ハリウッド版ドラゴンボール脚本家が今更になってガチ謝罪www|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ハリウッド版ドラゴンボール脚本家が今更になってガチ謝罪www

photo014
:2016/05/10(火)03:48:13

史上最悪と酷評の映画『ハリウッド版ドラゴンボール』脚本家がついに謝罪 「金に目がくらんだ」「ファンに申し訳ない」
http://rocketnews24.com/2016/05/09/745829/

みなさんは覚えているだろうか。2009年に公開された、ハリウッド版ドラゴンボール『DRAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール・エボリューション)』を。
そう、日本武道館でワールドプレミアが行われ、公開当初は大盛り上がりだったあの映画作品だ。
しかしふたを開けてみると、ガッカリする人が続出。「原作と全く違う」「クソ作品だ」との酷評が相次ぎ、興行的にも大コケしてしまう。

あれから7年。なんと2016年5月、『DRAGONBALL EVOLUTION』の脚本家が突然の謝罪。
「金に目がくらんで書いた」「ファンに申し訳ない」と、その心の内を明かしたというのだ!

・脚本家「私にとっても大きな傷になった」
謝罪を行ったのは、脚本家のベン・ラムゼイさん。
『DRAGONBALL EVOLUTION』以外にも、『ラブ・アンド・ブリット』や『ビッグ・ヒット』などの映画の脚本も手がけた経験を持つ。
この度そんな彼に、ドラゴンボールファンのデレク・パドゥーラさんが連絡を取り、作品についてインタビューを行ったところ、謝罪の言葉が返ってきたそうだ。

そしてラムゼイさんの謝罪が、パドゥーラさんのサイト “The Dao of Dragon Ball” に掲載されることに。
「いつかは明らかにされる日が来ると思っていた」という言葉から始まるラムゼイさんのメッセージは、次のように続く。

「あの作品は私の創作人生の上でも、大きな傷となって残っている。自分の名が脚本家として載っている作品が、世界中で酷評されるのはツラいことだった。
世界中から、ヒドい内容のメールが送られてきた。何年間も批判を避けようと過ごしてきたが、でも、あの脚本を書いたのは私だ。
今ここで謝罪を行い、ファンをガッカリさせたことの責任を取りたい。ベストを尽くしたが、私は “自分のドラゴンボール” を落としてしまったのだ」

・“お金に目がくらんでしまった” としてファンに謝罪
他にも、作品の脚本を担当することになった理由も明かされている。
ドラゴンボールのファンではなかったというラムゼイさん。だが “支払われるギャラに目がくらんで” 引き受けてしまったと説明している。

今では、そんな過去の行動を恥じているようで、「情熱を持たずに何かを作り上げれば、良い結果にはならない。ときには最悪な作品が出来上がってしまう」とし、
「ドラゴンボールファンのみなさん、本当にすみませんでした」と書いているのだった。

・ファンの声「謝罪を受け入れたい」「心のこもった謝罪だ」
この謝罪メッセージを公開したパドゥーラさんは、自身のサイト上で「彼の謝罪を受け入れますか?」とファンに問いかけた。
すると多くの人から「謝罪を受け入れる。自分の過ちを認めるのは、とても勇気がいること」「誰だってセカンドチャンスが与えられるべきだよ」「心のこもった謝罪。受け入れたい」などのコメントが寄せられている。

実は『DRAGONBALL EVOLUTION』に対する非難が強すぎて、ラムゼイさんはファンからのメールを読むのを止め、SNS も閉鎖してしまったのだとか。今回のファンの反応を見て、彼は何を思っているだろうか。


:2016/05/10(火)04:21:08

今更かよ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事

:2016/05/10(火)04:23:30

セカンドチャンスで失敗したらどうなるんや


:2016/05/10(火)04:28:00

脚本家としてのキャリアも実績も信頼も地の底まで凋落したんやし、また地道に這い上がっていくしかないやろなぁ
焦ってセカンドチャンスにデカいの狙って金に目がくらまなきゃいいが


:2016/05/10(火)05:39:41

仕事として依頼があったんだしギャラも良かったら原作に興味がなくても受けちゃうのは分かる
ただコイツに任せていいと判断した依頼する側も叩かれるべき


:2016/05/10(火)05:47:53

『ラブ・アンド・ブリット』や『ビッグ・ヒット』などの映画の脚本も手がけた経験を持つ。

他の作品も知らんわ


:2016/05/10(火)05:50:45

>>
あのアブアンドブリットしらんのか?
ワイもしらんわ


:2016/05/10(火)05:53:18

>>


:2016/05/10(火)06:38:11

もう7年前なんか

そもそもDBの実写化の時点で誰に頼めば成功したのか、
というより、どうゆうノリの作品にするのが正解だったのかも解らない
鳥山明作品と実写って水と油くらい相性悪くないか


:2016/05/10(火)07:12:47

>>
たぶん鳥山明本人に脚本書かせるしかないと思う
でハリウッドの予算で映画化


:2016/05/10(火)07:14:31

>>
そもそも日本の漫画やアニメをハリウッドにすること自体間違い。どうあがいても無理
漫画やアニメクラスに可愛い子は存在しないし、あまりにも現実とかけ離れすぎてる内容を表現しようとしても違和感しかない


:2016/05/10(火)07:02:51

脚本力5か…ゴミめ


:2016/05/10(火)07:12:59

>>
一般人に失礼
脚本力1あるかどうかやろ


:2016/05/10(火)07:36:12

あの衣装とあの髪型で真面目な顔されてもなぁ
どうがんばっても実物で見るとキツイやろ


:2016/05/10(火)07:36:38

ギャラに目がくらんだ→金が尽きたから謝罪


:2016/05/10(火)07:40:54

むしろドラゴンボールに関心なかった原作者が映画の酷さにキレて愛情を取り戻し神と神の脚本手掛けたから
ある意味ファインプレー


最新記事

2016年05月10日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年08月31日 20:14
    • 4
      ハリウットはネタ切れだからッて日本の作品パクリ過ぎだろ。
      ドラゴボだけじゃない、ゴジラ、貞子、北斗の拳、マリオ、ストⅡ、バイオハザード、SAO、タイバニ、トランスフォーマ・・・
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年05月11日 10:22
    • なおドラゴンボール超
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年05月10日 20:24
    • 5 確か、公開前のテレビCMは秀逸だったよね。 ただこの脚本家さんが明らかにしてくれたように、傑作名作をつくる王道はなかなかわからないけど、原作からかけ離れて駄作となる作品には共通点が見えたと思う。 アニメ作品だけど監獄学園が地デジとしては振り切れた演出になったのは監督はもとより、制作、進行、作画、声優陣の力が結集され、原作に対するリスペクトが徹底していたから、 実写版ドラゴンボールは、原作に対するリスペクトを失念してしまった。 連休前後の邦画で、色々いわれていたけど、アイアムアヒーローとテラフォーマーズは、拙者的には原作へのリスペクトがあったと思う。 漫画原作という趣味や嗜好性の高い作品にはプロであるだけで手をだすとこのような失敗作になるとの見本になるかも。 ディスクで所有しているのでたまに見返すと、ドラゴンボールと思わなければそれなりによく纏まったアクション映画ではあると思う。やはり実写版だけにゴクウの年齢設定をあげたり、ディテールを略し過ぎてファンのついていけない方向で纏めてしまった残念な作品という理解でOK?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます