東京喰種:re トーキョーグール:re ネタバレ 62話 【最新版】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

東京喰種:re トーキョーグール:re ネタバレ 62話 【最新版】

都を抱く:62

14歳のエトは出版社を訪ねる。
出迎えたのは塩野。

塩野「きみ何歳?」
エト「14…です」
塩野「ふゥーん」

photo142

塩野はエトの持ってきた小説の原稿を見る。

塩野(分厚…500ページはあるぞー)
会食の準備もあるし山田先生の打ち合わせにも行かねば…)
後回し)
…君さ。パッと見文章力はあるかもしれないけど」
エト「はい、なんでも言って下さい」

塩野はエトの作品を批評をする。

塩野「突然のポエティックが多いし、表現が冗長な気がする。
ま、年齢の割には書けてるんじゃないかな。
これ僕の名刺ね。
まあ、またなにかあったら連絡してよ」
エト「…今読まないんですか?」
塩野「何ページあると思ってるの? …わかんないけど。
僕も予定があるから」
エト「でもまだ15分しか…」
塩野「ぼくらにはその“15分”が命取りなの。
…一応預かるけど今日はここらへんで!」
エト「はぁ…わかりました」

photo143

諦めて帰るエト。

パソコンで仕事を始める塩野の元に上司がやってくる。
そしてエトの作品について訊く。

上司「んっ、塩野、これなんだ?」
塩野「いえねえ! 中学生がこの前ですね、持ち込んできたんですよ」
上司「ちょっと見ていいか」
塩野「ええどうぞ〜。
年齢にしては書けてるけどって感じッスね。
それより会食の会場どうします?」
上司「…お前、これちゃんと読んだのか?」
塩野「ええ、全部じゃないですけど」

上司はエトの才能を見抜く。
それを見逃した塩野にキレる。

上司「テメエ馬鹿野郎なのか!?
今のお前は札束を便所に捨てたようなもんだ!!」
塩野「へ…」
上司「今すぐその子に連絡とれ!!」
塩野「ひゃ…ひゃい…!!」

photo146

エトは1人で町を歩ている。

エト「文章。金になると思ったんだけど。
編集の見る目がないこともあるんだ。
メンドくさ。
…はぁ」

エトは15円ほどの小銭を取り出し溜息をつく。

エト「日銭、日銭」

photo147

エトは警官と話している男を目撃する。

男「だから! 向こうからぶつかってきたんだって!」
警官「はいはい…なるほどねえ。詳しいことは署で…」
男「今急いでるから!」
警官「はいはいなるほどねえ…」

エトはその男の車に近寄っていく。
すると中には連れの男がいた。

男「まだかよ〜アイツ…」

エトは窓ガラスをコンコンと叩く。

エト「あの、警察の方が呼んでますよ…」
男「ええっ…俺も…!? チッ…んだよ…ったく…」

その男が車から降りたすきにサイフをゲットするエト。

男「運転してたのコイツだろ…俺は中で待ってろってさっき…!
…は? 呼んでない?」

エトは神社の社でグール2人といる。
そしてエトはサイフを仲間のグールに見せている。

グール「オオーッ!!
すげ…。
どうやってこんなに稼ぐんだよ…。
やっぱエトは俺らと違うな…」
“白鳩”を襲った時もすごかったしな…」

興奮するグールをよそめに冷静に今後のことを考えているエト。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エト(もっと力が。もっと数が要る。
じゃないと“奴ら”には…)」

エトは母親のノートを手にしている。

エト(かあさん…。
私は功善(父)のようには逃げない…。
アイツに原稿返してもらわないとな。
どうすっか)

エトは出版社ビルに再びやってくる。
そこへ塩野が慌ててやってくる。

塩野「きみっ、きみっ!!
なんで原稿に連絡先書いてないのッ!!」
エト「(出たボンクラ)
ないので、連絡先」
塩野「ええっ!?。
…まさかきみが“施設の子”だったとはね…」
エト「はい。施設の方には内緒にしたかったので…携帯電話は持ってないし…」
塩野「なるほどね…よしっ!
はい! 僕名義で買ったから連絡はこれで。支払いも任せて」
エト「ありがとうございます」

エトは塩野から携帯電話をもらう。
塩野は以前とはうってかわって「君の才能・ヴィジョンが僕にはわかる」と知ったかぶりをする。

塩野「ぼくが君を一流の作家にしてあげる!
ぼくは塩野瞬二…君は?」
エト「(誰が…なんだって?)
…エト」
塩野「エトちゃんね。苗字は?」
エト「…芳村」

エトはサイン会を開けるまでの人気作家となった。

あんていくの前にやってきたエト。
中には芳村がいる。

photo149

エト「…」

中から芳村達の会話が聞こえてくる。

古間「芳村さん、そろそろ白黒ハッキリさせてください!
俺と入見…どちらのコーヒーが旨いか!」
入見「またその話? そんなの私に決まってるでしょ」
古間「いやいや!! 入見のコーヒーにはハートが足りないし俺には必殺“魔猿ブレンド”があるんだぞ…!」
入見「なによそれ。
店長ッ、店長、この馬鹿黙らせて下さい」
芳村「難しい質問だなあ。
そうだね…四方くんかな」
古間と入見「えええッ…!!」

そんな楽し気なやり取りを見てしまったエトは激怒。
闇を纏って持っていたおとし箱という本を軽くねじりグシャグシャにする。
古間と入見が仕事からあがる。

photo150

古間と入見「お疲れ様です店長」
芳村「うんまた明日」

芳村はエトが捨てていった本を取る。
エトのものだと気づいている?

芳村「…」

photo151

ある日、塩野がエト宅を訪ねて来る。

塩野「先生、高槻先生〜。
(あいてる…)
差し入れです。生菓子です」

しかしエトはPCに頭をのせて寝ている。

塩野「あれえ、(寝てら)」

塩野はエトに毛布的なものをかける。

塩野「戸締まり気をつけないと〜あなた変なファン多いんですから。
先生の仕事っぷりには頭が下がるなあ」

塩野は生菓子を冷蔵庫に保管しようとしてドアをあける。
するとそこには怪しげなタッパーが複数ある。

塩野「…?
(なんだろ…タッパー…と数字? 日付…かな)」

タッパーの中身は血と人間の顔面の下半分だった。
塩野はそのまま物をもどしドアを閉める。
しかし後ろからエト。

photo153

エト「塩野くん…?」
塩野の心臓がドクンッとなる。

エト「顔色悪いぞなもし…」

赫眼を発動したエトが丸眼鏡をクイッとする。

photo154

場面は塩野の取調室へ。

カネキ「帰っていいですよ」

そこにはエトの姿もある。

エト「塩野」
塩野「…え…」

塩野はこってりと絞られたのかぐったりとしている。
塩野はエトを見るやいなやプルプルと震え始める。

塩野「た…高槻さん…こられないかと…」
エト「…すまん! 迷惑をかけた。
ガリガリだな…大丈夫かい」

エトは笑顔を見せる。
涙を流す塩野

塩野「ごめんなさい!!!
ごめんさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。
僕は…ぼくはッ…」

photo155

塩野のガチ土下座。
その手はカタカタと震えている。
そしてカネキはエトを拘束しにかかる。

カネキ「高槻さん。
過去、あなたの部屋に“人肉らしきものが保管されていた”…と、”15分ほど前に” 彼から」
塩野「ごめんなさいごめんなさい…」
カネキ「高槻泉。
…いえ、芳村エト。
グール被疑者としてあなたを拘束します」

エトは塩野に怨んではいないと言う。
塩野にはひとりに作家にしてもらったのだからと感謝している様子。

エト「いい“目”になったじゃないか青年。
…だが、勝ったつもりなら”口を塞ぐ準備”をしておいた方がいいぞォ。
…塩野くん。顔を上げたまえ。
元より私はきみが尋問に耐えられるとは思っていない…。
きみを怨んじゃいないよ。
“一流”かはわからないが…紛うことなくひとりの作家にはしてもらったのだから」

場面はアオギリのグールと交戦する鉢川班へ。
鉢川達は島からの脱出をこころみている。

鉢川「…急げ急げッ!
追っ手が増える前にずらかるぞ…。
…あゆむ!上だッ!」

滝澤は赫子を遠隔操作しあゆむの足元から何度も生やし攻撃する。
それを全て回避するあゆむ。
上空から攻めて来る滝澤。

photo156

滝澤「アオーンッ。
バフッバフウッー」

相変わらずのいかれっぷりを見せる滝澤。

鉢川「滝澤ァ…」
六月(オウル…!)
鉢川「…法寺もお前のその立派な姿を見りゃあ泣いて喜ぶだろうよ」
滝澤「ホオオオオージイイイイーさんがなんだってえええ?」
鉢川「(二流“元”捜査官がチョーシこきやがって…)
イカレが、テメエなんざー」

鉢川が動こうとした時、いきなり背後から死堪が出現。

鉢川「あ?」

次の瞬間には死堪の熱烈なキスをおみまいされる鉢川。

photo158

東京喰種:re (トーキョーグール:re) ネタバレ 63話に続く。

東京喰種:reについての最新記事

2016年01月31日| |コメント:12Edit

コメント一覧

    • 12. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月08日 16:11
    • 結局エトの闇みたいなのって親に構ってもらえなかったからってだけ??
      あんだけ「誰にも期待していない 世界を憎んでいる」とか
      壮絶な過去ありげに言っときながらこんだけかよ・・・・・・
    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月05日 17:54
    • まぁ鉢はどーでもいーわな
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月01日 15:52
    • 芳村父はエトの本だということに気づいたのか?それとも誰かが捨てただけだと思ったか。
      高槻泉の正体は気づいていそうだけどな。母親そっくりだろうし。
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月01日 09:57
    • いや逆にエトしゃん小物ってない?
      そろそろ脂肪すんじゃね??
    • 8. 三善一喜
    • 2016年02月01日 01:00
    • エトは承認欲求に飢えた構ってちゃん。ガキ臭いキャラばっかだなぁ。
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 23:41
    • 塩野っち可哀想だな
      ハチ公は顔のパーツなくなるんじゃねwwwww
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 12:43
    • 遠隔操作て…滝澤のカグネどうなってんだ
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 11:45
    • なんかエトしゃんに死んでほしくないなぁと思ってしまった…
      もちろんちゃんヒナも。
      ハチ公は…まぁいいかなw
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 11:14
    • キスっていうより鼻を噛み千切ろうとしてる感じかな?
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 10:52
    • 時系列がよくわからんのだがエトは演説が終わった後すぐに塩野の元にきたって解釈でいいのかね

      回想は死亡フラグ…
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 10:38
    • エトが一気に大物っぽくなったな
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年01月31日 09:53
    • 猛烈なキスw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます