ワンピース ネタバレ 864話【ONEPIECE 画バレ 865話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ワンピース ネタバレ 864話【ONEPIECE 画バレ 865話】

週刊少年ジャンプ連載中ONE PIECEワンピース864話「ヴィンスモーク家皆殺し計画」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、確定。

短期集中表紙連載第23弾、押し掛け麦わら大船団物語。
Vol.1『海を美しくゆく美しき海賊団』

キャベンディッシュの海賊船に麦わら海賊団の旗が掲揚されはためいている。

000


煽り
『マム 大いに怒る…!!』

傘下を抜けたジンベエにビッグマムがプロメテウスを差し向ける。

ビッグマム
「ジンベエ~!!!」

r_000

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



ブルックが割ったカルメルの写真立てにゲストが気づく。

ゲスト
「見ろあそこ!!」
「!!?」
「あ…!!」

ウミック
「誰だあいつ!! マザー・カルメルの写真を…!!」

パラパラと写真立てのガラスが落ちる。
ビッグマムも写真立ての方に気付き振り返る。

ビッグマム
「!!!」

003


ウミック
「割りやがったァ~!!」

ルフィとジンベエはガッツポーズをして「よし!!」と喜ぶ。

005


ビッグマムの子供達もしてやれたという様子。

「どうなってんだ!! ニセ者の麦わらは みんな動物じゃねェのか!!?」

ブルックはルフィの覆面を剥がしていく。

「!?」

ベッジは虎視眈々とその時を待つ。

ベッジ
(よし…!!
奇声まで3秒!!!)

ゲスト
「……!!」

『ビリビリ…バリィッ!!! ドン』

「!!?」

覆面が全て剥がれブルックの顔が露わになる。

004


ゲスト
「顏の皮をはぎやがったァ!!!」
「気持ち悪ィ~!!!」

「うええ~っ!!」
「キャー」

ブルック
「違ァ~う!!! こんな顔~!!!」

006


ビッグマム
「ソウルキング~!!?? お前死んだハズじゃあ…!!!」

r_001


ブルック
「ええずいぶん昔に一度だけ!!」

ビッグマム
「お前その写真が…一体…誰だか…」

ヴィトとゴッティの脈が『ドクン』高まる。

カタクリ
「……!! しまった…!!」

この騒ぎにジャッジが『ガタン』と立ち上がる。
マムはふらふらしている。

ジャッジ
「とんだ邪魔立てを…!!! あいつらサンジを奪い返しにこんな所まで!!!」

ビッグマムの子供達
「大変だ!!」
「あの日の再来だ!! ママの意識が飛ぶぞ!!」

ビッグマムは激怒しながらも立ちくらみに襲われている。

ビッグマム
「……それが誰だか…わかってるのか…!? あァ…!! それにケーキ」

ビッグマムの子供達
「やべェ!! ママが パニックになるぞ!! その前に麦わら達を消せェ!!!」

ジンベエとルフィが敵の攻撃に備えて構える。

ジンベエ
「来たな!! パニックまで耐えろ!!」

ルフィ
「おう!!」

r_003


その時、プリンの銃が火をふく。

『ドキュン!!』

「!!?」

プリン
「見ろ!!! これが私の本性だ!! ハァ」

モンドール
「プリン!!?」

連射するプリン。

『ドドン!! ドン!』

全弾回避するサンジ。
泣きながらサンジに怒号を飛ばすプリン。

プリン
「ショックだろ!? 幻滅したろう!? 安心しろよ お前はもう死ぬ!! そうやって私は何人もダマしてきたんだ!!!」

サンジ
「自分の事もか? プリンちゃん」

プリン
「!!?」

r_002


プリンの銃を持つ手はカタカタと震えている。

プリン
「う!! …うるせェ!! てめェなんかに…!!!」

プリンが使えないと見るとダイフクが割って入り攻撃してくる。

ダイフク
「どいてろプリン!!!」

『ドゴォン!!』

プリン
「きゃあ」

サンジ
「!!?」

サンジはプリンを抱え回避。

008


プリン
「ダイフク兄さん!!」

ダイフク
「しくじりやがって役立たずが!! こいつが死ななきゃ始まらねェんだ!!」

キャラ紹介
『C(シャーロット)家3男(豆大臣)
シャーロット・ダイフク(ホヤホヤの実のランプ人間)』

ダイフクはおもむろに脇腹をこすり始める。
すると煙と共にランプの魔人が出現。
その容姿はムッキムキのマッチョ、さらには武装色の覇気を全身に纏い黒々としている。

009


プリン
「待って 私が必ず!!」

ダイフク
「あの一瞬でやれなかったお前にはもう無理だ!!」

『バシン!!』とプリンをビンタするダイフク。

プリン
「きゃあ」

プリンを心配するサンジ。

サンジ
「プリンちゃん!!」

ピエトロ
「何て事だ 花嫁が!! つまり麦わらの一味が花婿を奪い返しに来たのか!! 結婚はどうなる!?」

ダイフク
「魔人(マジ)」

ダイフクがランプの魔人にサンジを攻撃させる。

サンジ
「!!!」

『ガキン!!』

ランプの魔人は持っている矛でサンジを攻撃、それをサンジは足で止める。

『ギリギリ…』

ダイフク
「斬(ギレン)」

ダイフクは再び魔人に命令を出す。

『ドゴオオン!!』

サンジ
「ぐあ!!」

魔人に吹っ飛ばされてしまうサンジ。

r_004


─鏡世界(ミロワールド)─

シーザーはブリュレを抱えてどこかへ移動している。

シーザー
「ゼェゼェ」

少し不憫なブリュレ。

ブリュレ
「もうこれ以上利用じないで!!」

シーザー
「黙れコノ!! おれの心臓がかかってんだ!!」

010


─お茶会の会場─

麦わらの一味を消すことに躍起になるビッグマムの子供達。
それに慌てふためくゲスト達。

一同
「動物達が邪魔だ!! 麦わらの一味を消せ!!」

「なぜみんな武器を!? 戦いが始まった!! 危ない!!」

ベッジがルフィを捕まえ銃を突きつける。

ルフィ
「ぐえ!! 何すんだベッジ!!」

ベッジは怪しまれないために芝居を打った。

ベッジ
(黙れ!!! おれは警備のボスだ!! じっとしてたら怪しまれる!!)
「船長は抑えた!!!」

「よし殺せ!!!」

ベッジ
「!!」

ぎょっとするルフィ。

r_006


ベッジ
「ついでにそれもいいかもな」

ルフィ
「ふざけんなバ…!!」

ベッジ
(聞け!! マズイ状況だ)

ジンベエはビッグマムの子供達の攻撃をギリギリでさばいている。

ジンベエ
「まだか! この数は耐えきれん!!」

011


ジンベエがペドロにアドバイスを出す。

ジンベエ
「おいペドロ そいつの攻撃は受けるな!!」

しかしオーブンの攻撃を剣で防いでしまうペドロ。
ペドロの剣に熱が伝わり、その熱でペドロの手が焼ける。

『ジュワッ!!』

剣から手を放すペドロ。

ペドロ
「うわ!! 何だ!!? 剣が熱く…!!」

オーブンもペドロのことを知っていた。

オーブン
「お前を憶えてるぞ…!! ペドロ!! ペコムズの兄貴分!! 目と寿命を失った男!!」

キャラ紹介
『C(シャーロット)家4男(こんがり大臣)
シャーロット・オーブン(ネツネツの実の高熱人間)』

012


オーブン
「短い寿命でまた舞い戻ったという事は…覚悟の上なんだろう!? 焼き殺してやる!!!」

r_005


─ケーキ内部─

ビッグマムの奇声を待つナミたち。

ナミ
「どうなってんの!?」

チョッパー
「もう3秒なんて過ぎてるぞ」

キャロット
「奇声は!?」

013


その時ブルックの奇声が響いた。
ブルックは頸を切断される。

ブルック
「ギャ─!!!」

ブルックの生首がゴロゴロゴロとベッジに取り押さえられているルフィ達の前に転がって来る。

ルフィ
「わー ブルック!!」

ブルック
(大丈夫 生きてます 死んでるけど)

ルフィ
「そんな事できたっけお前!!」

ひゃっひゃっと笑うルフィ。
そこへ「助けてくれェ~!!!」という叫び声が響いてくる。

ゲストたち
「!?」

ルフィ
「あ!! 大変だベッジどけ!!」

ベッジ
「!!」

サンジは引き続き魔人と戦闘中。

サンジ
「くそ!! 話が違うじゃねェか!!」

ヴィンスモーク家がビッグマムの子供達に包囲され銃を向けられている。
ジャッジ達の体は飴で固められている。

014


ビッグマムを責めたてるジャッジ。

ジャッジ
「これは何の間違いだ!! ビッグ・マム!!! あんたを信頼してた!!! 悪の世界にも仁義はある筈!!!」

恐怖の感情のない兄弟達はヘラヘラとしている。

イチジ
「今更見苦しいぜ父上 もう絶対助からねェ 体もアメでガチガチだ」

r_007


ヨンジ
「武器は入口でとられた レイドスーツもねェ」

ニジ
「まんまとハメられた様だな 高望みだったか ハハハ…」

ジャッジ
「…何がおかしい貴様ら!!!」

レイジュ
(あにいにく息子達から情を奪ったのはあなたよ お父様…
自分の死にさえ無感情…我が弟達ながら…人間とは思えないわ)

ジャッジを煽るペロスペロー。

ペロスペロー
「参ったよ!! くくく…こんな無格好な暗殺はない これじゃまるで暴力だ!! ペロリン♪ なァジャッジ!! …くくく!! 何だその顏(ツラ)は!!!」

サンジ
「……!!!」

現状に興奮するモルガンズ。

モルガンズ
「これは…ビッグ・ニュース!!」

ジャッジは涙ボロボロ、鼻水ダラダラの号泣しながら喘ぐ。

ジャッジ
「ウソだど…言ってくれ……!!! 私は全人生を私の全てを!! 北の海(ノースブルー)の国々への復讐の為に!!」

r_008


笑うルフェルド。

ル・フェルド
「何だジェルマは消されるのか ワハハ」

ギバーソン
「泣いてる!!」

ジャッジ
「ジェルマ帝国復活の為に捧げてきたんだビッグ・マム!!! 何か応えろビッグ・マム!!!」

しかしビッグマムはそれどころではなかった。

ビッグマム
「ウエディングケーキ 麦わらの一味…マザーの写真」

ペロスペローがジェルマに死の宣告をする。

ペロスペロー
「無駄だ
見ろよママを
重なるショックで混乱してる
マザー・カルメルの写真が割れたのはヒヤリとしたがママの怒りのバロメーターが振り切っていた事で救われたと言える
熱い野心はよくわかったよジャッジ… ペロリン♪
だが君はこれから食う牛の声に耳を傾けるかね? くくくく ペロリン♪
死んで我らの血肉となれジェルマ66!!!」

r_009


ブルック
(ルフィさん ビッグ・マムは今何に怒ればいいのか混乱しているのです
あの割れた写真をもう一度見せましょう!!)

ルフィ
「ん!? よし!! オマエが言うならやってみる!!」

ベッジ
「おい今更そんな
ん!?」

カタクリがゴオオとルフィ達の元へ歩いて来る。

ルフィ
「うげ!! さっきの奴がこっちに来る!!」

ベッジがカタクリの様子を見て勝ちを確信する。

ベッジ
「カタクリ!!
よし続けろ!! 今の作戦は成功する!!」

ルフィ
「え!?」

r_010


ベッジ
「カタクリが青ざめてやがる!! つまり…」

カタクリ
「……!!」

ベッジ
「大事になった未来を見たんだよ!!!」

ルフィ
「!!?」

ベッジ
「ジンベエ ペドロ!! 麦わらを全力で援護しろ!!」

ジンベエ
「!!」

ベッジ
「連合軍!!!
全員インヴィジブルシンフォニアを装着しろ!!!」

「!?」

「ベッジ…?」

ビッグマムの子供達
「何を叫んだ!? ベッジの奴急に…!!」

「!?」

笑みが零れるベッジ。

ルフィ
「簡単
よっ」

ルフィは腕を伸ばし写真立てを取る。

キャロット
「インビビ…シンフォニ」

チョッパー
「あ! 耳せんだ!!」

r_011


サンジ
「間に合うのか!?
もうそれしか銃を構える全員吹き飛ばす方法はねェぞ!!!」

レイジュ
「?」

カタクリ
「ベッジ!! 麦わらを今すぐ射殺しろ!!!」

ベッジ
「断る」

カタクリ
「!!?」

その頃ビッグマムは目を回しまだ混乱していた。

ルフィ
「よし! これをあいつに見せれば計画通りになるんだな!!」

ベッジ
「あんたは少し先の未来が 見えるだけ」

銃を突き付けられションボリするジャッジ。

ジャッジ
「……!!」

015


ベッジがキメ台詞を吐く。

ベッジ
「別にそれが見えなくても 未来を変える権利は 皆 平等にあるんだよ!!!」ドン!!

煽り
『修羅場に笑う その男・ベッジ…!!』

r_012


ONEPIECE ワンピース ネタバレ 865話に続く。

ブルックが覆面を剥がし正体を現す、驚くマム。
プリンがサンジに向かって何度も発砲するが全て回避される。

プリン
「ショックだろ!? 幻滅したろ!? 安心しろよお前はもう死ぬ!
そうやって私は何人もダマしてきたんだ!」

サンジ
「自分の事もか? プリンちゃん」

動揺するプリンだったがそこにダイフクが加勢する。

シャーロット家3男(豆大臣)
シャーロット・ダイフク ホヤホヤの実のランプ人間

ダイフクが自身の体をこするとベルトのバックルに開いた穴からランプの魔人が出てくる。
魔人と対峙するサンジ。

ベッジがルフィを取り押さえる。
動揺するルフィだがこれはベッジの芝居、ルフィに今の状況を耳打ちする。

ペドロはオーブンと対峙していた。

シャーロット家4男(こんがり大臣)
シャーロット・オーブン ネツネツの実の高熱人間

ダイフクとオーブンの懸賞金は不明。

高熱を発する体を持つオーブンに苦戦するペドロ。

ヴィンスモーク家は飴で完全に拘束された状態で銃を突きつけられていた。
話が違うと動揺するジャッジ。

ジャッジ
「これは何の間違いだ! ビッグ・マム! あんたを信頼してた!
悪の世界にも仁義はある筈!」

一方レイジュ以外の子供たちはヘラヘラしながら死を受け入れる。

イチジ
「今頃見苦しいぜ父上 もう絶対助からねェ 体もアメでガチガチだ」

ヨンジ(笑顔)
「武器も入口で取られた レイドスーツもねェ」

ニジ(笑顔)
「まんまとハメられたようだな 高望みだったか ハハハ」

ジャッジ
「何がおかしい貴様ら!」

レイジュ
(あいにく弟たちから情を奪ったのはあなたよお父様…自分の死にさえ無感情
我が弟達ながら…人間とは思えないわ)

ジャッジ
「私は全人生を私の全てを! 北の海の国々への復讐の為に!
『ジェルマ帝国』復活の為に捧げてきたんだビッグ・マム!
何か答えろビッグ・マム!」

涙ながらに訴えるジャッジだったがマムは度重なるアクシデントで混乱し完全に硬直していた。
泣くジャッジにモルガンズ大興奮 。

もう一度マムに割れた写真を見せようと提案するブルック。
そこに青ざめた顔のカタクリが迫る。
カタクリが大ごとになった未来を見たと確信したベッジはブルックの案を実行すべく行動開始。
連合軍全員に耳栓をつけるように号令を出す。

カタクリ
「ベッジ! 麦わらを今すぐ射殺しろ!」

ベッジ
「断る あんたは少し先の未来が見えるだけ
別にそれが見えなくても未来を変える権利は皆平等にあるんだよ!」

ドン!

みんなの感想

ワンピースについての最新記事


2017年05月02日| |コメント:19Edit

コメント一覧

    • 19. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月04日 08:06
    • 14 それはあれだよ。ボスの命令無しに敵を打つ
      のはマズイだろ
    • 18. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月03日 19:05
    • ネツネツの実ッて昔アニメに出てたアツアツの実のオッサンと丸被りでは?
    • 17. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月03日 14:23
    • 悪の軍団なら絶対誰も信じないと思うんだがな
      しかも四皇を全力で信頼するとか
    • 16. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月03日 14:21
    • ジャッジにはがっかりだ
    • 15. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月03日 14:19
    • 麦わら傘下の海賊達が一斉に海賊旗掲げ始めたらインパクトすごいな
    • 14. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月03日 13:43
    • 子供たちもバカだな。今銃を向けて何を待機してんだろ?確かジェルマに向けた銃口は有無を言わさず蜂の巣にするんじゃなかったっけ?マムも血のプールにするとかなんとか。
    • 13. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月02日 21:27
    • 死を恐れるのに感情関係ないだろ本能だよド馬鹿
      キッズかな?
    • 12. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月02日 08:36
    • 欠落したのは恐怖とかそうゆう負の感情だけじゃないん?
    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 23:29
    • 可愛いと思うのに感情関係ないだろ本能だよ馬鹿
      キッズかな?
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 22:24
    • ベッジサンカッコいい
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 19:19
    • ナミにハート目になってたのは本能の方の性欲なんじゃね
    • 8. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 19:18
    • ベッジにルフィを射殺しろっていうことはベッジは覇気を弾に纏わせることができるってことか?
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 17:53
    • 感情がないのにナミかわえええええってなってたのなんだったんや?
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 17:51
    • 結局イチジ・ニジ・ヨンジは感情が欠落してるだけだったか
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 16:51
    • ヴィンスモークホンマ大したことないな
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 16:12
    • ジャッジもマムも小物臭半端ないな
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 16:02
    • プリンはもうサンジに口説かれちゃうな
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 15:40
    • ジャッジ情けなすぎん?
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月01日 15:02
    • ベッジカッコいいな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます