キングダム ネタバレ 470話 「俺の背中」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

キングダム ネタバレ 470話 「俺の背中」

週刊ヤングジャンプ連載中、キングダム最新話470話「俺の背中」のネタバレ、画バレ、確定。

巻頭カラーの信。

煽り
『覇道を胸に、天下の武をこの手に─』

photo006


前線から逃げていく慶舎。
それを発見し討ち取ってしまおうとする信、カリョウテン。
そして慶舎を追っていく飛信隊。

しかし飛信隊の背後には劉冬の軍が迫り危うしという状況に。
そこへもう1人のヒーローキョウカイが颯爽と登場し敵兵をなぎ倒す。
さらにキョウカイは飛信隊が敵将の首を取ろうとしていることを知っていてここは任せて先に行けと男らしい発言をする。

キョウカイ
「スマン、遅くなった。
カリョウテン、ここは引き受ける。
お前たちは先に行け。
敵将が体勢を整える前に突っ込むんだ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク


キョウカイの元へ信もやってくる。


「おい、今まで何してた」

キョウカイ
「寝てた」

信はキョウカイの傷の具合を把握する。


「ケガか。
まだ大分きつそうだな」

キョウカイ
「ボロボロのお前らよりましだ。
早く行けっ。
大将首を逃がすぞ」


「今度は後ですぐに会うぞ」

信たちは劉冬軍の相手をキョウカイに任せて慶舎に追撃を仕掛ける。
しかし慶舎の親衛隊は飛信隊モブ兵では相手にならずボコられてしまう。

慶舎は李牧が認めているのは飛信隊が成長した後の姿だと言う。
今の飛信隊は相手ではないと余裕をかます慶舎。

慶舎
「この戦いはかつて六将級と言われる桓騎と三大天の最後の一席につこうとしている私。
二人の傑物の戦いだ。
その間に割って入れると思ったか。
李牧様が脅威としているのはお前たちの成長後の力。
今ではない。
来るには5年早かったな飛信隊」

photo005


「早かねェ、バカヤロォ」

信が突撃しモブ兵をなぎ倒す。
そして信は王騎の名前を出し自分も大将軍と同じその力を見せてやると慶舎に言う。


「よく聞け慶舎。
昔、王騎ってすげェ人がいた。
その人が先頭を走るときは走る時後ろの兵は鬼神と化しいつもの十倍強くなった。
そういう力が大将軍にはありやがる。
それを今からてめェに見せてやる」

信は部下達を鼓舞し戦闘力を倍増させる。


「ヤロォ共、へばってんじゃねェぞ。
苦しいんなら俺の背を見て戦え。
俺の背だけを見て追いかけて来い!!」

photo007


「続け飛信隊っ!!」

信のシンプルな激励で一気に覇気が増す飛信隊のみなさん。

飛信隊
「オオオオオ』

photo008

慶舎隊に突っこむ飛信隊。

煽り
『ひたすらにその背中を追い、鬼神と化し、仕留めるのみ─』

キングダム ネタバレ 471話に続く。


キングダム ネタバレ 470話に対する反応
大啖呵切って、仕留め損ねるのかw
キョウカイはひとり?で大丈夫かね

これでケイシャを打ち取って将軍昇格確定の展開だな。

生き残る説は勘違いてことか?

王騎が乗り移ったような展開までして、手柄なしとかありえんし。
ここでの手柄はケイシャのクビだろうからね。

普通はね
ふ つ う は

駄目だな
まだ王騎には程遠いという結論になるんだろ
鶏舎討てないと思う。残念だ

原さんがケイシャは次に見せ場があるってネタバレしちゃってるからな

急遽予定変更してここで死ぬようにしてほしいわ
趙はまだ出てきてないし出てくるかわからないけどまだ二人くらい史実に名を残してるやついただろ
最終戦はそいつらと李牧に任したらいい

鬼信隊

寝てた、でわろた

え?鶏舎って
三大天の1人になりたかったの?無理だろ

自称傑物w

慶舎は、マジで小物だなw

どう考えても劉冬のほうが能力がありそうだ

慶舎、自分の失敗を反省しないで傑物扱いってある意味すごいな。
傅抵も三大天を目指しているがその前に國が滅びてお終いなんだろうな。

キングダムについての最新記事


2016年04月10日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年04月11日 00:15
    • 信かっこいいやん このまま倒してどうぞ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます