ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】

週刊少年ジャンプ連載中ONE PIECEワンピース830話「賭けられる男」のネタバレ、画バレ、確定。

扉絵
『世界の甲板から~5億の男編~。
Vol.20『シャボンティ諸島』』

ヤクザっぽい連中と博打を打つレイリー。
レイリーは新聞を読むためちょっと待てのポーズをしている。

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】


─数時間前、海底にて─

煽り
『“あの夢”を漢(おとこ)は信じ』

ジンベエはルフィの仲間に加わるためタイヨウの海賊団のメンバーに了解を得ようとしている。
ルフィが海賊王になるのだと言い切るジンベエ。

ジンベエ
「“麦わらのルフィ”はいずれ世界を変える男なんじゃ!!!」
「まだ若いが!! この海の王になるのは…!! 現『四皇』の誰でもない!!」
「“麦わらのルフィ”じゃとわしは思うとる!!!」

ジンベエがそう語る背景にはルフィの『おれは!!! 弱いっ!!!』のシーンが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


ジンベエ
「わしゃああの男の力になりたい!!!」
「“麦わら”の船に乗りこの命をルフィの為に使いたい!!!」
「結果それは魚人族が真の自由を勝ち取る旅にもなるハズじゃ!!」

アラディンはジンベエの申し出を受け入れる。

アラディン
「ルフィ君の話ならこの2年お前からさんざん聞かされた……」
「そんなにホレ込んだ男ならむしろそうすりゃいいと思ってた」

ジンベエ
「!」
「ホ…ホントか、わしゃそんなに話したか」

亜ラディンは笑いながら言う。

アラディン
「ふふ、行って来いよジンベエ!!」

あっさりと了承してもらえ驚くジンベエ。

ジンベエ
「……」

魚人のみなさんもこれからは自分のために生きろとジンベエへエールを送る。

魚人たち
「誰が文句を言う資格があるってんだ船長!!」
「ネプチューン軍の兵士だったあんたが海賊になったのもマリージョアから逃げ出した元奴隷のおれ達と共に戦う為!!」
「“七武海”になったのもおれ達“魚人族”の立場を向上させる為」
「そしてこのビッグ・マム海賊団の傘下に入ったのも!!」
「おれ達の身の安全とそして故郷『リュウグウ王国』をビッグ・マムの名で守る為」
「船長はいつでも誰かの為に人生を選択してきた!!」

アラディン
「もう十分だジンベエ」

魚人たち
「そうだ自由になってくれ!! ジンベエさん!!」
「これからは!! 自分の為に生きてください!!!」

ジンベエ
「……」

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (7)

アラディン
「行って来いジンベエ」

魚人たち
「そうだジンベエ船長!!」
「おれ達ならしっかりやってける見くびるな!!」

ジンベエは魚人たちに頭を下げて感謝する。

ジンベエ「……みなすまん!!」


ジンベエにそうは言ったもののビッグマムがそう簡単にジンベエを手放すとは思えないと危惧している魚人たち。

魚人たち
「…しかし」
「そうは決めてもビッグ・マムが船長を簡単に手放すとは…」
「おれ達にも怒りが飛び火してきたら逃げるしかねェな、わはは!!」
「だがアラディンさんはどうする?」

アラディンは腕を組み神妙な面持ちをしている。

キャラ紹介
『タイヨウの海賊団副船長アラディン(イタチウオの魚人)』

アラディンはプラリネというシャーロット家の女性と婚姻していた。

魚人
「プラリネ姐さんと結婚してビッグ・マムと血縁を結んじまったしなァ」

プラリネ
「おやおや!!
みんなあたしの事心配してくれてるの?
シャシャシャ♡」

キャラ紹介
『シャーロット家29女ショーロット・プラリネ(シュモクザメの半人魚)』

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (2)


魚人たちはプラリネに話を聞かれてしまったのではないかと慌てる。

魚人たち
「うお!! 姐さん!! まさか今の話聞こえて…」

プラリネ
「何よ水臭いあ、たしに隠し事!!?」

魚人
「ひっ」

プラリネ
「アラディン!!
アンタまさかママが怒り出したらあたしを置き去りにしようと思ってたんじゃないよね!?」

アラディン
「いや勿論相談くらいは!!」

プラリネ
「相談なんてするまでもないっ!!!」
「ママよりアンタを取るに決まってんじゃない♡
もしもの時はあたしも連れてって♡」

アラディンを抱擁するプラリネ。

魚人たち
「ギャーー♡ 熱い♡」

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (3)



ジンベエ
「すまんなワダツミ、連れてきて早々に」

ワダツミ
「いーらいーら。
みんなと一緒でおれ楽しいろ!!」

ジンベエ
「しかしプラリネ、やはりママは…わしを…わしらを許さんと思うか」

プラリネ
「…そうねー前例はなくもないけど、傘下をやめたいって言った奴は……全員死んだわね、シャシャシャ!!」

一同
「!!?」


─ホールケーキアイランド、首都スイートシティ─

子供たち
「モスカート様~~~!!」
「モスカート様が死んじゃった~」
「死んじゃイヤだよモスカート様~~!!」

「どいていろ」と言って子供たちをどける男。


「早く運んで」

部下
「はっ」

男が黒いスライム状のものに命令する。


「いいなお前ら!! ”『1秒』残らず”だ!!」

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (4)


子供
「ねえ!!
ジンベエ親分も殺されちゃうの!?
モンドール様~~っ!!」

男の名前はモンドール。

モンドール
「知るかよ!!
ママを怒らせりゃあ実の息子でもこうなる!!
それだけは確かだ!!」

スライムたちが花篭に何かを集めている。



─スイートシティ“ホールケーキ城”─

ビッグマムに傘下を抜けることを申し出たジンベエ。

ビッグマム
「出てくんだねェ……ジンベエ……!!」

ケーキA
「どうして親分!?」

ケーキB
「行かないで親分!! なぜ行くの!?」

ビッグマム
「黙れ!!」

そう言ってとケーキを握り潰すビッグマム。

ケーキ
「プギュ!!」

ビッグマムは潰したケーキを口に運び食べる。
ビッグマムはジンベエの申し出をあっさり許す。
しかし筋を通すようジンベエに言う。

ビッグマム
「去る者に理由なんか聞くな!! 見苦しい!!」
「そんなもんどうだっていい……!!!」
「海賊なんだ好きに生きるのが一番さ」
「だが親子の盃を返されるのは親の恥だよジンベエ……おれはお前という一大勢力を失うのさ…!!」

ジンベエ
「ええまァ…」

ビッグマム
「“まァ”じゃねェ、お前も何かを失えよ!!!」
「それが“落とし前”ってモンだ!!」
「ママママ…」

ビッグマムは笑う。

ビッグマム
「“ルーレット”持って来い!!!」

部下たち
「え……!?」

ビッグマム
「ハ~~~~~ハハハハ…」
「さ~~~~お前が“失うもの”!!!」
「な~~~~~んだ!!?」

ジンベエ
「!!?」

頭、首、腕、足、数字が描かれた危ないルーレットが出て来る。
書かれている数字は寿命?

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (5)



─夜、ビッグ・マムナワバリの海─

順調にホールケーキアイランドに接近しているルフィたち。
しかし水あめの海の海域で立ち往生していた。
水あめの海の上では蟻が眠っている。

チョッパー
「甘え~~~!!」

ルフィ
「いいじゃねェかもうここで止まって寝よう」

ナミ
「イヤよ!!
またアリが襲ってきたらどうすんの!?」

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (8)

ペドロ
「日中日が差せばまた対流するんだが夜の内は冷えて海が固まってしまう」

ナミ
「早く教えてよねそういうの!!」
「溶かして早く抜け出すのよ!
この“水あめ”の海から!!」

ルフィ
「おう!!」

巨大なたいまつの日で水あめを溶かしながら進む麦わらたち。

ブルック
「あのアリの大軍も眠らせただけですから!」

キャロット
「起きたらまた大変だね!」

ペドロ
「おれは昔あの海アリ達に船を食われた」

やはりペドロはこの海域に来ていた。

チョッパー
「こわ」

ルフィ
「昔ってお前何しにここへ来たんだ?」

あっさりとペドロとペコムズが一緒に海賊をやっていたことを明かすキャロット。

キャロット
「ペドロは昔ペコムズと一緒に海賊をやってたんだよ!」

ルフィ
「え!? そうなのか!?」

しかし本人たちは海賊をやっていたつもりはなかったらしい。

ペドロ
「世間知らずでな。
探検家のつもりだったが賞金首になってしまった」
「ペコムズ達と一緒にいたのは途中までだ」
「ゆガラ達になら言えるが…“歴史の本文(ポーネグリフ)”を探していたんだ……!!」

一同
「!?」

ペドロ
「ネコマムシの旦那の役に立ちたくて…!!!」
「とうとうビッグ・マムのナワバリに足を踏み入れたのが最後の航海」

ナミ
「!」

ペドロ
「おれはここで一度敗れている!!!」

驚く一同。

ペドロ
「あまり話した事はないが」

キャロット
「そうだったんだ」

ブルック
「………」

ナミ
「イヤな思い出があるのにここへ!?」

ペドロ
「おれの経験がサンジ奪還に少しでも役立つなら本望だ。
それにおれが付いて来たのもムダとは言えないかもしれない…」

ルフィ
「?」

ペドロ
「『くじらの樹』にて2人の王がゆガラ達に“ロード・ポーネグリフ”を見せただろう」

ルフィ
「うん」

ペドロ
「おれは驚いた……」
「恩人とはいえ……光月家でもない者にアレを見せるのは」
「実に26年ぶり……!! ゴール・D・ロジャーの海賊団に見せて以来の事だ」

ルフィ
「!!? 海賊王」

ペドロ
「ロジャーはその後『ラフテル』に行きつき“海賊王”と呼ばれた」

ルフィ
「……」

イヌアラシとネコマムシはルフィたちがロジャーたちと同じロードポーネグリフが必要になると見込んでいた。

ペドロ
「イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那はその姿をゆガラ達と重ねている」
「ロード・ポーネグリフが”必要になる程”の者達と見込んでいるのだ!!!」
「カイドウとの戦いに勝てたら次はどうする!?」

ルフィ
「えー!? そんな先の事まで考えちゃ…」

ペドロ
「次はビッグ・マムの持つ“ロード・ポーネグリフ”が必要になる!!!」

ルフィ
「!!」

ペドロはビッグマムからロードポーネグリフを奪うべきだと言い出す。

ペドロ
「ならばこれ程のチャンスはない!!」
「ここまで懐に潜り込めたなら…!!」
「サンジ奪還と共にビッグ・マムの“ロード・ポーネグリフ”を奪うべきだ!!」

ルフィ
「!! そりゃロビンにも頼まれたけど……」

ロードポーネグリフ奪取はペドロが引き受けることに。

ペドロ
「島に着いたらおれに少し時間をくれないか。
今度は奪ってみせる!!」

ルフィ
「え!! おれ達の為なら一緒に行くよ!!」

ペドロ
「いや……サンジをしっかりと守ってくれ」

ブルック
「………」

ペドロ
「取り戻した後も容易じゃないぞ」

ルフィ
「………そっか……!!」
「じゃ頼むよ!! ししし」

ナミ
「そんな簡単に……」

キャロット
「あはは」

ペドロ
「よし決まりだ!!」

ブルック
「…………」
「……ルフィさんは“こういう”星の下に生まれたんですかねーヨホホ…」

ルフィ
「ん? 何だブルック」

ブルック
「いえいえ私もそうですし…」

ルフィ
「何だお前、変な奴だな」

ブルック
「ヨホホホ~~~」

ガサガサと物音が鳴る。

チョッパー
「ん?」
「アリが起きた~~~!!」



─翌日─

ついにルフィたちがホールケーキアイランドへ到着する。

ルフィ
「お~~~い!! みんな起きろ~~~!!!」
「着いたぞ~~~~!!」

ナミ
「あ!!」

キャロット
「わーーー!!」
「ホールケーキアイランドだ~~!!」

ルフィ
「ケ~~キだァ~~!!」
「でっけェ~~~!!
これが“四皇”のいる島っ!!!」

ペドロ
「あの一番高いホールケーキがビッグ・マムの住む城だ」

チョッパー
「城~~~~~っ!!?」

ブルック
「ナミさんこのまままっすぐですか!?」

ナミ
「ええ!
あの岬が唯一警備網が届かないって」

海岸では何者かが待っていた。

ルフィ
「あーーーーっ!!」
「海岸に誰かいるぞ~~~!!?」

一同
「!!」

ONEPIECE ネタバレ 830話【ワンピース】 (6)

煽り
『“四皇の島”についに上陸!!』

ONEPIECE ワンピース ネタバレ 831話に続く。

みんなの感想
ジンベエが単独で抜けて一味に入るんだな
魚人海賊団はマム傘下のままか

てかジンベエ船に乗りたいとか、ルフィに誘われて仲間になる気満々だったんだなw

ますますジンベエがルフィのために死ぬフラグが立ってる気がするんだが…

タイトルとかルーレットとか映画とかぶせてんのか?

どれを失うにしてもこれ以上欠損キャラは見たくないんだが
勘弁してくれよ


シャンクスに始まりローにイヌアラシ、ネコマムシ・・
最近欠損キャラ多くねえか

仲間で欠損はもうゾロで十分っす

ルーレットに当たりはないのかな( ノД`)…

ワンピースは子供もたくさん見てんだぞ、腕や足を落とすとかやめれ
落とすのは爪とか髪の毛にしなさい

マムは「与える」と「失う」というバランスを重視してる感じがするよね

寿命を与えたり、失わせたり
傘下を抜ける自由を与えたり、それに見合うものを失わせたり・・・

仲間入りするキャラが片手片足ってのもなぁ
四肢のどれかを無くしてもルフィの仲間になりたかった、とかやりたいのかもしれんけど

首や頭なら死亡
目とかだったらグロすぎるなジンベエ
足や手は欠損もういるしなー
その前に何か起きて有耶無耶になってルフィ登場かな?

昔の海賊海軍なんか欠損しまくりだぜ
大砲の打ち合いしてるからなあ


海賊っていうと義足や隻眼のイメージはあるな

ヤクザが指落とすのと同じ感覚やろ


マムの子供で初めて悪そうなの出てきたな

ルフィとマムをどう決着付けるのかほんとわからん


ワンピースについての最新記事

2016年06月23日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます