ブラッククローバー ネタバレ 101話【ジャンプネタバレ 画バレ 102話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 101話【ジャンプネタバレ 画バレ 102話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー101話「ただいま」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

煽り
『敗北した魔女王は何を思う…!?』

魔女王に膝をつかせることに成功したバネッサ。

バネッサ
「アナタとの間に絆なんて無い…」

愕然とした表情を浮かべる魔女王。
魔女王はまだ幼い頃のバネッサを思い出す。


─魔女王の回想─

バネッサはニコニコしながら魔女王に話しかけている。

バネッサ
「女王さまみて! 糸でおにんぎょうつくったの!」

魔女王
「あら…よく出来ているわね」

バネッサ
「わたし 魔法でみんなを笑顔にしたいの!」

r_000016

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



魔女王
「フフフ…バネッサなら出来るわ」

魔女王も最初からサイコではなかったらしい。

─回想終了り─


魔女王は自らの過ちを反省する。

魔女王
(私は…完璧を求めるあまりに…大切な何かを忘れていたのね……不完全だから…
ありのままの感情からこそ得る力もあるのね…私の元では生まれ得なかった魔法…
自由で…不完全だからこそ…)

魔上は敗北宣言をする。

魔女王
「…完璧だ 好きにするがいい…私の完敗だ」

魔女王はバネッサ達の前から去る。

ノエル
「……勝ったの……?」

涙を流し抱き合うバネッサとノエル。

ノエル
「すごいわバネッサ!!」

アスタとフィンラルは何があったのか知らない。

ノエル
「アナタの…アナタの魔法で勝ったのよ!!」

ラドロスはヒュー♪と口笛を吹いて上機嫌。

r_000015


ファンゼルはノエル達を見つめ、マルスはファナを抱いている。


魔女王の周りにいる烏の中にゆるキャラのような鳥が混じっている。

魔女王
(……コイツは…)


「……」

r_3


アスタ一行を全員回復してくれた魔女王。
そして一同は魔女王の部屋に呼ばれる。

フィンラル
(全員まとめて完全回復って…やっぱめちゃくちゃだな魔女王…)

魔女王はイヤリングの魔石を指さし気前よくアスタ達に譲ってくれると言う。

魔女王
「…オマエ達のいう魔石とはコレのことだろう 私には必要の無いモノだ くれてやろう」

魔石を投げる魔女王。

アスタ
「えッ!? 魔石ッ!? ありがとうございまぁぁぁす」

フィンラル
(うおおおお
何か簡単に魔石手に入ったァァァ
コレはヤミさんにホメられるぞ~)

『ドキドキ』

r_000017


アスタ
「なぁ 白夜の魔眼はコレを欲しがってんだけど…一体何でか分かるか? てゆーかアイツら何者なんだ? 何か知ってます?」

さらに魔女王は重要な情報まで無償で教えてくれる。

魔女王
「…その魔石は装着者の魔力を高める魔導具の一種だが それを真に使いこなせるのはエルフ族だけだ」

r_000019


アスタ
「…エルフ…??」

魔女王
「エルフの出自は不明だが…数百年前…今でいう恵外界あたりに生息していた高魔力保持者のことだ」

フィンラル
(数百年前って…この人一体いくつだよ!?
お肌ハリありすぎだろ)

魔女王
「エルフ一人一人の魔力は非常に高く 私に匹敵するような者も少なくなかった」

アスタ
「!」

魔女王
「だが…数で勝る人間との争いで 破れ 滅び去った あのファナとかいう娘の三つ目の眼(まなこ) あれは禁術魔法だ だがその禁術魔法を発動させたのはあの娘ではなく 他の何者かだ 禁術魔法はただの人間には手が出せない…」

情報量の多さからアスタから煙があがる。

アスタ
(もうナニがナニやら…)

魔女王
「禁術魔法の発動には途方もない魔(マナ)と…何かしらの犠牲が必要となる…古の魔神もエルフ族の長が発動した最上級の禁術魔法だ」

r_4


一同
「!!?」

魔女王
「…もしかしたら白夜の魔眼の者共は…エルフ族の末裔なのかもしれぬな……」

r_000018


フィンラルはメモをとっている。

フィンラル
(何かスゴイ新情報がバンバン出て来る…!
レポートや…ワイはレポートの鬼になるんや!)

魔女王
「そしてアスタ…オマエの持つ2つの剣は…そのエルフの長が使っていた 魔法剣の成れの果てだ」

二刀を持つエルフの描写が入る。

r_5


アスタ
「……どゆことォォォー!?」

『どっかーん』

アスタの頭が限界を迎え爆発する。

フィンラル
「うわぁぁぁ アスタくんの頭が話についていけず爆発したぁぁぁ」

さりげなくヒドイ事を言うノエル。

ノエル
「バカだから! これ以上ムリよ! バカだから!」

魔女王
「……奴らと戦い続けていけばいずれその謎も解けていくだろう……」


マルスはダイヤモンド王国に帰っていく。

アスタ
「ホントにダイヤモンド王国に戻るんだな」

王を操作して国政を行うと結構ヤバイことを言うマルス。

マルス
「…ああ この魔女王の作った傀儡の血潮の効能を封じた薬…これを長命の薬と偽って国王に飲ませ国王をオレが操ってみせる そして…ダイヤモンドを平和国家へと改革してみせる…!!」

r_000020


ラドロスはマルスの補佐役におさまる。

ラドロス
「オレはマルスくんを支えてみることにするよ どうもそれがダイヤモンドのトップに立つのに一番手っ取り早そーだからね~♪」

アスタ
「オイ大丈夫かアイツ」

アスタと戦いすっかり改心してしまったラドロス。

ラドロス
(……アナタに認めてもらえるような存在になって…
いつかまた会いに行きますよ…先生)

ファナはファンゼルの預かりに。

ファンゼル
「ファナは私達で預かる」

ファナ
「マルス ラドロス 無理はしちゃダメだよ…!」

r_000021


マルス
「ファナ…すまない 国を変えるまで待っていてくれ ダイヤモンドを必ずファナが帰って来れる国にする…!」

ファナ
「……」

熱い抱擁をかわすファナとマルス。

r_6


ファナ
「待ってるよ いつまでも…! ダイヤモンドが平和な国になったら…一緒に世界を見に行こうね…!」

r_000022


二人を祝福するバネッサたち。
しかしフィンラルは血の涙を流す。

フィンラル
(う…うらやま…)

アスタ
「オレもいつかシスターと…」

r_7


マルス
「…アスタ オマエはオレを友だと言ってくれた…もしオマエに何かあったら どんな時でもどこにいても必ず助けに行く 友とは…そういうものだろう…?」

アスタ
「ああ! マルスが困ったらオレにも言ってくれ! ダイヤモンドに突っ込んでやるぜ!」

r_000023


アスタとマルスは拳を合わせる。

別れに涙をながしているドミナ。
バネッサは魔女王の言葉を思い出しながら黒の暴牛へと戻っていく。
魔女王もすっかり改心した模様。

魔女王のセリフ
『アナタは自由よ……だけどここはアナタの故郷に変わりない………いつでも…遊びにいらっしゃい…』


無事に黒の暴牛に帰還したアスタたち。

泣きながら扉を開け中に入っていくアスタ。

アスタ
「ヤミ団長ォォォ~!!! 腕っっ治りましたァァーっっ!!!」

r_000024


ヤミ
「おーよかったね なんでハダカ?」

軽いノリのヤミ。

r_8


アスタ
「でえええ 軽ーっ!!! ヤミさぁぁん! 何と魔石見つけて来ましたよォォォ!!」

ヤミ
「マジか! よし小僧 腕治って最初の任務だ 酒買って来い」

アスタ
「えええ 超速で行って来てやりますよォォォ」

フィンラル
「あれ? 他のみなさんまだ帰って来てないんスか?」

ヤミ
「あぁ どっかでのたれ死んでんじゃねーの?」

フィンラル
「えッ」

バネッサ
「団長…」

ヤミ
「おぉ おかえりー」

バネッサ
「……ただいまっ」

満面の笑みを浮かべるバネッサとネコ。

r_9


煽り
『ここは愛すべき我が家!!
次号センターカラーで新展開突入!』

次号予告
『魔女王撃破!!
魔女王に勝利したアスタ達!
舞台は王都へ!』

000012


ブラッククローバー ネタバレ 102話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年03月09日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます