キングダム ネタバレ 485話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

キングダム ネタバレ 485話

週刊ヤングジャンプ連載中、キングダム最新話485話「蒙恬の報せ」のネタバレ、画バレ、確定。

黒羊、西の丘。
モウテンと久々に再会する信。


「よーっス」

モウテン
「あ」


「けっこー久しぶりだな」
「蒙恬! と楽華隊!」

蒙恬
「よーっス」

煽り
『激務と緊張の中に咲く笑顔』

信の功績をたたえて乾杯するモウテン。

蒙恬
「ッハハ では」
「慶舎を討って最大武功をあげて」
「その後同士討ちの禁を犯して武功帳消しになった信に」
「乾杯」

キングダム ネタバレ 485話

複雑な笑みを浮かべる信。


「ォ オウ」

信が慶舎を討ち取ったことを聞き将軍になったと思ったモウテン。

蒙恬
「だけど慶舎討ち取りの報が来た時は驚いたなー」
「完全にこりゃ信が将軍になっちまったーって思ったよ」


「俺もだ」

蒙恬
「そしたら翌日内輪もめで桓騎兵殺しちまったーって聞いて」
「あ こりゃ昇格消えたなーって」

あのいざこざで桓騎兵を殺したのはキョウカイのみ。


「ま、実際死人出したのはキョウカイなんだけどな」

キョウカイ
「忘れた」

キングダム ネタバレ 485話 (2)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


蒙恬
「…フッ」
「その愚直さが揺るがないのはさすがだよ信」

乾杯するモウテン。


「!」
「フッ うるせェよ」
「ところでお前こんな所まで何しに来たんだ蒙恬」

西の丘はモウテン率いる楽華隊が引き継ぐことになった。
信たちに帰っていーよと軽いノリで言うモウテン。

蒙恬
「あ そーだそーだ」
「現場引き継ぎだ」
「この西の丘、飛信隊の持ち場は全て楽華隊が引き取ることになった」
「お前達はもう帰っていいよ」


「なっ 何!?」

蒙恬
「はい これ本営からの辞令」


「わ 投げるな」


「しっ しかし砦はまだ完成してないのに…」

蒙恬
「やっとくやっとく ついでに不細工なとこ可憐に仕上げとく」


「ぬっ」
「ふざけんな 砦化はそう簡単じゃねェんだよ」
「設計とかもテンはすげェ苦労して」

モウテンは築城、砦化の成績はカリョウテンの倍すごかった。

カリョウテン
「いや 蒙恬の方がオレよりきっと上手いよ」
「築城・砦化の成績悪くてオレ先生に言われたもん」
「そっちの才能は卒業生第一号の蒙恬の半分以下だって」


「何っ 半分以下!?」

蒙恬
「ハハ そうなの?」


「まさかテンの砦化が下手くそなんで現場交代なんじゃ」

カリョウテン
「え」

蒙恬
「フフ 冗談だよ」
「この砦もそう悪くない」
「総司令の温情だと思って素直にうけとれよ」
「“休む”のは隊にとって大切なことでもあるんだから」

カリョウテン
「!」


「あ!? 別に休みなんていらねェし 疲れてねェし」

飛信隊
「うっ」
「信…」

蒙恬
「お前が疲れてなくても下が疲れてんの」

飛信隊
「そーだ そーだ!」


「なっ てめェら」

尾平もたまっていた。

尾平
「はー いい加減帰って東美ちゃんのおっぱいに吸いつきたい」

吸いたすぎて涙を流す尾平。


「生々しいよ尾平さん」

キングダム ネタバレ 485話 (3)

蒙恬
「お前も本当は桓騎将軍ともめてけっこう思うところあっただろ」
「一度家に帰ってしっかり休んで気分転換でもしろ」


「いらねーよ」
「つか気分転換って何すんだよ」

帰っても暇だと信は言う。

蒙恬
「……」
「ん…」
「んー」
「…例えば…」
「…そうだな」
「まー…」


「…」

信にお見合いするよう言うモウテン。

蒙恬
「あ」
「“お見合い”とか?」

「ブー」と飲み物を噴き出す信、むせるカリョウテン。
キョウカイには信の噴き出したものがぶっかかる。

キングダム ネタバレ 485話 (4)

キョウカイは信をぶん殴る。
激しく動揺する信。


「おっ お おっ」
「お見合い─」
「ってあの けっけっ けけっ」
「結婚相手を探すってやつか」

蒙恬
「…何その反応」


「俺が…結婚…」
「はァー!?」

蒙恬
「いやいや別にそんなに驚くことじゃないだろ お前もう二十二だろ」
「たしかオレの一コ下だから」
「全然ふつーだよ結婚とか」

動揺しているカリョウテン、キョウカイの反応はない。


「はっ」
「そういうお前だって結婚とかしてねェじゃねェかよ 一コ上なのに」

信とは逆にチャラ男発言するモウテン。

蒙恬
「あ 俺?」
「俺はまだいいの 名家の長男だから相手はじっくり見つけないと」
「その間城々のお姉様方と甘美な夜を…」

じいや
「蒙恬様! 名家だからこそ早く落ち着き一日も早くお世継ぎをっ」

蒙恬
「は」
「いやつまり」
「今みたいに戦以外のことで心沸き立つことも大切だよと」


「別に沸いてねェよ!」

蒙恬
「…いや かなり沸いてたぞ信」

信は秦に帰るわけにはいかないと昌平君に伝えるようモウテンに頼む。


「いや やっぱ今前線を離れて帰路につくわけにはいかねェ」
「黒羊取られて趙がこのままだまってるはずがねェんだ」
「楽華隊には遠出して来てもらって悪ィが昌平君にそう伝えてくれ」

尾平
「うっ 東美ちゃんのおっぱい」


「お前はだまってろ」

蒙恬
「……」
「フー」
「フフ たく…」
「じゃーマジメな話を一つしてやる」


「!」

蒙恬
「秦軍が黒羊を取ってから秦国に牙をむこうとしてるのは趙だけじゃない」

飛信隊
「! !?」

趙以外の国にも不穏な動きがあると信に教えるモウテン。

蒙恬
「カリンが軍総司令となっている楚は今、対秦国境へ続々と軍を送り配備している」
「これに対し大将軍蒙武も大軍を率いて南部前線にへばりつく形となった」
「一方魏も第一将の呉鳳明が前線都市、修に入り奢雍奪還を狙う動きを見せている」
「故にもう一人の大将軍、騰も奢雍から身動きがとれぬ状態だ」
「韓・斉・燕も中華の均衡を崩さんとしている秦に対して水面下で謀り事を進めていると密偵が伝えている」

河了貂
「!」


「六国全てが…」
「対秦の動きを…」

蒙恬
「これはあくまで俺個人の予測だが」
「恐らく次の戦はかなり大きくなる」


「!」
「だったらなおさら!」

蒙恬
「違う だから今休むんだ」


「!?」

大戦に備えて飛信隊には回復と進化をはかれと昌平君は言っているのだと信に分かりやすく教えるモウテン。

蒙恬
「次が大戦なら敵国も秦もそれなりの準備期間に入る だから総司令(昌平君)は」
「今しっかり休んで傷ついた飛信隊の“回復”と……」
「“進化”をはかれと言ってるんだ」

カリョウテン
「!」


「!」

去亥
「“回復”と…」


「“進化”!?」

キョウカイ
「…」

カリョウテンは飛信隊の弱点、改善点があることに気付いていた。

カリョウテン
「…」
「黒羊戦を通して飛信隊の弱点と…」
「改善していくべきところがいくつかあると気づいた」


「!?」

飛信隊は攻撃力は高いが守備力は高いといえない。
キョウカイ隊との連携、弓隊も必要だと言うカリョウテン。

カリョウテン
「攻めはともかくうちの守備力はやっぱり決して高くない」
「戦が大きく長くなるほどこれは致命的な弱点となる」
「他にもキョウカイ隊との連携や」
「弓隊という飛び道具も手に入れたい」
「つまり…」
「時間をかけて“練れば”まだまだ飛信隊は強くなれる」


「“進化”…」

モウテンは飛信隊には期待がかかっているとその気にさせる。

蒙恬
「霊凰・慶舎 大物食いしてる飛信隊…」
「そのお前達にかかる本営の期待はもはや決して小さくはないぞ」
「信」

モウテンの言葉で考えを改めた信。


「…フー」
「…しょうがねェ」
「…んじゃ強くなるために」
「久しぶりに帰るとするか」

飛信隊は歓喜する。

飛信隊
「ウォォ 娘に会えるぞォ」
「俺は嫁を抱きまくるー」
「男 作ってなきゃいーな」
「ギャハハハ」


「…」
「でも何かやべェことがあったらすぐ知らせろよ蒙恬 俺ら飛んでくるからな」

蒙恬
「ハハ了解」
「でも今から大変なのはうちらじゃなくて」
「文官達だよ」


「文官!?」

蒙恬
「次が大戦になるならそこまでの“準備”が戦の勝敗を大きく左右される」
「国をあげての軍力補強・整備と」
「表・裏の外交の仕掛け」
「始まろうとしてるのは“文官の戦い”だ」
「いや もう始まってるかな」


「文官の戦い」
「…」
「ってことは丞相の昌文君らが主役ってことか…」
「大丈夫かテン?」

カリョウテン
「だ…大丈夫 先生も丞相だし」

蒙恬
「というわけでとりあえず」
「上や文官達の働きを期待しつつ俺達は“次”に備えるぞってことだ」


ナレーション
『蒙恬の言葉通りこの時すでに列国の計略・謀略の手が水面下で複雑にうごめいていた。
そして秦から東、遠く離れた趙と斉の国境付近“香”という小さな城邑(じょうゆう)では咸陽の目を盗んで全く予想外の三人の大物が密談の席につこうとしていた』

部屋に入って来るサイタク。

蔡沢
「おお すまぬな 一番に来るつもりじゃったが」
「ヒョッヒョ まー年寄り故 許されよ」

キャラ紹介
『秦国最高外交官 蔡沢(さいたく)』

キングダム ネタバレ 485話 (5)


部屋には李牧の姿もある。

蔡沢
「趙国“宰相”李牧殿」

李牧「…… いえ」

キャラ紹介
『趙国三大天兼宰相 李牧』

馬車で新たな文官がやってくる。

蔡沢
「おお 早くも“発起人”が着かれたようじゃ」

李牧
「…」
「発起人はあなたかと」

蔡沢
「ヒョッヒョ さすが鋭いな」
「じゃがまーこの際そこはどうでもよい」
「李牧殿とこの方が会うのは」
「二度目かな?」

部屋へ入ってきたのは斉王。
斉王の口からは蛇の頭が出ている。

斉王
「その通りだ」

厳しい表情になる李牧。

李牧
「…」

斉王
「合従軍前夜以来よのォ」
「李牧」

キャラ紹介
『斉王 王建王』

キングダム ネタバレ 485話 (6)


煽り
『秦・趙・斉、蔡沢が謀った中華驚愕の三国密談!! 斉王をも招聘した会談の内容とは!!?』

キングダム ネタバレ 486話に続く。

みんなの感想

キングダムについての最新記事


2016年08月06日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年08月07日 08:41
    • こうしてみると、「!?」多いなw

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年08月06日 17:03
    • 弓隊はナキさんかな

      次の長編で将軍やね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます