僕のヒーローアカデミア ネタバレ 115話【ヒロアカ 画バレ 116話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 115話【ヒロアカ 画バレ 116話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア115話「アンリーシュド」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

『オールマイトが来ない世の中─』

ある男の話から始まる。

大事なのは自分が誰なのかよく知る事だと言う男が語り始める。
部屋から道路を見降ろし歩く人達を査定している。

『満ち足りた顔で務めやがって…ありゃあダメだ』

「素敵だとおもぜ」

『どいつもこいつもまともな人間ばっかりだ』
『なにをしてるって? いつもの日課さ』

「特別な事さ」

『俺の一日は一本のアメスピと観察から始まる』

※アメスピ たばこの銘柄

001

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事


神野の闘いから半月が過ぎた。
テレビもネットも連日不安を煽るだけの井戸端会議を垂れ流す。
一般人にとっての大きな変化と言えばコイツだろう 繰り上げでナンバー1ヒーローの座についた男
エンデヴァー。

002


『不安の大部分は彼にのしかかっている。そりゃそうさ万人に受けるキャラじゃねぇ』
『彼は一言で表すと荒い。 俺から見りゃ凡人が超人のフリしてる』
「超人さ」
『不可抗力で不相応の地位を得たんだ 彼にとっても不幸な話さ』

ネットの検索予測では 嫌い 怖い 等が目につく。

003


『ヒーロー弱体化の象徴となるなんて俺ならまっぴらごめんだ』

テレビを消して出て行く男。

『弱体化ってのはパワーの話じゃ無い 心の話だ』

「パワーの話さ」

『うるさい…黙ってろ…』

『私が来た 普通に生きてりゃ心強い だがそうじゃねぇ連中には呪いだった』

町ではヴィランが強盗団がヒーローと争い徒党を組み計画的な行動をする連中が増えた模様。

『ただ…俺達が探してるのはもっとこう…』

電話が鳴る。
電話の相手は連合のブローカー。

男は自分の中にもう一人いる男。
ブローカーと会話してる最中も「」の声が勝手に喋る。

ブローカーは荼毘と連絡が付かない。
知らないか男に言う。

死柄木が一旦集まりたいと言っている事を告げるブローカー。
裏の声と葛藤している男。

捜査の目をくらますため連合は各地に分散している。
そして同士を集める為組織のさらなる拡大の為だと男は話す。

町のチンピラと揉める荼毘。
一瞬で燃やしゴミならせめて燃えて俺の薪と成れと言いチンピラ死亡。

006


マグネやスピナーも各地で活動中。

苦しむ男
『ハァ…ハァ…ダメだ…包まなきゃ…裂ける…分裂する…!!』

おもむろにマスクをかぶる男
『分裂する 包めば一つだ…』

マスクをかぶると途端に落ち着く男(トゥワイス)。

007


昔を語るトゥワイス。
彼の個性は二倍、一つを二つに増やすシンプルな力。

自分を何人も分新させあっと言う間に自分だけのチームの完成だ。
分身たちに何でもやらせて俺は俺達の王だった。

だが俺が王である事に俺は不満を持ってしまった。
俺は俺に殺されかけた。
増やした物はある程度ダメージを受けない限り消えない。
俺達が自分こそ本物だと主張を始め言い争った。
想像できるか? このイカレた状況が一週間と二日続いたんだ。
結果として俺達は殺し合い、消えた。
以来俺は俺が本物なのか確信が持てない、わからなくなっちまった。

イカれちまった人間に居場所はねぇ。
ヒーローが助けるのはいつだって善良な人間だけさ。 
俺が探しているのは同じ様にイカレちまった人間。
居場所を求め彷徨うイカレ野郎…。

トゥワイスが目にしたのはタイヤのゴムにされた様な見た目の人間の姿。

008


先程コンビニ強盗を行っていた連中がコンビニごとめちゃくちゃにされている。

数名の脚が地面に埋まっていたり崩れたコンビニから手足が出ている。

その前にたたずむ4人の男。
腕がデカイ男、マスクを付けた男、ハットを被りマントを着た男、信号機の上にたたずむフードの男。

009


マスク男
『大の大人が何人も揃って小さなコンビにのレジを盗むだけ?』
『変だと思う…普通これだけ集まればもう少し大きな目的を持つと思う…』
『病気だよおまえら 病気は治さなきゃなぁ』

010


フードの男
「金は頂いたんでヒーローが来る前にとっととずらかりやしょーや オーバーホール」

オーバーホールとはマスクの男。

オーバーホール
『病人ばっかりだどいつもこいつも…』

トゥワイス
『どうやらイカレ野郎共は自分達で居場所を作り始めたようだ』
『よォし…どうしよっ…っかな!?』


ヒーローサイドも俺達もドロドロに変容し始めている。
大事なのは自分が誰なのかよく知ることだ。
自分がどうなりたいのか…どうしたいか…それがとても大事なんだ。


A組が試験を受けているその頃、AFOと面会をするオールマイト。

「僕に何を求める」

『ケジメを付けるだけさ オール・フォー・ワン』

『巨頭会談始まる』

000


詳細バレ

1p目欄外煽り文:この男の朝は、普通よりも少しばかりハードボイルドに始まる。
タイトルコマ煽り文:オールマイトが「来ない」世の中――――
ラストp煽り文:巨頭会談――――始まる。

額に傷がある男が窓から外を見おろしている。
額に傷がある男心の声「大事なのは自分が誰かよく知ることだ。」「満ち足りた顔で勤めやがって…ありゃア、ダメだ。」
歩道を歩く若い会社員。
スマホを見る男。
女子学生たち。
もうひとりの声『素敵だと思うぜ。』
談笑する女たち。
額に傷がある男心の声「どいつもこいつもまともな人間ばっかりだ。」「何をしてるって?いつもの日課さ。」
もうひとりの声『特別なことさ』
額に傷がある男心の声『俺の一日は一本のアメスピ(タバコの銘柄)と観察から始まる。」

No.115 アンリーシュド

額に傷がある男心の声「神奈川県神野(カミノ)区の戦いでオールマイトが引退して半月が経った。」「テレビもネットも連日不安を煽るだけの井戸端会議を垂れ流す。」
TV画面はニュース番組。
ニュースキャスター「しかし現状我々の生活に大きな変化はないワケじゃないですか?」「今後どう変化していくか具体性をもって追求し対策を考案していくべきと考えます。」
額に傷がある男心の声「おまえは違うな。認めてやるよ、宮城キャスター。」
もうひとりの声『認めねえ。』
ニュースキャスター「ひとえにオールマイトという存在が大きくなりすぎた。大き過ぎて見えなくなっていましたよね。」
女性キャスター「あー」
タバコをふかす額に傷がある男心の声「一般人にとって大きな変化といえば専(もっぱ)らこいつだろう。繰り上げでNo.1の座に就いたヒーロー、」「エンデヴァー。」
エンデヴァーとサイドキックスの図。
額に傷がある男心の声「不安の大部分は今、彼にのしかかっている。そりゃそうさ。万人に受けるキャラじゃねえ。」
TV番組。画面右上テロップ「オールマイトのいない日本」「今後の対応」
街頭インタビューに答える会社員「エンデヴァーも別にダメってワケじゃないと思うんですけどォ。どうしてもオールマイトと比べちゃいますよね。」
額に傷がある男心の声「彼は一言で表すと、荒い。俺から見りゃ凡人が超人のフリしてる。」
もうひとりの声「超人さ。」
額に傷がある男「不可抗力で不相応の地位を得たんだ。彼にとっても不幸な話さ。」「ヒーロー弱体化の象徴となるなんて、俺ならまっぴらごめんだ。」
ニュースキャスター「エンデヴァーは事件解決件数こそ多いものの、激情家で行き過ぎる事も少なくありません。「また支持層は20~40代男性と、オールマイトに比べ大きく偏(かたよ)っているんです。」
ニュースキャスター「我々としてもこれからは受身(うけみ)でただ守られるのではなく、彼(ヒーロー)を盛り上げてあげないといけないんじゃないですかね。」「マイナス面を煽るのではなく、どうプラスに運んで行けるかが プチッ」
リモコンでテレビを消す額に傷がある男。
上衣を着る額に傷がある男「行くか…」
額に傷がある男心の声「弱体化ってのはパワーの話じゃない。宮城はよくわかってる。心の話だ。」
もうひとりの声『パワーの話さ。」
額に傷がある男「うるさい…!黙ってろ…!」

額に傷がある男心の声「『私が来た』。普通に生きてりゃ心強い。だが、そうじゃねえ連中には呪いだった。」「自己に誠実な連中。」
レジを抱えてガラス扉をぶち壊し飛び出してくるコンビニ強盗「あはははは、ムリ!ムリ!」「やっちゃったから!もうやっちゃったから!」ガシャ
額に傷がある男心の声「呪いが解けりゃ当然こうなる。」

コンビニ店員?「ったく勘弁してくれよォ!」「ヒーロー!こっちこっち!」
騒動を眺めている額に傷がある男心の声「とは言っても…“個性”を持て余した人間に魔が差す…。これはいつもの光景だ。」
駆けつけたヒーロー「おのれ、昼間っからよくも堂々と!」
額に傷がある男心の声「ここから少し違う光景。」
背後から鉄パイプで殴打されるヒーロー。CRACK
軽トラックで待機していた強盗団「イエロー!早くしろ!ああバカ!カウンターごと持ってきやがった。」
軽トラックの荷台にレジ+カウンターを載せる強盗団「ハッハハハ、残念だったな!ヒーロー!」「俺たちゃ一人じゃあねーんだよ!」「せーの。」
倒れているヒーロー。
コンビニ強盗団「チーム“レザボアドッグス”!よく覚えておけ!」
額に傷がある男心の声「赤信号、皆で渡れば怖くない。」「徒党を組み、計画的に行動する奴らが目立ち始めた。」

タバコをくわえている額に傷がある男心の声「ただ…俺たちが探してるのは、もっとこう…」
着信音。
額に傷がある男「何だよ義爛(ギラン)。」「元気でやってるか?」
電話の相手は丸メガネのブローカー。
義爛「久し振りだな!そっちこそどうなんだ?」
額に傷がある男「わからん。俺には俺が元気なのかわからない。」
義爛「そうか、難儀だな。」
額に傷がある男「おい俺の質問に答えろ。おまえは元気なのか?」
義爛「ああ元気だよ。忙しすぎて嬉しい悲鳴さ。」
デスクにはPCや複数のスマホが置かれている。
義爛「ここ一・ニ週の間でスーツ・アイテムの闇市場が一気に活性化してる。需要が倍増してね。」「敵(ヴィラン)連合!今じゃバカ共のカリスマだぜ。」
額に傷がある男「そりゃ良かった。」『良くねえ』「黙ってろ…クソ…!」「で!?何の用だ。俺も忙しいんだ。」『暇だよ。』
義爛「荼毘と連絡がつかない。おまえ知らないか?死柄木が一旦集まりたいらしい。改めて連絡行くと思うが。」
苦しそうな額に傷がある男『知ってるぜ。』「知らねえ。勝手に喋るな!」
義爛「……オーケー、だいぶキてるな。無理はするなよ。」
電話が切れる「ツー…ツー…」
息が荒い額に傷がある男「くそ…俺は…俺だ…」ハァッ ハァッ

額に傷がある男心の声「敵(ヴィラン)連合は今、各地に分散している。」「捜査の目を眩ます為。」「そして同志を集める為。組織の更なる拡大の為だ。」

ビルとビルに挟まれた狭く暗い路地。
チンピラたち「なんだァてめェ気持ち悪ィ顔しやがって…」「何見てんだ殺すぞコラ。」
スッと左手を構える荼毘「これは…要らねえよなァ…」
チンピラたち「!!」
荼毘「伏せろ。」
燃やされているチンピラたち。
荼毘「ゴミならせめて、燃えて俺の薪(まき)となれ。」

マグネ。
スピナー。

苦しそうに壁際を歩く額に傷がある男「ハァ…ハァ…」「ダメだ…。包まなきゃ…。裂ける…。分裂する…!」
マスクを被ろうとする額に傷がある男「分裂する。」ハッ ハッ
マスクを被った額に傷がある男トゥワイス「包めば…」「一つだ……」フウ… フウ…

ドガァンとどこかで爆発音がする。
歩き出すトゥワイス心の声「少し語ろう。」「俺も昔は楽しく悪さをしたもんだ。」
爆発現場に近付くトゥワイス心の声「俺の“個性”は『二倍』。一つを二つに増やすシンプルな力だ。」
イメージ図。
トゥワイス心の声「自分を分身させ、分身にまた分身させ………。あっという間に自分だけのチーム完成だ。」「分身たちに何でもやらせて、俺は俺たちの王だった。」
「だが俺が王であることに俺は不満を持ってしまった。」「俺は俺に殺されかけた。」
額を切りつけられる図。
「増やしたものはある程度ダメージを受けない限り消えない。」
「俺たちが、自分こそが本物だ、と主張を始め言い争った。想像できるか?」「このイカレた状況が一週間と二日続いたんだ。」
「結果として俺たちは殺し合い、消えた。」「以来、俺は俺が本物なのか確信が持てない。わからなくなっちまった。」
「イカレちまった人間に居場所はねえ。」「ヒーローが救けるのはいつだって善良な人間だけさ。」
「俺は俺を受け入れてくるた連合の役に立つことで、俺は俺でいいんだと思いたいのさ。」
「俺が探しているのは、同じようにイカレちまった人間。」

爆発現場にひょこっとたどり着いたトゥワイス「Oh…」

トゥワイス心の声「居場所を求め彷徨(さまよ)うイカレ野郎…」

爆発現場にはコンビニ強盗団イエローの頭と融合した軽トラックのタイヤが転がっている。
燃え盛るコンビニ強盗団の軽トラック。強盗団は軽トラックや道路と融合している。
その光景を眺めている3人の後ろ姿。
鴉マスクの男「大の大人が何人も揃って…、小さなコンビニのレジを盗むだけ?」「変だと思う…。普通これだけ集まればもう少し大きな目的を持つと思う…」「病気だよ、おまえら。病気は治さなきゃあ。」
さらにもうひとり信号機の上にしゃがむフードの男「金は頂いたんで、ヒーローが来る前にとっととずらかりましょーや。」「『オーバーホール』」
オーバーホール「病人ばっかりだ。どいつもこいつも…」

物陰から見ているトゥワイス心の声「どうやらイカレ野郎共は、自分たちで居場所をつくり始めたようだ。」
トゥワイス「よォし…」「どうしよっ…っかな!?」
トゥワイス心の声「ヒーローサイドも敵サイド(俺たち)もドロドロに変容し始めている。」「大事なのは自分が誰なのか良く知ることだ。自分がどうなりたいのか…どうしたいか…それがとても大事なんだ。」


『A組が仮免試験に挑む頃――――…』

特殊留置所の堅牢な扉。
?「そろそろ後期が始まるのだろう?もう始まっているのかな?」「教育に専念するものだと思っていたが…」
面会室のオールマイト。
車椅子に拘束されているAFO「僕に何を求める?」
オールマイト「ケジメをつけるだけさ。」「オール・フォー・ワン」

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 116話に続く。

最新記事

2016年11月11日| |コメント:11Edit

コメント一覧

    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月15日 01:27
    • アメコミのパクリとか言い出すのか…
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月12日 17:03
    • やっぱりトゥワイスのモデルはデップーさんか。
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 21:53
    • シリアスというか暗い感じだと面白いよね堀越
    • 8. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 20:18
    • やっぱこの世界って結構危機にあったんだなって実感した
      オールマイト頼りにもほどがあるな
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 12:25
    • まぁ特徴のある個性なら
      スグに犯人像特定、指名手配、情報周知、潜伏先特定ぐらい出来る筈だけどな
      実際に本気出せばできてたし

      それが平時はマトモに出来ずにのさばらせてるから、作中でも無能呼ばわりされてんでしょ警察
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 05:45
    • 個性の母数が多すぎるんだろ
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 03:14
    • ヴィランサイド面白い
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月11日 00:23
    • ホント、統制の取れてない世界観だよなこの作品
      個性管理してるなら、その手のカウンセリングや監視もしっかりしろよという
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月10日 22:45
    • 流石にいい絵描くなあ
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月10日 20:13
    • もともとがアメコミのパクりだからな
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年11月10日 19:55
    • 今回別の漫画みたいだな
      アメコミっぽい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます