ワンピース ネタバレ 853話【ONEPIECE 画バレ 854話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ワンピース ネタバレ 853話【ONEPIECE 画バレ 854話】

週刊少年ジャンプ連載中ONE PIECEワンピース853話「ここじゃねェ」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、確定。

扉絵リクエスト バルトロメオとガンビアが感動のあまり泣きながら語る麦わらの一味の逸話を大泣きしながら聞くウミガメ達

r_1


煽り
『響くのは悦なる声─』


─宝物の間─

ブルックはビッグマムに捕獲され愛玩動物のように頭を撫でられている。

ビッグマム
「マママママ… 何てかわいい生物だ!!」

ブルック
「……!!」

r_2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



ビッグマム
「体の隅々まで骨なのに…生きている奇跡!! 戦いも見事だったよソウルキング」

ブルック
「……」

ビッグマムの連れているゼウスとプロメテウスには敵わなかった模様。

ビッグマム
「すっかりチェス戎兵達はお前に ビビッちまってるよ ママママ… まさにソウルキング!! あいつらの天敵だ だがこいつらは倒せない…!! 特別なのさ!!」

『二角帽のナポレオン
雷雲のゼウス
太陽のプロメテウス』

r_3


ビッグマム
「おれの 魂(ソウル)を…!!! 直接与えてるからねェ…おれの分身の様な奴らさ」

ブルック
「!?」

ビッグマム
「魂(ソウル)の格が違う……!!!」

ゼウス
「ヘヘヘ」

チェス戎兵
「取り調べ終わりました ママ!!」

ブルックの持ち物調査をしているチェス戎兵。

チェス戎兵
「服の中にも何もなしー♪ 筒の中にも何もなしーっ♪ なーんにも♪ 盗られてまっせーん♪」

r_007


ビッグマム
「マ~ママママ…ならいいんだよ ソウルキング」

撫で続けるビッグマム。

ブルック
(む…無念…!! 何たる辱め…!!)

ビッグマム
「疑って悪かったねェ~♪ 玉手箱は勿論…♡ 歴史の本文(ポーネグリフ)の写しなんかも 盗まれるわけにはいかないのさ~」

ブルック
「……」

ビッグマムは以前ロジャーにポーネグリフの内容を盗まれていた。

ビッグマム
「持ってかれて誰かにまたラフテルへ行かれちまうなんてマヌケだろ? ハ~ハハハ ロジャーの時の様なヘマはもうやらねェ!!! あいつは万物の声を聞くって奇妙な力で石を読み解いたが… ウチにもやがて同じ力を手に入れる隠し玉がいるのさ… 次にラフテルに到達するのは…おれ達だ!!!」

その力の持ち主はプリン?
プリンがビッグマムのところへやってくる。

プリン
「ママ!!」

ビッグマム
「お~かわいいプリン♡ 噂をすれば…!! どうした? 第三の目が真の開眼でもしたかい!?」

頬を膨らませ怒っている様子のプリン。

プリン
「もうママったら 口を開けばそればっかり 私はハーフなのよ? 本当にそんな能力(ちから)が目覚める保証もない」

ビッグマム
「ハ~ハハハ 悪かった だが間違いなくお前は稀少な三つ目族の血を引いてるんだ…!!」

ブルック
(は…プ…プリンさん…三つ目? あ…ダメだ 私達が知り合いな事は秘密)

ブルックを尻目に腹黒さを見せるプリン。

プリン
(あの骨男こんな所にいたのか…)
「……」
(ま…捕まったのならよかった)
「ねェママ! ここじゃ恥ずかしいからママのお部屋でお話を」

あざといポーズをするプリン。

ビッグマム
「おお勿論さ いいとも♡」

r_009


─3階中庭─

ペドロVSタマゴ男爵。
兵士たちはタマゴ男爵をヒヨコ子爵と呼んで応援している。

兵士
「いけー!! やっちまえー 子爵ー!!」

ペドロ
「ハァ…ハァ…」

兵士
「ヒヨコ子爵~!!」

ヒヨコ子爵
「ビヨ」

r_008


ヒヨコのような容姿になっているタマゴ男爵。
ペドロに斬られるヒヨコ子爵。

ペドロ
「ぬん!!」

ヒヨコ子爵
「ピヨーッ!!」

兵士
「ヒヨコ子爵~!!!」

斬られたことでさらに形態変化するヒヨコ子爵。

ヒヨコ
「ピヨ ピヨ… …!!」

『ドクン…ドクン…』

ヒヨコ子爵
「……!! コケ……」

ペドロ
「!?」

r_5


ヒヨコ子爵
「コケーッ!!」ドクンドクン

兵士
「!!? うおおー!! この鳴き声は…!! 出るのか 更なる進化形態!!! ニワトリ伯爵がァ~!!!」

『ドクンドクン…』

ペドロ
「くだらん…今の内に息の根を」

タマゴ男爵はタマタマの実の能力者だった。
兵士たちが慌ててペドロを止めようとする。

兵士
「やめろォー!!! タマゴ男爵からヒヨコ子爵!! ニワトリ伯爵へ割れる度強く生まれ変わる!! タマタマの実!!! ニワトリ伯爵こそ真の騎士(ナイト)だ!! 恐れよ!! 成れば貴様など足元にも及ばぬ力を得る!! 奴を止めろォー!!」

r_010


攻撃体勢に入るペドロ。

ペドロ
「待つ気はない…」

兵士
「やめろォー!!!」

ペドロに攻撃をしかけていく兵士たち。

ペドロ
「よし ではやめよう」

兵士
「!!?」

そう言って大量のダイナマイトを取り出し火をつけようとするペドロ。

兵士
「うおーっ!!! 爆弾!! てめェ何する気だァー!!!?」

r_012


ペドロ
「ずいぶん兵が集まったな」

兵士
「退けー!! 逃げろォ!!」

ペドロ
「囮冥利に尽きる…!!」


「やめろぉー!!!」

ダイナマイトを炸裂させ自爆するペドロ。

兵士
「うわああああー!!!」

中庭一帯に爆発の衝撃が走る。
ニワトリ伯爵も飛ばされる。

ニワトリ伯爵
「コケェーッ!!」

r_7


中庭の隅には鏡が落ちている。


─鏡世界(ミロワールド)─

ペドロは割れた鏡からミロワールドに助け出され無事だった。

チョッパー
「うおー!! 危なかったー!!」

ペドロ
「…」

キャロット
「無茶するなァも~!! びっくりしちゃったよ!! ペドロー!!」

ペドロ
「…… ハァ…ハァ… ……!!!」

ペドロを呼ぶチョッパー。

チョッパー
「おーい ペドロー!!」

ペドロ
「!!?」

ペドロは傍にあった鏡の中の世界からチョッパーに呼びかけられた。

ペドロ
「こっちの方がよっぽど驚いた… 突然鏡の中から呼びかけられる身になれ…」

キャロット
「でも! 一瞬でこんな作戦思いつくなんてさすがだね♡ ペドロ~!!」

ペドロ
「つまりここは鏡の中か 信じ難いが」

チョッパー
「ここはブリュレがいないと出入りできない世界 安全なんだ!! サンジを連れて脱出する事もできる!! お前の知ってる情報を教えてくれ!!」

r_011


チョッパーたちはまだディーゼルに乗っている。

チョッパー
「えー!! ルフィとナミが捕まった!?」

ペドロ
「ああ そう聞いた ブルックも心配だ うまく歴史の本文(ポーネグリフ)の写しを盗れてばいいが!!」

チョッパー
「全員危ない!! 急ごう!!」

ディーゼルは長距離走らされたせいか息切れしている。
キャロットは自分が描いた似顔絵イラストを取り出す。

キャロット
「鏡よ鏡!! この人達の!! 居場所を教えてー!!!」

ペドロ
「美化が過ぎないか!?

r_013


キャロットの絵で理解できる優秀な鏡。


『その髪の長い女の子がさっき走り抜けたよ!!」

ペドロ
「ウオー!! 鏡が喋った!!」

チョッパー
「え!? じゃあナミは脱走したのか!? ルフィも一緒かな」


『ジンベエ親分と一緒だよ!!』

チョッパー
「!!? ジ…ジンベエ~~!?!?」


─3階バウム─

ルフィを止めることができないビッグマムサイド。

『大臣各位救援願います
麦わらのルフィが止まりません!!』

大声でサンジを探しているルフィ。

ルフィ
「サンジー!!
どこだー!! おれだぞー サンジ~!! 話を聞いてくれー!! おーい!!」

兵士たちをなぎ倒して進むルフィの腕を掴む人物が。

ルフィ
「!!? い~ででででで!!!」

腕が伸び再び血が噴き出る。

r_014


その状態で引っ張られ一室に連れ込まれるルフィ。

ルフィ
「わああ~!! ぶへ!!」

その人物はレイジュだった。

レイジュ
「……」

ルフィを見失う兵士たち。

兵士
「何とすばっしこい奴だ!! どっちへ行った!? 逃がすなー」

レイジュは部屋の扉を閉める。

レイジュ
「……」

ルフィ
「お前 サンジの姉ちゃん!!」

レイジュ
「…ええ」

ルフィ
「何すんだ おれ急いでんだよ!!」

レイジュ
「サンジを捜してるんでしょ? さっきまでここにいたわよ」

ルフィ
「えー!? ホントか!? どこ行った!? おれ達ダマされてたんだ!! プリンに!! サンジの結婚相手のプリンが サンジの事殺すって!! あ…!! 大丈夫か!? お前ケガしたのか!?」

レイジュの傷を見て心配するルフィ。

レイジュ
「…ふふっ ありがと平気よ プリンの事なら…弟も知ってるわ」

ルフィ
「えー!? あいつ知ってたのか!?」

レイジュ
「知ったのはついさっき……!!」

ルフィ
「!」

レイジュ
「私はこの島から逃げる様説得したけど… サンジは東の海(イーストブルー)の人質と…あなた達にふりかかる危害を気にしてる!」

ルフィ
「人質ってバラティエだろ!? おれもよく知ってるし 本当に狙われるんなら東の海(イーストブルー)に行ってでも戦うよ!!!」

ルフィの腹が鳴る。

r_015


ルフィ
「!」

レイジュ
「……! 何か食べ物を?」

ルフィ
「い…!! いらねェ!!!」

ルフィの言葉を思い出すレイジュ。

ルフィのセリフ
『お前の作ったメシしか食わねェ!!!」

ルフィの腹が鳴り続ける。

ルフィ
「…… ハァ ハァ  でもそうか…サンジはプリンの事知ってんのか…!!」

レイジュ
「!」

ルフィ
「ダマされてねェんならいいや!! その他のやれる事はもう全部やったし…!!」

笑みを浮かべるルフィ。

r_017


ルフィ
「じゃありがとな サンジの姉ちゃん!!」

ルフィは窓から外に出て行こうとする。

レイジュ
「え!? どこいくの!? そっちは……!!」

ルフィ
「約束の場所はここじゃねェから!!!」

窓の外にダイブするルフィ。

レイジュ
「!!?」


─サンジサイド─

騒がしい城の内部でタバコを吸っているサンジ。

ジャッジのセリフ
『こいつの首が 飛んでもいいのか?
お前は生け贄だサンジ』

サンジ
「……」

r_016


ビッグマムのセリフ
『お前が逃げなきゃ全てが丸く収まるんだサンジ♡』

プリンのセリフ
『ヴィンスモーク家は明日の結婚式で… 皆殺しよ!!!』

サンジのセリフ
『帰れ 下級海賊共!!』

覚悟を決めるサンジ。

サンジ
(もう引き返せねェよ…ルフィ…)
「……」

r_9



─ルフィサイド─

ルフィが城下町に振ってくる。

住民
「!!! 何か降ってきたー!! おれの家がーっ!!」

腹が鳴っているルフィ。

住民
「!? ……人!!?」

ルフィ
「ちゃんと…待ってねェと…!!! あの場所で…」

煽り
『食わねど信じ』

次号予告
『サンジの決断とは…!?
ルフィは約束の地へ!!』

003


ONEPIECE ワンピース ネタバレ 854話に続く。

マムに捕まり頭をなでられているブルック
ビッグ・マムのかぶっている海賊帽子"二角帽のナポレオン"と雷雲ゼウス、太陽のプロメテウスの3体は
マムから直接ソウルを与えられたマムの分身、他のソウルとは格が違う
チェス兵がブルックの取り調べを行い何も盗まれていない事を確認すると安心してブルックを可愛がるマム

マム「ポーネグリフの写しは盗まれるわけにはいかないのさ~」
マム「持っていかれて誰かにまたラフテルに行かれちまうなんてマヌケだろ?」
マム「ロジャーの時のようなヘマはもうやらねぇ」

マムのところにやってくるプリン

マム「どうした?第三の目が真の開眼でもしたかい?」
プリン「私はハーフなのよ?本当にそんな能力が目覚める保証もない」
マム「悪かった――だが間違いなくお前は希少な三つ目族の血を引いてるんだ」

ブルックがいるのに気付いたプリンは猫をかぶりマムの部屋で二人きりになりたいと言う

3階中庭

タマゴ男爵は形態進化しヒヨコ子爵になっていた
ヒヨコを一刀両断するペドロ
切られたヒヨコは更なる進化を遂げようとする
部下曰くタマゴ男爵は「タマタマの実」の能力者でタマゴ男爵からヒヨコ子爵、さらにニワトリ伯爵に進化するらしい
ニワトリ伯爵こそ真の騎士だと聞かされたペドロは進化する前に止めを刺そうとする
そうはさせまいとペドロに迫る兵士たちだったがペドロは兵が自分の周りに集まるのを確認するとヒヨコへの攻撃を止め
隠し持っていたダイナマイトを爆発させ自爆する

鏡世界

間一髪中庭にあった鏡を使って、爆発からペドロを救出するチョニキ
ペドロから他の船員の状況を聞いたチョニキ達は皆の救出に向かう
キャロットが鏡にみんなの居場所を尋ねると鏡は素直に教えてくれた

3階バウム

兵士を蹴散らしサンジを探すルフィをレイジュが自室に連れ込む
レイジュからサンジがさっきまでここにいた事、プリンの正体には気付いている事を聞いたルフィは
騙されてないなら安心だと言い、部屋を飛び出す

レイジュ「どこに行くの?」
ルフィ「約束した場所はここじゃねぇから!」

城内にて一人熟考するサンジ(もう引き返せねェよ…ルフィ…)
城を飛び出し例の場所に向かうルフィ

みんなの感想


ワンピースについての最新記事


2017年01月26日| |コメント:7Edit

コメント一覧

    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月27日 16:17
    • タマゴはなんか不死身っぽいな
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月26日 16:17
    • ニワトリがやられたら卵産んでまたタマゴ男爵に戻るのか?
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月26日 09:04
    • 懐かしいなサンジヤンw
      じゃあプリンも二重人格だなw
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月26日 00:16
    • 三つ眼の元ネタは3✕3アイズのパイちゃんである。額の眼が開くと性格や口調が変化する。サンジヤンとゆう種族である。
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月26日 00:14
    • どん
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月25日 13:39
    • まだジェルマが大して目立って無いからなー
      もう二波乱くらいはあるで
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年01月25日 13:13
    • マム編飽きてきた
      あと5話くらいで片付けて欲しい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます