食戟のソーマ 209話のネタバレ【画バレ 210話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

食戟のソーマ 209話のネタバレ【画バレ 210話】

週刊少年ジャンプ連載中食戟のソーマ ネタバレ 209話「落ちこぼれの生き方」のネタバレ画バレ。

煽り
『火花は静かに散る』

調理を進めるノーマと寧々。

寧々
(勝算でもあるというなら
見せてみなさい…幸平創真!)

ソーマ
(俺らしいそば 今この場で形にしてやる!!)

ソーマをキラキラとした目で見ている一色。

017


一色
「いいぞ…落ち着いてるね創真くん!」

ソーマ
「あ あの一色先輩調理は…?」

一色
「あぁ僕のことは気にしないで! 今 炭火の火起こし中でね それにメンバーを鼓舞する事もチームワークのひとつさ! 思い出すんだ…つきかげの中で特訓した時間を! そして僕らの極星寮で過ごした青春の日々のことを!」

顔を赤らめ力説する一色。

ソーマ
「うす! あざす 頑張るっす!」

女木島
(……何だこいつら)

r_026


新十傑
「一色ッ!! よそ見はそこまでにしてもらう」

ギロリと新十傑を睨む一色。

一色
「……」

新十傑
「料理っていうのは卓(ターボラ)の上だけのものじゃないんだぜ…調理中の俺たちの立ちふるまい…それらもすべて含めた芸術 俺たち自身も芸術作品の一部ってわけだ」

イザミ
「あれが……一色先輩の戦う相手…!」

新十傑はペッパーミルをスッと取り出す。

新十傑
「さぁ…俺と向き合って…ひとつの芸術を作ろう 俺とお前ならできるさッ…!」

観戦する生徒達
「あっ…出るぞ!! 先輩の決め技!」
「生で見れるなんて最高だ! 見逃すな!!」

『ぎゅるるる』とペッパーミルをクルクルと回す新十傑。

生徒
「出たー先輩本人が…ペッパーミルの輪舞曲(ロンド)と呼んでいる動き!!」

新十傑
「織り成すぜ最高の競演…sessione(セッショーネ)を!」

顔面を露わにする新十傑。
顎は割れ眉が繋がっているブ男だった。
バチィとウインクする新十傑。

018


しかし一色は新十傑の名前すら覚えていなかった。

一色
「えっと……
ごめん……君 名前 何だっけ?」

新十傑
(えぇ)

019


青木
「そーだよ 幸平の心配ばっかしてる場合じゃねぇぞ」

吉野
「うん! 一色先輩や女木島先輩も応援しなきゃ!」


「えぇっと…一色先輩がくじで引いたテーマ食材は!?」

「うなぎ!!」

r_016


第2カード
白津 樹利夫 VS 一色 慧

「うなぎ対決だ!!」

やる気に満ち溢れる一色と白目を向いている樹利夫。

扉絵は礼文島をガイドとして案内する一色。

『食戟の合間に観光もゼヒ!!』

スコトン岬 この最北端の岬から見えるトド島には時折アザラシやトドが集まる事も。
澄海岬 紺碧に澄みわたる湾を囲む岬。礼文島屈指の絶景が楽しめる場所です。
久種湖 礼文島唯一の湖。湿地特有の植物が咲きバードウォッチングポイントでもあります。
礼文岳 山頂までトレッキングコースが。天候が良ければ美しい風景をパノラマで楽しめます。
香深港 礼文島の玄関口。港周辺にある飲食店では新鮮な魚介を炭火でいただけます。
桃岩 噴き出した溶岩が固まり桃のような形となった大岩。利尻島まで望める展望台も。

生徒達
「ジュリオ先輩!ファイトです!」
「今日も魅せてくださいジュリオさーん!」

人物紹介
『白津 樹利夫(17)新十傑高等部2年』

まだ白目を向いている樹利夫。

樹利夫を心配している司。


「あらら…ずいぶん気落ちしちゃったみたいだ…大丈夫かな わかるよ…あんなこと言われたら俺だったら卒倒しちゃう そのあと三日は寝込んじゃうよ…耐えられない……」

もも
「…司はそんな心配いらないでしょ」

竜胆
「一色ー!! りんどー先輩はかなしーぞー! 同級生の名前くらいちゃんと覚えてろー」

一色
「…あ 竜胆先輩髪アップにするの似合ってますね!」

一転して笑顔になる竜胆。

竜胆
「お! そーかー? へへへっ」

r_017


樹利夫
「会話弾ませないでくれますかッ!!」

樹利夫が一色に言い放つ。

樹利夫
「いいさ…この勝負で刻んでやるッ お前の心に俺の存在をな!!」

r_019


ソーマ
「ほえー あの人からずいぶん意識されてるんすね一色先輩」

一色
「ふふん?」


「さぁさぁ! 第2カードで戦う十傑メンバーはジュリオ先輩! ご存知イタリア料理の使い手でぇ~す♡」

生徒達
「おお! ジュリオ先輩早速うなぎに火を入れ始めたぞ ぶつ切りにして塩コショウしたうなぎに…玉ねぎ! ガーリック! そして白ワイン!(の輪舞曲(ロンド))」

白ワインを円を書くように回しながら注いでいく樹利夫。

生徒
「イタリア仕込みの技が炸裂していくぅ!!」

えりな
「白津家は…代々イタリア領事館の食事番を任され日伊両国でその名を轟かしている家柄よ 彼の先代はその優れた功績を認められて爵位まで与えられたわ」

丸井
「領事館お抱えの料理人…!」

青木
「なんか凄そう…」

タクミ
「うなぎがお題で……相手はイタリアンか これは厳しい対決になるかもしれないぞ 日本人にとっては意外かもしれないがヨーロッパでもうなぎ料理はメジャーだ
選抜決勝で黒木場リョウが出した鰻のマトロートもそのひとつ」

黒木場は檻の中でぼ~…とどこかを見ている。

r_020


イザミ
「特に南イタリアではナターレ…つまりクリスマスの頃にウナギを食べる風習があるのさ うなぎは悪魔の化身だって考えられててその身を食べる事で邪気払いしたりするんだってー」

吉野
「へぇーー! そうなんだ」

イザミ
「白津樹利夫も…うなぎ料理に対し相当自信を持っているだろうな」


「対する一色慧はようやく炭の準備を終えたところ! ジュリオ先輩に恐れをなさず調理してみやがれひゃははー!!」

うちわで扇ぎ炭の温度を調節している一色。

アリス
「ふうん…ところで 一色さんの方はどんな料理人なのかしら 私ほとんど喋ったことないのよねぇ えりなは十傑評議会で一緒だったし私よりは知ってるでしょうけれど!」

青木
「超いい人だぜ! 頼りになるし! あ でも裸エプロンだけどな」

丸井
「気の良い兄貴分ってかんじかなぁ 裸エプロンだけど」

吉野
「でも自分のことほとんど喋んないんだよねー 裸エプロンだし」

伊武崎
「食えねぇ先輩だよ」

アリス
(よく分からないわね……なにかしら はだかエプロンって)
「でもとにかくあの調理服を見るに和食の料理人なのでしょう? だったらうなぎの扱いも…」

r_022


黒木場
「それはどうすかね…そば修行は包丁三日・延し三月 木鉢三年だったか 似た言葉がうなぎ職人の世界にもある 串打ち三年 裂き八年 焼き一生」

丸井
「八年……!? 一生……!? け 桁が違う…!!」

黒木場
「あの一色って人にそれだけのスキルがあるかどうか……」

鰻の入っているケースを開ける一色。

r_021


一色
「そうだ…! この連隊食激で負けたら…うなぎの養殖場を運営するのもいいかもしれない…!! ビニールハウスの中に池を作ってうなぎの稚魚を育てる方法がある ハウスの温度のおかげで冬眠しないから…成長が早いと聞く」

吉野
「へぇー……ってそんなこと言ってる場合じゃないだろ!!」

『ビシィィィ』と宙を切る吉野の手。


(悠姫が思わずタメ口に…!)

佐藤
「だから何でいつも商売へのビジョンがそんな凄いんすか」

r_023


樹利夫
「勝負の最中にヘラヘラと…! お前はいつもそうだ!のらりくらり本気を出さずやりすごす…!! 俺はお前の才能を心から尊敬しているッ お前と肩を並べ中枢美食機関(セントラル)で活躍することを夢見たのに…ッ なのになぜ薊総帥に従わない!? 総帥のお考えが理解できないお前は馬鹿だ! 大馬鹿野郎だッ」

ビチビチと暴れる鰻を持っている一色。
そのままニコニコしながら樹利夫を見ている。

ソーマ
(ぜんぜん動じてねぇ…)

樹利夫は寧々に同意を求める。

樹利夫
「くッ……!! 紀ノ国…紀ノ国! お前からも言ってやれよ! 一色家の…名家の落ちこぼれ者!!ってさッ!!」

キリッとした顔になる寧々。

伊武崎
「…?」

丸井
「落ち…こぼれ…?」

一色
「あはは! ひどい言われようだね でも本当のことだし仕方ないなぁ」

r_024


白津
「…ここまで言われても笑えるだと…! お前にはプライドが無いのかよッ!! 授業をサボって畑ばかりいじって…七席から落とされ!! 情けなくないのか! それに極星寮といったか」

ぴくりとする一色。

樹利夫
「そんなぬるま湯に浸かっていたらお前はダメになる お前のために言わせてもらうぞ…そんな所にいる連中など 一色家の者が馴れ合っていい輩じゃないッ!!」

r_025


千枚通しを鰻の頭に『とん…』と刺し振り返る一色。
これまでの陽気な態度とは一変し真剣な表情を浮かべている。

一色
「えっと……白津くん?
すこし 黙ろうか」

020


次の瞬間、ものすごい速さで鰻を捌く一色。

021


その手際に『ぞわ…』となる樹利夫、茫然とする黒木場。
血管が切れて少し後になって血が滲み出していく。

黒木場
(…なんだと
切られた血管自身が
切られたことに気づくのが…遅れたみてぇだった……)

ソーマ
(ちきしょー今ならハッキリわかるぜ
やっぱりあん時は実力の半分も出してなかったってことが)

裸エプロン状態の一色を思い浮かべるソーマ。

ソーマ
(化物じみた腕前
何者なんだこの人は…!)

包丁を握る一色。

r_027


一色
「やれやれ 僕はともかく 寮の皆に対してそこまで言われるとは思わなかったな
ようし決めたよ 君の事は本気で叩き潰そうかな」

強キャラオーラを放つ一色。

煽り
『リミッター解除』

022

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



【食戟のソーマ】ネタバレ 210話に続く。
簡易バレ

煽り
『火花は静かに散る』

調理を進めて行くソーマと寧々。

創真の調理を創真の目の前で確認し落ち着いた調理をしていると評価する一色

いいかげん自分の調理に集中しろと対戦相手の新十傑がツッコミを入れる
新十傑のビジュアル初公開
かなりの老け顔、どうみてもかませポジ

一色に「君は誰?」と言われ落ち込む新十傑こと白津樹利夫(2年)※対決カードはうなぎ

この勝負に勝って名前を覚えてもらうと意気込むジュリオは派手なパフォーマンスを次々披露
えりなによるジュリオの解説
白津家はイタリア領事館の調理を任されている名家とのこと
タクミはうなぎはヨーロッパでもメジャーな食材なので一色の苦戦するのではと予想
一方アリスは一色が和装していることから和食が得意なので大丈夫なのではと分析
だが黒木場はうなぎは「串打ち三年裂き八年焼き一生」という言葉があるくらい難しい食材だと指摘

うなぎを取り出し調理を始める一色だがこの対決に負けたらうなぎの養殖をやるのもいいなと言い出す
なんでもビニールハウスで養殖する方法があるらしい
へらへらした一色の態度にキレるジュリオ
セントラルで一色と高め合うことを目標にしてきたのになぜそちら側についたのかと憤る
それでもへらへらしている一色を名家の落ちこぼれ呼ばわりするが一色は動じない
授業サボって畑いじりばかりしているから七席の座から落とされた、
一色家の人間が極星寮の奴らなんかと慣れ合うべきではないと指摘すると一色が「少し黙ろうか」と静かにキレる

黒木場が驚愕するほどの圧倒的な手腕でウナギをさばく一色

創真も前回対決したときは実力の半分も出していなかったことに気づく

「ようし決めたよ。君の事は本気で叩き潰そうかな」

みんなの感想

最新記事


2017年03月31日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月31日 08:08
    • 新しい十傑って読み切りのキャラと酷似してるよん
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月31日 02:03
    • 一色やっぱ強いんだな
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月29日 18:57
    • やはりイケメンは強いな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます