ワンピース ネタバレ 870話【ONEPIECE 画バレ 871話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ワンピース ネタバレ 870話【ONEPIECE 画バレ 871話】

週刊少年ジャンプ連載中ONE PIECEワンピース870話「訣別」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、確定。

押し掛け麦わら大船団物語Vol.7 バルトロメオ編
『まず港一番の悪をシメまして』

悪党をボコるバルトロメオ、白旗を上げて降参する悪党。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



煽り
『激昂のマム―!!』

ビッグマムが叫ぶ。

ビッグマム
「出て来いベッジ!!
麦わらァ~!!!」

シフォンがビッグファーザーから顔を出してビッグマムを説得しようとする。

シフォン
「待ってママ!! アタシよ!!!」

ビッグマム
「!!」

シフォン
「ベッジはアタシの夫 子供もいる どうか許して!! 見逃して!!」

r_017


ローラに似ているシフォンを見てさらに激怒するビッグマム。

ビッグマム
「シフォン……相変わらずローラにそっくり
その顔(ツラ)見せんなって…!!」

シフォン
「!!?」

ビッグマム
「言っただろうがァ~!!!」

『ドスゥゥン!!』

ビッグファーザーを再び破壊するビッグマム。
城壁が崩れる。

涙を流すシフォン。

シフォン
「……!!!
ママ…!!」

ビッグマム
「てめェも暗殺の共犯かァ!!!
明日のおやつが食えると思うな!!!」

暴れるビッグマムを冷静に見ている子供達。

子供達
「……」

アマンド
「城が壊れベッジが死ねば」

ペロスペロー
「全員ここに放り出される…!」

ダイフク
「一匹たりとも逃がすな…!!」

子供
「ファイアタンク海賊団 麦わらの一味 ジンベエ ジェルマ66…!!」

カタクリ
「結婚式も茶会もメチャクチャにしやがって」

r_018


スムージー
「ずいぶんナメられたものだな我々も
吊るしあげて世間への見せしめにしよう」

フルボッコ状態のベッジ。

ベッジ
「ぐォオ!!!」

ルフィ
「ベッジ!!!」

ベッジ
「くそ!! あのババー…!!
大砲くらいならビクともしねェ大頭目(ビッグファーザー)の防御力が全く通じねェ!!!」

居ても立っても居られなくなったルフィがビッグマムと戦いに行こうとする。

ルフィ
「おれやっぱ外出てぶっ飛ばしてくる!!」

ルフィを止める波。

ナミ
「ダメよルフィ!! チョッパー止めて!!」

r_019


パワーポイントでルフィを止めるチョッパー。

ルフィ
「うがー!! おい!! 離せよ!!」

ルフィを説得するナミ。

ナミ
「返す刀で戦わないで!! 私達はサンジ君を連れ戻す為にここへ来たんでしょ!?
歴史の本文(ポーネグリフ)の写しも手に入れたし
サンジ君の家族を救いたいって望みも叶った!!」

なミの言葉に反応するジャッジ。

ジャッジ
「……!」

ナミ
「私達の目的は果たしたのよ!!」

サンジ
「……」

ナミ
「応戦するヒマがあったら脱出策を考えるの!!
戦うつもりならゾロ達も連れて全員で来てた!! そうでしょ!?」

ブルック
「ルフィさん ナミさんの言う通りです
今回は少数だからこそここまで侵入できたのです
全員無事にゾロさん達の待つワノ国へ向かいましょう!!!」

r_020


悶絶しているベッジ。

ベッジ
「ウォ!!! ゲホ!」

シフォン
「ベッジ!!」

ベッツ
「ホギャー フギャー」

ルフィ
「見ろ!! ベッジが!!
じゃどうすりゃいいんだ!?
おれ達の分の攻撃受けてんだぞ!?」

r_021


ベッジ
「ゲホ…!! 畜生…!!
こっちは惨々たる結果だってのに…てめェらだけ大成功とは腑に落ちねェ…」

ブルック
「!!
ちょっと待って下さいベッジさん 道連れとかそういうのナシですよ!?」

シーザー
「おれだってやるべき事はやったぞ!! 今すぐ心臓返せ!!」

漢をみせるベッジ。

ベッジ
「ハァ…道連れ…それもいいな
おめェらなんざ最初(ハナ)からどうなってもいいんだ…!!
だがここには…おれのかわいい部下達も…!! 愛する妻も子もいる!!!
死なせるわけにゃいかねェんだよ!!!」

ベッジの言葉に感涙するファイアタンク海賊団の皆々。

シフォン
「あんた~!!!」

ベッツ
「ホギャー」

ファイアタンク海賊団
「頭目(ファーザー)~!!」

r_022


ベッジ
「ハァ…ハァ…
全員が生き残る方法は一つだけある……!!」

一同
「!?」

ベッジ
「この部屋はおれの内部ではあるが…ウッ!!
おれが傾こうが転ぼうがその影響を受ける事はねェ ハァ」

ジンベエ
「……」

ベッジ
「おれが生身の人間に戻っても同じことだ
いいか おれがお前らを入れたまま人間に戻る…!!
そのおれをシーザーがかかえ空を飛んで逃げる…!!」

ベッジの作戦に物申すシーザー。

シーザー
「おい!! 何でおれの命を勝手に賭けたんだてめェ!!!
自殺行為だろうそれは!!
その一瞬でおれ達ゃハチの巣になるんだよ!! 成功確率ゼロパーセントだ!!
武装色の使い手も多い!! おれがガスになれても意味ねェんだよっ!!!」

ジャッジがサンジに問う。

ジャッジ
「……!!
…一つ答えろサンジ」

サンジ
「!」

ジャッジ
「なぜ助けた
まんまと敵の罠にかかった憎き仇の我らを……!!」

サンジ
「……
父親が悲しむ……」

r_023


ジャッジ
「!?」

サンジ
「ガキの頃の過ぎ去った恨みに固執して…」

子サンジが独房に入れられている時の描写。

子サンジ
『出してくだざい
お父さん!!! ごめんなざい…!!
よわく生まれてごめんなさい…!!
助けて!! お父さん助けて!!! おどうさーん!!』

r_024


サンジ
「……
血を分けた実の家族の死をあざ笑う程度の小せェ男になったのかと…呆れられる
あの人に顔向けできねェ様な生き方は…」

ゼフの『カゼひくなよ』のという言葉がフラッシュバックする。

サンジ
「おれはしねェ!!!」

『ドン』

そんなサンジを見ているルフィ、ナミ達。

ルフィ
「……!!」

サンジ
「13年前ジェルマから逃げ出したヴィン・スモーク・サンジは海で一度死んだんだ
お前もそれを望んでた」

ジャッジの言葉が蘇る。

ジャッジ
『私がお前の父親である事は絶対に人前では口に出さないでくれ…!!
汚点なのだ』

サンジ
「……だから認めろ!!!」

サンジはジャッジの胸倉を掴み怒鳴る。

『ゴォ!!』

ジャッジ
「………!!」

サンジ
「お前はおれの
父親じゃねェっ!!! ヴィンスモーク・ジャッジ!!!」

r_025


成り行きを見守るルフィ達。

ルフィ達
「………!!」

サンジ
「二度とおれ達の前に現れるな!!!
フー…フー…」

サンジを振りほどき背を向けるジャッジ。

『ばっ…』

ジャッジ
「よくわかった…
約束しよう…もうお前にも東の海(イーストブルー)にも近づかん……!!」

ニコッとするレイジュ。

レイジュ
「…………」

その近くではシーザーが荒ぶっている。

シーザー
「おれァもう任務を果たした!! これ以上は約束が違う!!
ギャーギャー」

サンジ
「………」

『ドゴォン!!』

ビッグマムのパンチがビッグファーザーの城壁を砕く。

ベッジ
「!! 放っときゃてめェも死ぬんだぞ シーザー!!」

ジャッジ
「門を開けろ!!」

シーザー
「!?」

ジャッジ
「ギャングベッジ お前がシーザー・クラウンと空へ逃げるまで我々ジェルマが護衛を請け負う!!」

ベッジ
「!!!」

r_026


シーザー
「何でてめェがおれの行動を決める!!?
高飛車は変わらねェな!! ジャッジ!!」

ナミ
「?」

シーザーとジャッジは知り合いだった?

ベッジ
「そうか……
ジェルマも空を飛べるんだったな じゃあ置いていくぞ?」

ジャッジ
「構わん」

ルフィ
「よし!! 時間稼ぎならおれも…!!」

左腕を振り上げ出陣しようとするルフィ。


サンジ
「いいんだルフィ」

ルフィ
「!?」

ジャッジ
「出来損ないに……!!
借りなど作らない!!」

r_027


サンジの前から去っていくヴィンスモーク家。

『ドン!!』

サンジ
「あいつらなりのケジメだ」

シーザー
「待て待て オイオイ おれァやるって言ってねェぞバカ共!!」

ベッジ
「黙って
やれ!!!」

ベッジはシーザーの心臓をちょっと潰してみせる。

『ぎゅっ』

r_040


シーザー
「いでーーっ!!
憶えてろォ~っ!!!」

『ドヒュン!!』と駆けだすシーザー。

『みょん!』とベッジがとろける。

ビッグマム
「!!?」

ベッジがビッグファーザーを解除。
ビッグマムの前に現れるヴィンスモーク家、ベッジ、シーザー。

子供達
「城を解除したぞ!!!」

『ドドドドドド』

一斉射撃を開始する子供達。

シーザー
「ホラ見ろ 狙いすまされてる~!!!」

涙目のシーザー。

シーザー
「ギャアア~!!!」

諦めモードでキラキラと涙を流すシーザーだったが銃弾が来ない。

「!!?」

銃弾はヴィンスモーク家のマントで全弾止められていた。

イチジ
「急げ」

『ドン!!』

ビッグマム
「出てきたね~!! ハエェ!!!!」

ビッグマムはプロメテウスをつかみシーザーに投げて来る。

ビッグマム
「天上の(ヘブンリー)……!!!
火(ファイア)ァ~!!!」

ベッジを抱えて必死に逃げるシーザー。

シーザー
「ギャアアア~!!!」

r_041


シーザー達の前に立ちはだかれヘブンリーファイアを受けるレイジュ。

レイジュ
「ウ……!!!!」

『ボコォン!!』

レイジュ炎上。

レイジュ
「キャ!!!」

振り返ってレイジュを心配するニジ。

ニジ
「レイジュ!!」

イチジ
「構うなニジ!!!」

イチジ
「弱い奴が悪い!! 任務を全うせよ!!!」

r_042


レイジュが炎から生還。

レイジュ
「かわいくない弟っ!!
結構よ やられやしないっ!!」

ビッグマムはゼウスを掴み次なる攻撃に出ようとしている。

『バリバリ』

ビッグマム
「どきな誰一人逃がさねェよ!!
お前からだジェルマの小娘ェ!!!」

ここでベッジの中からルフィ登場。

ルフィ
「ゴムゴムのォ~」

サンジもこらえきれず出て来る。

サンジ
「悪魔風脚(ディアブルジャンプ)牛すね肉(クロッス)」

シーザー
「わ!!」

ルフィ
「象(エレファント)」

サンジ
「ストライク!!!」

ルフィ
「銃(ガン)!!!」

『ドカァン』

『バリバリバリィ!!』

意図せず合体技でゼウスが止められる。

ビッグマム
「ん~!!?」

r_043


二人の登場に目を見開くレイジュ。

ルフィ
「お前出るなって言ったくせに!!」

サンジ
「おう! 出るなよ おれァいんだ!!」

ルフィ
「ずる~っ!!」

涙を流し絶望するナミ、チョッパー、ブルック。

ナミ達
「ああああああああああ
出ちゃったー!! どうすんのよバカー!!!」

煽り
『黙っていられるタマじゃない!!』

次号予告
『爆発…!! みんな大丈夫なのか!? 生きてる?』

017


ONEPIECE ワンピース ネタバレ 871話に続く。

ワンピースマガジン情報

000


870話 訣別

「ベッジを出せ!」と暴れるマム
シフォンが窓から顔を出し説得するも、ローラそっくりのシフォンの顔を見たマムはさらに激怒してしまう

その様子を見守るマムの子供達
城が壊れ中から放り出されたところを一網打尽にするつもりらしい

苦しむベッジを見て外に飛び出そうとするルフィだがナミが静止させる
ポーネグリフの写しとサンジの家族の救出が叶った今、無理に打って出る意味はない
闘うのであればゾロたちと合流したあとでやればいいと説得する

ベッジがこの状況から脱出するただ一つの方法を語る
それはルフィ達を体内に入れたまま人間に戻り、シーザーに抱えてもらって空から逃げるというもの
武装色の使い手が多いこの状況ではその作戦は無理だとごねるシーザー

ジャッジがなぜ我々を助けたのかをサンジに問う
サンジの脳裏にゼフの姿

サンジ
「父親が悲しむ
血を分けた実の家族の死を嘲笑う程度の小せえ男になったのかと呆れられる
あの人に顔向けできねぇ生き方を俺はしねぇ
13年前ジェルマから逃げ出したヴィンスモーク・サンジは一度海で死んだんだ
だから認めろ! お前は俺の父親じゃねえ ヴィンスモーク・ジャッジ」

サンジの言葉を受けジャッジは二度とイーストブルーに近づかない事を約束する

その上でシーザーが逃げるまでの時間稼ぎをジェルマがすると誓う

ゴッドファーザーを解除するベッジ
無数の銃弾が飛んでくるがイチジが防ぐ
マムの攻撃にたじろぐレイジュだったがルフィとサンジがベッジの体内から飛び出し加勢する

みんなの感想


ワンピースについての最新記事


2017年06月29日| |コメント:4Edit

コメント一覧

    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月04日 08:07
    • カタクリがキャプ翼の世界の住人な件について
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月02日 01:15
    • 文句しか言えないのかよー
      気に食わないならこんなとこまできてネタバレ見にくるんじゃねーよ。
      てか、ビックマムの攻撃さファイアじゃなくてフォイアなんだね笑
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月01日 14:58
    • 相変わらず雑で汚い絵柄。そしてゴチャゴチャして観にくい。そして中身が無く全く進まない。
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月01日 14:57
    • 片栗頭小さ過ぎてバランス悪いな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます