食戟のソーマ 205話のネタバレ【画バレ 206話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

食戟のソーマ 205話のネタバレ【画バレ 206話】

週刊少年ジャンプ連載中食戟のソーマ ネタバレ 205話「幸せの創造者」のネタバレ画バレ。

煽り
『反抗の代償は自身』

えりなが十傑の任の返上を宣言する。

えりな
『十傑第十席の任 返上いたします 今から…ただの ただの薙切えりなです!!!』

薊は顔の表情を見せないままえりなに条件を突き付ける。


「ふふ……えりなが僕に自分の意見をぶつけてくるなんてね いいよ ではそちらが負けたときだけれど えりなだけは別の条件を飲んでもらう」

ソーマとえりな
「!」


「退学なんて生ぬるい……
中枢美食機関(セントラル)のために一生その力を貸してもらう 父の言いつけはしっかりと守り 二度と逆らうことは許さない………いいね?」

r_000000


えりな
「……はい……」

薊と十傑達は列車に乗車しソーマ達の前から去る。
乗車の直前、司が振り返りソーマを見る。

ソーマ
(すべてはひと月後 礼文島で!)

r_000002


扉絵はソーマ、タクミ、えりな、田所が横一列に並んで歯磨きをしている様子。

『自分磨きに日々是精進』

000000

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



ソーマは走り去って行く列車を眺めている。

ソーマ
「へへ……言ったなぁ薙切ぃ」

えりなは顔を赤らめ「ふんか ふんすか」している。

000001


ソーマ
「うおっ…? どうした薙切」

えりな
「さぁあなた達! 勝負の地は礼文島よ!」

ソーマ
「お おー… 知ってるけど」

ナレーション
『がんばって父に反抗した余波でアドレナリンが出まくってるえりな様』

えりなは胸に手を当て宣言する。

えりな
「この連隊食戟で勝利を収め 現十傑を蹴散らせば この私が十傑第一席の玉座につく!! 真の女王として君臨するための戦い…この手で制してみせます!! そしてあなた方は例えるならばその女王に恭しく使える従者! 光栄に思いなさい!」

城一郎
「おおっ覇気がすごい」

田所
「昔の薙切さんに戻ったかんじですね…!」

タクミ
「ふふ……素敵じゃないか
やっぱりいつ何時でも女王らしく在るのが似合っている」

r_000001


田所
「元気出たみたいでよかったね…ね 創真くん! ……創真くん?」

「ぶすぅ」と不機嫌にしているソーマ。

田所
「!?」

ソーマ
「何言ってやがる薙切ぃ! てっぺん獲るのは俺だっつの!!」

えりな
「何よ!! 下々の者は黙っていなさい!」

ソーマ
「んだと大衆食堂なめんじゃねーぞ!! ついさっきまで身も心も仲間に~とかしおらしい事言ってたくせに!」

えりな
「それとこれとは別よ! 神の舌の言う事が聞けないの!?」

『ギャー ギャー』

微笑みながらその様子を見ている城一郎。

ソーマ
「親父ー 親父も薙切になんとか言ってやってくれよ」

えりな
「ず…ずるいわよ! 才波さまを呼ぶのは反則です!」

r_000003


城一郎
「いや立派だった! まさかえりなちゃんがあの分からず屋の父親に歯向かうとはなー」

r_000004


えりな
「……」
(…どこかの親子に感化されたのかもしれませんわね)

頬を赤くするえりな、その様子を微笑まして見ている仙左衛門。

ソーマ
「……しかしまー薙切にあそこまでバシっと言われちゃあ 俺らも命賭けるっきゃねーな! おし! おめーら生徒手帳出せ!」

タクミと田所
「?」

タクミ
「な…何をするんだ?」

ソーマ
「いーからいーから…ん……?」

r_000005


自分の懐を探るソーマ。

ソーマ
「あ 思い出した! カバンの底の方に放り込んでから一回も出したことなかったわ! 車掌さーんっ! 俺のカバンカバン!」

車掌
「あ~来なくていいよ! ホームにつけてやるから!」

生徒手帳を持ってくるソーマ。

ソーマ
「やーあったあった あぶなかったわー」

タクミ
「何なんだいったい」

ソーマ
「ほれっ」

ソーマは自分とタクミ、田所の生徒手帳をえりなに手渡す。

ソーマ
「俺らの命!! お前に預けるぞ薙切ぃ! 進級試験生き残ろーってみんなを最初に引っ張ったのはお前…お前は俺らの御輿だかんな!
あ! けど第一席が誰になるかはそれは別だぞ!」

r_000006


えりな
「むっ……! な…何よ! 私を御輿だと認めるならば徹頭徹尾お崇めなさい!」

ソーマ
「るっせーてっぺんは譲れねーんだよ!」

再びさっきの問答をし始める2人。

堂島
「昨日の紅白戦…まさかここまで見越してチーム分けを?」

仙左衛門
「……そんな神通力じみたことは出来ぬよ ただ…あの親子から何かを学んでほしいと思ったものでな」

r_000009


堂島
「……教育者ですね…」

ソーマと城一郎が話しているのを見る堂島。


─堂島の回想─

汐見
「才波先輩が自主退学!? 日本から出てったぁ!? そんな…! なんで急に…!」

泣きながら叫ぶ汐見。

汐見
「わ 私……まだ才波先輩から実験台にされた仕返しが出来てないのに……!! 才波先輩のバカー!! もう知らないもん!」

r_000007


堂島は自室で一人気の抜けたように机を前にして座っている。

ふみ緒
「……銀 また料理店からオファーの封筒が届いたみたいだよ 神楽坂の有名な老舗割烹だ」

堂島
「……あぁ…そこに置いてください…後で見ます」


生徒
「また断っちゃったんすか……もうこれで何百通めだ…?」

海老沢
「堂島先輩…元気ないですよね …当たり前ですけど…」

ふみ緒
「城一郎の挫折は…銀にとっては自分の挫折そのものなんだろう 何もしてやれなかったと…悔いているんだね…」


仙左衛門が堂島の元へ。

仙左衛門
「堂島銀…少し表へ出ぬか」

月天の間で話す堂島と仙左衛門。
堂島は城一郎のことで責任を感じていた。

堂島
「俺が…もっとしっかりしていたら 城一郎は挫折せずにすんだかもしれない……」

堂島のメンタルを回復させる仙左衛門。

仙左衛門
「才波城一郎の此度の挫折が…彼奴の人生にとって損失かどうかを決めるのは彼奴自身 お主が今味わっている挫折もまた これからのお主がどうするかのみに懸かっているのだ 堂島銀よ 将来……遠月の看板のひとつを背負う道 歩むつもりはないか」


堂島
(その仙左衛門殿の言葉で俺の人生は開けた
城一郎に対してできなかったこと
次の世代の料理人たちを…導く役目に)

r_000008



『数年後……遠月リゾート』

髪を短くしスーツ姿で勤務中の堂島。

部下
「ぶ…部門長! 堂島部門長お電話です! なんか…男性の方が堂島銀に繋いでくれってすごい勢いで でもなぜか直通電話の番号を知ってたので……たぶんお知り合いだと思うのですが」

堂島
「……?
もしもしお電話かわりました…堂島ですが」

電話をかけてきたのは城一郎だった。

城一郎
『……お 銀? おれおれ』

堂島
「……ッ城一郎!!?」

城一郎
『よー元気か? だいぶ前になるけど俺日本に帰ってきたんだよ んで住むとこも見つかってっから一応伝えなきゃと思って』

堂島
「な……っ!? 本当か!」

堂島の知らない内にソーマが誕生していた。

城一郎
『つーかガキも出来てんだわ』

堂島
「何ぃぃぃ!!?」

城一郎
『で 住んでる店だけど ゆき らっていうんだ』

ノイズが入り店名を上手く聞き取れなかった堂島。

堂島
「ゆき……? なんだ!? 何と言ったのだ?」

城一郎
『…ん なんか電波わりーな』

堂島
「ちょ ちょっと待て! とにかく今の住所を教え……」

r_000011


城一郎
『あ わり そろそろ休憩時間おわるから切るわ』

堂島
「おい!!! 待て馬鹿者ぉ!!切るな!!」

城一郎
『…えっとな 銀 俺な いま 幸せに……料理してっからさ じゃな』

そう言って電話を切る城一郎。

堂島
(馬鹿な……! 本当に切っただと
あの男ぉ…!! ちっとも変わっていない……!)

つきものが取れたように晴れ晴れとした表情になる堂島。

堂島
「……はは…そうか 料理を……してるのか ……城一郎…!」

r_000010


それから堂島はソーマの書類を見てそれが城一郎の息子だということを知る。

『ようこそ我が遠月リゾートへ』
『ゆきひら…? その名 どこかで………』
『そうか…幸平創真は…お前の息子か…城一郎』

堂島
(あの瞬間にわかった
奴を嵐から救い出した人物…そのひとりが
あの子供なのだと)

─回想終了─

堂島
(幸平創真 城一郎の許に産まれてきてくれたこと
奴の友として心から感謝する)

r_000012


ナレーション
『そして一般生徒の四次・五次試験が淡々とおこなわれる
その移動中、積雪による列車運航中止が計5日ほど発生し予備日を消化
その間も食堂車厨房にて創真らは特訓に励み
やがて六次試験(最終試験)に望む高等部1年の生徒全員と講師陣
中枢美食機関(セントラル)メンバーと創真たち反逆者一行はついに連隊食激(たたかい)の地 礼文島へ上陸する』

r_000013


煽り
『最終決戦の地へ!!』

【食戟のソーマ】ネタバレ 206話に続く。


「えりなが僕に自分の意見をぶつけてくるなんてね
いいよ、ではそちらが負けた時えりなだけは別の条件を飲んでもらう
退学なんて生ぬるい…セントラルのために一生その力を使ってもらう」

えりな
「…はい」

薊たちと別れる反逆者一行

えりな
「この連隊食戟で勝利を収め現十席を蹴散らせば私が十席の玉座につく!
真の女王として君臨するためのこの闘い…この手で制して見せます!」

はじめて父に反抗した余波でアドレナリンが出まくっているえりな様

創真
「何言ってやがる薙切!てっぺん取るのは俺だっての!」

えりな
「下々の者は黙ってなさい!」

創真
「大衆食堂ナメンじゃねーぞ!」

えりなとの口論がひとしきり済んだ後、みんなの生徒手帳を集めえりなに渡す創真

創真
「俺らの命!お前に預けるぞ薙切!
進級試験生き残ろうってみんなを最初に引っ張ったのはお前…お前が俺らの神輿だかんな!」

堂島の回想

城一郎が自主退学したことで意気消沈する堂島、有名料理店からのオファーも全て断っている
そんな堂島に発破をかける仙左衛門
目が覚めた堂島に将来遠月の看板のひとつを任せたいとオファーする仙左衛門

数年後、堂島の元に城一郎から連絡がくる
随分前に日本に戻ってきた城一郎は子供と共に料理をしていること、今が幸せであることを告げる

回想おわり

創真に城一郎を嵐から救ってくれたことを感謝する堂島

ダイジェストで残りの試験をすっ飛ばし礼文島に到着する創真たち

みんなの感想

最新記事


2017年03月02日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます