ONEPIECE ワンピース ネタバレ 825話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ONEPIECE ワンピース ネタバレ 825話

週刊少年ジャンプ連載中ONE PIECEワンピース825話「世経の絵物語」のネタバレ、画バレ、確定。

扉絵:世界の甲板から~5億の男編~「vol.16 空島ウェザリア」

ヴェザリアのじいさんたちがオシャレを気にしたスーツを着てドヤ顔をしている。

煽り
『ウェザリア、ナミちゃんに今度会ったらオシャレって言われたい』

photo001


─サンジサイド─

サンジの乗ったビッグマムの船が海を進んでいく。

煽り
『サンジ乗せ四皇の船が海を往く!!』

ビッグマムの船
「フーネー♪  フーネ~♪」

ヴィト
「ニョロロロ。
世経に載ってた絵物語」

世経は世界経済新聞のこと。

ヴィトはサンジに話しかけている。

ヴィト
「夢の巨大ロボが登場する”海の戦士ソラ”。
ずっと読んでたレロ。
海の上を歩ける英雄ソラが合体ロボとカモメを従えてレロレロ。
悪の軍団ジェルマ66と戦う海の英雄物語…!!
世界中にファンがいるぜ!! ニョロロ!!
聞いた所海軍の英雄たちの実話を元に創られた物語。
いわばガキ共への洗脳教材だ…!!
海軍はいつでも正しく強いってな!! ニョロロ!!
だがおれがシビレてたのはそこじゃねェっ!! ジェルマだ!!
手をかえ、 品を変え毎度、ソラを追い詰める悪の軍団…!!
そりや、いつも敗けちまうが…手に汗握って応援してた。
あんたちを!! ニョロロ」

ワンピース 825 (5)

サンジをジェルマの一員として話すヴィトに怒るサンジ。

サンジ
「おれを入れんじゃねェ!!
あいつらとは無関係だ!!」

ヴィト
「ニョロロロ~そんなこと言うなよ!!
おれァ本物に会えて実はちょっと嬉しいんだ.」

サンジ
「じゃあ本人たちに話してやれよ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サンジはディズニーアリスに出て来るような顔のついた扉に手をかける。
扉は眠っているようで鼻提灯を出している。
眠っているため扉が開かない。

扉を押すが開かない。

サンジ
「ん…おい!!
開けよ!!」

扉をコンと叩くサンジ。
扉は目を覚まし通れるようになる。


「ドーア~♪」

photo003

サンジの後にヴィトが続く。

サンジ
「それでよ、いつでも来るな。
おれの部屋なんだろうここは」

サンジの部屋の中には檻がありその中にはシーザーがいる。

シーザー
「おれの部屋でもあるぞ!!
ここから出せ!!
畜生ォ!
扱いが違いすぎるだろう!!
天才科学者だぞ、俺は!!」

サンジはデカイソファーにばふっと座る。

ヴィト
「まだ諦めてねェのか!?
ニョロロ。
お前は!!
捕らえて来いって指令だ、シーザー!!
だが彼は! ヴィンモ―ク家と我らがシャーロット家を結ぶ大切な婿!
価値が違う! ニョロロ~」

サンジ
「結婚はしねェよ!
早く出ていけ!!」

そこへ右腕にガトリングガンのようなものを装備したおっさんがやってくる。

ファイアタンク海賊団:殺し屋ゴッテイ。

ゴッティ
「出ていけだと!!?
コイツ今ヴィトに悪い言葉使った~!!」

ワンピース 825

ガトリングをサンジに向けるゴッティ。
それを止めるヴィト。

ヴィト
「ゴッテイ、おい待て待て。
大した事言われてねェよ。
大丈夫だ、ありがとうよ。
シャレてただけロレロ」


サンジ
「シャレてねェよゴッティ。
お前もヴィトもさっさと消えろ」


ゴッティ
「許さんお前!
おれはいい!
仲間を侮辱するやつおれ許さん!!」

ヴィト
「待てって、勘弁してくレロ~」

サンジ
「ゆるさんで結構だ。
友達になりてェわけでもなし…」

そこへまた新たな人物がやってくる。
その見た目はほぼローラ。

ローラっぽい人
「ゴーッティ…」

ゴッティ
「ひっ!」

ローラっぽい人
「お前…!!
そいつがヴィンスモークのせがれだと知ってんのかい!?
傷一つでもつけてみな。
頭目(ファーザー)の首が飛んじまうってのがわかんないのかい!?」

ワンピース 825 (4)

ローラっぽい人はゴッティの頭を掴んで引っ張っていく。

ローラっぽい
「私が先に切ってやろうかウスラバカ」

ゴッティ
「イテテテ、ごめにょ、おかみさんごめにょ」

ヴィト
「ニョロロ悪ィまたの機会に…!!
ジェルマ話」

サンジ
「しねェよ。
……しかし似てんだけどな…」

─数日後、サウザンドサニー号─

サニー号にじりじりと日光が差し込む。
その日差しと餓えでミイラになっているルフィ。
ルフィ、チョッパー、ペドロ、ブルックは釣りをしている。

photo006

「もうダメら……」
「しぬ…暑いィ~」
「ひぬ~…」

ルフィ
「ひはあいうー(干涸びるー)。
はんにゃ~やー(サンジめし~アイス~)」

チョッパー
「暑いのダメだ…毛皮脱ぎたい…」

ペドロ
「我々もだ…ミンク族は暑さに弱い…」

ブルック
「暑いですねー…私ミイラになりそう。
ミイラに…ナミさんそれって私的に少し再生じゃないですか?」

ナミ
「知るか」

ブルック
「じゃあパンツ見せて頂いてもよろしいでしょうか?」

ナミ
「シバく元気もないわ…」

キャロットはナミの膝の上で伸びている。
ペコムズは仰向けで倒れている。

キャロット
「ナミ~お腹ペコペコで暑い~…」

ペコムズ
「おれに栄養を…!!」

キャロット
「食糧難に連日の嵐で魚も釣れず」

ナミ
「やっと晴れたのよ!!
天候が変わる前に何とか魚を釣って!!
到着前に全員餓死しちゃうわ」

チョッパー
「そうしたいけどナミ…。
暑すぎて海が…煮えたぎってるんだ…!!」

ナミ
「え~っ!!」

ブルック
「これじゃ魚は寄りつきませんね..」

ここでルフィのチョッパーに笑えないギャグ炸裂。

ルフィ
「…!! 非常食…」

チョッパー
「おれを見るなよっ!!!」

ペドロ
「ルフィ! 糸が引いてるぞ!」

ルフィ
「!!」

キャロット
「食べ物…」

ヨダレを垂らすキャロット。

チョッパー
「引けールフィ!!」

ルフィ
「おおおおお!!」

キャロット
「がんばってルフィ!!」

ブルック
「ルフィさんファイト~!!」

photo007

勢いよく竿を引くルフィ。
巨大な魚を釣り上げることに成功。

ルフィ
「食い物~っ!!」

ナミ
「やった」

ペコムズ
「ガオ」

舌なめずりをするペコムズ。

ブルック
「でかいですね~」

チョッパー
「うわーでも変な色の魚~食えるのか!?
ルフィ!!
ちょっと待てよ!!
すぐこの魚調べるから!!」

サンジの所有する本が入ったローカーから魚図鑑を引きずり出そうとするチョッパー。
サンジの所有する本はほとんどがエロ本。

photo008

チョッパー
「どこだ魚図鑑。
もー。サンジの本棚裸の本ばっかだな。
あった!!」

チョッパーを図鑑を持ってルフィたちのところへ走っていく。

チョッパー
「ルフィ~!!
皮に気をつけろ!!
その魚皮に猛毒があるぞ!!
ほらここにサンジのメモが」

既に魚に群がっているルフィたち。
ルフィは魚の皮を食べてしまっている。

ルフィ
「皮うんめ~っ!!」

ナミ
「ルフィ待って、私が焼くから!」

ルフィ
「ホラ食ってみろキャロット」

キャロット
「ぬるぬるしてるよその皮~」

チョッパー
「ルフィー!!!」

魚をナミが調理して食事にありつく一味。
キャロットご満悦。

キャロット
「おいしー!!
おいしいよナミ―ー!!!」

ナミ
「サンジ君のメモ通りに焼いたから。
チョッパー、あんたもまず体力、食べて」

しかしチョッパーは毒でやられているルフィの前で泣いている。

チョッパー
「ルフィがしん…しんじばうょーう」

口を泡を吹いて死にそうになっているルフィ。

photo010

ルフィ
「さ…さぶい…」

チョッパー
「薬草が足りねいよーう、うまっ。
早く島を見つけねーと!!
ナミー!! んま」

チョッパーは魚を食べながら泣いている。

ナミ
「わかってるけど急に島なんて。
でも即死の猛毒て書いてあったんでし!?
でも生きてるんだから!!
ルフィは強い抗体を持ってるんじゃない?」

キャロット
「ルフィ~…!!
死にそうなの?」

ルフィ
「大丈夫…川が…きれいだな…」

ナミ
「生命力は人類トップクラスだから」

チョッパー
「三途の川見えてるよーっ!!!」

ペコムズ
「日数的には黒足達はもう島に着いてるはず。
おれ達もそろそろナワバリに差しかかってもいい頃…」

チョッパー
「ナワバリ?」

ビッグマムの船にも振っていた雪が降って来る。


ナミ
「え? 今度は雪かしら。
違うあの雲は甘み雲…!?」

ペコムズ
「その通りだ。
降ってるのはわたあめ雪」

チョッパー
「え~~!?
わたあめ~~!?」

サニー号の下の海の中ではナワバリウミウシが電波を受信している。

ワンピース 825 (2)


サニー号の電伝虫も鳴る。

ブルック
「おや誰でしょう電伝虫!」

ペコムズ
「警告念波をキャッチしただけだ。
ビッグマムのナワバリに入った。
お前ら隠れるか変装をしろ!!」

チョッパーはわたあめに夢中。

チョッパー
「わたあめー甘っ!!」

ペドロがマストの上でなにかを発見。

ペドロ
「何か見えるぞ、ペコムズ」

ペコムズ
「早ェなもうか。
ウチの偵察船(タルト)だガオ!!
おれがうまくやるからみんな黙ってろ」

チョッパー
「解毒剤待ってねェかな」

しかしペコムズが驚く。

ペコムズ
「!? え!?」

こちら向かってきたのはタルトではなく66と描かれた旗を掲げるジェルマの船だった。
船体はかたつむりの形。

photo009

ジェルマから声をかけてくる。

ジェルマ
「こちらジェルマ。
麦わらの一味の船と見受ける」

ペコムズ
「違うっ!!
ジェルマ66の船だ!!!」

ナミ達
「え!!?」

黒いフードでサンジのようなぐる眉サングラスの男。
サンジの血縁者が登場。
ルフィは毒でいよいよ死にそうになっている。

ワンピース 825 (3)

煽り
『ついに登場、サンジの家族とは一体!?』
ONEPIECE ワンピース ネタバレ 826話に続く。

ルフィ食あたりってことはホールケーキでルフィの戦闘はなしでサンジが中心に戦うんかな

戦闘はほとんどしないって感じであくまで潜入的なのにもっていくんじゃね

潜入しようがこっそり行こうがどうせ対面はするから関係ないけどなw


手配書の件考えるとジェルマと政府は組んでそうに思えるよね

サンジの手配書の件考えると政府とは懇意だと思うけどな

ノースの闇と海軍の闇は繋がってる

北の闇はセンゴクも知らなさそうだったよな
コラソン使って独自に探ってた感じだし

サンジは死なないだろうとは思うがしばらくサニーには戻れないんじゃないか
キッチン燃えたのがフラグ

ジェルマますます謎だな
空想上の悪の軍隊ってのは意味が分かったけど
マムよりやっぱりジェルマと海軍がメインぽいのかな
結構長くなりそうだ

空想上の悪の軍隊っていう言い方がいまいちはまらなかったんだが
要は都市伝説みたいなもんか
子供たちを洗脳ってぐらいだから絵本とか小説になってたとかかなー
嘘つきノーランドと一二を争うぐらい有名な絵本とかで

嘘つきノーランドは北だけだから
ナミもしってるジェルマ66の物語のがポピュラーじゃない?


ジェルマのぐる眉男、サンジにそっくり!
兄貴かなー

サンジは実は三つ子だったとかありそう

顔が二年前サンジにそっくりで女見てメロリンしないんだったら
サンジ以上に人気出そうだなw

もう奇形以外の男キャラはでないんじゃないかと思ってたが
これなら青ニでまだ出てない緑川とかも行けるな

サンジは双子だなこれ
ここまで似せると言うことはそれ以外考えられない

確かに物語だと双子が不吉とされて、一方が捨てられるとかよくあるな

三男だからむしろ三つ子もあり得るか?
ぐる眉が3人並んだ絵面が笑えそうだ


ワンピースについての最新記事

2016年05月03日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年05月02日 23:39
    • 毎度のルフィが忠告を聞かない無茶は年々好きになれない。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます