《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 夜一の猫化はとてつもなくエロかったwww|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 夜一の猫化はとてつもなくエロかったwww

「アニメ漫画の影響力」週刊少年ジャンプ、ブリーチ663話「God of Thunder 4」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定(未確定、嘘バレ)、感想、あらすじです。

電撃を纏った化け猫のような形態に変身した夜一。その姿(露出度の高さ?)を見て驚くアスキン。夜一の着ていた服は予想通り消失していて電撃が大事な部分を隠している。

アスキン「…な…何なんだよ、そのカッコ…!?」

この形態になった夜一は頭まで動物化するのかアスキンの言葉を無視。そして口から電撃を吐く。

ナックル「何だよ…無視すんなよ…」

煽り「この猫の爪は、ちょっと一掻きが致命傷…!?」

浦原がアスキンの質問に答える。

浦原「瞬閧雷獣戦形“瞬窿黒猫戦姫(しゅんりゅうこくびょうせんき)”。…ッス」

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話

アスキン「ッスじゃなくて…なんでアンタが答えんの…?」

にやつく浦原。そしてアスキンは夜一の特性に気付く。

ナックル「…もしかして…、あのヒト今言葉通じない…?」

浦原ニヤリ。

煽り「来る、何かが、来る」

夜一「キイヤァア!!」

奇声をあげてアスキンに襲い掛かる夜一。そして夜一の爪はアスキンの肩を一撃でがっぽりえぐる。

アスキン「ウソだろッ!?」

夜一の戦闘力に驚くアスキン、そこへ夜一は再び攻攻撃。アスキン吹っ飛ぶ。

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (2)

アスキン「なんでだッ…あいつの霊圧はもう免疫獲得した筈だろ! 同じ死神の霊圧が途中で変わるなんてありえねえ! どういう事だッ…!」

焦るアスキン。そして逃亡。しかしアスキンの後についてくる浦原。

浦原「”気分”っスよ」

ナックル「!!」

アスキンに夜一の特性を詳しく教えてあげるウラエモン。

浦原「よくネコは気分屋だーなんて言うでしょ? 黒猫戦姫の夜一サンはソレが霊圧に出るんス」

夜一は浦原の言葉通り、建物の上に登って腕を毛づくろいしている。

浦原「ホラ今追っかけてきてないでしょ。そういう”気分”だからっス。夜一サンは普段から気分屋っスけどあの姿の時は更にブレッブレで霊圧もそのアオリを直に受けてブレッブレになるんス。”まるで別人の霊圧みたいに”」

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (6)

そして急にまたアスキンに襲い掛かる夜一。再びアスキンは夜一の攻撃をくらい吹っ飛ばされる。

浦原「インフルエンザって毎年流行るでしょう?」

ウラエモンは人間には馴染み深いインフルエンザを例えに出してさらに詳しく説明する。夜一が戦っている間にOSR値を着々と溜めていくウラエモン。

浦原「新型でもないのに抗原性の少しの変化だけで去年と同じA型が流行ったりする。あんな感じっス。体が免疫を作っても作っても 少しの変化で全部パア。もちろん貴方の免疫獲得速度はそりゃとてつもなく早いでしょう。貴方は敵の攻撃を受けると反射で霊圧を解析し恐るべき速度で免疫を作り上げる。1分もあればどんな攻撃も無効化してしまうでしょう。だけどそれでも間に合わない。黒猫戦姫の夜一サンの霊圧は1秒に48回変化する」

さらに攻撃を受けるアスキン。アスキン死亡!?

夜一「フーッフーッ」

ウラエモンは猫じゃらしを取り出す。するとそれにじゃれはじめる夜一。

浦原「はいっ。夜一サーン“ヨルマタ”ですよぉー! こっちこっち!」

ニャーと鳴いて浦原に飛びつく夜一。

浦原「痛い!」

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (7)

浦原の頬をペロペロと舐める夜一。これは薄い本…以下略。

浦原「はっはっはっはっ。よーしよしよし」

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (3)

浦原に愛でられご満悦の夜一。浦原は夜一に膝枕する。

浦原「…やれやれ。“制御できるのがボクしかいない”のと“気分でしか元に戻れない”のが欠点スかねえ…。まァこの姿の夜一サンもこれはこれで可愛いんでボクは別にいいんスけどね……」

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (4)

まんざらでもなかったウラエモン。夜一は夢心地といったところだったが免疫抑制剤が切れ苦しみだす。

夜一「う…ううッ…」

浦原「お、そっか、そろそろ5分スね。免疫抑制剤の効果が切れる頃だ。お疲れサマ夜一サンあとはゆっくり毒抜きしましょ。ボクはちょっと死体捜してトドメ刺してきます」

しかしやはり死んでいなかったアスキン。禍々しい巨大な毒球が現れる。そしてついにアスキンの完聖体が披露される。その見た目は微妙である。

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (8)

浦原「な…ッ。何だ…これは…!?」

アスキン「極上毒入りボール(ギフト・パル・デラックス)。 俺の作れる最大の毒入りボールさ。オット、そっちじゃねェってか? こっちの姿の方が気になるかよ?」

訊かれてもないのに自ら答えていくスタイル。

アスキン「”神の毒見(ハスハイン)”ってんだ。冴えねェ名前だろ?」

オサレさを重要視するアスキンはこの名前をあまり気にいっていない様子。

《BLEACHブリーチ》ネタバレ 663話 (5)

煽り「使徒降誕!!」

BLEACH ブリーチ ネタバレ 664話に続く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブリーチについての最新記事

ランダム記事

2016年02月18日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月21日 15:45
    • 48手ww
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年02月19日 10:15
    • ダサい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます