進撃の巨人 ネタバレ 89話【画バレ 90話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

進撃の巨人 ネタバレ 89話【画バレ 90話】

別冊少年マガジン連載中、進撃の巨人89話「会議」の最新話ネタバレ、画バレ画像です。

エレンのいる独房にやってくるリヴァイ、ハンジ、アルミン。
ハンジはエレンが「名は進撃の巨人」とやっていたことをその真似をしながら訊く。

ハンジ
「何してるの?
進撃の巨人ってやってたよね? 今
ねぇ?」

エレン
「…いえ」

リヴァイが独房の鍵をカチャと開ける。
エレンの行動に突っ込んで訊くハンジだがリヴァイたちの反応は薄い。

ハンジ
「えぇ!? やってたよね!?」

リヴァイ
「……」

ハンジ
「二人共今のを見たでしょ!?」

アルミン
「…えぇ でも…まぁ それは…」

ハンジ
「ほら! やってたよ エレン 今のは何だったの!?」

エレン
「いえ…別に…」

000


ハンジ
「お父さんから受け継いだ君の巨人の名前でしょ?
何で誰もいないのに独りで喋ってたの?」

そんなハンジに諭すリヴァイ。

リヴァイ
「もういいだろハンジさん こいつは15だぞ? そういう時期は誰にでもある」

ハンジ
「はぁ? 何だよ そういう時期って?
誰もいないところで空を睨みつけながら独りごちる時期なんて私には無かったよ?」

アルミン
「ハンジさん…後で僕が説明しますから本人の前ではもう勘弁してあげて下さい…うまく説明できるかわかりませんが…」

髪をくしゃっとして涙を流すエレン。

ハンジ
「はぁ? 何それ? どういうこと?」

001

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



大声を出してキレるエレン。

エレン
「何しに来たんですか!?」

牢の扉を開けるリヴァイ。

リヴァイ
「出ろ」

000


エレン
「? ……懲罰ならまだ10日ほど残っていますが…」

リヴァイ
「終わりだ
10日分の罰なら今ハンジが与えた」

ハンジ
「え? そんなに聞かれてマズいことなんてあるの?」

リヴァイ
「形だけの懲罰でも組織に示しをつけるのは大事だ
たとえ9人の組織でもな
かと言って時と場合を考えなくてもいいってことはない」

牢から出て来るエレン。

ハンジ
「ザックレー総統には掛け合ってるから安心してよ
鎧と超大型を地に伏せた英雄を牢に入れていてはそれこそ示しがつきませんってね」

アルミンがミカサの牢の鍵を開ける。

ハンジ
「加えて君達が逆らった上官は鎧と獣を取り逃がしたノロマとできる」

エレン
「そんなことは…」

リヴァイ
「要は兵団はお前らを罰してる余裕も無いってことだ」

ハンジ
「あぁ…本当に…途方に暮れるとはこのことだろうね…」

数日ぶりに顔を合わせるエレンとミカサ。
エレンたちの寿命を知ったからかかなりやつれた様子のミカサ。

エレン
「……少し…痩せたか?
飯は十分食えたのに…」

無言になるミカサとアルミン。

001


ミカサ
「エレンは…元気そう」

エレン
「まぁ…な」

リヴァイ
「行くぞ 身支度を急げ」

エレン
「何をするんです?」

リヴァイ
「謁見だ
女王陛下がトロスト区にお越しだ」


ヒストリアがユミルからの手紙を読んでいる。
その表情はどこか悲し気。

000


ユミルの手紙
『親愛なるヒストリアへ 今私の隣にはライナーがいる』

机を向かうユミルのすぐ隣にはライナーが立っている。

004


ユミルの手紙
『私が恋文をしたためる様子を覗き見ている
悪趣味な野郎だ 絶対にモテない
だがお前にこの手紙を必ず届けると約束してくれた』

ライナーは巨人に囲まれ絶対絶命のピンチを救ってくれたユミルへの借りを返すためユミルの願いを聞き入れた。

ユミル
『あの時はすまない まさか私がお前よりコイツらを選んじまうなんて
私はこれから死ぬ でも公開はしてない』

ここからユミルの回想が入る。
幼少のユミルは布一枚を羽織り路地で物乞いをするという非常に貧しい生活を送っていた。
名前も家族もないユミルの元へユミルという名前をくれた男が現れる。

005


ユミルがユミルという名前を名乗ると立派な寝床と食事が用意されるようになった。
椅子に座り髪を整えてもらいながら食事をするユミル。

さらにそれまでユミルに見向きもしなかった大人達が膝をついてユミルを崇めるようになった。
ユミルを祭り上げた名付け親の男も羽振りが良くなり身なりも豪華になる。
そのことに気分がよくなるユミル。

与えられたユミルという役を演じることで皆が幸せになれるのだと信じるユミル。
しかしユミルを崇めていた連中がマーレ当局に囲まれると名付け親までユミルに騙されたのだとめちゃくちゃなことを言い出す。
それにひどくショックを受けるユミル。

006


ユミル達は拘束され連行される。
そんなユミルたちに容赦なく石を投げつける民衆。
その石でユミルの顔面はボコボコの血まみれ状態。

007


そしてパラディ島へと連れて来られるユミルたち。
グリシャの仲間達同様注射を打たれ塀から蹴り落とされるユミル達。
そこからユミルは巨人となり荒野を彷徨う。

そして巨人化したユミルはライナーとベルトルトの村を襲う。
ここで知性巨人となったユミルは人間の姿に戻る。

008


ユミルの手紙
『どうもこの世界ってのはただ肉の塊が騒いだり動き回っているだけで得に意味は無いらしい
そう何の意味も無い
だから世界は素晴らしいと思う』

人間の姿に戻ったユミルが目を開けるとそこには美しい夜空が広がっていた。

ユミルの手紙
『再び目を覚ますとそこには自由が広がっていた
私はそこから歩きだし好きに生きた悔いはない』

009


再びユミルが手紙を書いているシーンに戻る。

ユミルが手紙
『そう言いたいところだが正直心残りがある
まだお前と結婚できてないことだ
ユミルより』

ユミルの手紙を読み終えたヒストリアはこれだ全部かと訊く。
部屋にはハンジとジャンがいる。
ジャンはヒストリアにだけわかるメッセージはないかと訊くがそんなことはしていないと思うと答えるヒストリア。

ヒストリア
「はぁ─バカだなぁ ユミルって……バカだったんだ
照れ臭くなるとすぐごまかす これじゃわかんないよ…」

窓の外を眺め涙を流すヒストリア。
そこへエレン、ミカサ、アルミン、リヴァイが連れて来られる。
涙を拭ってエレン達に向き直るヒストリア。

エレン、ミカサ、アルミンは陛下と言い頭を下げる。
エレンとミカサはお辞儀がぎこちない、アルミンは右手を前に出してちゃんとしている。

ヒストリア
「や やめてよ まだ公の席じゃないんだから
本当に…色々あったね…」

自分は南の空を見ていただけと言うヒストリアに生きていることが大事な務めだと言うアルミン。

ヒストリア
「みんなが…思ったよりいつも通りでよかった」

無言になるエレンたち。

エレン
「それは…まだ誰も実感できてないだけだな」

ハンジが資料をまとめ「そろそろ行こうか」と言う。

サシャはベッドでりんごをかじり療養中。

001



エレンたちはヒストリ、ザックレー、ピクシスなどの幹部が出席する会議に出る。
グリシャの地下室で発見された家族写真と三冊の本(グリシャの半生、巨人と知りうる歴史の全て、壁外世界の情報)についての情報はこの会議に出席した者のみが共有している。

現在の状況について調査兵団団長のハンジに問うザックレー。
ウォールマリアの奪還、超大型巨人の力を奪うことに成功したが極めて危険な状態にあることに変わりはないと答えるハンジ。

ハンジ
「敵が巨人という化物だけであればどんなによかったことでしょうか
しかし我々の相手にしていた敵の正体は人であり文明であり
言うなれば世界です」

エレンがユミルに敵とは何かと訊いたシーンがだぶる。

002


ハンジたち壁中人類は巨人になれる特殊な人種ユミルの民であり、再び世界を支配しようとしていると考えている世界はユミルの民を根絶しようとしてくると言うハンジ。


グリシャとクルーガーのシーンに戻る。
始祖の巨人がマーレの手に落ちれば収容区のエルディア人は用済みになる。
エルディア人は古来から無垢の巨人を破壊兵器として利用してきた。
複雑な命令はできないが自動殺戮兵器として機能し、現在でもエルディア人が壁の外へ自由に出られないよう檻としての役割を担っている。

収容区の人間を生かしているのは無垢の巨人としての頭数を揃えるため。
しかしマーレも一枚岩ではなく兵器にするのではなく皆殺しにしてしまえという派閥もあるのだと語るクルーガー。
現在はその議論は棚上げにされているが、今後マーレが始祖の巨人を手に入れれば再びその議論が再開されるのだという。

そんなことを壁の王が許すはずがないと反論するグリシャ。
しかし壁の王は自分たちが亡びることを享受しているらしい。
壁の巨人が世界を平らにならすという言葉を抑止力として、それが機能している間の平和を満喫しようとしている。

クルーガー
「壁の王は民から記憶を奪い壁の外の人類は滅んだと思い込ませた
白痴に仕立て民に囲まれそこを楽園だとほざいている
不戦の契りが何なのかはわからないが…もはや民を守らぬ王は王ではない
フリッツの名は名乗っていないだろうが必ず見つけ出して臆した王から始祖の巨人を取り上げろ
それが俺達の使命だ」


エレンたちのシーンに戻る。
始祖の巨人はエレンの元に戻り不戦の契りが何なのか今の自分達には分かると言うハンジ。

ハンジ
「始祖の巨人がその真価を発揮する条件は王家の血を引く物がその力を宿すこと
しかし王家の血を引く者が始祖の巨人を宿しても145代目の王の思想に捕らわれ残される選択は自死の道のみとなる
おそらくそれが不戦の契り」

フリーダが涙を流して怯えている描写。
敵の進行を退けるには壁の巨人を始祖の巨人の力を使って動かすしかないとザックレーは言う。
しかし不戦の契りがある限りそれは叶わない。

そこでハンジはエレンが始祖の巨人の力を発動した時のことを話す。
エレンは王家の人間ではないが力を発動させる可能性があるのだと。

エレン
(あの時は一瞬だけすべてが繋がった気がした
あの時だけだ どうしてあの一瞬だけ…)

エレンはペチンの時のことを思い出す。
そしてカルライーターとダイナフリッツのイメージが重なり王家の人間に触った時に繋がったのだと閃くエレン。

エレン
「まさか!?」

いきなり立ち上がるエレン。
それにビクッとする一同。
ポカーンとエレンを見つめるアルミンたち。

004


ハンジ
「…びっくりした どうしたの突然?」

エレン
「…あ あの…今」

話を続けるよう言うザックレー。

ミカサ
「……?」

しかし何でもありませんと言い席に座ってしまうエレン。

リヴァイ
「あ?」

エレン
「会議を妨げてすいません…」

暗い表情を浮かべるエレンの顔を見て察するハンジ。
しかしこの場では中二病のネタを出し追及しない。

ハンジ
「あぁ…なるほど そうか
何でも彼は今そういう時期にあるようでして突然かっこつけたり叫んだりしてしまうようです」

中二病という理由に納得するザックレー。
エレンを心配するアルミン。

エレンはカルライーターがグリシャの前妻であることをミカサにまだ話していなかった。
考えながらミカサ、ヒストリアの顔を見るエレン。

エレン
(こんなこと…何よりこんなこと話したら…ヒストリアは…)

006


王家の血を引く者を巨人にしてエレンが摂取すれば始祖の巨人が扱えるかもしれないと考えているエレン。
しかしそんなことを言ってしまえば兵団がヒストリアをどうするか分からない。

エレン
(記憶違いかもしれないんだぞ?
とにかくこんないい加減なこと…ここで言うべきじゃない…)

意味深にエレンを見つめるアルミン。

008



再びグリシャとクルーガーのシーンへ。
クールガーが瓶から注射器へ薬を移している。

クルーガー
「家族を持て」

グリシャ
「は?」

クルーガー
「壁の中に入ったら所帯を持つんだ」

グリシャ
「…何を言ってる?
俺にはダイナがいる…それに巨人にあんる前の記憶はもうなくなるんだろ?」

クルーガー
「そうとは限らん 後で誰かが見てるかもしれん
妻でも子供でも街の人でもいい 壁の中で人を愛せ
それができなければ繰り返すだけだ 同じ歴史を同じ過ちを 何度も
ミカサやアルミン みんなを救いたいなら使命を全うしろ」

010


グリシャ
「ミカサ? アルミン? 誰のことだ?」

クルーガー
「…さぁ? わからない 誰の記憶だろう?」

煽り
『彼らは終わりなき戦いを生きている』

011


【進撃の巨人】ネタバレ 90話に続く。


最新記事


2016年12月28日| |コメント:22Edit

コメント一覧

    • 22. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月18日 10:05
    • だん社、破滅未来世界を救う?
    • 21. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月16日 08:40
    • 87王の時代からだよ。もう850年だよ
    • 20. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月16日 07:28
    • 考察がハズレの可能性もあるでしょ
    • 19. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月16日 05:50
    • 87王から「呪われた歴史」は気持ち悪い850年ずっと
    • 18. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月16日 01:50
    • ツイッターとかでも情報あるよ
    • 17. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月15日 23:53
    • 終了だな
    • 16. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月15日 23:08
    • 最初から全滅目的で制作してたら最悪だ大変
    • 15. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月15日 19:22
    • だれも見ないよ呪われている漫画
    • 14. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月15日 19:20
    • 進撃の巨人は終了とおもう
    • 13. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月14日 04:32
    • ループしない。と作者公言してたよこの前
    • 12. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月30日 16:34
    • ループ説はまだ可能性あり?
    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月30日 14:42
    • まさか!?の時の右下の人の目www
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月30日 00:05
    • ハンジ最高
      もっと言ったれ
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 12:44
    • 謎の疾走感ww
    • 8. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 12:24
    • 前回散々エレン浸ってんなとかなりきってるとか言われてたけどまさか本編で弄られるとは
      クソイケメンだったのに台無しやんけ
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 08:43
    • リヴァイ・・・お前もか(笑)
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 02:06
    • エレンの先月の格好良さを返してw
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 01:21
    • ループだったらガチでマブラヴになってしまう
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 00:42
    • しっかし面白いな。ループ説もあり得るのか…?
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月29日 00:04
    • エネループなの!?
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月28日 23:57
    • ミアkサ
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年12月28日 23:41
    • まだループ説は死んでないってことか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます