ブラッククローバー ネタバレ 98話【ジャンプネタバレ 画バレ 99話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 98話【ジャンプネタバレ 画バレ 99話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー98話「アイツはアイツ」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

煽り
『断魔の剣に宿る反(アンチ)魔法の力を開放しラドロスを撃破したアスタ!
魔女森編は、ついに終局へ!』

アスタの断魔の剣で斬られたラドロスは魔力を吸われミイラ状態になっていた。

煽り
『黒き一振りが敵を打ち落とす!!』


ラドロス
「…… うぅ…ぐ……」
(…体中の魔力が消えた……! ウソだ…オレが…こんなところで…!
…やっぱり…オレの限界はここなのかなぁ……)

r_016

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



ファンゼル
「…ラド…ロス……」

ラドロスの元へ歩いて行くアスタ。
ノエルはアスタのあまりの強さにショックを受けている。

ノエル
「…アスタ…」
(なんて強さなの…あの戦いかた…アスタじゃないみたいだった… それにあの姿…まるで…)

r_r_2


潔く死を受け入れるラドロス。

ラドロス
「…殺せよ…覚悟は出来てる…」

アスタ
「殺すわけあるかァァー!!!」

r_018


ラドロス
「!!」

アスタ
「これからオマエが傷つけた人達を助けに行く!! 体治して一緒に手伝えい!! そんでみんなに謝れい!!」

ラドロス
「……」

アスタ
「何かシワッシワで血だらけだけど容赦しねーからなコノヤロ~!!」

アスタの発言に爆笑するラドロス。

ラドロス
「プッ アハハハハハハ!! ヒ~ヒ~ アッハッハッハ ゲホッ がはッ ぐへぇぇぇ」

アスタ
「何だ何だ!? 大丈夫か!?」

アスタを認めるラドロス。

ラドロス
「いやぁ~こりゃ勝てねえ スッキリしたわぁ~~~~」

「ヒュー♪」と口笛を鳴らすラドロス。

r_017


アスタ
「あれ 何か…キャラ違くね?」

ラドロス
「いやぁ~ 魔導石が割れて何か頭軽くなったわ~」
(オマエみたいなヤツが上に登っていくんだな…)
「……」

r_019


アスタ
「?」

ラドロス
(オマエとだったらオレも一緒に高め合えたのかもな)

ラドロスの様子見て心の中でアスタに感謝するファンゼル。

ファンゼル
(…アスタ…ありがとう……!)

ノエルはアスタを信じることに。

ノエル
「……」
(…心配し過ぎね…アイツはアイツよ…!)

アスタの身体から黒い模様が消えていく。

『ズアアアァァァ…』

アスタ
「! 元に戻った…」
(何だったんだ…? 今の黒いの…)
「……はて 何かと…夢の中で戦ったような……?」
(けど何か…不思議な力を使えたみてーでワクワクしたな…! …使いこなしてぇぇぇ…!!
みんな…魔法を使ってる時ってこんな感じなのかな?)

r_023


『みしし……』

アスタは自分の身体の異変に気付く。

アスタ
「ん? みしし? ぐわぁぁぁ!!! 体中いってぇぇ~!!! どわぁぁぁ すげー血ぃ出てるしー!!」

焦り出すアスタ。

アスタ
「やべぇぇぇ 死ぬ~!! 誰か助けてくれぇぇぇ って誰一人無事なヤツがいねぇ~!!」

ノエル
「何よ」

ファンゼル
「面目ない」

マルスを叩いて起こそうとするアスタ。

アスタ
「オイ!! オマエら回復魔法使えんだろ!? どーにか… ってオマエら生きてるかァ~!?」

マルス
「うぅ…」

ファナ
「うーん…」

しかしなかなか起きないマルスとファナ。

アスタ
「よっしゃ生きてたァァァァ!! けど全然起きね~!! チクショ~みんなまとめて連れてくしかねぇぇぇ!! 何往復でもしてやるぜコノヤロォォ~」

『ズキズキ』

傷口からブシューと血が噴き出している。

r_020



「その必要は無い」

何者かの声が聞こえて来る。
黒い烏が一箇所に集まりそこから魔女の女王が姿を現す。

『バサバサバサ』

r_022


アスタ
「! 魔女王…!! いつの間に…!!」

『ピク…』

バネッサが目を覚ます。

目バネッサ
「…んー… ……! 女王…!」

アスタ
「白夜の魔眼もダイヤのヤツらも全員倒した! これで腕を治してもらった恩は返したぞ!」

r_024


魔女の女王
「…私が戦いに出ることもなく済んだ… 完璧とはいえぬが良い働きぶりだったぞ…」

アスタはついでに魔女の女王に仲間を回復してもらえるよう頼む。

アスタ
「いやぁ~それほどでも ところでですね…ついでといっては何なんですが~ここにいるみんな治してもらえないですかね~?」

魔女の女王
「……ああ… その必要も 無い」

『パラ…』

r_025


アスタ
「え」

魔女の女王は手伸ばす。

『バチャン』

魔女の女王の周りに血液と血管が伸びていく。

『ドクドクドク』

『血液創成魔法 鮮血の処刑場』

r_r_5


血管から血液が流れそれが凝固したものがファンゼルたちの元へ向かう。
そして十字架に磔にされるファンゼルたち。

アスタ
「何すん…」

r_026


『ドクン』

言いかけたところで再びアスタの身体に異変が。
血管が浮かび上がり悲鳴を上げるアスタ。

アスタ
「が…あぁ… あああ…」

『ドクッドクッドクッ』

アスタ
「あー…」

アスタ気絶。

魔女の女王
「血液を操る…それが私の魔法 オマエに魔法をかけたあの時から 私は自在にオマエの血を操れる… 私は女王ぞ オマエのような者の願いを聞くわけ無かろう 思うがままになるのは オマエだ…!」

r_028


『血液魔法 傀儡の血潮』

魔女の女王の傀儡になってしまったアスタ。
そしてアスタは断魔の剣を構える。

ノエルとバネッサ
「アスタ!!!」

魔女の女王
「とはいえオマエには死なれては困るからな…オマエだけは回復してやろう」

『血液回復魔法滅呪の血籠り繭』

アスタの周りに膜のようなものが現れ回復させていく。

r_027


魔女の女王
「私の元にいれば暴れ放題だ」

ノエル
(次から次に同時に高等な魔法を……!! 体中が凍てつくような…精霊とは違う凄まじい魔力…!! これが魔女王…!)

魔女の女王
「反(アンチ)魔法の剣…それがこの手で持てぬなら… 持てる者ごと操作すれば良いだけ オマエの戦い方(扱い方)は見させてもらった… これからは私の剣として一生働き続けるがいい」

バネッサ
「……」
(な…何てこと…!! はじめから女王は反(アンチ)魔法の剣が目的だった…!?)

皆殺し宣言する魔女の女王。

魔女の女王
「最初の仕事だ この場の者全員オマエの手で殺させてやろう 一人残らず完璧にな」

r_r_8


煽り
『最後の敵は…魔女王とアスタ!?』

ブラッククローバー ネタバレ 99話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年02月16日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます