銀魂 ネタバレ 594話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 594話

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂594話「解放」 のネタバレ画バレ。

煽り
『囚われの虚』

虚は柱に縛られ動けないでいる。
その周りには天導衆。


「私は無数の死と無数の生を越えるために無数の人格(わたし)を作った」
「無数の『虚』を作った」
「だが何度生と死をくり返しても苦しみは終わらなかった」
「何度血塗れた運命(さだめ)を変えようと抗っても苦しみは終わらなかった」
「だから殺したのです。人になろうと殺戮に身を浸し続けた虚(わたし)も」
「人になろうと殺戮を止め変わろうと抗い続けた吉田松陽(わたし)も」
「全ての虚(わたし)を殺して全てを終わらせるために」

銀さん、桂、坂本は武市先輩から虚についての話を聞いている。

天導衆
「つまり虚、そなたの望みは不死である自らの終焉であると」
「だとしたら残念な事だ。その力を解明し活用できれば我等は…宇宙はさらなる進化も望めよう」


「私の殺し方を見つけてくれるのであればこの身体、コマ切れにしてその血の一滴にいたるまで調べ尽くしてくれて構いませんよ」
「ただ心に留めておいてほしい。私は自分の終わらせ方も知らない男ですがこの枷から腕をひきちぎり」
「くだらない実験(あそび)を今すぐ終わらせる方法なら知っている」

圧のある笑みを浮かべる虚。


「自分以外の者を終わらせる方法なら恐らく地球上の誰よりも知っている」
「そしてこの不死の力を望む者があるならばそれを与える方法も知っている」

朧の描写。


「こんなマネをしなくても私の力に興味がおありなら私はいくらでも強力しますよ…ただ代わりに」
「私にも力を与えてほしい」
「私を滅ぼせるだけの力を」


─朧サイド─


朧は高杉に虚について説明をしている。


「虚(あのひと)は自らの不死(ちから)を餌に天道衆の懐深くまで入りやがてその一角にまで登りつめた」
「天導衆は虚の不死(ちから)を欲していたがそれ以上に虚(あのひと)に恐れを抱いていたのだ」
「懐柔という名の監視ゆえに天導衆は虚(あのひと)にその地位を与えはしたが権利までは与えなかった」
「全宇宙で天導衆だけが持つ特権つまり龍脈(アルタナ)を自在に操る力」


─武市先輩サイド─


武市が虚について銀さんたちへ説明している。

武市
「虚が欲していたのはそれですアルタナ保全協会つまり天導衆とは」
「星の力『龍脈(アルタナ)』を管理する組織でありながらそれを独占する事で強大な力を得ました」
「各星にある『龍穴(あな)』と呼ばれるアルタナの噴出口を制御する門は彼等をもってしか起動も停止もできません」
「それを可能にしているのが『鍵』と呼ばれる掌の刻印協会最高幹部天導衆にのみ与えられる証にして門を開閉できるコード」

天導衆の手にはそのコードが刻まれている。

銀魂 ネタバレ 594話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


武市
「くわしい製法は伝わっていませんが鍵の入手には天導衆の総意が必要とされています」
「一度鍵を刻印すればこれを取り除く事は不可能」
「鍵は刻印されると同時に心臓に回路をつなぎこれを引きはがせば命を落とす事になります」
「また鍵をもつ者が死亡した場合も『鍵』は消滅します」
「つまり正式に天導衆の許しを得る以外に鍵を入手する事は不可能虚には龍脈(アルタナ)を操る事はできない」
「…はずでした」

虚と天導衆のシーン。

天導衆
「報せは聞いたか」
「虚、お前の遠征中に由々しき事態が起こった」
「惑星丹煌の龍脈(アルタナ)が暴走した」

背景には丹煌のアルタナが宇宙まで吹き出す描写。
そして逃げ回る丹煌の住人達。

天導衆
「門とターミナルは一瞬にして消滅管轄していた協会支部も壊滅した被害の全容は掴めていないが協会設立以来の未曾有の被害と思われる」


「何故そのような事故が?」

天導衆
「事故ではない」
「暴走が起こる前にしらせがあった」
「正体不明の軍隊によって門が侵攻をうけているとこれは明らかに天導衆(われわれ)への反逆だ」


「暴走は人為的なものだと?だとしたらそんなマネができる者は」

天導衆
「そう」
「龍脈(アルタナ)を自在に操る鍵をもつ天導衆(われわれ)以外にありえない」


「我々の中に裏切り者がいるとだとしてもそんな者に従う軍隊などどこにいるというのです」

天導衆
「確かにいかなる国とて門を所有する以上協会(われら)の管制下門を質にとられているから協会(われら)にこんな真似をする者はいないだろう」
「だがその勢力がどこの国にも依らぬ軍隊だとしたら」
「たとえば虚そなたが手に入れた海賊(へいたい)のように」

天導衆を睨む虚。

天導衆
「此度のそなたの遠征春雨を管制下にしきそれをもって反乱分子を掃討する目的であったな」
「だがその成果は?逆賊の首をもち帰るどころか旗下に加えた春雨の半数を失った」
「だがその失った半数の春雨が別の目的で使われていたとしたら」
「此度の戦そのものが天導衆(われら)を欺くための餌その裏で春雨の半数を動かし丹晃の門を占拠」
「アルタナを暴走させ星を破壊する事がそなたの真の目的だとしたら」

銀魂 ネタバレ 594話 (2)


天導衆
「虚よ貴様鍵をどうやって奪った」

笑みを浮かべる虚。

天導衆
「貴様まさかっ…」

怒鳴る天導衆。

天導種
「誰だァ!! この男に鍵を渡すなど」
「鍵を一体何と心得ている!!」


「あなた達はあまりに多くの血を求め過ぎた私の血は確かに『不死の血』に違いないがその血は『不死の身体』を流れて初めて安定する」
「たとえ血を得ようとあなた達の身体は不死ではない脆き器に煮えたぎるマグマを入れるようなものさらにあなた達はそれを溢れんばかりに注いだ」
「肉体(うつわ)は溶けだすでしょう」
「腕だけじゃないやがて足も落ちる」
「頭も落ちるだが魂(こころ)がかき消えるような苦しみを味わっても」

天導衆の何人かは手が無いようすで焦った表情。


「………私は何も奪ってなどいませんよ」
「ただ与えただけああなた達に求められるまま不死の血を」

ベッドに横たわり全身チューブだらけの虚血が抜き取られている。


「そしてあなた達は手離した不死を手に入れる代わりに多くのものを」
「もう鍵はあなた達だけのものではない奪われれば死ぬ死ねば失われる門外不出であったはずの鍵は」

懐からミイラ化した“手”を取り出す。
その掌には鍵の印。


「奪われても死なない死ななければ失われる事はない不滅の鍵となった」

銀魂 ネタバレ 594話 (3)



「私はあなた達の落とした鍵を拾っただけです」
「あなた達は死ねないその身体が朽ち果てるまで終われない」

笑みを浮かべる虚。

銀魂 ネタバレ 594話 (4)


天導衆
「虚貴様!! 鍵を差し出せば我等を救う算段があると申したであろう!!」

手を奪われた天導衆の男達が次々に怒鳴りだす。

天導衆
「約束を違うつもりか!!」
「我々の身体はこのままどうなる!!」

ショックを隠せない裏切ってない方の天導衆。

天導衆
「……バカなこれだけの裏切り者が…」
「では奪われた鍵は」


「ありますよまだたくさん」
「時期しらせが入るでしょう、あなた達が落とした鍵と同じ数だけ」

あちこちの惑星で反乱がおこる。
黒いマントの男達が鍵印のあるミイラ化した腕を龍穴にかざすと爆発が起こる。


「星が壊れたと」
「そして生き残った者達は思う天導衆(われわれ)を許しはしないと」

惑星で逃げ回る住人達の愕然とした描写。


「他の星の者達は思う天導衆(われわれ)に門を任せてはいられないと」

爆発の起きていない惑星の住民が考えている描写。


「彼等はやがて来る天導衆(われわれ)のいるこの地球へと」

天導衆
「きっ…貴様…!」

焦った表情を浮かべる天導衆。

天導衆
「全宇宙に…戦争でもしかけるつもりか!!」

虚「
私はこの地球が生み落とした怪物です」
「この星に漂うアルタナを食らう限り死ぬ事ができない」
「私の苦しみもあなた達の苦しみもこの星でくり返され続けてきた数々の苦しみも」
「この星がある限り終わる事はない」
「ならば終わらせばいいこの地球(ほし)を」

地球の描写。



朧は高杉に話す。


「天導衆の支配からアルタナを解放し宇宙規模の暴走・戦争を引き起こすそれは虚(あのひと)の狙いだ」

銀さんたちの描写が入る。


「松陽の弟子たちよ吉田松陽は虚(あのひと)と戦い破れただがその争いは」
「お前達を生んだ」

松陽先生、銀さん、高杉、桂たちとすれ違う朧の描写が入る。


「その魂はここにある」
「抗う者達よ虚を倒せ」

銀魂 ネタバレ 594話 (5)

煽り
『最大の戦いが、今始まる』

銀魂 ネタバレ 595話に続く。

みんなの感想


銀魂についての最新記事


2016年06月30日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年07月05日 21:26
    • *1
      「この星で繰り返されてきた数々の苦しみも」っていう台詞が全てだと思う
      かつて人間の悪意に曝され続けた虚にとっては人間も苦しみの象徴でしかない
      全ての苦しみを終わらせるために人間も終わらせることを選んだ
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年07月01日 10:56
    • お前…終わるのか…?
      マミーみたいに地球から出てアルタナ枯渇させるわけにはいかんかったんか、虚さん

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます