食戟のソーマ 200話のネタバレ【画バレ 201話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

食戟のソーマ 200話のネタバレ【画バレ 201話】

週刊少年ジャンプ連載中食戟のソーマ ネタバレ 200話「」のネタバレ画バレ。

カラーはシェフ創真とウェイトレスえりな&田所
創真が作ったと思われるハンバーグをウェイトレスふたりが持ってる
ハンバーグにホワイトソースで200の文字

051


煽り
『キーワードは、団結力(チームワーク)!!』


─回想─

えりなの部屋で堂島が連隊食戟についての説明を行っている。

堂島
「薙切えりなくんはもう休んだようだな…では君たち3人にだけでも 明日から行う特訓の内容と意図を説明しておこうか」

田所
「創真くん まだ城一郎さんと対決してたの…?」

ソーマ
「おうっ そんで負けたわ! 491敗目だちくしょー」

タクミ
「なぜ ちょっと嬉しそうなんだ」

ナレーション
『勝負を終えた幸平親子とはちあわせたタクミたち』

堂島
「連隊食戟にはふつうの食戟と明確にちがう要素がある……それはチームワークが勝敗を左右うるという点だ」

r_039


田所
「チーム…ワーク……?」

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



タクミ
「し しかし…敵とぶつかる時は1対1なんですよね? 形式としては集団VS集団ですが 結局は個の力が試される戦いなのでは」

城一郎
「連隊食激では仲間の調理を手伝うことが認められてんだよ」

城一郎の言葉に驚くソーマ、タクミ。

ソーマとタクミ
「!!」

城一郎
「それぞれ自分の料理で敵とぶつかりつつ 必要に応じて味方の調理を助け チーム全体の皿の完成度を上げていく つまりチーム全員が料理長(シェフ)でありながら 同時にサポートスタッフにもなれるのさ」

堂島
「そう…… 個の力では敵わなくとも 仲間との連携が上手くいけば十傑にだって勝てる可能性は決してゼロではない…! そのためには敵を遥かに凌駕するチームワークを獲得しなくてはならないがな これから行う特訓の意義はそこにあるのだ」

田所
「み…皆と一緒なら勇気がわいてきたかも…!」

ソーマ
「チームワークかぁ~ ほんとはガッツリタイマンしてみたいけどな─」

堂島
「……
という訳で明日からは…2VS2による模擬戦を紅白戦をおこなってゆこうと思う では4人の適正を鑑みてチーム分けをしておこうか」

堂島が資料を取り出そうとするがくじ引きを始めようとする城一郎。

城一郎
「ほーい んじゃクジ引きすっぞー」

r_040


堂島
「お おい! そんな何をテキトーに…!」

城一郎
「どーせ何戦かやらせるんだし いーだろが おし! んで? 負けた方の罰ゲームは何にするよ?」

堂島がイラつく。

堂島
「いや これは勝敗を競うのではなくシミュレーションが目的で」イラッ

城一郎
「よし これはどうだ? 俺が作った新作ゲテモノ料理を完食するってのは!」

堂島
「そんな事に時間を割いてる場合では……!」イライライライラ
「いろいろ思い出してきた… ちょっと貴様そこに座れ……!!」

城一郎
「あ?」

堂島
「何でお前はそういう細かい所でいつもいつもいいかげんなのだ!! お前が日本に戻りしばらく経った後一度だけ電話をかけてきた事があったな!」

r_041


城一郎
「おー 偉いだろーが ちゃんと連絡したんだぜ?」

堂島
「住所すら言わなかったではないか!! 俺が焦ってメモを取り出したところでお前は一方的に電話を切った!! それでも社会人か貴様は!! 大人なら報・連・相を」

へらへらする城一郎。

城一郎
「……」

堂島
「へらへら笑うな!」

城一郎
「るっせぇなー銀 言いてぇことがあんなら皿で主張したらどうだぁ?」

堂島
「望むところだ 貴様の性根を叩き直してやる!!」

─回想終了─


えりなはこれまでのことを聞き終える。

えりな
(それで揉めていたというわけ…そして幸平くんは笑っていたのね…)

041


睨み合っている城一郎と堂島。
そんな二人を見て爆笑しているソーマ。

タクミ
「あの冷静な堂島シェフを激昂させるとは」

ソーマ
「あっはっは いい大人のマジ喧嘩だー」

田所はえりなに話しかける。

田所
「ごめんね薙切さん 部屋で休んでたところに… でも一緒にがんばろうね 私も新戸さんたちを助けたいんだっ」

えりな
「え えぇ……」
(そうよ……みんなを助けなきゃ
それなのに…私はなんて情けないの
お父様に刃向かう決意もまだ固まっていないなんて……!)

自分の腕をぎゅっと掴むえりな。

039


仙左衛門
「…… ふむ…… あい分かった この紅白戦 儂が取り持とう!」

堂島
「む」

城一郎と堂島は睨み合いを止める。

仙左衛門
「チーム分けはこうである!!」

TEAM堂島 堂島 タクミ 田所
TEAM才波 城一郎 ソーマ えりな

042


堂島
「学生の時の俺と思うなよ城一郎」

城一郎
「お~お~威勢のいいこったなぁ」

田所
「あ…あわわわわわ……」

仙左衛門
「各チーム リーダーは城一郎と銀がつとめよ 他の2名は適宜 調理をサポートするのだ」


田所
(む むこうに薙切さんと創真くんまでそろってる…!
堂島シェフとタクミくんの足を引っ張らないようにしなきゃ~!)

城一郎と同じチームなことにドキドキしているえりな。

えりな
(ずっと憧れていた才波さまとおなじチームに…
ぜ 全力でお力添えしてさしあげなくては…!)

043


仙左衛門
「調理場の提供感謝する 車掌どの」

車掌
「あぁ…べつに構いませんよ さっきまであの親子が何か勝負してましたし」


仙左衛門
「さて…双方に作ってもらう品はアッシェパルマンティエ フランスの代表的な国民食のひとつである ひき肉にポムピューレ(マッシュポテト)やチーズなどをたっぷり重ねあわせ オーブンで焼き上げるメニューだ 制限時間は50分!」

田所
「!!」
(手間のかかる行程がいくつもある料理…
3人がかりでも50分で完成させられるかギリギリだよ…!
完璧に分担しないと絶対間に合わない!)

仙左衛門
「そして最後のルールだが 調理中一言も声を発してはならん
調理を始めよ!!」

即調理器具を準備する城一郎と食材の準備をする堂島。

田所
(え…えぇえ~!)

その様子を見ているコックたちが驚いている。

コック
「うわっ…ほんとに…何の打ち合わせもなしに始まっちゃった」

「マジで出来るの? 50分で」

「いやキツいでしょ…」

車掌
「厨房でのチームワークってのは何年も修行してやっと形になるもんだ… それを一言も会話せずやれって? いくら遠月の学生でも…急造チームでそれは無理ってなもんだろう」

田所は何もできずにいる。

田所
(あ…あわわわ ど どうすれば~!!
こんなの目隠ししてるのといっしょだべ~!!)

堂島の動きに合わせて食材をスタイリッシュに手渡すタクミ。

044


田所
(え…!?
タクミくん…今どういて堂島シェフの考えがわかったの…!? ……あ そうか…この紅白戦だってこれまでやってきた料理と何も変わらないんだ 調理工程をあたまの中にきちんと思い描いて逆算 料理長(シェフ)の行動をしっかり見て
いままで創真くんをサポートしてきた時みたいにうごく)

要領を得た田所も堂島に絶妙なサポートをする。

040


リアクション芸をする観戦者。

「…嘘みたい……!」
(ほんとに一言も喋らず猛スピードで完成へ向かっていってる!!)

仙左衛門
(…まず一つ目のハードルは乗り越えたか さて……チーム才波はどうかな)

城一郎が料理道具を置く。

仙左衛門
「?」

城一郎とソーマが取っ組み合いを始めてしまう。


城一郎
「もう我慢ならねぇ!! 創真おまえもっと俺の行動に合わせて動けよ!」

ソーマ
「親父こそ!! 基本のレシピに全然ちがう手順で進めんじゃねーよ!」

城一郎
「るっせー お前はサポートだろ! 上手い事くみとれよ!」

ソーマ
「ムチャ言うな!!」

ギャーギャーと言い合う二人を見て青ざめる堂島と田所。

田所
(あっちのチーム 齟齬が出まくってるー!!!)

仙左衛門
「失格にするぞ」

城一郎、ソーマ
「うぐっ…」

えりな
(ちょっとー!!)

煽り
『大丈夫かこのチーム……!!』

045


【食戟のソーマ】ネタバレ 201話に続く。

連隊食戟の細かなルールを説明する堂島
連隊食戟ではチームメイトの調理を手伝うことが認められている
個の力では敵わなくても仲間との連携がうまくいけば十傑に勝つ可能性もゼロではない

r_039


紅白戦も個人の適性を見てチーム分けをしようとする堂島だったが城一郎はくじ引きで決めようとする

r_040


城一郎の態度にキレる堂島
彼らの様子を見かねた仙左衛門がチーム分けを担当
城一郎・創真・えりなのチーム才波 vs 堂島・田所・タクミのチーム堂島で対決することに

042


城一郎と同じチームになったことでドキドキしっぱなしのえりな

043


今回のお題はフランス料理「アッシェ・パルマンティエ」制限時間は50分
特別ルールとして調理中は発声禁止

r_046


発声禁止と聞いて固まる一年生4人

チーム堂島は堂島とタクミが声を出さずに見事な連携をやってのける

044


田所も二人に遅れまいと創真のサポートをしていた時を思い出し堂島の補佐をこなす
一方チーム才波は城一郎と創真が声を荒げ取っ組み合いの大ゲンカをしていた

045


仙左衛門に失格にするぞと注意されようやく静かになる二人
焦るえりな

みんなの感想

最新記事


2017年01月26日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます