BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話

週刊少年ジャンプ連載中BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話「Horn of Salvation 2」のネタバレ画バレ。

煽り
『一護の奇襲が敵を穿つ』

一護の放った王虚の閃光がユーハバッハの左半身を吹っ飛ばす。
しかしユーハバッハにはまだ余裕がある。

ユーハバッハ
「…げ…月牙天衝と王虚の閃光(グラン・レイ・セロ)の融合…。
あらゆるものの融合によって生まれたお前に…相応しい力だ…。
だが緩いと言ったぞ一護!!」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


一護はユーハバッハに追撃、月牙で斬りかかるがこれは受け止められてしまう。
ユーハバッハは一護の思考を読む、そしてそれを解説する。

ユーハバッハ
「解っているぞ一護!
奴は自分を嘗めている、故に自らの能力を使わず、故に虚(ホロウ)と融合した自分の底力も知らぬ。
今しか無い。
奴を倒せるのは奴が自分を嘗めている今この瞬間しか無い。
その通りだ。
そしてその瞬間は今終わった!!」

ユーハバッハの全身に現れるミミハギ眼。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話


ユーハバッハ
「素晴らしい力だ一護!!
油断する余地も無い程にな!!」

煽り
『頂上決戦!!』

激しくぶつかり合う一護の斬魄刀とユーハバッハの剣。
ユーハバッハは剣を二つに分裂させ二刀流モードへ。

ユーハバッハ
「二刀がお前1人の特権だと思ったか!」

これには一端距離をおく一護。
しかし一護の逃げた先にはユーハバッハが仕掛けた罠が設置してある。

ユーハバッハ
「おっと、気をつけろ、そこには罠があるぞ」

一護の足元から黒いオーラが出てくる。
棘のような形状の黒いオーラが一護の足に突き刺さる。

一護
「!」

一護は柱へ飛ぶもそこにもユーハバッハの罠が設置してあった。

鼻毛
「そう、そこもだ」

一護
「ぐッ…!?」

BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話 (2)


再び一護の足に突き刺さる棘状の黒いオーラ、

一護
(くそッ…!
そこらじゅうに罠が仕込んであるのかよ…!)

ユーハバッハが一護へ斬りかかる。
それを避ける一護。

ユーハバッハ
「聞いた筈だ。
我が全知全能(ジ・オールマイティ)は未来が視えると」

一護
「未来が視えるから俺が足を下ろす場所に罠をかけられるって事かよ!
…その割には今の攻撃は当たらなかったじゃねえか…!」

一護の揚げ足取りにニヤリと笑うユーハバッハ。
そしてまた一護は揚げ足取りの剣を避ける。

一護
(当たらねえ!!
全てが視えてる訳じゃねぇ。
全てが視えてるなら今までだって剣を防ぐだけじゃなくその先の攻撃を仕掛けてきた筈だ!
あいつの能力には制限がある!
そいつを見つけるんだ!!)

ユーハバッハ
「探しているな、私の能力の穴を。
未来は変えられる。
自分が戦いの中で進化すれば私の視た未来とは別の未来へと踏み込める。
そう考えているのだろう。
いいだろう。
ならばそこでそのままじっとしていろ」

一護へ黒いオーラが襲い掛かる。

一護
「ぐ…あ…っ。
(何だ…どうなってんだ…。
今俺の足元に急に罠が…)」

一護は倒れてしまう。
そんな一護へユーハバッハは未来について語り聞かす。

ユーハバッハ
「…一護、お前は思い違いをしている。
未来とは一本の道の上にあるものでは無い。
未来とはここより先にばら捲かれた無数の砂のようなもの。
その一見ばらばらに見える無数の砂粒の一つ一つが未来だ。
それは言い換えれば無数の可能性とも言える。
一護、私は希望の話をするのが好きだ。
未来は変えられる、それは事実だ。
希望に満ちた素晴らしい事実。
お前が戦いの中で進化するいいだろう。
それも希望に満ちている。
だが未来を変えるとはその砂粒の一つから別の砂粒へと飛び移ることに過ぎず、そして私はその砂粒の全てを遥か高みから眺める事ができる」

BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話 (3)

そしてユーハバッハは一護に希望を捨てるなと言い出す。

ユーハバッハ
「希望を捨てないでくれ一護、お前は今迄通りでいい。
今迄通り運命や可能性と呼ばれる転がり回る砂粒の上を目を閉じたまま飛び移り続けるがいい。
それが人間にとっての希望だ。
絶望するな。
絶望した子を殺す事ほど親にとって辛い事は無いのだから」

おっさんの言葉をほとんど聞いていなかった一護。
そしてついに卍解を発動する。

一護
「絶望が何だって?
よく知ってるぜ、今まで何度も乗り越えてきたんだからな!
卍解!!」

BLEACH ブリーチ ネタバレ 677話 (4)


煽り
『遂に解放!!』

BLEACH ブリーチ ネタバレ 678話に続く。

みんなの感想
ありゃー、真の始解はなしか

一護卍解きたか

卍解したとしても元来のスピード特化のゴミ性能に変わりないんだろな

もう卍解してモードチェンジか
片角虚モードはなんだったんだ・・・

再来週は卍解披露で終わりそうだ

陛下のお喋りだけで一話が終わった件

卍解してもユーハバッハに勝てる気がしないな

まだ親父達も到着してないのに先に卍解するなんて通じないのが丸わかりすぎてな

これ卍解の次のステージあるな

鼻毛がまきびし撒いてチャン一がそれ踏んで「卍ッ解!!」と叫ぶだけという盛り上がりようの無い話だな

あまりにも通じる気がしなくてなぁ。
せっかくの主人公の真卍解なのに、おおっともならない


ブリーチについての最新記事


2016年06月09日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年06月09日 23:49
    • チャンイチの卍解に期待してる読者いねえだろwww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます