僕のヒーローアカデミア ネタバレ 128話【ヒロアカ 画バレ 129話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 128話【ヒロアカ 画バレ 129話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア128話「ボーイ・ミーツ…」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

サーの周りを縦横無尽に高速で飛び回るデク。

煽り
『予知を超え 未来を掴み取れ!!』

000


デク
(先が見える どこまで見えるのかわからない…わからないなら今まで以上の手数とスピードで予知を見てから動くまでの暇を与えない!
言われっぱなしで帰れるもんか!!)

目を見開くデク。
しかしサーはデクに言い放つ。

サー
「まるで劣化グラントリノ
遅いし無意味
条件が満たされた以上 1秒後でも1分後でも1時間後でも
貴様がどこで何をしているか私には見えている」

サーは未来を予知し飛び込んでくるデクの頭をポンと手で叩く。
デクは即Uターンし再び突進するがそれも軽く躱されてしまう。

サー
「ちなみにもう2分もしたら貴様は印も用紙も持たずにうずくまっている」

デク
「っそっ…!」

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



サーはデクを煽り続ける。

サー
「ずっと不安そうな表情だな オールマイトならまず最初に教えそうなものなのに…
上に立つ人間は迷いや不安を表に出すべきではない わかっている者は常にビジョンを持って行動する
幾度も教えられたであろう心得を、試しの場である今ここで実戦出来ないか
認めてもらうと言っていたな
見れば見る程 貴様でなければならない理由が見当たらない」

r_000


デク
「なれる と…言って貰いました…!」

サー
「有象無象の1人にか」

デク
「最高のヒーローにです!」

r_001


デクは数冊の本が乗っている棚?をぶん回す。
そして本をばら撒く。

デク
「すいません!この部屋どうしても良いって言いましたよね!
(そして 条件が満たされた以上、僕がどこで何をしているか
僕がどこで何を …言い方が引っかかった ナイトアイは何を見てる!?
未来の事象 全てか はたまた 定めた対象 の行動か…確かめる! もし後者なら…ランダムに飛散する物体にまで予知は及ばない!
ナイトアイ!! 僕だって譲れないんだ ナイトアイ!!)」

r_002


サーのハンコ目掛けて「僕はオールマイトの弟子なんだ!!」とサーに跳びかかるデク。
あと一歩のとこでサーの右手に触れられるかというとこでひょいっと腕を上げるサー。

『スカ』

サー
「見えるものは変わらん」

デク
「まだ…!!」

001


壁に顔面から激突するデク。

デク
「ぐふっ」

床に鼻血を垂らしながら倒れるデク。

サー
「…」

ガバっと顔を上げるデク。

デク
「まだ」

サー
「終わりだ 3分経過した 弟子…? 聞いてあきれる
策が1つ通じなかっただけで何とも無様 気が抜けたか」

デク
「気が抜けたわけじゃないです」

サー
「ならばミスか」

r_003


デク
「オールマイトヒーロー活動10周年記念の非売品タペストリー踏むところでした」

サー
「…」

サーはオールマイトのグッズを確認していく。
(まさか…オールマイトたちを…)

グッズたちは無傷。

デクはサーからハンコを奪うことができなかった。
床に手をついてしゅんとするデク。

サー
(全てを避けながらグラントリノのように跳ねていたのか
私の煽りに感情を揺さぶられつつも周囲の状況と私への対策を考えて動いていた…と)

「クク…」と笑うサー。

そこでミリオとバブルガールがドアをバンと開け入って来る。

ミリオ
「失礼しまァす!!」

バブルガール
「終わりました?
もの凄い音立ててましたけど」

002


サー
「採用だ ミリオ」

ミリオ
「わぁすごい!! やったあ!!」

鼻血を垂らしながら驚くデク。

デク
「ええ!? 全く達成できてないですけど」

r_004


サー
「印鑑を奪り自分で押せとは言ったが 出来なければ不採用とは言っていない」

デク
「そんな…」

ミリオ
「緑谷くんやったねえ! サー 笑ってましたね」

サーはデクがインターンの申し込みに来るという時点で採用は決めていた。

サー
「貴様が来ると聞いた時点で採用は決定していた」

デク
「え……」

サー
「貴様が使えぬ人材ではないこともわかった」

デク
「え…!!」

サー
「だが認めたわけではない
象徴無き今人々は微かな光じゃなく眩い光を求めている
たとえ彼の意に反しようとも
現代(いま)誰がその力にふさわしいかプロの現場で痛感してもらう」

サーはデクの掌にハンコをポトっと落とす。

003


デク
(ワン・フォー・オールは持ち主の意志によって譲渡される…これは諦めさせる為の採用)

ハンコを用紙に押すデク。

デク
「よろしくお願いします」

r_005


『オールマイトに選んでもらえた僕 それを認めないサー・ナイトアイ そしてナイトアイが選んだ通形先輩
奇妙な関係に戸惑う間もなく…翌日…初日!』

デクのインターンが早速開始。
ヒーロースーツのデクとミリオ。

サー
「本日はパトロール兼監視 私とバブルガール ミリオと緑谷の二手に分かれ行う」

デク
「監視?」

バブルガール
「ナイトアイ事務所は今ひみつの捜査中なんだよ」

r_006


サーからオーバーホールについて説明を受けるデク。

サー
「ここの若頭 治崎という男が妙な動きを見せ始めた
ペストマスクがトレードマークだ」

オーバーホールが写った写真を見せる。

デク
「指定敵団体(ヤクザ者)…でも今のそういう人たちっておとなしいイメージですけど…
マスク怖っ」

バブルガール
「過去に大解体されてるからね
でもこの治崎ってやつはそんな連中をどういうわけか集め始めてる
最近あの敵連合とも接触をはかったわ
顛末は不明だけど」

004


デク
「敵連合…!?」

サー
「ただ奴が何か悪事を企んでいるという証拠を掴めない
その為八斎會は黒に近いグレー 敵扱いが出来ない
我がナイトアイ事務所が狙うのは奴らの犯行証拠(シッポ)
くれぐれも向こうに気取られるように」

「イエッサー」


路地裏を走る包帯に裸足の子供の姿。

子供
(だれか…だれか…!! おねがいだれか…! いやだ…! だれか…!!)

それを追う人物。


早速捜査を始めるデク達。
路地を歩ているデクの足にぶつかって倒れる少女。

000


デクは手を差し伸べる。
その少女はさっきの子供だった。

デク
「ごめんね 痛かったよね」

困った表情の少女。

少女
「…あ」

デク
「痛くない? 大丈夫?」

ナレーション
『僕の長いインターンが始まった』


「ダメじゃないか ヒーローに迷惑かけちゃあ」

現れたのはオーバーホール。

オーバーホール
「帰るぞ エリ」

驚愕の表情を浮かべるデク。

煽り
『いきなりの邂逅!!』

001


僕のヒーローアカデミア ネタバレ 129話に続く。

アニメ二期新ビジュアル公開。

000


コミックス14巻OVA情報。
万偶数羽生子、藤見露召呂が登場。

000


最新記事

2017年02月23日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年02月23日 23:49
    • アニメ化の打ち合わせで忙しいとか?
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年02月23日 17:42
    • 結局取れなかったんかいw
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年02月23日 16:41
    • 画像 一部下書きじゃん
      富樫化したのか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます