食戟のソーマ 207話のネタバレ【画バレ 208話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

食戟のソーマ 207話のネタバレ【画バレ 208話】

週刊少年ジャンプ連載中食戟のソーマ ネタバレ 207話「」のネタバレ画バレ。
扉絵は久我、女木島、一色、美作の4人。

『四象推参!!』

煽り
『全ては、後輩のために─』

腰に手を当てる一色に吉野が抱き付く。

吉野
「い……一色せんぱぁあーい!! ごめんなさぁい 私ら負けて…退学になっちゃったぁ~」

佐藤
「うはぁ どうしたんすか 本気の調理着なんか着ちゃって!! 正直頼もしくて仕方ないっす!」

丸井
「僕たちを助けるために北海道まで来てくれていたんですか?」


「でも…この勝負で負けたら先輩まで退学に……?」

一色
「そんなことは戦わない理由にならないな かわいい後輩たちのためだからね」

イケメンな一色。

r_000055

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



涙をボロボロと流す吉野。

吉野
「い……一色せんぱぁあ…!!」

r_000000


一色
「まぁ勝てなかった場合のことも考えてあるから安心しておくれ」

吉野
「へ…?」

一色
「みんなで農場を開こう!」

ニコニコしがら言う一色。
汗たらーんな吉野。

一色
「もう知り合いのつてで何カ所か場所の候補を見つけててね オーガニック食品に強い通販サイトでも紹介してもらえることになってる まずは小規模に事業を興して…」

青木
「えぇー妙に具体的でなんか複雑…」

一色
「田所ちゃんなんてよく働いてくれると思うんんだよねぇ」

青木
「いや あの それはそうかもしれないですけど 今は連隊食戟に勝つことだけ考えてほしいっすマジで」

久我
「司っさんはやっぱし 1st BOUT からは出てこないっぽいね んじゃ予定通り僕ちんパス1でオッケっす! 最初の見せ場は女木島のおっさんに譲るよ~ん☆」

ペコちゃんになる久我。

r_000053


女木島
「久我は相変わらずよく喋るなぁ 十傑外されて落ち込んだりはしねぇのか」

久我
「何言ってるのさ! 深く深く深―く傷ついたもんっ」

r_000054


肉魅
「……っしかしすげーな 一色さんたちはともかくよぉ よく女木島さんまで引き入れたな幸平ぁ!」

ソーマ
「やー それが結構大変でよー…」


「はいは~い そこの退学済みの皆さ~ん? 皆さんには専用の観戦席を設けてま~す♡ なのでその席で勝負を見守ってて下さいねぇ~?」

檻の中に吉野たちを入れる麗。

肉魅
「観戦席…?」


「ほら入れや」

吉野
「あんさんコレ…見方を変えると…いや変えへんでも どう見たかて牢屋ですやん……」

伊武埼
「ひどい扱いだな…」


「お前らは薊様のご慈悲で観戦できるんだ 忘れんじゃねぇぞ」

『投獄』

佐藤達が檻にしがみつく。

佐藤
「ふざけんなオラー!!」

青木
「トイレ行きたくなったらどうすりゃいいんだコラー!!」

肉魅
「とにかく幸平がんばれぇー!! 十傑なんかぶったおしてくれー!!」

容器の中でくじが舞っている装置が出て来る。



「さ~て! 調理を始める前にもうひとつ! 各対戦カードのテーマ食材を抽選しま~す!! さくっとクジをお引きくださ~い♡」

r_000056


ソーマ
「あ んじゃ紀ノ国先輩くじどーぞっす!」

寧々
「いえ そちらが引いて構わないわ クリーンにフェアな勝負をしたいものね 私そういう部分きっちりする性分だし 叡山みたいに不正をやる輩だと思われたくないの」

叡山はシカトする。

生徒
「幸平創真ぁボコボコにされちまえー!!」
「寧々先輩! 反逆者なんかぶっ殺してくださ~い!!」

寧々
「きたない野次はきらい」

ギロッと生徒達を睨み付ける寧々。

r_000059


しかしその視線でぞくぞくしヨダレまで垂らす変態男子生徒たち。

生徒
「はぁあ…あの冷たい視線…たまんねぇぜ……!」

ソーマ
「?」
(あの司会者の言動もだいぶきたねーと思うけどそれはいいのか?)

r_000057


久我
「幸平ちん幸平ちん幸平ちん! あのおさげちゃんね 常にピリピリして毒舌ぶっこいてくるから気を付けなよ? 今日もたぶん生理なんだと思う」

寧々
「久我 しね」

『シンプルな殺意』

えりな
(紀ノ国寧々……
得意ジャンルは和食全般!
特にそばに関して右に出る者はいないわ……! 実家は神田のそば屋!
いわゆる江戸そばの流儀を現代まで育て連綿と引き継いできた超一流店の代表格!!
そんな環境に生まれた彼女は物心ついた頃から茶道・懐石料理なども含めた日本料理の髄を叩き込まれている
和食界が擁する至宝でありサラブレッドであると言っていいわね)

着物姿で番傘をさす寧々のイメージが入る。

田所
(す…凄そうな人だね……)

タクミ
(只者ではないだろうな…
何しろ十傑第六席にいた料理人なんだ
つまり一色さんよりも実力は上だということか…?)

r_000058


寧々はメガネを拭きかけなおす。

寧々
「先に言っておきます……私を和食だけの料理人と思わないことだわ 幸平創真くん 君がどんなテーマを引こうが どんなジャンルで戦おうが……君の皿を叩き潰す事実は変わらない」

r_000060


寧々のオーラがビリビリとソーマに伝わる。

ソーマ
「言ってくれるっすね……!」
(おし! とにかくクジを……っと)

くじには鮭、羊肉、大根などと書かれている。
ソーマがくじを掴む。
そこにはそばという文字が。
固まる会場の空気。
寧々までの呆れたという表情。

一色、女木島もくじを引き調理開始。


「おぉーとこれはぁー!! うははっやったぜ! なんとなんと第3カードのテーマ食材は紀ノ国寧々の得意技! 必殺料理(スペシャリテ)でもあるそばに決まってしまったぁー!! これは十傑側が勝利へ大幅に近づいたぞー!! ざまぁ見やがれ反逆者どもがー!』

一色
「あはは! 相変わらずミラクルを起こすなぁ」

女木島
「……ふぅん」

r_000061



「お題は決まりました!! それでは最早待った無し! 始めましょう! 舌の上の大合戦!! 連隊食戟(レジマン・ド・キュイジーヌ)……開戦です!!!」

肉魅と吉野がソーマに文句を言う。。

肉魅
「幸平ホントお前のくじ運の悪さ何なんだよぉ!?」

吉野
「アリスっちとの勝負の時といい いい加減にしてよまじでー!!」

ソーマはくじを見つけどーんと気落ちする。

r_000062


ソーマが寧々を見ると頬を赤く染めて恥ずかしそうにしている。。

寧々
「私が悪いんじゃないから」

寧々のセリフ
『私を和食だけの料理人と思わないことだわ』
『君がどんなテーマを引こうが』
『君の皿を叩き潰す』

ソーマ
「あ すんません…こんなつもりじゃなかったんすけど」

寧々
「べ 別に…謝られても困るし」

『謎の気まずさ』

青木
「幸平ー! 気まずがってる場合かー!!」

黒木場
「……お…敵は早速そば打ちにかかったぞ」

寧々はさっそく水回しという工程を始める。。

イサミ
「で…でっかいこね鉢!!」

葉山
「まさに本格…!!」

r_000063


ナレーション
『水回し
篩ったそば粉に水を加え 手でかき回し全体にゆきわたらせる工程
木鉢(こね鉢)のなかで蕎麦の一粒一粒と水分とを入念に結びつける事で麺が千切れずに水々しさを保ち続ける 喉ごしのよい蕎麦になる』

丸井
「みるみる内にそば粉がまとまっていく!!」


「指が流れるようにこね鉢の中を走っていくわ! こんな華麗な水回し見たことない…!!」


「これが 本物の技だ」

田所はその手際に見惚れている。

田所
「……すごい綺麗だべ…料理人…っていうより職人ってかんじがするよ…!!」

吉野
「…こりゃ無理だ…!! そばの実力じゃ絶対敵いそうにないよ…どうしよう!?」

佐藤
「こ こうなったら変化球の変わり種でも作るしかねぇ!!」

肉魅
「幸平~!! どんなそばを出すんだー!?」

r_000064


ソーマはキッチン台の前に座り考えている。

ソーマ
「う~ん……そば……そば粉ねぇ……」

ソーマは膝を叩いて妙案を口にする。

ソーマ
「おし決めたっ! 俺が造る料理はカップ焼きそばだな!」

r_000065


白目になる吉野たち。

吉野たち
(なにか言い出しよったぞ!?)

ソーマを見ている一色を見る寧々。

寧々
(一色……)

r_000066


別室?で会場の様子をモニタで見ている3人の人物。
男2人に女1人。

「あれが噂の中枢美食機関(セントラル)なのだな 遠月学園現役学生の品を味わうのも久しいな……さぁ下すとしよう 絶対的正当裁定を」

煽り
『その者ら、敵か味方か』

000000


次号予告
『十傑・紀ノ国に対し創真の打つ一手とは…!?』

r_000002

【食戟のソーマ】ネタバレ 208話に続く。

アニメ情報

小林竜胆、cv伊藤静
茜ヶ久保もも、cv釘宮理恵
久我照紀、cv梶裕貴
紀ノ国寧々、cv花澤香菜

000003


簡易バレ

一色と再会し喜ぶ極星寮生
もしも負けたらみんなで農場を開こうと励ます一色
そんな極星寮生には特別な席として観客席最前列に牢屋が用意されていた
麗「ほら入れや。お前らは薊様のご慈悲で観戦できるんだ、忘れんじゃねぇぞ」

次に各対戦カードのテーマ食材をくじ引きで決めることに
くじを引く役を寧々に譲る創真だったが寧々は辞退、叡山をチラ見しつつ
クリーンにフェアな勝負がやりたいとの事
創真を野次る生徒たちに「きたない野次はきらい」と冷たく言い放つ寧々
寧々の罵倒に興奮する生徒たち

久我「幸平ちん幸平ちん!あのおさげちゃんね、常にピリピリして毒舌ぶっこいてくるから気を付けなよ?」
久我「今日もたぶん生理なんだと思う」
寧々「久我しね」※シンプルな殺意

えりなによる寧々の解説
得意ジャンルは和食全般で特に"そば"に関しては右に出るものはいない
実家は神田にあるそば屋でいわゆる「江戸そば」の流儀を現代まで育て連綿と引き継いできた超一流店の代表格
寧々は物心ついた時から茶道、懐石料理を含めた日本料理の髄を叩きこまれている、和食界の至宝でありサラブレッド

寧々「先に言っておきます…私を和食だけの料理人だと思わないことだわ幸平創真くん」
寧々「君がどんなテーマを引こうがどんなジャンルで戦おうが君の皿を叩き潰す事実は変わらない」

さっそくくじを引く創真、テーマは「そば」
湧きあがる会場、なんだか気まずくなって赤面する寧々

調理開始
寧々の手際の良さに圧倒されるギャラリー
対する創真は「俺が作るそばはカップ焼きそばだな!」と意味不明な発言

そんな会場の様子を別室のモニターで眺める外国人3人(男2人女1人)

「あれがセントラルなのだな…遠月学園現役学生の品を味わうのも久しいな」
「さぁ下すとしよう、絶対的正当裁定を」

みんなの感想

最新記事


2017年03月16日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月16日 16:18
    • こんなのび太みたいな眼鏡のやつに負けるわけないんだよなあ…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます