僕のヒーローアカデミア ネタバレ 118話【ヒロアカ 画バレ 119話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 118話【ヒロアカ 画バレ 119話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア118話「意味のない戦い」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

─ロボは見ていた!!─

デクと爆豪のやり取りを警備ロボはしっかり見ていた。
相澤の部屋にロボから内線が入る。
「グランド・βニテ一年A組ノ生徒二名時間外活動確認!
A組…担任…イレイザーヘッド 内番8番 オイ イレイザーヘッド!
オタクノ生徒ガグラウンド・βニイルゾ! 監督不行届 責任問題 叱ッテ来イ!」と言われる相澤。

r_078


相澤
「まじかよ…」

ロボ
「マジマジ」

「一体何を…」と言いながら相澤が外に出ると何者かが目の前に手を広げ立ちふさがる。

デクVS爆豪。
爆豪の爆破で土煙が待っている。

r_077


爆豪
『じゃあオレの憧れは間違ってたのかよ』

デクは爆豪へ「本当に戦わなきゃいけないのか」と問う。

デク
「待ってって! 本当に戦わなきゃいけないの!?」

爆豪は左手に力を込める。

デク
「間違ってるわけないじゃないか! 君の憧れが間違ってるなんて誰も!!」

爆豪の思いも間違ってるわけがないと言うが聞く耳をもたずさらに爆破してくる爆豪。
間一髪でよけたデクはそれでも待てと言う。

デク
「待ってってば…」

爆豪は幼いころから後ろを付いて来たデクを思い出す。

幼い爆豪とデクが走っている。
爆豪の後を必死についていくデク。

昔のデク
「待ってよかっちゃん!」

爆豪
(いつも後ろにやがったのに)

r_079


転んだ爆豪に「大丈夫?」と手を差し伸べるデク。
そんなデクを殴り飛ばす爆豪。

爆豪
(どんだけぶっ叩いてもいつも背中に張りついてやがったのに)

爆豪
「逃げんな!!! 戦え!!!」

幼い爆豪、デクたちがコンビニでヒーローカード付スナック菓子を買う。
爆豪、デク共にオールマイトのカードが出て嬉しそうにしている。

r_080


爆豪の脳裏にオールマイトの言葉が蘇る。

オールマイト
『言っとくけど…自尊心ってのは大事なもんだ!!
君は間違いなくプロになれる能力を持っている
わかるよ…緑谷少年の急成長だろ?
でもレベル1の力とレベル50の力 成長速度が同じなハズないだろう』

(同じ人に憧れてたのに 何で 何で…)

爆豪が左手を振りかぶりながらデクに向かってくる。
デクは爆豪の肩を押さえるが爆豪は左回し蹴りをデクのアゴに直撃させる。
そのまま後ろに倒れるデクだがそれを利用してサマーソルトキックを爆豪に放つ。
デクの足が爆豪の腕を弾いて爆発。
爆豪がよろけて倒れる。

爆豪
「って…!」

デクがハッハッと息を切らしながら倒れる爆豪を見る。

r_081


デクは幼い頃と同じく倒れた爆豪へ近づき「だ…大丈…」と声をかける。

r_083


爆豪
「俺を心配すんじゃねぇ!!!」

デクの手を払いのける爆豪。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



爆豪
「戦えよ!!! 何なんだよ!!! 何で!!!
なんでずっと後ろにいた奴の背中を追うようになっちまった!!!
クソザコのてめぇが力をつけて・・・! オールマイトに認められて強くなってんのに! なのに何で俺はっ俺は…オールマイトを終わらせちまってんだ」

r_084


必死の形相の爆豪。
それを聞いて驚くデク。

爆豪 
「俺が強くて敵に攫われなんかしなけりゃあんなことになってなかった!!」

顔を拭う爆豪。

爆豪
「オールマイトが秘密にしようとしてた…誰にも言えなかった! 考えねぇようにしてても…フとした瞬間に沸いてきやがる! どうすりゃいいかわかんねんだよ!!」

r_082


デクは爆豪が悩んでいた事、自分よりもずっと抱え込んでたと気づく。
そして本当に戦わなきゃいけないの?と聞いたことを思い出す。
この戦いに意味がないかもしれないし勝ちにも負けにも意味がないとわかっているがそれでもやらなきゃとデクは思い直す。
飛んで向かってきた爆豪にスマッシュキックを決めるデク。

r_085


本気で爆豪と戦うことに決めたデク。

デク
「丁度いい…シュートスタイルが君に通用するかどうか…やるなら…全力だ」

フルカウルで構えをとるデク。

r_086


以下詳細

巻頭カラーページ
マスメディア
アニメ第2期&オリジナルアニメのプロモーションビデオ解禁!
「ジャンプスペシャルアニメフェスタ」上映アニメがDVD化。JC第13巻同梱版が発売決定!

1p目欄外煽り文:ロボは見ていた――!
ラストp煽り文:その想(おも)い――真正面から!

次号予告ページ
激突する想い…!出久VS勝己!そして…!?

目次コメント:妹が結婚し兄に子どもが出来ました。置いてかれた感がすごい。おめでとう兄妹。

建物の隙間から覗く警備ロボ「グラウンド・β(ベータ)ニテ一年A組ノ生徒二名時間外活動確認!」「A組…(PiPi)担任…イレイザーヘッド。内線8番(PiPi)」「オイ、イレイザーヘッド!」
1-A寮。イレイザーヘッドの部屋。
インターホンから警備ロボの音声「オタクノ生徒ガ、グラウンド・β(ベータ)ニイルゾ!監督不行届(かんとくふゆきとどき)!」「責任問題、叱(しか)って来イ!」
パソコン作業をしていたイレイザー「まじかよ…」
警備ロボの音声「マジマジ」
寮の玄関を出るイレイザー心の声「一体何を…」
イレイザーの前にザッと現れた誰かの右手(シルエット)。
イレイザーの顔。

爆豪。デク。対峙する二人。

前回のセリフ「じゃあ俺の憧れは間違ってたのかよ。」

デク「待ってって!本当に戦わなきゃいけないの!?」
無言で左手を小爆破する爆豪。BBB…
デク「間違ってるわけないじゃないか!君の憧れが間違ってるなんて誰も――――…!!」
爆破する爆豪。BOOM
フルカウルでダッとかわすデク「待ってってば…」
爆豪の顔。

幼少デクの声「待ってよ、かっちゃん!」
走る幼少かっちゃんと追いかける幼少デク。
爆豪心の声「いつも後ろにいやがったのに。」
川に落ちた幼少かっちゃんに手を差しのべる幼少デク「大丈夫?」
公園で幼少デクを押し倒す幼少爆豪。
爆豪心の声「どんだけぶっ叩いても、」
幼少爆豪を追いかける幼少デク。
爆豪心の声「いつも背中に張りついてやがったのに。」
涙目で追いついた幼少デク。

爆豪「逃げんな!」「戦え!」

コンビニでヒーローズチップスを買う幼なじみーズ。
カード袋を開け驚く幼少爆豪。喜ぶ幼少デク。おまけカードはどちらも「オールマイト」だった。
爆豪心の声「同じ人に、憧れたのに。」
爆豪の顔。

過去の場面
オールマイト「言っとくけど…自尊心ってのは大事なもんだ!」
オールマイト「君は間違いなくプロになれる能力を持っている!」
オールマイト「わかるよ…緑谷少年の急成長だろ?でもレベル1の力とレベル50の力…、成長速度が同じハズないだろう?」

爆豪心の声「何で」
デクに襲いかかる爆豪。
フルカウルで爆豪の肩を押し留めるデク。GRAB
爆豪の蹴りがデクの顎にヒット!ガボ
のけ反るデク。追撃する爆豪。
バック転したデクの左足が爆豪の両手を蹴りあげる。爆破失敗。
爆豪心の声「何で…!」
よろけながら後退し、耐えきれず倒れる爆豪「って…!」THUD
息が荒いデク。ハッ ハッ


倒れている爆豪に手を差しのべるデク「だ…」「大丈(だいじょう)…」
爆豪「俺を心配すんじゃねえ!」
起き上がる爆豪「戦えよ!何なんだよ!」「何で!」ガバッ
立ち上がる爆豪「何で!ずっと後ろにいた奴の」「背中を追うようになっちまった!」ムクッ
デクの顔。
爆豪「クソザコのてめェが力をつけて…!」「オールマイトに認められて…強くなってんのに!」「なのに何で俺はっ」
「俺は……オールマイトを」「終わらせちまってんだ。」

デクの顔。
爆豪「俺が強くて、敵(ヴィラン)に攫(さら)われなんかしなけりゃ、あんな事になってなかった!」
顔(涙)を拭う爆豪。
爆豪「オールマイトが秘密にしようとしてた…」「誰にも言えなかった!」「考えねえようにしてても…フとした瞬間、沸いて来やがる!」
涙をこぼす爆豪「どうすりゃいいか、わかんねんだよ!」
デク心の声「ずっと抱え込んで――――…!!僕なんかより……ずっと…!」「悩んでたんだ…」「考えてたんだ…!」

今回冒頭のセリフ「本当に戦わなきゃいけないの!?」

グアっとデクに迫る爆豪。
デク心の声「この戦いに意味なんてないかもしれない。」「勝ちにも敗けにも意味はないのかもしれない。」
再びフルカウルを発動するデク。
デク心の声「それでも僕はやらなきゃって思った。」

SMASH
デクの右蹴りが爆豪の頭にヒット!
構えるデク「……丁度いい…」「シュートスタイルが君に通用するかどうか……」

デク心の声「かっちゃんのこの気持ちを、今、受けられるのは、」

爆豪の顔。

デク心の声「僕しかいないんだから。」

デク「やるなら…全力だ。」

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 119話に続く。

最新記事

2016年12月01日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます