンスはのがしませんよぉ。
でもね」

殺せんせーは生徒達の頭に触る。

殺せんせー「君たちが本気で先生を救おうとしてくれた事。
ずっと涙をこらえていたほど嬉しかった。
本当ですよ」

渚(なんでそんなに落ち着いてられるんだよ殺せんせー。
僕らに教えたこのE組に来なかったら…普通にどこかで生きれたかもしれないのに。
僕らは殺せんせーの…)

殺せんせーの誕生日

 殺せんせーは中村に質問する。

殺せんせー「ところで中村さん。
山中の激戦でも君の足音はおとなしかったですねぇ。
しかも…甘い匂いがするようですが?」

殺せんせーは生唾を垂らす。

中村「地獄耳で地獄鼻かい…」

中村はポケットから箱を出す。

中村「月が爆発した日から今日で丁度1年でしょ。
確か雪村先生は…今日を殺せんせーの誕生日にしたんだよね」

中村が取り出したのは小さい苺のショートケーキ。
歓喜する殺せんせー。

暗殺教室 ネタバレ 170話 (2)

中村「小っちゃいけどブランドもんの高級ケーキよ…これを崩さず持って来れる私の体術を褒めて欲しいな…聞けよ!!!」

殺せんせーはケーキに夢中になる。

暗殺教室 ネタバレ 170話 (2)

殺せんせー「だって…だって、1週間ぶりのスウィーツ!!」

殺せんせーのよだれがケーキにだらーっと降りかかる。

中村「ああもう、ヨダレがたれる!! みんなとっとと歌っちゃうよ!!」

中村はローソクを取り出す。

中村「サンハイ!!」

ハッピーバースデーの歌を唄う生徒達。

寺坂「ケッ、くせぇ仕込みしやがっ」

そう言いかけたところで片岡が寺坂の耳をつねる。

暗殺教室 ネタバレ 170話 (3)

殺せんせーは嬉しさのあまり震えている。

殺せんせー(充分すぎる。
なんて身に余る…報酬を得たことだろう)

そこへ烏間とビッチ先生が到着。
殺せんせーがローソクの火を吹き消そうとする。

岡島「オラ吹き消せ殺せんせー!! 1本しかねーんだから大事にな!!」

柳沢と2代目死神登場

 殺せんせーが息を吸ったところでケーキが何者かに粉々に粉砕されてしまう。

暗殺教室 ネタバレ 170話 (3)

もちろん現れたのは柳沢と2代目死神。

柳沢「ハッピーバースデー」

寺坂「シ…いや…」

殺せんせー「柳沢…!!」

柳沢「機は熟した。
世界一残酷な死をプレゼントしよう」

暗殺教室 ネタバレ 170話 (4)

2代目死神が服を脱ぐ。

2代目死神「先生…僕が誰だか分かるよね?」

衝撃を受ける殺せんせー。

殺せんせー「…!!」

2代目の身体が変貌していく。

柳沢「改めて子供達にも紹介しようか。
彼が…そのタコから死神の名を奪った男だ…そして」

2代目死神の全容が明らかになる。
その姿はまさしく触手の化け物。

柳沢「今日からは彼が新しい殺せんせーだ」

『極まる愛憎、師弟対決、開戦!!』

暗殺教室 ネタバレ 170話 (4)

暗殺教室ネタバレ171話に続く。



2015年12月28日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます