僕のヒーローアカデミア ネタバレ 103話【2ch感想まとめ】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 103話【2ch感想まとめ】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア103話「THE 試験」のネタバレ、画バレ、確定。

以下簡易バレ。
本バレは記事後半。

Cカラーはデクと轟。

僕のヒーローアカデミア103話「THE 試験」


相澤は変な奴だがマークしておけと生徒に伝える。

相澤にフレンドリーに話しかける女が現れた。
デクはあの人はと気付く。


「結婚しようぜ」

相澤
「しない」


「しないのかよウケる!」

女の名前はスマイルヒーロー、Msジョーク、個性は爆笑。 
近くの人を強制的に笑わせて思考行動共に鈍らせる能力。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 103話

昔事務所が近かったそう。
助け助けられを繰り返すうちに相思相愛にと説明するが即否定する相澤。

ジョークも先生の様で傑物学園高校2年2組の担任。
真面目そうな男がデクに握手を求めた名前は真堂。
全員に握手を求める眩しい奴。

爆豪に対し特別に強い心を持ってる。
君達に胸を借りると言い握手を求めるも爆豪はフかしてんじゃねぇセリフとツラが有ってねぇんだよと払いのける。
したり顔の真堂。

生徒達は何も気づいておらずジョークは相澤に伝えてないの?と質問。

会場の中には1500人。
一斉に勝ち抜け演習を行う模様。
事件解決にはヒく位の迅速さが必要な為先着100名を通過とする模様。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 103話

試験の内容は身体の常に晒されている場所にターゲットを3つ付ける。
ボールを六つ持てる。
ターゲットはボールが当たった場合のみ発光する仕組み。 
三つ発光した時点で脱落。
三つ目のターゲットにボールを当てた人が倒した事になる。
2人倒した人から勝ち抜き。
これがルール。

この会場の壁が展開され色々な地形が現れる。

ジョークは相澤が除籍をして居ない事が珍しいと言う。
お気に入りなんだなと茶菓される相澤。

デクは同じ学校で組んで闘おうと言うも拒否する爆豪。
追いかける切島。
轟も大所帯じゃ却って力が発揮できない為共闘を拒否。

ジョークが言った『伝えてないの?』その言葉の意味は体育祭で全てを晒した生徒達。
毎回まず初めに行われる。

『雄英潰し』

真堂含め大量の人間がデク達の塊を襲撃する。

真堂
「自らをも破壊する超パワー…まぁ…杭がでてればそりゃ打つさ!!」

一斉攻撃を受ける。

相澤
「ただただ乗り越えて行くだけさ」

峰田、芦戸、お茶子、常闇、デクはそれぞれの球を一蹴。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 103話

理不尽を覆して行くのがヒーロー。
そもそもプロに成れば個性晒すなんて前提条件。 
悪いがウチは他より少し先を見据えてる。

デク
「締まって行こう!!!」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


No.103 THE 試験

カラー扉絵
掴め――――!闘うための資格!

立ち去る夜嵐イナサを見送るA組生徒たち。
瀬呂「雄英大好きとか言ってたわりに入学は蹴るって、よくわかんねえな。」
芦戸「変なの。」
イレイザー「変だが 本 物 だ。マークしとけ。」

女性ヒーロー「イレイザー!?イレイザーじゃないか!」
イレイザー「!」
振り向くイレイザーの顔。(←良いw)
女性ヒーロー「テレビや体育祭で姿は見てたけど、こうして直で会うのは久し振りだな!」
イレイザーの顔。(←w)
デク「あの人は…!」
女性ヒーロー「結婚しようぜ。」
イレイザー「しない。」
ドキー!とする芦戸「わあ!」
ブッハーと吹き出す女性ヒーロー「しないのかよ!ウケる!」
イレイザー「相変わらず絡み辛いな、ジョーク。」
デク「スマイルヒーロー『Ms.(ミス)ジョーク』!“個性”は『爆笑』!」「近くの人を強制的に笑わせて、思考・行動共に鈍らせるんだ!彼女の敵(ヴィラン)退治は狂気に満ちてるよ!」
HAHAHAと笑うMs.ジョーク。
Ms.ジョーク「私と結婚したら笑いの絶えない幸せな家庭が築けるんだぞ。」
イレイザー「その家庭、幸せじゃないだろ。」
Ms.ジョーク「ブハ!」
梅雨「仲が良いんですね。」
Ms.ジョーク「昔、事務所が近くでな!助け助けられを繰り返すうちに相思相愛の仲へと」
イレイザー「なってない。」

イレイザー「何だ、おまえの高校(とこ)もか。」
Ms.ジョーク「いじりがいがあるんだよな、イレイザーは。」「そうそう、おいで皆!雄英だよ!」
Ms.ジョークが引率する生徒たち。
さわやか男子生徒「おお!本物じゃないか!」
女子生徒「すごいよすごいよ!」「TVで見た人ばっかり!」
地味長髪男子生徒「一年で仮免?へえーずいぶんハイペースなんだね。まァ色々あったからねえ。さすがにやることが違うよ。」
Ms.ジョーク「傑物(けつぶつ)学園高校二年二組!私の受け持ち、よろしくな。」
デクの手をがっしり両手で握るさわやか男子生徒「俺は真堂(しんどう)!」「今年の雄英はトラブル続きで大変だったね。」GRAB
デク「えっあ」
上鳴と握手する真堂「しかし君たちはこうしてヒーローを志(こころざ)し続けているんだね。」GRAB
耳郎と握手する真堂「すばらしいよ!」GRAB
真堂「不屈の心こそこれからのヒーローが持つべき素養だと思う!」キリ
A組生徒心の声「まぶしい」
上鳴「ドストレートに爽やかイケメンだ…」
真堂「中でも神野(カミノ)事件を中心で経験した爆豪くん。君は特別に強い心を持っている。」
右手をスっと差し出す真堂「今日は君たちの胸を借りるつもりで頑張らせてもらうよ。」
その手をビシッと叩き払うかっちゃん「フかしてんじゃねえ。台詞(せりふ)と面(つら)が合ってねぇんだよ。」
真堂の顔。
切島「こらおめー失礼だろ!」「すみません、無礼で…」
真堂「良いんだよ!心が強い証拠さ!」

女子生徒「ねぇ轟くん、サインちょうだい。体育祭かっこよかったんだあ。」
地味長髪男子生徒「やめなよミーハーだなァ」
轟「はあ…」
峰田「オイラのサインもあげますよ。」
イレイザー「おい。コスチュームに着替えてから説明会だぞ。時間を無駄にするな。」
キャイキャイはしゃぐ生徒たち「はい!」
耳郎「なんか…外部と接すると改めて思うけど」
上鳴「やっぱけっこうな有名人なんだな雄英生って。」イヤハヤ(←まんざらでもない表情)
Ms.ジョーク「………?」「ひょっとして…言ってないの?イレイザー。」

試験会場。巨大ホールにコスチュームを着た受験者たち。
飯田?「多いな…!」
デク?「多いね…!」

壇上の役人「えー…ではアレ、仮免のヤツを、やります。」「あー…僕、ヒーロー公安委員会の目良(めら)です。好きな睡眠はノンレム睡眠。よろしく。」
目良「仕事が忙しくてろくに寝れない…!人手が足りてない…!」「眠たい!」「そんな信条の下(もと)、ご説明させていただきます。」
受験者たち心の声「疲れ一切隠さないな、大丈夫かこの人。」
目良「ずばりこの場にいる受験者1540人一斉に、勝ち抜けの演習を行ってもらいます。」
受験者たち「ザックリだな」「まじか」
目良「現代はヒーロー飽和社会と言われ、ステイン逮捕以降ヒーローの在り方に疑問を呈する向きも少なくありません。」

ナレーション『“ヒーローとは見返りを求めてはならない”』
デクの顔。
ナレーション『“自己犠牲の果てに得うる称号でなければならない”』
飯田の顔。

目良「まァ…一個人としては…動機がどうであれ、命がけで人助けしている人間に“何も求めるな”は…、現代社会に於いて無慈悲な話だと思うワケですが…」
「とにかく…対価にしろ義勇にしろ、多くのヒーローが救助・敵(ヴィラン)退治に切磋琢磨してきた結果、事件発生から解決に至るまでの時間は今、ヒくくらい迅速になってます。」
「君たちは仮免許を取得し、いよいよその激流の中に身を投じる。そのスピードについて行けない者、ハッキリ言って厳しい。」
「よって試されるはスピード!」「条件達成者 先 着 100名を通過とします。」
ザワめく受験者たち「!!?」
受験者「待て待て1540人だぞ!?5割どころじゃねえぞ!?」
目良「まァ社会で色々あったんで…運がアレだったと思ってアレして下さい。」
受験者「マジかよ……!」
目良「で、その条件というのが、コレです。」
アイテムを両手に持っている。
スクリーンに説明図が表示される。
目良「受験者はこのターゲットを3つ、体の好きな場所、ただし常に晒されている場所に取りつけて下さい。足裏や脇などはダメです。」
「そしてこのボールを6つ携帯します。ターゲットはこのボールが当たった場所のみ発光する仕組みで、3つ発光した時点で脱落とします。」
「3つ目のターゲットにボールを当てた人が“倒した”こととします。そして 2 人 倒した者から勝ち抜きです。ルールは以上。」

デク心の声「入学試験と似てる…いや…」
お茶子の顔。
デク心の声「対人と対ロボじゃまるで話が違う!」
飯田の顔。
デク心の声「ボールの所持数は合格ラインぴったり。3つ目のターゲットをかすめ取るとか、そういう策を推奨しているのか…!?」
かっちゃんの顔。
デク心の声「入試以上に苛烈なルールだ!」

目良「えー…じゃ 展 開 後 、ターゲットとボール配るんで、全員に行き渡ってから1分後にスタートとします。」
役人たちがアイテムを用意する。
轟「展開?」
ゴゴゴゴと壁と天井が離れていく。
外の光が射し込む。
驚くデク。
天井が分かれ、4方の壁が外側に倒れていく。ゴオオ
目良「各々苦手な地形好きな地形あると思います。」
天井と壁が展開した周囲には山岳、高層ビル、工場地帯、街並み、森、滝などが配置されている。(あの競技場の内部です。)
目良「自分を活かして頑張って下さい。」
受験者たち心の声「ムダに大掛かりだな!」
目良「一応、地形公開をアレするっていう配慮です…まァ、ムダです。こんなもののせいで睡眠が…」

観客席。
Ms.ジョーク「イレイザー、チャック開いてる。」クスクス
イレイザー心の声「何で俺の回りはこううるさい奴ばかりなんだ。」イライラ
Ms.ジョーク「しかし 20 人 とはなァ。」「おまえが除籍してないなんて珍しいじゃん。気に入ってんだ?今回のクラス。」
イレイザー「別に。」
Ms.ジョーク「ブハッ。照れんなよダッセエなァ!」アッハハハは「付き合おう!」
イレイザー「黙れ。」
Ms.ジョーク「しっかしそれなら変な話だぜ。」アッハッハッハッ

デク「先着で合格なら…同校で潰し合いは無い…むしろ手の内を知った仲でチームアップが勝ち筋…!」「皆!あまり離れず一(ひと)かたまりで動こう!」
走り出すかっちゃん「フザけろ。遠足じゃねえんだよ。」タッタカター
追う切島「バッカ、待て待て!」
逆方向に走り出す轟「俺も。大所帯じゃ却って力が発揮出来ねえ。」タッタカター
デク「轟くん!」
峰田「緑谷、時間ねえよ!行こう!」

カウントダウン『4』
集団で走るA組生徒たち。デク「単独で動くのは良くないと思うんだけど…」
峰田「何で?」
デク「だってホラ…!僕らはもう手の内バレてるんだ。」

Ms.ジョーク「例年形式は変われど、この仮免試験には一つの慣習に近いものが存在する。」
カウントダウン『3』

デク「さっき僕が言った勝ち筋は他校も同様なワケで……」「学校単位での対抗戦になると思うんだ。そしたら次は当然どこの学校を狙うかって話になる。」
カウントダウン『2』

夜嵐イナサの顔。
Ms.ジョーク「全国の高校が競い合う中で、唯一『“個性”不明というアドバンテージ』を失っている高校。」「体育祭というイベントで“個性”はおろか弱点・スタイルまで割れたトップ校。」

峰田が気づく。
Ms.ジョーク「可愛いクラスなら言ってあげれば良いのに!」「毎回まず初めに行われる…」

カウントダウン『1…』

START!

A組生徒たちに迫る受験者たち。
Ms.ジョーク「“雄英潰し”のことを。」

デクの顔。
真堂「“自らをも破壊する超パワー”」「まァ…」「杭が出てればそりゃ打つさ!」
多量のボールが投げられる。バシュ

イレイザー「雄英潰し…別に言わない理由もないが、結局やる事は変わらんからな。」

オールマイトのセリフ「多分付け焼き刃以上の効果があるよ。こと仮免試験ではね。」

ボールを弾き叩きぶち壊すデク芦戸峰田常闇。宙を舞うお茶子。ガガガン

真堂の顔。

イレイザー「理不尽(ピンチ)を覆(くつがえ)していくのがヒーロー。」「そもそもプロになれば“個性”晒すなんて前提条件。悪いがウチは他より少し先を見据えてる。」

デク「締まって行こう!」

ラストp煽り文:突き破れ!四面楚歌!

No.561:no name:2016/08/18(木)
おっ早速シュートスタイル活躍しそう
No.562:no name:2016/08/18(木)
いやいや、そんな大事な試験情報を伝えてなかったら大問題だろ相澤
自分でクリアすることに意味があるって状態じゃねーんだぞ
No.563:no name:2016/08/18(木)
真堂触れたものが対象系個性か
No.565:no name:2016/08/18(木)
体育祭を全国放送すんのはどうなんだってのの答えかな
スパルタだなーw

No.570:no name:2016/08/18(木)
この雄英潰しであっさり終わってる物間君が見えた
No.571:no name:2016/08/18(木)
>>No.570
逆に同級生との連係ありなら物間くん通れそう
No.573:no name:2016/08/18(木)
物間だけ落ちるっていう悲しいオチはありうる
No.574:no name:2016/08/18(木)
切島がすっかり爆豪の金魚の糞になってんな
No.576:no name:2016/08/18(木)
切島はさりげなく爆豪のフォローに回ったか
ここで脱落者出ないといいけど
No.578:no name:2016/08/18(木)
これが一次なら合格率えげつないことになりそうだけどまだ次もあるのかな
No.579:no name:2016/08/18(木)
合格率5割じゃなかったっけ?
No.580:no name:2016/08/18(木)
>>No.579
6割切るとかそんな話だった気が
この試験で弾かれるなら1割切るよなどうすんだろ
No.583:no name:2016/08/18(木)
つまり別の合格方法があると言う事か
No.586:no name:2016/08/18(木)
実技だけで決まるわけでもないんだろう
入試の時と同じようなもんで

No.587:no name:2016/08/18(木)
通過って言い方だと落ちたらそこで終わりな気がする
No.588:no name:2016/08/18(木)
合格率五割についての質問は
運営委員会の人っぽいのが説明してたけど

『まぁ社会で色々有ったんで・・・運がアレだったと思ってアレして下さい』

との事
No.595:no name:2016/08/18(木)
>>No.588
なんで合格厳しくしたんだろ
社会がアレなこと考えるとむしろ積極的に仮免取らせるべきだと思うんだが
No.599:no name:2016/08/18(木)
>>No.595
相応の能力がないと危険だからほいほい取らせるのはダメでしょ
No.601:no name:2016/08/18(木)
>>No.599
今までも別にホイホイ取らせてたわけじゃなくね?
5割も落ちるんだし
No.589:no name:2016/08/18(木)
通過ってのがよくわからん
それだけで100人がまず合格になるってのも変じゃね?
適正とか見ないのかよってなる

かといって次の試験に進める人数だと少なすぎるし、何回も何回も敗者復活でもやるのか?
No.596:no name:2016/08/18(木)
ここで試験に落とされてやさぐれる将来のヴィランがぽこぽこ出て来そう
No.598:no name:2016/08/18(木)
試験落ちたぐらいでグレる奴はそもそもヒーロー向いてないだろ

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 104話

最新記事

2016年08月20日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年08月18日 18:30
    • 絵が初期のワンピースっぽくなってきた

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます