テラフォーマーズ ネタバレ 171話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

テラフォーマーズ ネタバレ 171話

「アニメ漫画の影響力」週刊ヤングジャンプ連載中、テラフォーマーズ171話「PLANET THE SAVAGENESS 野望の大地」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定、感想。

九頭竜艦内の中国班の様子。
カイ将軍がこれまでの経緯とニュートン一族との関係を話す。

アネックス計画プランδは元々は中国とロシアが火星で単独行動をするために考案された計画だった。
が、アメリカに見つかってしまった。
それでアメリカと日本が小細工をする可能性があるため計画をはやめた。

中国は計画の前倒しに対応できなかった。
そこでローマが助力を申し出てきたというかんじらしい。
ローマ連邦大統領にはジョセフがついている。

『U-NASA本部の電話が鳴った。
その相手は新興国、ローマ天保初代大統領ルーク・スノーレソン!』

ルーク「我々が更に出資しよう。
人類の急務だ…それと」

028

ジョセフはエヴァの能力を奪うという目的と燈の生け捕りという2つの目標があった。
しかしジョセフ本人は燈を殺すつもり。
日本が燈とミッシェルを同班にしたためジョセフの思惑は失敗に終わった。

ローマは単独行動の取れるプランδを受け入れた。
火星着陸前にアネックス1号に出現したゴキはプランδに含まれる内容ではない。 これはローマが仕掛けた。

ローマはゴキに情報をあたえて何かに利用しようとしている。
ローマから受け取った情報でゴキの文明は進化した。
ロシアがピラミッドの中で発見した艦の着陸情報は中国のものだけ偽装されていた。
ローマとジョセフがロシアと中国を分断させるため行った。

「信じ難いことにローマ連邦はゴキブリたちに情報を与える事で何か大きなことに利用しようと考えている」

029

各国のトップの描写が入る。

ロシア大統領「我々があの一族をこえる!」
中国主席「そのサンプル200体での研究を急ぐしかあるまい。
一応、まぁ血を半分分けた弟の悲願でもあるしな」

アメリカ大統領の元へ火星での代理戦争が終わったことが伝えられる。

「大統領(プレジデント)、全ての艦が火星を離れた模様です。
火星での代理戦争が終結しました」

『火星での戦いの終焉』

024

テラフォーマーズ ネタバレ 172話に続く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テラフォーマーズ ネタバレ画バレ 171話

テラフォーマーズネタバレ172話に続く。

キングダムについての最新記事

2016年01月24日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます