ブラッククローバー ネタバレ 77話【来週のジャンプ】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 77話【来週のジャンプ】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー77話「強い方が勝つ」のネタバレ、画バレ。

城壁の上からキテンを包み込む大樹を眺めるアスタたち。

アスタ
「ここがキテン…ってかどわぁああああああ!! 何スか このでっかい木!! この町こんなの生えてんスね!!」

チャーミー
「でっかい木の実 なってますかね!?」

r_012


ヤミ
「ハイ バカ二人ありがとう~」
「こりゃ恐らく金ピカ団団長の魔法だ」

アスタ
「え゙え゙えええ コレ魔法うううう!?」

ヤミ
「…来なくて良かったかもな」

フィンラル
「じゃ じゃあもう帰りましょ! ね!?」

ヤミ
「いや…戦局を確認しに行く 恐らく団長さんは上にいるな ちょっくら行ってくっから三人で死なねえよーに
町の人間助けろ」

アスタ
「お任せをッッ」

フィンラル
「ヤ…ヤミさぁぁぁん」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


壊滅状態のダイヤモンド国勢。

ブロッコス
「我輩の軍が…ほぼ壊滅してしまっただと……!? おのれぇぇぇ~~!!!」

大樹の上からキテンを見下ろすウィリアム。

ウィリアム
「やれやれ…とんでもない量の魔力が巡る戦場だったようだ… だがこれで粗方片付いたか…?」

ウィリアムの目の前に現れるブロッコス。

ブロッコス
「貴様が金色の夜明け団長か…!! 見くびっておったわ… このようなとてつもない魔力を持っていたとは!!」

ウィリアム
「そちらこそ素晴らしい魔力だ… 無駄に散らすことはない 仲間を連れてこの地を去れ」

ブロッコス
「ダイヤモンド軍人に撤退に二文字は無ぁぁぁぁぁい!!!」
「赭土創成魔法"赫鎧ノ重砲」

r_015


ブロッコスに何か小さく見える魔法を投げるウィリアム。

ブロッコス
「何だぁ!? この腑抜けた魔法はぁぁ~~!! さては貴様 もはや魔力が尽きたか!? 勝機――」

ウィリアムの魔法はあっという間に芽吹き、大木となり、その根がブロッコスを絡め捕らえてしまう。

r_016


ウィリアム
「――光栄に思うがいい… 君の魔力はクローバー王国の糧となったのだから」

突然、ウィリアムの前に現れる雲。
中から魔導書を開いたロータスが現れ、ウィリアムに向かってくる。

r_017


ウィリアム
(煙…!? ダイヤモンドの伏兵!! 魔力を消し潜んでいたか――)

そこに現れ、ロータスを切りつけるヤミ。

r_018


ウィリアム
「ヤミ……」

ヤミ
「おじゃま~ 金ピカヘンテコ仮面マン」

ロータス
(あいったぁ~ 彼(金色の団長)を捕えられれば形勢逆転出来ると思って頑張ったんだけどな~ まさか…あの時の彼が来るとは……)

まだ髭をたくわえていなかった頃、今より若い頃のヤミを思い出すロータス。

ロータス
(しかも更に強くなっちゃってるし… もうこれ以上オジサンをおいてかないでくれ)

ヤミ
「こりゃ――一つ貸しだなヴァンジャンス」

ウィリアム
「助かったよヤミ 氣…というものか…凄まじいね…」

ヤミ
「で そこのダイヤモンドの知らないオッサン もう降参したら?」

ロータス
(ウソ おぼえてないの? こりゃマジでヤバイね~ …でもここはダイヤモンド魂を見せて――…)
  
「撤退!!」

r_019


雲の車に木ごとブロッコスを乗せて逃げ去るロータス。

ヤミ
「思い切りいーね」
「…さて と… イイ景色の場所で二人っきりになったところで…ちょっとお話でもしますか ヴァンジャンス君」 

キテンの住人たちの避難誘導をするアスタたち。

アスタ
「んみなさァァァ――ん!! こちらから避難してくださァァァ――!!」

フィンラル
「――!! 空で…誰かがダイヤモンドの奴と一騎打ちしてる…!」

アスタ
「……ユノ…!!」

鳥に乗って戦うユノとラガス。

ラガス
(この若者 何という強さだ…! ありえん……私は八輝将の一人だぞ!?)
  
「我が美しき魔法でとっとと散れ――!!」

ユノ
「美しい…? 戦いに美しさなんてどうでもいい ただ 強い方が勝つ」

巨大な風の剣でラガスを突き刺すユノ。

ラガス
「…… ……美…しい……」

空から落ち、街の建物の屋根を崩して落ちるラガス。

アスタ
「たった一撃で…倒した……!!」

ユノ
「――…よく見知ったチンチクリンがいるとおもったら… こんなところで何してるんだ…? アスタ
  しかもボロボロだしドタバタ動いて汗でビチャビチャだし…見苦しい」

フィンラル
(彼は確かアスタくんの同期の… 金色の精鋭にまで成り上がったのか… 黒の暴牛なんか馬鹿にしちゃうわな)

ユノ
「オマエがそれだけボロボロになってるってことは…また更に強くなったんだな」

フィンラル
「え」

ユノ
「負けないぜ アスタ…!」

ベル
(ユノが…笑ってる――!?!)

アスタ
「オマエこそメチャクチャ強くなりやがってコノヤロー! オレだって負けねーぞユノ!!」
チャーミー
「爽やかな…風… らあああ」

煽り
『認め合う! だからライバル!!』

r_022


ブラッククローバー ネタバレ 78話に続く。

みんなの感想


銀魂についての最新記事

2016年09月08日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます