僕のヒーローアカデミア ネタバレ 129話【ヒロアカ 画バレ 130話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 129話【ヒロアカ 画バレ 130話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア129話「エリ」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

煽り
『会敵まえあと数分─』

オーバーホールと邂逅する数分前に戻る。
街をパトロールするデクとミリオ。

デク
「緊張する…」

ミリオ
「パトロールくらい職場体験でもやってるよね?
あ! 敵連合の襲撃がトラウマ?」

デク
「いえ! 諸事情あって基本活動未経験なので…!」

ミリオ
「へえー 変わってんね!」

町にはうさ耳、猫耳の少女が一緒に歩ている。

r_000009


ミリオ
「大丈夫! 今回実際にホシの敷地近辺を監視するのはサーたちで俺たちは周辺区域のパトロール!
色々教えるよ」

ゴーグルをキラッとさせながらデクをフォローするミリオ。

デク
(まずは先輩の仕事を見て差を思い知れってことかな…
にしても…オールマイト 何故僕に何も言ってくれなかったんだろう…)

ミリオは腕をワサワサと動かし「ツイテオイデヨー!!」と言っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



ミリオ
「そういやさ!ヒーロー名聞いてなかったよね、お互い!」

デク
「デクです。」

ミリオ
「…デク!?木偶(でく)!? いいのソレ?」

デク
「いいんです」

ミリオ
「俺は『ルミリオン』!」
「“全て(オール)”とまではいかないが、“百万(ミリオン)”を救う人間になれるよう命名した!」「『レミオロメン』みたいでかっこいいだろ!」

r_000012


デク
「レミオロメン」

ミリオ
「コスチュームを纏って街に出れば俺たちは“ヒーロー”だ!」
「油断はするなよデクくん!」

デク
「はい!ルミリオン!」


そしてエリがデクに衝突しオーバーホールと邂逅。

デク心の声
「――嘘だろ…」ドクン ドクン

前回のサーの説明から
「『死穢八斎會』若頭の、治崎という男が」

オーバーホール
「うちの娘がすみませんね ヒーロー
遊び盛りでケガが多いんですよ 困ったものです」

ニコッと愛想をふりまくオーバーホール。
しかしデクは顔からもその動揺がうかがいしれる。

ミリオはデクにフードをかぶせてくれる。

ミリオ
「まーたフードとマスク外れちゃってるぜ
サイズ調整ミスってんじゃないのか!?」

r_000013


デク
(遠形先輩、何を言って…)

ミリオ
「こっちこそすみません!」

デク
(…! そうか 表情…! 嘘だろ が顔に出てた…! いけない お互い何も知らない状況なんだ 怪しまれればナイトアイの仕事に支障が出る!
無難に…自然にやり過ごさなくては…!!)

ミリオ
「その素敵なマスクは八斎會の方ですね! ここらじゃ有名ですよね」

オーバーホール
「ええ マスクは気になさらず…汚れに敏感でして
お二人とも初めて見るヒーローだ 新人ですか? 随分お若い」

ミリオ
「…そうです! まだ新人なんで緊張しちゃって!さ! 立てよ相棒 まだ見ぬ未来に向かおうぜ」

オーバーホールがデク達の所属を訊いてくる。

オーバーホール
「どこの事務所所属なんです?」

r_000014


ミリオ
「学生ですよ! 所属だなんておこがましいくらいのヒヨッ子でして…職場体験で色々回らせてもらってるんです」
(明らかに警戒してるな サーの名前は出せない 早めにズラかろう!)
「では我々昼までにこの区画を回らないといかんので! 行くよ!」

デク
「はいっ…」

しかしエリは泣きながらデクにしがみつく。

『ギュッ』

エリ
「いかな…いで…」

r_000010


デク
「あの…娘さん 怯えてますけど」

r_000011


オーバーホール
「叱りつけた後なので」

ミリオ
「デクくん 余計な勘繰りはよせ 行こう」

デク
「いやァでも遊び盛りって感じの包帯じゃないですよね…」
(この子が僕を 掴んで離さない)

r_000015


オーバーホール
「よく転ぶんですよ」

デク
「こんな小さい子が声も出さず震えて怯えるって普通じゃないと思うんですけど」
(そうだ 自然じゃない)

オーバーホール
「人の家庭に自分の普通を押しつけないで下さいよ」

ミリオ
「性格は様々だよね」
(やめろ…! 明らかに詮索を嫌がってる! 警戒が強まれば益々シッポを出さなくなる! 無難にやり過ごすんだ!!)

デク
(違う 先輩! その方が怪しまれる! 不自然だ!)

ミリオが言った言葉を思い出すデク。

ミリオのセリフ
『コスチュームを纏って街に出れば…俺達はヒーローだ!!』

デク
(ヒーローが怯えた子どもをやり過ごすわけがない)
「この子に何してるんですか?」

r_000012


オーバーホール
「…ふう 全くヒーローは人の機微に敏感ですね わかりました」

r_000016


デク、ミリオ
「!」

オーバーホール
「恥ずかしい話です 人目につくし…こちらに来てもらえますか」

オーバーホールの後に続き裏路地へついていくデクとミリオ。

グッとデクに抱き付くエリ。
エリを抱っこするデク。
ミリオはデクに小声で指示する。

ミリオ
「何かあっても俺が対処する その子を連れ去るワケにもいかない」

オーバーホール
「実は最近エリについて悩んでいまして
何を言っても反抗ばかりで」

デク
(虐待…?)
「子育て…ですか 大変ですね…」

オーバーホール
「ええ 難解ですよ 子どもは
自分が何者かになる・なれると本気で思ってる」

グイっと手袋に手をかけるオーバーホール。

r_000013


それにハッとしてエリがデクから離れオーバーホールの元へ駆けて行く。

『ぺった ぺった』

するとオーバーホールは手袋から手を放し歩き始める。

デク
「え…!?」

オーバーホール
「なんだ…もう駄々は済んだのか?」

コクッと頷くエリ。

デク
「え あの…エリ? ちゃん…?」

r_000014


オーバーホールはデク達に頭を下げて路地裏の奥へ。

オーバーホール
「いつもこうなんです すみません 悩みまで聞いてもらってご迷惑おかけしました ではお仕事頑張って」

デク
「待って…!! 何で…」

追いかけようとするデクを止めるミリオ。

ミリオ
「追わないよ 気付かなかったかい 殺意を見せつけてあの子を釣り寄せた
深追いすれば余計に捉え辛くなる サーの指示を仰ごう」

r_000018


ここで不吉にも雨が降って来る。


オーバーホールはアジトへ戻って来る。

オーバーホール
「最近の若者は一段と病んでるな クロノ 風呂の用意しろ」

組員
「す…すんません若頭!! ちょっと目を離したスキにそのガキが逃走しやがって…」

その組員を一瞬でグチャグチャに吹き飛ばすオーバーホール。

オーバーホール
「掃除もだ」

クロノ
「へい」

オーバーホール
「英雄症候群の病人共」

エリは明らかに異常な研究施設に連れて行かれる。
厳重な扉の向こうには椅子と怪しげな器具が並んでいる。

オーバーホール
「壊理(えり)…わがままはもうよせよ
おまえは計画の核なんだ
頼むから俺の手を汚させないでくれ」

研究員がエリの腕の包帯を外していく。
そこへヨチヨチと黒い人外の見た目をした人物がやってくる。

「オーバーホール電話
敵連合 死柄木からだ この前の返事を聞かせてやる…と」

煽り
『計画という響き─敵時代の胎動』

r_000015


作者コメント
先週先々週と荒れたり休んでしまって申し訳ありません。頑張ります!<耕平>

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 130話に続く。

000


最新記事

2017年03月09日| |コメント:6Edit

コメント一覧

    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月11日 01:39
    • シガラキがえっちゃん盗っちゃえよ
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月10日 23:46
    • 個性無効化アイテムはやはりエリが関係してるのか
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月10日 23:46
    • 本当の娘なのかどうか
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月09日 21:29
    • 幼女クソかわいい
      ホリー天才
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月09日 17:54
    • みんなのトラウマはやめて(/_;)
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月09日 17:19
    • エド わーど お にい ちゃ
      な展開にならないといいなぁ(白目)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます