銀魂 ネタバレ 582話 星海坊主が虚を撃破か!?|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 582話 星海坊主が虚を撃破か!?

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂582話「結晶」 のネタバレ画バレ。

星海坊主に跳びかかる幼少神威。
そして星海坊主を傘でぶん殴る。
建物を壊しながら吹っ飛ぶ星海坊主。
倒れる星海坊主にゆっくりと近づいていく神威。

photo021

星海坊主
「よせ、神威。
俺を信じてくれ」
母ちゃんは俺が救う。
そう約束したはずだ。
その方法ももうすぐ見つかる。
俺を信じてくれ」

神威にそう言う星海坊主だが神威は聞く耳を持たない。

煽り
『牙を剥く我が子…!!』

再度星海坊主に攻撃を仕掛ける神威。

星海坊主
「待て!!
神威!!
お前に見てほしいもんが…」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

神威の放たれた拳を止める星海坊主。

星海坊主
「神威!!」

神威は星海坊主の顎を思い切り蹴り上げる。

photo022

星海坊主はダメージを受けるが神威に何かを見せようとする。

星海坊主
「コイツを見てくれ!!
これがあれば母ちゃんは…」

しかし神威はスルーして傘で星海坊主の左腕を一刀両断してしまう。
その衝撃で地面に埋まる星海坊主。

photo023

神威
「強くなれ、家族を護るために。
そう俺に言ったのはアンタだ。
だったら俺はアンタの腕を振りほどいてでも母さんを連れていく」

切断された星海坊主の腕から石のような物体が転がる。

photo024

そして神威は星海坊主のセリフ拝借する。

神威
「家族じゃなくなっても家族を護る」

一方、その頃マミーは激しく吐血していた。
マミーを心配して寄り添っている神楽。


─現在、神楽と神威─

神楽は神威に蹴りをかます。
しかしその足は神威に掴まれ岩の壁に叩きつけられてしまう神楽。

神威
「お前が護ろうとしたものも俺が護ろうとしてものももうどこにもないよ」

背景では星海坊主に敗れた神威の姿。
神楽が星海坊主の足元に来ている。
神威は地面につっぷしている。

photo026

そこへマミーもやってくるが吐血して倒れてしまう。

photo027

星海坊主が神威の方を見るとそこに神威の姿はなく血痕の痕だけがのこされている。
神威は家族の元を去る。

神威
「家族を捨てあの人も護れなかった俺にはもう強くなる事しか残っていない。
あの男を越える事しか残っていない。
だから神楽行かせてくれ」

神楽にマジの攻撃を加える神威。
神楽は岩に埋もれる。
しかし内心はまだ元の兄の気持ちが残っている模様。

神威
「もう邪魔しないでくれ。
その顔を…その声を…もう俺に見せないでくれ」

神威は神楽の顔でマミーの面影を思い出す。
神楽は岩石の下敷きになり腕だけ外に見えるいるがピクリとも動かない。

photo029


─星海坊主VS虚─

2人の戦いを見ている阿伏兎。
目の前に巨大な岩石が降ってくるが一歩も動くことができない。

阿伏兎
(一歩も動けねェ。
身体がいう事をきかねェ。
こいつが蛇に睨まれた蛙って奴か。
だとしたらその蛙って奴は恐怖だけで動けなかったワケじゃないのかもしれねェ。
目を離さずにいたのは蛇ではなく蛙の方だったのかもしれねェ。
蛙はただ見惚れていたのかもしれねェ。
蛇ではなくその龍に)

星海坊主は傘、虚は刀を振るい2人の得物が激しくぶつかる。

星海坊主
(こんな感覚は初めてだ。
アイツと闘り合うには星(ここ)は狭過ぎる)

虚の攻撃で倒れる星海坊主。
そこへ虚が追撃、それをかわし虚の首へ傘から砲弾を放つ。

星海坊主
(武器が俺についてこれてねェ)

虚は星海坊主の攻撃をもろともせず再び刀を振るってくる。

星海坊主
(身体が邪魔だ)

星海坊主は虚の刀を傘で受け止める。
しかし星海坊主は腹を刀で斬られるが星海坊主も虚の顔面に蹴りを入れる。
この蹴りで虚の首が折れる。

星海坊主
(あらゆるもんが足に絡みつくしがらみに思える。
アレの前では死というしがらみのない男の前では生きている事すらしがらみになる)

photo032

虚は折れた首を元に戻す。
阿伏兎は虚には誰も勝てないと心の中で語る。

阿伏兎
(2匹の龍が互いの尾を食らい合っている。
実力が拮抗する者同士が相対した時起こりうる自滅にも似た戦い。
敵の虚を生むために自らの尾を食らわせ敵を食らう。
互いの四肢を削り合う消耗戦。
敵を食いつくしたとしてもその時自らの身が残っている保証はない。
ただこの戦いにおいてたった一つ保証されている事がある。
あの無限の龍を食い尽くす事は誰にもできない)

虚の星海坊主に切断された腕がみるみるうちに修復されていく。

阿伏兎
(何度でも首を生やすあの龍にこの食い合いを挑む事は自らの尾を喰らう事と同じだ)

星海坊主は虚の不死身の肉体を見てマミーのことを思い出している。

江華の言葉
『私はこの星でしか生きられない。
だからここにいるのさ』

星海坊主はマミーに力を分けてもらう。

星海坊主
(江華、俺は不死者のお前ですら死なせちまうようなバカな夫だった。
(だがそんなバカにしかできねェ事もある。
俺に力を貸してくれ。
俺達の家族を護るため)

星海坊主は傘を手放し、懐にしまっていた神威に見せようとしたものを取り出す。
虚は刀で星海坊主に斬りかかっていく。

阿伏兎
(星海坊主。
まだ食い合いを仕掛けようってのか、無駄だ。
何度やっても喰われるのはアンタだけだ。
これ以上は…)

斬りかかってく虚に対し何の反応も見せない星海坊主。

阿伏兎
(!!
星海坊主、あんた…まさか!!)

虚の刀は星海坊主の胸を貫通する。
阿伏兎は愕然とする。


「…何のマネですか」

星海坊主
「俺もしがらみに捕らわれるのはやめたのさ。
不死者の魂を無理矢理肉体から引きはがそうってんだ。
こっちも肉体(ぜんぶ)脱ぎ捨てて魂(はだか)で殴り合う覚悟ぐらいしねェとな」

photo034


星海坊主の拳が虚に放たれ虚の胸を突き破り心臓を掴む。


「あなたが私の心臓を潰そうと私は消えませんよ。
消えるのはアナタだけです、星海坊主さん」

余裕の虚。
しかし星海坊主の狙いは心臓を潰すことではなかった。

星海坊主
「俺の掌にあるのはお前の心臓だけじゃねェよ。
嫁へのプレゼントだ。
アルタナの結晶石。
アルタナの噴出する龍穴にごく稀にできる凝縮されたアルタナが閉じ込められた結晶」

星海坊主が神威に見せようとしていたのはアルタナの結晶石だった。
アルタナマンは由来のアルタナが切れると死んでしまうらしく、アルタナが枯竭していたマミーの延命に結晶石を使っていた星海坊主。
この結晶石を集めるために星海坊主は星々を飛び回っていた。

星海坊主
「お前ら不死者は星の力によって生まれた。
生まれた星のアルタナをもってしか命をつなげない。
お前はまだ体内にアルタナが残っているようだがそいつが切れれば不死ではいられん。
異星のアルタナでは稼働しないし機能を失う。
俺の嫁の星は生憎アルタナの枯れ果てた死の星だった。
俺は嫁を救うためにこの結晶石を捜し回ってかき集めていたのさ。
結局コイツを使っても少しの間延命する事しかできなかったがまさか他にも使い道があったとは知らなかったよ」

星海坊主は心臓と結晶石を同時に潰しアルタナパワーで虚を葬ろうとする。

星海坊主
「お前地球生まれか。
お前の心臓と一緒にこの異星の結晶石を握り潰しアルタナを解放したらどうなるかな」


「あなたが私の心臓を握り潰すのと私があなたを両断するのとどちらが早いと思いますか」

星海坊主
「さあな。
少なくとも俺は嫁へのプレゼントは一ヶ月前に買い揃えておくタイプだったよ」

星海坊主は虚より先に虚の心臓と結晶石を握りつぶす。
大量の出血を伴い膝をつく虚。

photo035

煽り
『夫の覚悟は、護るべきもののために─!!』

銀魂 ネタバレ 583話に続く。


銀魂についての最新記事


2016年04月01日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます