進撃の巨人 ネタバレ 86話【画バレ 87話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

進撃の巨人 ネタバレ 86話【画バレ 87話】

別冊少年マガジン連載中、進撃の巨人86話「あの日」の最新話ネタバレ、画バレ画像です。

グリシャののこした本の語りでグリシャの回想が始まる。
幼少のグリシャは妹のフェイと外へ何かを見に出かけようとしている。
そこへ母親がやってきてグリシャとフェイに腕章をつけさせる。

グリシャ母
「外に出る時は腕章を忘れるなって言ってるだろ?
…グリシャ 壁の外には絶対出るんじゃないよ?」

グリシャとフェイは腕章をつけて外へ出かける。
そこは西欧のような街並みをしている。

グリシャ
「わかってるよ母さん」

フェイ
「行ってきます」

016


二人が見に来たのは空を飛ぶ飛行船だった。
町を歩くグリシャとフェイ。
おっさんにちゃんと前を向いて歩くよう注意されるグリシャ。
フェイは飛行船がどのような原理で動いているのか気になっている様子。
飛行船には水素が詰まっていてそれで浮いている、プロペラは電気で動かしていると説明するグリシャ。
さらに誰が乗っているのか訊くフェイ。
金持ちが乗っていると教えるグリシャ。

飛行船は壁の外へと飛んで行ってしまう。
悲しそうにするフェイ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事


それを見たグリシャは先生から聞いた飛行船の発着場に行こうと言い出す。
しかし発着場は壁の外にあるためフェイが困る。
グリシャはフェイを引っ張って壁の見張りの隙をつき壁の外へと出てしまう。

017


壁の向こうにある道を歩くグリシャたち。
そこは車が通っている。
男がグリシャに鞄をぶつけてからんでくる。
グリシャを穢れた血だと言う男。
涙を浮かべるフェイ。

飛行船の発着場へ到着するグリシャとフェイ。
発着場の近くの土手には憲兵のような男が二人。
1人はたばこを吸ったおっさん、もう1人は黒髪の20代くらいの男。


「レベリオ収容区の者だな?」

しかしグリシャとフェイは憲兵に見つかり市内に入るための許可証を求められる。
当然許可証の持っていないグリシャたち。

憲兵
「ではどうなるかわかっているな?」

憲兵はグリシャに労働か制裁かを訊く。
グリシャは制裁を選択、妹は無理やり連れだしたから自分がその分の制裁も受けると言う。

憲兵
「わかった」

クルーガーという男におもいっきり腹に膝蹴りを入れられるグリシャ。
フェイはもう一人のおっさんに連れていかれる。

018


激痛で丸くなって倒れているグリシャ。
その近くではクルーガーがタバコを吸っている。
もしグリシャたちが外で腕章を外していたら楽園送りだったと言うクルーガー。
帰ろうとするグリシャを引き止めて飛行船を見ていけよとクルーガーは言う。


飛行船を見た後グリシャは家に帰る。
しかしそこに妹の姿はなくその翌日川で死体で発見された。
フェイはリンチされた模様。

グリシャの家に来てフェイのことについて説明しているフェイを連れていったおっさん。
おっさんはレベリオの手前までフェイを送ったとのこと。

息子にしっかりと自分たちの一族が犯した過ちを教育してるのかと怒られる父母。
それが十分でないなら首輪でつないでおけとまで言うおっさん。
グリシャたちの一家がいる区画は収容所だった。
グリシャ母は涙を流し、父は憲兵にへり下るだけだった。
そんな両親を見たグリシャは酷く憎しみ、自分の愚かさを呪った。

020


絶望しているグリシャを見ているクルーガー。


グリシャは父から一族、ユミルの民の犯した過ちについて教育を受けている。

「今から1820年前 我々の祖先ユミル・フリッツは大地の悪魔と契約し力を手に入れる
それが巨人の力だ
ユミルは死後も九つの巨人に魂を分けエルディア帝国を築いた
エルディアは古代の大国マーレを亡ぼしこの大陸の支配者となる」

3


「そこからは暗黒の時代だ 巨人になる力を持ったユミルの民は他の民族を下等種族と決めつけ弾圧を始めた」

ユミルの民は他の民族から土地と財産を奪って滅ぼしていった。
本の絵ではエルディア人が男も女も殺している。
それとは別にエルディア人は他民族に無理やり子供を産ませてユミルの民を増やしていった。
この民族浄化が約1700年も続いたのだという。

しかし大国マーレはエルディアに内部工作をしかけ内戦を起こし弱体化させる。
9つの巨人の内7つの巨人を手駒に従えて80年前の巨人対戦に勝利した。


フリッツ王はパラディ島に三重の壁を築いて国民と共にひきこもった。
しかしグリシャの家に人たちのような非マーレ派のエルディア人は大陸に残された。
そのためマーレに殺されてもおかしくない立場だが収容区で生かしてもらっている。
それをありがたいと思っている様子のグリシャ父。
そんな父を犬のようだと思うグリシャ。

グリシャはフェイがおっさんに殺されたと言おうとするとグリシャ父が黙れと怒鳴る。
グリシャ父は自分たちに悪魔の血が流れているのだと言う。
激怒したグリシャは自分もフェイもそんなことしていないと叫ぶ。
しかし父さんと母さんと一緒に楽園に行きたいのかと脅しのような発言をするグリシャ父。

イエーガー家が政治当局を疑って恨みを抱いているという噂が流れれば自分たちは終わりだと教えるグリシャ父。
自分たちは何もやっていなくても相手側からすればそれは関係ないこと、だから黙って生きることだと諭すグリシャ父。

グリシャ父
「頼むから父さんと母さんをフェイと同じ目にあわせないでくれ」

グリシャ
「うん」

自分は無知で愚かで世界は理不尽で狂っていると悟るグリシャ。


そこからグリシャは青年へと成長していく。
その間にもグリシャたちは迫害を受けている。

グリシャは18の時に父の診療所を継ごうとする。
診療室でグリシャは男を診療している。
その男の右肩には十字の傷跡が刻まれている。
それについてグリシャが質問すると同胞の証だとその男は言う。


「あなたの妹はマーレ当局の男に殺された」

この男が所属するエルディア復権派にはマーレ政府との内通者がいるとのこと。
自分たちに協力すれば妹のことについて詳しく説明すると言われるグリシャ。
妹は男たちが連れてきた犬に食い殺されていた。

ここでグリシャは本当の悪魔がどちらか教えてやると決意する。
そしてグリシャは右胸にナイフで同胞の証を刻む。

グリシャはマーレを倒しエルディアを復活させ世界を正すことを決意する。
復権派の仲間の中にはエレンたちの時代にいた無知性巨人に似た顔の人達がいる。

022


マーレ政府の中には復権派との内通者がいる。
内通者はフクロウと呼ばれ姿は見せないが復権派を導いてくれた。
武器、資金、歴史文献を復権派に提供してくれるフクロウ。

その歴史文献の中に書かれていたのは子供の時に習ったユミルの民の歴史と違ったものだった。
始祖ユミルは巨人の力で荒地を耕し道を造り峠に橋を架けた。
ユミルがもたらしたのは富だった。

023


巨人対戦末期、島に逃れることを拒んで大陸に留まった王家の一族の女性(ダイナ)がいた。
王家の末裔はこの女性1人のみとなっている。
彼女らの一族はいつかエルディアが立ち上がる日を待ち王家の持つ巨人の情報を持って収容区に潜伏していたのだった。

彼女から聞いた情報と、フクロウから手に入れた歴史文献の内容は一致していた。

フリッツ王は始祖の巨人を島の壁の中に持ち去った。
それがエルディア復活のカギになるとグリシャは興奮する。
始祖の巨人の力は他の巨人の全てを支配し操作することができる。
この力でマーレを打倒しようと言うグリシャ。

025


復権派の一人が疑問を持つ。

「しかし…フリッツ王はそのような絶対的な力を持っておきながらなぜ島まで退くことに…?」

フリッツ王は戦うことを否定したらしい。
巨人対戦の発端は145代目の王が始祖の巨人を継承したことにあった。
それまでにも8つの巨人を分けた家同士が争い続けていたという歴史もある。
このような状況下でも始祖の巨人を王家が持つことで均衡が保たれていたのだという。
しかし145代目の王はその役目を放棄して島に移り壁を造って都を移した。
ここでダイナの一族は決別する。

グリシャとダイナは結婚しジークを授かる。
この時の家族写真がエレンたちが発見した写真。


「今日のマーレを世界の指導者たらしめる力「七つの巨人の力」が絶対ではなくなる日も近い
これから燃料を背景とする軍事力が物を言う時代と移りゆくだろう
その時代を迎えるにあたり莫大な化石燃料を埋蔵するとされるパラディ島は決して無視できるものではなくなった」

2


しかしパラディ島をマーレが征服することは簡単なことではなかった。
フリッツ王が壁に籠もる時に言い残した言葉「今後我々に干渉するなら壁に潜む幾千万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」があったからだった。
このためマーレはフリッツを王を刺激しないよう壁の中へ潜入し始祖の巨人を手に入れようとしている。
そうなればエルディアが復権することは永遠に絶たれてしまう。

そこでグリシャはダイナとの子、ジークをマーレの戦士にすることを決める。
ジークは獣の巨人のような人形で遊んでいる。

『こうして私は息子にエルディアの誇りを託しつつも敵国に忠誠を誓うマーレの戦士になるよう仕向けた』

030


しかし七歳になったジークはグリシャ夫婦をマーレ政府に密告。
復権派の全員はパラディ島で永遠に人喰いとして彷徨う巨人となるべく送られた。

『エルディア人がエルディア人を食べる最悪の悲劇の始まり…』

032

【進撃の巨人】ネタバレ 87話に続く。

バレ1

「あの日」
グリシャと妹フェイの幼年期
街には飛空船や蒸気船、飛行機も飛んでいる。
文明的にはたしかにターンAガンダム
収容区から飛び出た2人は兵に見つかり妹が連れ去られ殺される
(兵士数人が連れてきた犬に囲われて襲われている)
巨人の力を持つユミルの民は巨人大戦に勝利する
18になったグリシャは妹が兵隊らにおもちゃにされ犬に食い殺された真実を知り
エルディア復活のため始祖の巨人を復活させマーレ打倒に動く
そして結婚したダイナはジークを産むが7歳になったジークはグリシャとダイナを政府に密告する
エルディア復権派はパラディ島に送られることに。
ここが進撃の巨人の舞台

サシャは立体起動は使えなくなった。
助けた子供が看病してる名前は出ないけど。
コニーは村で母を前に悔しそうにしている。
人間に戻る方法はないのかと。
ヒッチは下向いてて表情が分からない。
アルミンは地下室で拘束されている。
エレン達はレイス家へと向かう。

グリシャの回想。
一冊は自伝みたいなの。
もう一冊は巨人と世界について。
単に人間が巨人に変身するわけでも着ぐるみでもない。

バレ2

ユミルの民は巨人対戦で大国マーレに敗れてる
マーレ側に伝わっている歴史によると1820年前に「ユミル・フリッツ」が「大地の悪魔」と契約して
巨人の力を手に入れる。
ユミルは死後に「9つの巨人」に魂を分けてエルディア帝国を築き古代の大国マーレを滅ぼして大陸の支配者となる。
そこから暗黒時代となって巨人の力を持つ「ユミルの民」はほかの民族を下等人種と決めつけて弾圧を始める。
エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やす民族浄化を1700年間続ける。
だけどかつての大国マーレがエルディアに内部工作をして巻き返しを始める。
さらに「9つの巨人」の内の7つを手駒に加えて80年前(回想内における80年前)の巨人対戦に勝利する。
フリッツ王は残された国土「パラディ島」に三重の壁を築いて国民とともに逃げ込む。(作中の舞台と思われる)
だが全員でなく見捨てられたエルディア人の残党がこの大陸に残った。(それがグリシャ達)

あくまでマーレの歴史でありエルディア人の歴史文献ではユミルは巨人の力を使って人々を豊かにして
大陸を発展させたよう
(マーレ政府の内通者から提供された今のエルディア人が知りえない歴史文献)


正確な年代はちょっとわからない
今月は文字数が本当に多い
グリシャの妻(写真の女性)はダイナ・フリッツ 王家の血を引くもの
大陸にとどまった王族でもうひとりしかいない
エルディア復権派にやってきていろいろな情報をもたらしてくれた
その情報のおかげでフリッツ王が壁に持ち去った始祖の巨人とそのすべての巨人を操る力を知ってこれなら
マーレを滅ぼせると復権派は喜んだ
(その時のグリシャは復権派のリーダー的存在リーファーシップがあり歴史文献の解読をしている)
王が巨人の力を使ってマーレと戦わなかったのは争いを否定してパラディ島に都を移したから
エルディア内で8つの巨人を分けた家同士で争いが絶えずそれを抑えられたのが「始祖の巨人」なのにそれを放棄したから内戦がおこってエルディアは弱体化

そこでグリシャは壁の中に逃げた王から「始祖の巨人」の力を取り戻して真の王家であるダイナにお納めしマーレを打倒しようと主張する。
ダイナはそんなグリシャに惚れて結婚してジークが生まれる。
だからジークは王家の血を引いている

マーレがパラディ島に攻め込まないのは壁に逃げ込んだフリッツ王が80年前に
「今後我々に干渉するなら壁に潜む幾千幾万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」と
言い残したから(絵では超大型巨人が群れをなして歩いてる)
マーレとしては正面から手出しできないからフリッツ王を刺激しないように壁内に
侵入して「始祖の巨人」を奪還したいと考えている。

グリシャの父親もユミルの民は民族浄化に走った大罪人であり悪魔の血を引いていると先祖を卑下してる
(グリシャからは犬のようだと思われている)
マーレ側はエルディア人に学校でそういう歴史を教え込ませて一般のエルディア人は
エルディア人は収容区でつつましく沈黙して生きるしかないと考えている
(そんな歴史は間違っているとかいったら治安当局に「楽園」送りにされそう)

ジーク、ライナー、ベルトルトはその歴史観にそまっているから壁内人は悪魔の末裔と考えてると思う

グリシャはジークを「マーレの戦士」にしてエルディアの誇りを持たせつつ
「7つの巨人」を継がせようとしたけど失敗 7歳になったときにジークに密告される

ユミルの民が民族浄化をしたのが本当かは今月号ではわかっていない
グリシャはそれは偽りの歴史だと考えている

話の最後、エルディア復権派は全員「楽園」に送られたってあって
パラディ島を永遠にさまよう人食巨人になるべくしてとなってるからエルディア人が
エルディア人を食べる同じ民族での殺し合いになってたもよう

ほかのエルディア人全員ではなくてエルディア復権派だけ
ジークの密告で復権派が全員捕まった


最新記事


2016年10月06日| |コメント:11Edit

コメント一覧

    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月07日 12:11
    • どうでも良いが筋肉バスターしてる巨人クルーガーの左胸にある壊れた手摺が無用か雑用に見える
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月08日 23:26
    • ※6
      自分を物扱いした
      グリシャと母を恨んでいるから

      愛情を持って育てないと
      愛が憎しみにかわる
      サスケェ
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月08日 04:04
    • グリシャの仲間に前田敦子似の巨人がいる。そういうことか。他も探せばいるんだろうな。
    • 8. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月06日 22:57
    • り、理解力が必要だな…w
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月06日 21:02
    • ここがかなり当たってた気がする

      獣の巨人とライナーたちの関係
      ttp://www62.atwiki.jp/shingekititan/pages/70.html
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月06日 20:14
    • ジークは何故密告したの?
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月06日 17:46
    • グリシャの嫁、カルライーターに似てるな
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月05日 23:27
    • ユミルは子孫かなんか?
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月05日 19:47
    • だれか3行はよ
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月05日 19:14
    • アニメ後期EDの最後に「戦争中の二大勢力」的な古代壁画が出てきたが…このことだったんだな
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年10月05日 18:49
    • まさにとんでも展開w
      巨人の力については科学的な説明かファンタジーにするか説明しないくらいしか選択肢がないからな
      こういう謎の解明を売りにした漫画は難しいよな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます