ブラッククローバー ネタバレ 96話【ジャンプネタバレ 画バレ 97話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 96話【ジャンプネタバレ 画バレ 97話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー96話「変貌」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

Cカラーはノエル。

『この魔法は 心に灯る』

1


ラドロスはアスタに刺された剣から魔力をガンガンと吸収されていく。
ラドロスはアスタに命乞いをする。

ラドロス
「お…オレが悪かった…!! もう人を傷つけたりしない!! 助けてくれー!! 頼む…この剣を抜いてくれ!! オレでは抜けないんだ!!」

アスタ
「…… 抜かん!!!」

r_006


ラドロス
「……なッ…」

アスタ
「オレはオマエの強さがわかるから絶対に油断しねぇ!! もし抜いて反撃されたらもう勝ち目ねぇ! つーか投げた剣外れてたら負けてた!! オレは馬鹿だから最初にミスらん!!」


ラドロス
「ぐっ…そんな… 頼むー…!! このままじゃ死んじゃうよ!!」

アスタ
「その程度で人は死なん!!! 急所は外したからね!!」

予想が外れ悔しがるラドロス。

ラドロス
「……!!」
(ぐッ…クソォォ
この手のバカは情に訴えりゃいけると思ったがダマされねぇ…
クソクソクソ!! コイツ…修羅場潜ってやがる~)

剣でトドメを刺しにいくアスタ。

アスタ
「そんなワケでもう一発くらって気絶してもらうぞ!! おらああああ」

アスタ


ラドロス
「!! ~ クソがぁぁー!!!」
(今残ってる魔力…!!
コイツにブツけて防がれたら本当にオシマイ)

ラドロスは魔力を使ってそこから退避、残った魔力でアスタの剣を抜きにいく。

r_005


ラドロス
「ぐうぅ…」
(強化魔法で…ムリヤリ抜くしかねぇ!!)
「ああッッ!! いいッってぇえ~!!!」

ラドロスは根性でアスタの剣を抜くことに成功する。

ラドロス
(残りの魔力は…魔弾二発分!!)

自由になったラドロスはファナの元へ向かい拘束する。

r_3

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



ファナ
「きゃあ!!」

アスタ
「あのヤロー!!」

ラドロス
「…オマエ…ファナだよな…!?」

ファナ
「……ラドロス……!!」

r_007


ラドロス
「どーやってオマエがあんな力手に入れたか知んねーが… 今すぐさっきの強大な魔法出せ!!」

しかし何のことか覚えていないファナ。

ファナ
「……!? 強大な魔法…!? 何のこと……!?」

ラドロス
「シラ切ってねーでとっとと出せ…!! 殺すぞ…!! コイツをな」

ラドロスは気絶しているマルスに攻撃。

ファナ
「マルスーー!!」

ラドロス
「次の一撃で 本当に殺す」

ファナ
「…… やめてぇぇー!!!」

r_008


ファナから強大な魔力が出てくる。

r_2


ラドロス
(出た!!!)
(それじゃあ…イチかバチかと大勝負と行こうか)

ファナのドラゴンの形をした魔力を吸収するラドロス。

r_009


ラドロス
「うおおおおオオオオオ」
(とんでもねー魔力…身体がハチ切れそうだァァ)
「アアアア」

ラドロスの身体から眩い光が。

ノエル
「…う…ん……!」

r_010


ファナの炎を纏ったラドロスがドヤ顔で出て来る。

r_4


ラドロス
「フッフ~ン♪ 今までくらった中でも極上の魔力…頂きましたぁ~♪」

ファンゼル
「……バカな…!! この魔力は…精霊を超えている…!! もう人間から発せる量じゃない…!!」
(ラドロス…キミは……)

r_011


アスタ
「てんめぇぇー!!」

剣を持ってラドロスの元へ走って行くアスタ。
しかしラドロスがアスタの左肩に炎を発射。

r_5


ラドロス
「お返し♪」

ラドロスの攻撃が速すぎて全く反応できなかったスタ。

アスタ
「…がはッ……!!」
(氣で追っても…速すぎて避けれなかった……!!)

r_013


アスタがその場に倒れてしまう。
パワーアップしたラドロスは舞い上がる。

ラドロス
「ヌフフ……アハハハ… 最っっ高の力を手に入れたぞォォー!! コレを使えば八気輝将の他のヤツらなんて目じゃない… それどころか王国そのものもオレの手に…!! いヤッホォォー!! オレを見下してたヤツら全員ぶっ殺そ~!!!」

アスタは肩から血を流しながら立ち上がってくる。

ラドロス
「…と その前に… ちゃんとオマエを始末しとかないとね…♪」

再びアスタに攻撃するラドロス。

ラドロス
「オレももう油断しない…!! 遠距離から防ぎようの無い攻撃を撃ち続ける オマエの体がバラバラになるまでな…!!」

アスタ気絶。

ノエル
「……アスタ…!!」

r_015


魔女の女王は戦場の様子を水晶を使って俯瞰している。

魔女の女王
「…劣勢だな」
(あの剣を扱えるということは…ヤツの後胤かと思ったが……)

水晶に映し出されているアスタに手をかざす魔女の女王。

魔女の女王
「キサマが何者か… 見せてみろ……!!」

r_014


アスタが魔女の女王によって覚醒する。

ラドロス
「さ~て 君の自慢の体はあと何発耐えられるかな? ……!」

激しく脈打つアスタの鼓動。
アスタの右腕にどす黒い魔力が宿る。

r_016


煽り
『アスタ、変貌!?
次号、予想外のクライマックスが到来!! 見逃すな!!!』

ブラッククローバー ネタバレ 97話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年02月02日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます