ブラッククローバー ネタバレ 79話【ジャンプネタバレ 画バレ】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 79話【ジャンプネタバレ 画バレ】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー79話「仮面の奥」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

r_1


r_2


r_3


r_4


5


ヤミ「その仮面…取ってくんね…?」
ウィリアム「…… あまり人に見せられる顔じゃないんだ……」
ヤミ「え?何?とんでもねーブサイクなの? 大丈夫大丈夫 絶対笑わないから わっはっはっは」
ウィリアム「……わかっているよ ヤミ…君は――… 白夜の魔眼の頭首が私ではないかと疑っているんだね」
ヤミ「…… 率直にいうとそーだな…」
  (光魔法と世界樹魔法… 違う魔法なのになぜかどーにも引っかかる…
  体格… 声色… そして何より… "氣"の感じが同じ……! …だが…)
  「――…オマエと出会ってもう10年くらいか…?」
  「戦場で出会って… それからたまにまた戦場で共に闘って… そんで同時期に団長になった…
  あんときゃノゼルの三つ編みがプルプルしてたな―― 別に仲良かねーけど… なかなか…
  古い付き合いじゃね……?」
  (オマエには… 何か同じもんを感じてんだ……)
  「だからさ… 見してくれよ…顔」
ウィリアム「いいだろう…」
ヤミの前で仮面を外すウィリアム 現れた顔は鼻から上、額の少し上までが酷い火傷痕のようになっていた
ヤミ「……!」
  「……とんでもねー傷痕だな… 戦場でか……?」
ウィリアム「いや… 生まれつきだよ 呪われた子だと呼ばれていた…
  この痕は魔法でも治せなくてね… 周りの人間から不気味がられ恐れられたよ
  私はとある貴族の落胤でね… 8つになるまで恵外界の地で暮らしていたんだ だが…
  貴族の跡取りがいなくなると私は貴族として迎え入れられた 幸い私は魔力も高く世界樹魔法も物珍しがられた
  しかしそこでも私の顔は忌み嫌われてね… 特に正妻の義理の母からは酷い虐待を受けた
  子供の頃の私には地獄のような日々だった……」
ヤミ「……オメーも… 苦労してんだなー…」
ウィリアム「――だがそんな中… ユリウス様と出会った あの方は私の見た目など気にせずその力のみを見てくれた」

子供時代のウィリアム 魔法で生やした木の前でユリウスに声をかけられる
ユリウス「世界樹魔法~~!? なんて雄大で荘厳な魔法なんだ…!! すごいね!!
  …何より…君の優しさがすべて守ろうとしているような…素晴らしい魔法だ! 君…是非魔法騎士団に入りなよ!」
ユリウスを見上げて驚くウィリアム しかしすぐに俯いてしまう
ウィリアム「でも…この顔じゃ……」
ユリウス「? 気にすることないけどねー うーん…それなら…」
  「この仮面をあげよう!」
目を輝かせて仮面(ウィリアムが今もつけている仮面)を差し出すユリウス
それを受け取るウィリアム
ウィリアム「……ユリウス様…これはあまりにも…ダサイです…」
がーんとショックを受けるユリウス
ユリウス「え~~~!? 懇親の出来なのに!」

ウィリアム「…嬉しかった… この人のために魔導書を捧げようと思った――…」
ヤミ「……」
  (どこかで…聞いたような話だな…… ……顔の造形もヤツ(リヒト)に似ている…… だがあの傷跡からは
  欠片の魔力も感じられねー… 魔法で工作したり幻覚を見せてるわけでもなさそーだ ……なにより…
  コイツの氣が嘘をついてないと言っている ……他人の空似…だったか……)
  「…なんか… 気分悪くさせてすまなかったな」
ウィリアム「……いや…ありのままを話せて…見てもらえてよかった… ありがとうヤミ」
ヤミ「……そう…」
その時、ウィリアムに通信が入る
『ヴァンジャンス団長!ダイヤモンドが撤退を始めました!』
ウィリアム「そろそろ我々も行こうか… 捕虜を連れて行くだけで一苦労しそうだ」
ヤミ「あぁ… あ 捕虜連行ならウチに便利なヤツらがいるぜ コキ使おう」
ウィリアム「フ… ほどほどにね」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


フィンラル「戦局も落ち着いたことだし そろそろヤミさんと合流しようか!」
アスタ「そうっスね!」
チャーミー「らっ!? もうっ!?」
アスタ「じゃあなユノ!」
ユノ「あぁ じゃあなアスタ 落ちた物 拾って食べるなよ」
アスタ「誰が食うかァァァァ!! 昔はよく食べてたけど」
チャーミー「あ…あの~れ…連絡先とか聞いてもいいですか…?」
ベル「え~~い ユノによるなこのドロボーダヌキ~」
チャーミー「らああああああ!! りんぷんが!! りんぷんが目にいいいいい!!」
二人に構わずさっさとフィンラルの空間魔法に入り込むアスタ
まだベルに向かっていくチャーミーの襟首を掴んで空間魔法の穴に引っ張っていくフィンラル
黒の暴牛の三人が去って静かになったところで、屋根から下りて話しかけてくるランギルス
ランギルス「――まったく…低俗な連中だね 仲良くする相手を選んだ方がいいよ ユノくん
  あんなヤツらといて恥ずかしくないのかい?」
ユノ「…なぜです? 一度もそう思ったことは無いです アスタはオレの誇りですし…ライバルですから」
ランギルス「あっはっはっは ライバル!? あんなのが!? というか何のだい? 何か二人で競ってるものでもあるの?」
ユノ「ええ――…」

ヤミを待つため、最初に降り立った城壁の上に移動した黒の暴牛の三人
フィンラル(うおおおおお言ってしまった~~~!! 最低の団が最強の団にケンカ売ってしまったあああ)
アスタ「腹でも痛いんスか? フィンラル先輩」
アスタとチャーミーはチャーミーが出したお菓子をもしゃもしゃ食べている
チャーミー「まぁまぁコレでも食べんさい」
フィンラル「このノンキ達め――っ!! 言ったのオレだけど」
  「そういえばアスタくん あんなアッサリした別れでよかったの? 古い友人なんでしょ? あのイケメンの彼」
アスタ「いいんス! どうせまたどっかの戦場で会いますよ!」

アスタ・ユノ『目指してますから――魔法帝…!!』

ランギルス「あははははは!! 本当に恥ずかしいとか思わないんだねー!!
  あぁ――下民の君達には恥ずかしいなんて感情は無いのかな? 流石だよ…四つ葉の魔導書に選ばれた偉大な下民くん……!」
ベル「なによアンタぁー!! ユノを馬鹿にするのはこの私が許さな…」
ユノ「下民が魔法帝になれないという決まりなんて無いでしょう? …なのでまずは…
  金色の夜明けの団長になります」
ランギルス「へぇ―― 副団長の僕は眼中に無いってことね……!」

ダイヤモンド王国
男の前に跪き、報告をするロータス
男「――なるほど…シルフが…! 攻撃的な空間魔法に…… ほう…!他人の魔力を……世界樹魔法か――…」
 「クローバー王国最強の魔法騎士団 金色の夜明け…か… 前時代の朽ちかけの将達も多少は役に立ったか……」
 「これからは…我々魔導戦士の 新しき将の時代なのだから…!!」
マルス「……」
居並ぶ魔導戦士たち その中にはマルスの姿があった

煽り 底知れぬダイヤモンドの八輝将!! そしてこの男は…!!

ブラッククローバー ネタバレ 80話に続く。

みんなの感想


銀魂についての最新記事


2016年09月21日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます