キングダム ネタバレ 501話【ヤングジャンプ ネタバレ 画バレ 502話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

キングダム ネタバレ 501話【ヤングジャンプ ネタバレ 画バレ 502話】

週刊ヤングジャンプ連載中、キングダム最新話501話「気運の探り合い」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、確定。

煽り
『一歩一歩、着々と迫る勝負の瞬間』

秦軍の大軍勢を見て盛り上がっている。

「見ろ 趙西部討伐軍だ」
「すっ すごい数だ」
「ひェェ どこまで列がつながってんだ」
「余裕で十万はいるぞこれは」
「連合軍らしいぞ」
「大将はあの王翦将軍だ」
「桓騎将軍もいるぞ」
「旗を振れっ」

河了貂
「赤連城だ 信」

「秦国万歳 秦国万歳」


「ああ 大分もう来たな」

河了貂
「うん」
(赤連まで来たってことは兵糧を隠し集めてるっていう金安まであと二日だ
おそらく金安が進路変更地点だ 集結した兵糧をつかんで一気に南東へ道を変える)

r_1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



河了貂
(つまりそこで李牧にばれる そこからは単純な競争だ
秦軍(オレ達)が先に王都の蓋列尾を抜いて王都圏に侵入するか 趙に先に入口を固められ侵入を阻止されるか)

r_2


河了貂
(何も聞かされていない軍の金安からの進路変更が大きな山だ
もたつけば趙軍にあやしまれるし そもそも進路変更に失敗する恐れもある… つまりは総大将・王翦の手腕に全てかかっている)

王翦は空を見上げて全軍に指示を出す。

王翦
「……全軍 小休止だ」


「! ハ! 小休止 小休止だー 小休止ー 全軍止まれー」

蒙恬
「こんな所で?」


「妙ですね」

「小休止ー」

王賁
「……」

相変わらず下品な桓騎軍の兵。

桓騎軍兵
「ンだ 王翦のダンナは腹でも痛ェのかァ!? クソで小休止かよ ギャハハハ すげェな総大将は」


「何か先頭で問題があったのでしょうか」


「知らねーよ」

河了貂
(何やってんだ王翦将軍
金安に近づいて不自然な行動は取るべきじゃないのに…)

キョウカイは空を見上げ王翦同様雨が降ることを察知する。

キョウカイ
「……雨か」

雨が降りしきり秦軍はテントで休憩する。


「ヒャヒャヒャ 小休止で助かったぜ ビショ濡れになるとこだった すげェなこの雨 しばらく止まねェぞこりゃ」

雨で進軍を中止したことに疑問を持っている山の民。

山の民
(平地の兵はこの程度の雨で進軍できぬのですか?)

楊端和
(進軍はできる だが今は得策ではない)

桓騎
「雨ン中の行軍はバカみてェに疲れるからな 体力温存しとけってことだろ まー逆に言えば… 走る時はとことん走らすぞってことだ ククク」

蒙恬
「なるほどね…」
(てか何で雨降るの分かったの?)

ここでやっと王翦の考えを理解した様子のカリョウテン。

河了貂
「そういうことだったのか…」

しかし信は説明を聞いても理解できていない様子。


「どういうことだ」

河了貂
(でも雨による軍の疲労まで考えるなんて…きっと将軍は相当細い計算をやっている)
「軍の体力調整…王翦将軍の本番への助走はもう始まっているんだ…」


─趙西部最前戦地 什華─

伝令が秦軍の動向について舜水樹に報告している。

伝令
「報告! 秦軍は二日後には金安に着きます そこから黒羊までは五日です 黒羊一帯には未だ大きな動きはありません 連合軍の到着を待っていると思われます 舜水樹様 李牧様がそろそろ武白へ戻り本陣に加われと」

舜水樹
「分かった 備宇 ここは任す 些細なことでもいい 何かあったらすぐに武白に知らせろ」

備宇
「ハ!」

舜水樹
「伝者達 俺に他に報告しておくことはないか?」

伝者
「……あの…一つだけ」

備宇
「?」

舜水樹
「何だ?」

伝令
「敵の兵糧中継地金安に潜らせてる間者なのですが 今すでに五人が消息不明に」

舜水樹
「五人も!? 金安だけでか? ……」

舜水樹
「……他の所でも殺られた者がいるのか?」

伝令
「いえ 運搬者の中にも一人も」

舜水樹
「……金安? 金安だけが他より警備が厳重だとでも言うのか…? ただの兵糧中継地をなぜそう厳重に警備する…?」

舜水樹
「それは」ブツブツ

伝令
「?」

備宇
「!」

舜水樹
「それは 金安が ただの中継地ではないからだ」


「舜水樹様?」


「静かにしろ」

舜水樹は秦軍の動きから兵糧の真の在り処を推測する。

舜水樹
「だったら金安には秘密がある 秘密? 秦は金安に何かを隠している」


「?」
(金安に隠す?)

舜水樹
「兵糧中継地が隠すものなら決まってるだろ それは 二十万の兵が何十日も食える分の兵糧だ」


「えっ 金安に 全兵糧が!? しっ しかし奴らは黒羊へ全て運搬を……」

舜水樹
「…… 備宇 李牧様に急報だ 秦軍は金安より進路を変える恐れがある!」

備宇
「ハ!」

伝令
「なっ!? しっ しかしまだ何も確証はっ…」

万が一に備えて行動に出る舜水樹。

舜水樹
「ただの杞憂なら空回りですむ もし秦軍に欺かれているなら大きく後手を踏む 間者達には金安・黒羊間の兵糧の中身を確認させろ」

伝令
「ハッ ハハ!」

舜水樹
「俺は引き続き ここに留まり情報を集める」


その頃、秦軍にも伝令がやってきていた。

伝令
「急報っ 急報ーっ!! 将軍のっ…王翦将軍の本陣はどこかァっ」

ナレーション
『舜水樹が金安の不自然さに気付き李牧に伝者を送ったその時王翦軍にも王翦が独自に放っていた間者から急報が届いた
そしてそれは趙からのものではなかった』

王翦
「いつ届いた」

伝令
「けっ今朝です 鳥がっ…緊急を知らせる赤印でしたので馬を替えながら急いでっ…」

王翦は伝書を確認する。

王翦
「……」


「……将軍……」

王翦
「読んだら燃やしておけ」


「ハ! 失礼します!」

王翦
「よく知らせてくれた また何かあったら頼むぞ」

兵も伝書を見る。


「なっ… こっ これはっ…」

王翦
「全軍に伝えよ 行軍を速めるぞ」


「ハ!」

王翦
「……フッ 戦国か」


─趙前線基地 武白 李牧本営地─

舜水樹の放った伝令が李牧の元へ向かう。

伝令
「急報だ 通せー」

ナレーション
『舜水樹の急報が李牧の元に到着しようとした正にその時 城内の李牧の元には別の急報が届いていた』

軍議をしていた李牧たち。
黒羊で活躍した紀彗、金毛なども集結している。
その急報に度肝を抜かれるカイネたち。

カイネ
「なっ 何だとォ!?」

r_3


金毛
「バ バカな…」

ナレーション
『その内容は王翦がつかんだ情報と全く同じものであった』

紀彗
「!?」

カイネ
「り 李牧様」

李牧
「…よりによってこんな時に 東のあの男が動いたのか…」

ナレーション
『史記 趙世家によれば趙は王都圏の攻防に入る前に燕と戦うのである』

趙に向け進軍する燕の大軍勢。

r_4



「えっ 燕軍だ 燕軍が侵攻して来たぞオォォ」

燕軍大将軍オルド登場。

オルド
「フハハハ 対秦で西に軍を固めすぎれば東に手薄になる それを黙って見守る程 お人好しではないぞ 李牧 俺とも少しは遊ばんかい」

r_5


青天の霹靂で趙は大慌てに。

「東側の地図を! 城内で東側の地理に詳しい者を集めろ 邯鄲は把握してるのか!? 燕軍の数と進路はっ!?」

ナレーション
『李牧自ら本営の意識が東へ持っていかれたところ秦連合軍はついに進路変更地である金安の姿を目視する所まで来ていた』

煽り
『西に秦軍、東に燕軍で狭撃の危機に陥る李牧!! 一方、王翦率いる秦軍の動向は!!?』

キングダム ネタバレ 502話に続く。

みんなの感想

キングダムについての最新記事


2017年01月06日| |コメント:7Edit

コメント一覧

    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月07日 00:46
    • かませのオルド
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 23:48
    • 燕が斉を滅ぼして併合していれば秦が中華統一することはなかったし、武霊王が中山国に手間取った挙句、秦北部から一気に咸陽を陥としておけばよかったのに。
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 22:32
    • 王翦無双くるな
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 22:20
    • あのナスみたいな奴すごいのな
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 21:50
    • >>2
      秦軍はキョウカイおるからワレブシンさんそっち行くぞ
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 20:11
    • 武神がいるからでぇじょうぶだ!
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月06日 19:42
    • このピンチになる感じとかまるで李牧が主人公みたいだなw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます