鬼滅の刃 ネタバレ 32話【ジャンプネタバレ画バレ】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

鬼滅の刃 ネタバレ 32話【ジャンプネタバレ画バレ】

週刊少年ジャンプ連載中、鬼滅の刃 32話「刺激臭」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

扉絵 匂いを遮るように鼻と口を手で覆う善逸
煽り 鬼の影無し 匂いは強し――

本文煽り 鬼を討つ 慈悲の一撃!!
蜘蛛女(優しい雨にうたれているような感覚 少しも痛くない 苦しくもない ただ あたたかい……
  こんなにも穏やかな死がくるなんて これで… 開放される……)
炭治郎に討たれて落ちる蜘蛛女の頸と髪

蜘蛛女回想
血を流し、悲鳴を上げながら左目を押さえる蜘蛛女
地面に崩れ落ちる蜘蛛女の前には、男鬼(父鬼)
蜘蛛女「悪かったわ… 謝るからもう許してよ 何に怒ったの? 何が気に食わなかったの?」
男鬼は何も言わない
近くから、木に張り巡らせた糸の上に乗って蜘蛛鬼を見下ろしている累
累「何に怒ったのかわからないのが悪いんだよ」
左目を押さえながら涙を流す蜘蛛女
蜘蛛女「そんな…だって……」
鬼「くふっ」
蜘蛛女の近くの木の根元から、顔を覗かせて笑う鬼(累の兄弟?)が一人
鬼「また母さんが父さんに怒られてる くふっ」
木の上の枝に腰掛け、父母の様子を見下ろしている着物姿の少女鬼
父鬼は乱暴に母鬼の髪を掴み、立たせようとする 悲鳴を上げる母鬼
父鬼に虐げられる母鬼の姿を、眉間に皺を寄せながら見下ろす少女鬼
(怒りではなく、やるせない感じに満ちた表情に見えました)

崩れていく蜘蛛女の目が、自分を斬った炭治郎を見る
炭治郎は悲しそうな表情を浮かべていた
蜘蛛女(あの目…… 優しい目 透き通るような 人間だった頃 誰かに… 優しい眼差しを
  向けられていた気がする あれは誰だった?)
自分に微笑みかける誰かの姿を思い出そうとする蜘蛛女
蜘蛛女(思い出せない いつも私を大切にしてくれていた人 あの人は今 どうしているのかしら)
思い出せない顔 その相手の手が血に染まっている
蜘蛛女「…… 十二鬼月がいるわ 気をつけて…!!」
炭治郎「!?」
炭治郎に最後の言葉を掛けたあと、崩れ落ちる蜘蛛女の残りの頸と体
蜘蛛女が腰掛けていた岩の上には、着物だけが残った
炭治郎(十二鬼月!? この山には十二鬼月がいるのか? 十二鬼月の血は鬼舞辻の血もかなり濃いはず……!!)
  血を奪えば禰豆子が人間に戻る薬の感性に近づく!!)
はっと後ろを振り返る炭治郎
炭治郎(そうだ 伊之助!!)
伊之助のほうへと走っていく炭治郎
伊之助「倒したかよ!!」
炭治郎「倒した 伊之助 大丈夫か…」
伊之助「俺に対して細やかな気遣いすんじゃねぇ いいか? わかったか? お前にできることは俺にもできるんだからな
  もう少ししたら俺の頭もお前の頭より硬くなるし それからな…」
まくし立てる伊之助を冷静に見ている炭治郎 伊之助の体はあちこち刀で斬り付けられた傷が残り、血まみれ
炭治郎(ひどい怪我だ…… 他の仲間も助けられなかった)
今しがた倒した蜘蛛女のことを思い出す
炭治郎(あの人からは 恐怖と 苦痛の匂いがした 死を切望するほどの)
いらないと抵抗する伊之助の腕の傷に布を巻きつけてやりながら考える炭治郎
炭治郎(この山は一体どうなっているんだろう? 十二鬼月がいて… 鬼の一族が棲む山? でも… 鬼は
  群れないんじゃなかったか…)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事


山の中を一人歩く善逸
善逸「いてっ……」
何かが刺さった感じがし、左手を引く善逸
善逸(なんかチクッとしたぁ~~っ!! なんじゃああも~~っ!! 腹立つぅう~~っ)
  「炭治郎たちも見つかんないし最悪だよ どこ行ったのよ どっちよ!!」
  「そしてくさいんだよこの辺!! くさい!! もう泣きたい!!」
ズンズンと森を歩く善逸 足元には数匹の蜘蛛が這っている
善逸「蜘蛛がカサカサする音すごい気持ち悪いし いや蜘蛛も一生懸命生きてるんだろうけどさ」
ガサッと音がするほうを指差し、睨み付ける善逸
善逸「も――っ うるさいよじっとしてて!!」
指差した先に現れたのは、人の頸に蜘蛛の手足がついた姿 他の蜘蛛鬼たちのような顔の模様は無い
思わず固まる善逸
善逸「こんなことある!?」
逃げ出し、ドダダダとすごい勢いで走り出す善逸
善逸「人面なんですけど 人面蜘蛛なんですけど!! どういうこと これ どういうこと!?
  夢であれ 夢であれ 夢であれよお願い!! 夢であってくれたなら 俺 頑張るから 起きた時 禰豆子ちゃんの
  膝枕だったりしたらもうすごい頑張る 畑を耕します 一反でも二反でも耕してみせる!! 悪夢から覚めてくれぇ――っ!!」
立ち止まって顔を上げ、叫ぶ善逸
しかし視界に入ってきたのは異様な光景だった
木々に張り巡らされた糸で吊られた小屋が一つ その周りに糸で吊り下げられている、人や異形のもの
鬼殺隊員 腕から先が蜘蛛の手になっている人 口から血を流し、震えている人 など……
善逸(何あれ何あれ何あれ!! 人が…蜘蛛に…されてんの!? 家浮いてんの!? なんかチラチラ見えるけど糸?
  そしてくっせぇ!! 刺激臭すげぇ!! 鼻が利く炭治郎なら死んでるわ!!)
鼻と口を強く抑える善逸
善逸(喉まで痛くなる匂いだ 涙出てくる 目も痛い)
吊るされた小屋からギッと音がする ビクッとする善逸
音のした場所から垂れ下がって出てきたのは、頸だけ人(鬼)で体は蜘蛛の蜘蛛鬼(父鬼と母鬼を見ていたうちの一人)
尻から糸を出して降りてくる
善逸「へぐっ……!!!」
  (でか!! でっか!! でかいわ!! でかすぎるよ!!)
人蜘蛛の顔がニタアと笑う
善逸「俺 お前みたいな奴とは 口利かないからな!!」
涙を流し、鼻水も垂らしながら叫ぶ善逸
人蜘蛛に瀬を向け逃げ出す
人蜘蛛「くふっ 逃げても無駄だぜ お前はもう負けてる」
善逸「話しかけんなよ!! 嫌いなんだよお前みたいな奴!!」
人蜘蛛「手を見てみな くふふっ」
善逸「はぁ!? 手!? 手が何さ!!」
  (!?)
爛れている自分の左手を見て驚く善逸
人蜘蛛「毒だよ 咬まれたろ? 蜘蛛に お前も蜘蛛になる毒だ くふっ くふふふっ」
善逸「……」
人蜘蛛「四半刻後には俺の奴隷となって地を這うんだ……」

煽り 迫る刻限!! 今度の鬼はマジでヤバい!!
巻末 井谷先生お疲れ様です。寂しいです。<呼世晴>

JNEW ORDERキャンペーン 鬼滅の刃のプレゼントはトートバッグです
炭治郎の横顔に、禰豆子、善逸、伊之助(猪頭)、珠世、愈史郎のプリントです

鬼滅の刃 ネタバレ 33話に続く。

みんなの感想


最新記事

2016年09月29日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます