僕のヒーローアカデミア ネタバレ 131話【ヒロアカ 画バレ 132話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 131話【ヒロアカ 画バレ 132話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア131話「抗う運命」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

ジャンプ表紙にデクとオールマイト。

『継承から進化へ─!!』

000


Cカラーはデク、爆豪、轟、飯田、お茶子、梅雨のヒーロースーツ姿。

『歩み続けろ。ボロボロになっても。』

001


煽り
『聞きたかった。
でも聞きたくなかった。』

デク
「オールマイトが…死んじゃう…オールマイトが…死…」

デクナレ
『突きつけられる
これまでにも予感はあった
なんとなく…漠然と感じていた気もする
そりゃ人はいつか亡くなるよ
でもさ本人の口からこうもハッキリ突きつけられると現実として去来する』

デクは天を仰いだ後、俯く。

r_028

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



デク
「死ぬ…」

絶望の表情のデク。

r_029


オールマイト
「君と出会い力の譲渡を決めた事 ナイトアイにも報告したんだ
けれどそこでも対立し彼との溝は益々深まる結果となった」

足を止めるオールマイト。


─回想─

咳き込み吐血しながらサーに電話するオールマイト。
ガタッと立ち上がるサー。

サー
「無個性の中学生だと!?
何を考えている!?
平和の象徴が務まるわけない!」

オールマイト
「人を救けられる人間になりたがっている」

スマホに怒鳴りつけるサー。

サー
「志だけでは務まらない!! ふさわしい人間なら他にいくらでもいるだろう!!」

r_030


オールマイト
「確かに…いくらでもいるんだろうね…だが無個性の中学生だって…ふさわしい人間だ」

─回想終了─


オールマイトは歩きながら話を続ける。

オールマイト
「馬鹿げていると一蹴し彼は…真にふさわしいと思う後継候補を…通形少年を育成し始めたんだ」

サーの予知について訊くデク。

デク
「待って下さい!! それより…待ってオールマイト
ナイトアイの予知はいつの話なんですか!? 予知はもう変えられないですか!?」

サーの予知は基本的に変えられないという。

オールマイト
「6~7年後だって
遠い未来程時間に誤差が生じるらしいが予知で見た光景を変えられた事はないそうだ」

デク
「6~7…って じゃあ…! 今年か来年じゃないか…! 嘘でしょ…!? そんな…!! 何で…! そんな…嫌だよオールマイト 生きててよ」

r_032


デク
「体育祭で…覚えてますか!? 約束…! したんだよ僕っ…果たせなかったんだ 果たせるまで生きててよ…!
僕が来た って言うところ 生きて見ててよオールマイト!」

必至にオールマイトへ言葉をぶつけるデク。

r_031


オールマイト
「緑谷少年 私ね 予知を聞いて…割とすんなり受け入れたんだ 終わり(ゴール)が見えたのならそこまでひた走ろうって」

デク
「そんな…」

オールマイト
「神野でオールフォーワンと戦った時 ここがゴールなんだと思ったんだ…
でも君がいた」

r_034


オールマイト
「君が…小心者で無個性だった君が私に…応えてくれる日々が! その日々が私に生きろと囁いてくれた
そして君のお母さんに 生きて守り育てろ と仰って頂いた! 今更足掻くよ! 君が変えてくれた!! 私は生きる!」

r_033


手を前に差し出すオールマイト。
そしてその拳を握りマッスルフォームになる。

オールマイト
「運命などこの腕で 好きな形にねじ曲げてやるさ!!」

『ムキッ』

r_035


デク
「…!!」

オールマイト
(そういう…ケジメだ オールフォーワン)

ガリガリの状態に戻るオールマイト。

オールマイト
「しかし巡り巡って辿りついた結論 結局ナイトアイの言った通りになっている 今更合わせる顔がない…というわけさ…
強くなろうとひた走る君の枷になりたくなかった まァひょっとしたらもうねじ曲がった後なのかもしれないけどな」

デク
「…まだ予知が変わったかなんてわからない」

オールマイト
「…」

デク
「やだよオールマイト 絶対に
僕…っ あなたに何があっても 僕も一緒にねじ曲げます」

デクは拳を前に突き出す。

r_036


オールマイト
「手を煩わせないよう頑張るよ」

r_037


コツンとデクの拳に自分の拳を当てるオールマイト。

デク
「ア マテヨ ナイトアイにもっかい予知見てもらえばいい!!
仲直りして未来が変わった後なのかどうか見てもらいましょう!!」

オールマイト
「それは都合が良すぎるだろうよ」

デク
「死活問題ですよ 僕掛け合ってみます!」

オールマイト
「待って少年 ナイトアイの気持ち考えてみて」

デクナレ
『オールマイトの秘密を教えてもらっていた頃
事態はじわじわと膨張していた』


町中で超巨大な2体のヴィランが取っ組み合いをしている。

警察
「ヴィラングループ同士の抗争です!! 巨大化個性が2名!! エスパ通りを巻き込み戦闘中 至急ヒーローを…」

そこへねじれ登場。
手甲にエネルギーがビビビと溜まっていく。

ねじれ
「チャージ満たん 出力30 ねじれる波動(グリングウェイヴ)!!」

巨大なヴィランを一撃でブッ飛ばすねじれ。

r_039


ヴィラン
「なンだァ!?」

ヴィランにも質問攻めするねじれ。
ねじれは宙に浮いている。

ねじれ
「ねえねえ何でケンカするの? 個性同じだから? 変なのっ
今だよー! 2人共!!」

r_038


さらにお茶子、梅雨が登場。
二人の合体技をおみまいする。

URAVITY(麗日)とFROPPY(蛙吹)
「必殺…メテオファフロッキーズ!!」

宙に浮かせた瓦礫をヴィランにぶつける。

r_041


ヴィランを撃破しお茶子と梅雨に駆け寄っていくねじれ。

ねじれ
「よかったよー ねえよかったよかったァ キンチョーした!?」

麗日
「指示通り動けました!」

梅雨
「ケロケロ 意外と落ち着いてやれたわ」

No.9ドラグーンヒーローのリューキュウも現場にいる。

r_040


リューキュウ
「ねじれが連れて来るだけあって2人とも筋が良いね ねじれも転倒させるタイミング直ってきたよ」

お茶子と梅雨
「採用して頂きありがとうございます」

リューキュウ
「ハイハイ」

ねじれ
「あ! ねえ リューキュウ この2人 職場体験のヒーローだめだったの 1年生は実績多いとこじゃないとダメなの知ってた!? 言ったっけ!?」

リューキュウ
「学生といえどインターンで来たからには立派に戦力! あなたたちならあの案件も活躍できそうね」

麗日
「アノアンケン?」

リューキュウ
「オールマイトの元・サイドキック ナイトアイからのチームアップ要請
指定敵団体 死穢八斎 の調査及び包囲 ヴィラン連合に繋がるかもしれない大仕事よ」

r_042


ねじれのヒーローネームはねじれちゃん。
天喰は切島と組んでいる。
天喰のヒーローネームはサンイーター。

オーバーホールの自宅に死柄木がやってくる。

087


煽り
『悪と悪─交わるのか!?』

088


次号予告
『交錯する各々の思惑。
出久はどう出るのか!?』

r_002


僕のヒーローアカデミア ネタバレ 132話に続く。

アニメ情報

003
002


最新記事

2017年03月23日| |コメント:8Edit

コメント一覧

    • 8. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月25日 09:09
    • 仮にオールマイトがオーバーホールにヤられる未来があるのなら、
      それを変えられるのは、死柄木だけみたいな気がするね。

      サーやデクでは変えられない。ヴィラン側にオールマイトの
      命が委ねられているって、運命っぽい流れで。
    • 7. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月24日 19:42
    • アニメ明日からだな
      楽しみ
    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月24日 19:41
    • ねじれちゃん最初自力で浮いてるのかと思った
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月24日 19:41
    • リュウキューさんいいな
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月24日 02:21
    • ねじれちゃんすっごい可愛いw
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月24日 01:29
    • ねじれちゃんわろたw
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月23日 23:21
    • オールマイト死なないでくれ…!
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年03月23日 23:16
    • ねじれ先輩可愛い

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます