【七つの大罪】ネタバレ 193話【画バレ】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

【七つの大罪】ネタバレ 193話【画バレ】

週刊少年マガジン連載中、七つの大罪193話「覚悟の聖騎士長」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

ザラトラスはフラウドリン攻略についてヘンドリクセンに話している。

ザラトラス
「なるほど…我々の“浄化(パージ)”じゃ〈十戒〉を討つ事は不可…ならば命を絶つしか方法はない…か」

ヘンドリクセン
「!! ま…まさかドレファスを!? 私は反対です!! それでは何の意味もありません!!」

ザラトラス
「よそ見厳禁!!」

フラウドリンがヘンドリクセンへ突撃してきていた。

フラウドリン
「“貫突”!!」

ザラトラスはヘンドリクセンを抱えて貫突を回避する。

ザラトラス
「“雷神の閃動”」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事


フラウドリン
「どうした聖騎士長様…弟を救う術もなくただ逃げ回るのみか もはや万策尽きたようだな…? さて どうやって貴様らを料理してくれよう」

そこへ丸い物体が空から降って来る。

フラウドリン
「? なんだ…これは?」

ザラトラス
「あれは…」

丸い物体を持ちあげるブラウドリン。
それは魔神化したホークだった。

フラウドリン
「豚?」

ホークはブラウドリンへ鼻から息を吐きかける。

ホーク
「プキャッ」

1


鼻息でよろめくフラウドリン。
急いでホークをぶん投げる。

フラウドリン
「ぐぼあっ!? ぬ…こ…この臭いは残飯息吹(ブレス)!? め…目が…!!」

その隙にザラトラスはブラウドリンを背後から拘束する。

ザラトラス
「どうやら運は尽きていなかったらしい」

フラウドリン
「何の真似だ…? 言っておくが貴様ごときの魔力では私を葬る事はできんぞ…!?」

ザラトラス
「そんな事は十分承知しています…だが私の全生命と引き換えの“パージ なら弟の身体からキミを引っぺがす事くらいできるだろう…!!」

焦るフラウドリン。

ヘンドリクセン
「やめ…」

ザラトラス
「“パージ”!!」

ザラトラスのパージで眩い光が発せられる。

グリアモール
「ま…眩しい い…今のは…?」

ザラトラスのパージが成功し化物のフラウドリンがドレファスから出て来る。

フラウドリン
「お…おのれぇぇぇ!!」

2


ヘンドリクセン
(なんと禍々しい姿!! これが〈十戒〉フラウドリンの正体)

その場に倒れるザラトラスとドレファス。

ヘンドリクセン
「ドレファス!! ザラトラス!!」

ザラトラスを蔑むフラウドリン。

フラウドリン
「他者の為にせっかく得た命を捨てるとは…!! つくづく愚かな!! 命を引き換えに俺を追い出したところでもう一度ドレファスの中に戻れば済む話」

ヘンドリクセン
「そうはさせん!!」

一瞬でヘンドリクセンを貫いてしまうフラウドリン。

ヘンドリクセン
「ぐあっ!!」

フラウドリン
「そんなに俺に殺されたいのかヘンドリクセン!?」

ヘンドリクセン
「あ…が 入るなら…この私に…入ればいい!!」

フラウドリン
「お前のような貧弱な人間の身体に用はない 何よりドレファスとは10年来の良き相棒(パートナー)」

ヘンドリクセン
「それは…本心か?」

フラウドリン
「何〜?」

ヘンドリクセン
「貴様は…自分を倒したメリオダス殿への復讐のため再び力を取り戻すその時までドレファスの身体を依り代に選んだ…そうだな?
だとすれば貴様はもう十分に力を取り戻しているはず…何より復讐を果たすべきメリオダス殿は…死んだ!!
もはや貴様にはドレファスの身体に執着する理由はないはずだろう!!」

フラウドリン
「…!!」

グリアモール
「お父…さん?
お父さーん!!」

フラウドリン
「グリア…モール!」

3


自由になったドレファスがフラウドリンの胸を貫く。

フラウドリン
「…な」

4


ドレファス
「貴様にその名を呼ぶ資格はない…」

ヘンドリクセン
「ドレファス!!」

フラウドリン
「バカな なぜ人間ごときの魔力で我に傷を負わせる事が?」

ドレファス
「我が信念には一片の揺るぎも矛盾もない 故に全てを撃ち貫く!! …あまり人間(わたし)をナメるな
“天貫破獄刃” !!」

5


フラウドリン
「ドレファ…」

煽り
『貫け!!! 10年の支配に別れを告げるドレファス渾身の一撃!!!
捨て身の「浄化」で、ドレファス復活!! 「砕貫」の魔力がフラウドリンを刺し貫く!!!
第194話"残酷なる希望"に続く。』

七つの大罪 194話 「残酷なる希望」に続く。

以下簡易バレ。

ザラトラス達は打つ手なく逃げ回るしかないかに思われたがたまたま降ってきた魔神化ホークの鼻息でフラウドリンがひるむ。
ザラトラスはドレファスを羽交い絞めにし背後から全生命を使って浄化。
フラウドリンをドレファスの体から引きはがすことに成功。

「また戻ればいいだけだ」と言うフラウドリンに「お前は十分強くなったし復習すべき」「メリオダスも死んだし」で
「ドレファスの体に戻る理由もないだろう」とヘンドリクセンが引き留めている。
そこへ幼児化したグリアモールが現れ父を呼ぶ。
フラウドリンごと全生命を抜かれたと思われたドレファスが立ち上がり撃破。

2ch感想まとめ

最新記事

2016年09月28日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年09月29日 15:43
    • 大罪は引き延ばしが酷く完結する事から逃げてるので飽きたわ。キャラ増やし過ぎて把握しきれないし何をしてるのか解らなくなッた。
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年09月27日 23:28
    • 細かくネタバレ書いてないな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます