銀魂 ネタバレ 585話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 585話

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂585話「名前」 のネタバレ画バレ。

鳳仙の墓前で星海坊主が言っていた言葉の回想シーン。

星海坊主
『神楽は神威(やつ)を救いたいと思っている』

煽り
『かつての死闘の後に…』


星海坊主
「憎まれ口を叩いても奴が以前のような兄に戻る事を望んでいる。
お前と神威(あいつ)が対峙する時がきたとしてもきっと。
地球人ってのは妙な連中だ。
憎んだ相手の墓も作る。
憎しみの裏に同じだけの愛情も隠している。
もしかして地球人(おまえ)なら俺と違う答えが…」


─現在─


星海坊主は新八に助けてもらいながら銀さんと神威の戦いを眺めている。

星海坊主
(─アイツ、神威の敵意を俺からそらしその拳を自らに向けさせようとしているのか)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新(ランダム)記事


銀さんは神威に突撃していく。
そして前回のラストに繋がる。

銀時
「最強なんて大層な名前なくてもてめェにゃおあつらえ向きな名前があんだろ。
バカ兄貴ィ!!」

煽り
『交わる因縁!!』


銀さんの洞爺湖と神威の拳が激突する。

星海坊主
(家族(オレたち)を神楽の思いを護るために)

神威は銀さんの洞爺湖を片腕で止めてその腕にもう片方の腕をぶつける。

神威
「バカ兄貴、もしそんなものがまだ俺の中に残っていたとしてもそいつは今日死ぬよ」

銀さんへ得意の踵落とし見舞う神威。
それを避ける銀さん。
しかし銀さんの後ろに回り込んだ神威は銀さん蹴り飛ばしていく。

神威
「アンタと地球のバカ兄貴と一緒に」

壁に激突する銀さん。
そこへ神威の強烈な腹パンがヒット。
堪らず吐血する銀さん。
それに神楽と新八は驚く。

星海坊主
(無茶だ。
地球人が夜兎に…神威(あいつ)に勝つなんざ。
今のアイツの力はあの…鳳仙をも凌駕している)

神威は銀さんの顔面を壁にめり込ませようとする。

神威
「俺は自ら望んで空っぽになったのさ」

銀さんの手から力が抜け洞爺湖が地面に落ちる。

神威
「最強の称号は空っぽぐらいじゃないと器に収まらないだろう。
お前は小さな星で自分の小さな家族だけ護っていれば良かったんだ。
空っぽになる覚悟もないのに俺の前になぜ立った。
だからお前は何も護れずに死ぬ。
神楽(アイツ)から全てを奪ったのは俺とお前、二人のバカ兄貴だよ」

神威は再び銀さんへ拳を放つ。
そこへ神楽カットイン。

神楽
「銀ちゃんんん」

銀さんは神威の拳を掴んで止める。
さらにその腕の関節を極め神威の左肘に膝蹴りをかます。

銀魂 ネタバレ 585話 (3)

そして神威を蹴り飛ばす。

銀時
「空っぽになるのに覚悟なんているかよ。
神威、俺はお前の言う通り最強とは程遠い男だ。
お前の方がよっぽどそこに近いのかもしれねェ。
だが負ける気がしねェ」

銀さんの手を負傷し洞爺湖を握れないほどに。
そこで銀さんは着ている着物を破って右腕に洞爺湖を縛りつける。

銀時
「失うもんがねぇ強さは何も護れねぇ弱さと同じだ。
護る覚悟も失う覚悟も失くしたお前には俺から何者も奪えねェよ」

神威は再び銀さんへ襲いかかっていく。

神威
「自分も護る事ができないお前が俺から何を護れる。
護れもしないならそんなものハナから持つなァ!!」

神威に殴り倒される銀さん。
しかし銀さんは神威に鋭い眼光を送りそこから洞爺湖で反撃。

銀魂 ネタバレ 585話 (2)

観戦している星海坊主は神威が銀さんに怯えいると感じ取る。

星海坊主
(怯え?)

銀魂 ネタバレ 585話 (4)


星海坊主
(まさかあの神威が、そんなはずは。
現に奴の優位は崩れていないではないか。
いや、優位であるがゆえに感じているんだ。
怯えではなく違和感を。
覆しがたい劣勢の中何度も蘇るあの男の目に。
その度ににじり寄るあの男の刃に)

神威も傘で反撃、しかしそれは銀さんにかわされてしまう。
結局両者倒れてしまう。

星海坊主
「あの男は…何だ」

新八
「同じですよ、神威さんと。
神威さんが最強の名を手に入れるために強敵を求め戦い続けてきたようにあの人も戦い続けてきた。
最強とは違う別の名のために」

立ち上がろうとする神威。
顔を上げる神威の目に映ったのは既に立ち上がっていた銀さんの姿。
神威は思わず銀さんに質問する。

神威
「何を見てる、その目で。
お前は敵(オレ)を見ていない。
最強の名に目もくれていない。
鳳仙と戦っていた時も晋助と戦っていた時もお前は一人別の場所で戦っていた。
お前の敵は誰だ。
その敵を倒し得たい名はなんだ」

銀さんは自分は神威と同じ空っぽだったと言う。

銀時
「…俺もお前と同じだ。
空っぽだった。
何もかも失って失う恐さを知って」

攘夷戦争で戦っているいる銀さんの姿が入る。
そして江戸を1人きりで歩く銀さんの姿。

銀さん
「空っぽのまま生きてた。
意味も名前もなく生きてた。
その空っぽの器にもう一度意味をくれたのはいつの間にか俺の中にいたお前の妹達だよ」

新八と神楽の姿。

銀さん
「いつの間にか人の中にズカズカ入り込んでた図々しい連中が俺にもう一度名前をくれた」

銀魂 ネタバレ 585話 (5)

かぶき町のみんな、真選組の隊士たちの姿。

銀さん
「そん時になって気づいた。
俺は何も失くしてなんかいねェ。
ただビビって逃げたただけなんだってな。
てめェの内にある弱さから目ェ背けてる奴がいくら外をさがし回っても強さなんて見つかるワケもねェ。
俺はもう逃げねェ。
護る事からも失う事からも」

神威は幼い自分と神楽、マミーの姿を思い出す。
そして銀さんが締める。

銀さん
「俺の敵は俺(ここ)にいるよ。
最強なんて大層な名も地球のバカ兄貴なんて貧乏臭ェ名もいらねェ。
俺は万事屋銀ちゃんだ」

銀魂 ネタバレ 585話

煽り
『それは、戦い続ける男の名』

銀魂 ネタバレ 586話に続く。


銀魂についての最新記事


2016年04月21日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年04月22日 06:11
    • やっぱ銀魂はこの説教クサさがいい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます