テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話)|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話)

「アニメ漫画の影響力」週刊ヤングジャンプ連載中、テラフォーマーズ新章3話(176話)「闇の住人」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定、感想。


強さの象徴であるゴキの死体の山を築きタトゥーをした謎の男が登場。扉絵:燈とタトゥー。

煽り
『闇の中で躍動する人間と、その魂』

タトゥー
「何だ。
膝丸じゃねーか」

煽り
『地下水路に、謎の男!!』

(な…何だ…)

燈はタトゥーの男のことを思い出す。

「!!
斎藤くん!?」

燈に笑顔を見せる斉藤。

斎藤
「おお~よ!
膝丸は何してんだ?
こんな汚ねぇとこスーツでよ」

フレンドリーな斉藤。
燈は現状をうまく把握できないでいる。

「(…やべぇ、思考が追いつかねえ…)
何してんのはこっちのセリフだっての…斎藤くん…」

斎藤
「翔でいーよ!」

タトゥーのフルネームは斉藤翔。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

斉藤は燈の小学校時代の同級生だった。
回想には百合子らしき姿も。 

(斎藤翔くん…イレズミだらけで一瞬分かんなかったが小学校一時期だけ一緒だったな…。
てか向こうもよく俺のこと覚えてたな…。
”やんちゃ”って言うより…マジに家庭環境の悪そうな…。
モグラ族(ホームレス)に…なっていたのか…)

テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話) (4)

燈は斉藤にゴキの死体について訊く。

「このテ…死体はいったい…」

斎藤
「驚いたろ?
”地底人の内臓”は高く売れるんだぜ!」

「(地底人…)
イっ、いやそうは言ってもコイツら凶暴なんじゃ…」

斎藤
「そー!
政府上層部にはコイツらの存在に気付いてるのもいるっぽいけどよ。
モグラ族(オレら)にとっちゃ前々から厄介な隣人よ。
1年くらい前から急にコイツらが地下に増えだした。
おかげで12万人は居たって言われてる日本のモグラ族は一時4分の1くらいまで減ったらしい…。
…だがそれもこの辺りではもう無くなった!!」

斉藤はゴキの死体の山から飛び降りてくる。

斉藤
「オレが現れたからだ」

「…強ぇんだな…」

斎藤
「ああ、それもあるが…」

下っ端が斉藤をボスと叫ぶ。

斉藤
「ボス!!」

ゴキが斉藤の背後から攻撃してきていた。
ゴキの攻撃をノールックで避ける斉藤。

斉藤
「地底人ども(コイツら)は基本」

ゴキに頭突き、パンチ、ナイフのコンボでノックアウトさせる斉藤。

斎藤
「”前か後ろ”からしか来ない!」

斉藤は自分達モグラ族のことを燈に説明する。
斉藤たちはゴキの内臓をブローカーに売って生計を立てている。。

斎藤
「ま…唯一危ないのは”ここ”ぐらいだな。
ここは22世紀に金持ちエリアの水害対策で造られた巨大遊水地だがこれより天井が高いエリアにはオレらも行かねぇ。
地上(うえ)じゃもっと色んなエリアに進出した地底人対策に訓練を積んでる部隊なんかがあるらしいが…まァそれは関係ねぇ。
オレらの”商売”を邪魔しねぇ限りはな。
下水路は地上の道路と同様複雑に東京全土を結んでいる。
ここで獲れた地底人の内臓をそのまま江戸川まで運び東京湾に着く漁船に扮したブローカーにまとめて売り渡す。
それがオレら東京モグラ族(ファミリー)の生業だ。
で、膝丸は?
水道局?」

燈は自分の所属を明らかにする。

「…斎藤くん…俺がその部隊だ。
一警護。
俺の部署への依頼主(クライアント)は主にU-NASAや日本政府。
その地底人の研究と対策をしている。
斎藤くん、2年前U-NASAが募集をかけていたのを憶えていないか?」

斉藤は漢字がかなり苦手らしい。

斎藤
「何となくは知ってたけどオレ漢字もロクに読めねぇからな。
それにオレは既に隣町の地下ギャングのボスになりつつあった」

それを聞いてマルコスとジェットを思い出す燈。

「(字も読めないギャングのボス…確かにアネックス1号には居ないタイプだな…)
ここをあらためさせてくれ。
死体もなるべくこちらで買い取る」

斉藤のファミリーは500人もの大所帯だった。

斎藤
「今後ずっとか?
お前の一存で出来るのか?
ウチのファミリーは500人近くいるぞ。
全員養うにはなるべくじゃ困る」

現実的な話で返答に困る燈。

斎藤
「…勘違いするなよ膝丸。
オレがU-NASAに行ってないのは火星に興味が無いってのもあるが…。
オレもオレの仲間も身を売ってでも家が欲しいなんて思っちゃいねぇからだ。
オレぁアホだから難しい事ァ知らねェけどよ、オレの母ちゃんもそのまた婆ちゃんもこんな暮らしだった。
22世紀ごろから人の増加と経済の自由化から急激に東京がアメリカ化して弱者は容赦なく地下へ追いやられていった…と教わったぜ。
…別に補助金をくれねぇ政府の事を恨んじゃいねぇ、だがな今さらよォオレらがここまで墜ちたのをいい事に利用させてくれるならば拾い上げてあげようってのは違うんじゃねぇの?
今の膝丸(オマエ)も同じだ。
お断りだぜ。
オレが地上に上がるのはオレ自身の力によってだけだ」

テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話) (5)

斉藤はただの無法者でもないらしい。
そう言って斉藤はゴキの頭を粉砕する。
そして燈は任務遂行のため実力行使にうつる。
斉藤もやる気満々。

「話し合いが通じねぇなら仕方ねぇ…俺もここで止まる訳には行かない」

斎藤
「おォとも。
話し合いは通じねェぜ。
オレはヤンキーだからな。
大体よォ…論理(はなし)が通らねぇかっての自体がお前ら側の価値観だろ?
ここは地下だぜ。
気合いで通ってみろや!!!」

斉藤は右の拳を突き出してくる。
その腕を取り関節技を極めようとするも斉藤に解かれてしまう。
そして斉藤は燈の顔に膝蹴りをかます。

「がッ…!!」

追撃してくる斉藤の顔面に今度は燈が肘鉄を入れる。
斉藤の鼻は骨折し大量の血が出るがおかまいなしに突撃してくる。
燈の首を掴み頭突きをかます斉藤。
よろめく燈。

斎藤
「どーしたァ膝丸!!!
そんなんで地底人対策が務まんのかァ!?
いや…務まらねェなァ…!?
あるんだろ?
奥の手がよォ…!!」

斉藤はM.O手術のことを知っている模様。
下っ端が斉藤に薬入りの注射器を投げ渡す。

斎藤
「出し惜しみすんなよ?
そんな甘い相手じゃねーぞ?
地底人も…オレもな!」

驚く燈。

「!!?」

斉藤は薬を打ち込み変態する。

斉藤
「変!!
身!!!」

テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話) (2)

燈は草間が言っていたM.O手術の流出の件、パワーバランス崩壊の話を思い出している。

草間
『流す奴が居るからじゃ。
元バグズ計画関係者…マフィア…闇医者…ドーピング仲介者…スパイ…独裁国家…。
地球のパワーバランスは俄かに崩れ始め危機的な状態にある…』

(…技術がこの世にもたらされた時─最初に変わるのが”軍事”で…次が”無法者”だと聞いた事がある。
2621年……地球の状況は…社会人(オレたち)の想定よりも変わっているのではないか…!?)

ズズズズとオーラを放つ斉藤。

斎藤
「ファミリー500人の生業をお上の圧迫から守ろうじゃねぇの。
上げるぜ」

テラフォーマーズ ネタバレ 新章3話(176話) (3)

煽り
『地下の頭領、特性発動(オンファイア)!!』


テラフォーマーズネタバレ新章4話(177話)に続く。

テラフォーマーズについての最新記事

2016年03月26日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます