ブラッククローバー ネタバレ 103話【ジャンプネタバレ 画バレ 104話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 103話【ジャンプネタバレ 画バレ 104話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー103話「楽しいお祭りWデート」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

アスタとノエルはカホノ、キアトとWデートすることに。

カホノ
「さあっ Wデート開始~~~!!」

急な提案にたじろぐノエル。

ノエル
(だだ Wデートって…だだ 大胆すぎだわ!!
カホノ…こんなこと言うなんて…アスタのこと…
もしかして……!?!?)

r_043


キアト
(カホノ…! オレと海神の女神をくっつけるために…!!
さすが我が妹…!! お兄ちゃん頑張るよー!!)

アスタ
(Wデートって…何だ!?!)

カホノ
(フフフ ノエル!
このままだと私がアスタとお祭り楽しんじゃうよ~♡
闘って勝ち取らないと何も叶えられないよ!!)

カホノはアスタと腕を組んで先制する。

カホノ
「ほらほらアスタ! めいっぱい遊ぼ~!」

アスタ
「お おうっっ!」

r_041


ノエル
(腕なんか組んじゃってまぁ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



踊りながらノエルに話しかけるキアトだがスルーされる。

キアト
「オレ達は踊りながらでも行くかい? あれ? 聞いてない?」

アスタ達は祭の出店を大いに楽しむ。
射的の銃は魔力機構でアスタは弾を発射することができない。
ノエルは強力な弾を撃ち出している。

r_r_2


カホノ
「わぁーい!! 魔力操作ゲームで商品ゲット~!!」

アスタとカホノがハイタッチで盛り上がる。
カホノを褒めるアスタ。

アスタ
「すげーぞ カホノぉぉぉ!! オレ魔力ねーからまずゲーム出来ねぇぇぇ」

r_042


ノエル
(……あの二人…何だかお似合いね…
はっ!! なんで私がそんなこと気にしなきゃいけないのよよよ)

r_r_3


カホノ
「ねえアスタ」
(アスタにとってノエルってどんな存在?)

アスタにヒソヒソ声で訊くノエル。

アスタ
「? どんなって…んーそーだな~…」

アスタが考えていると迷子の女の子のお母さんを呼ぶ声が。

女の子
「おかあさーん」

アスタ
「!
オーイ大丈夫…」

住民
「…迷子か?」
「親はどうしたんだ?」
「あの身なり…」

女の子の身なりを見て差別的発言をする住民たち。

アスタ
「!」

住民
「何てみすぼらしい…! 出稼ぎに来下民の子かしら」
「うるさいなぁ…下民はやはり躾もなってないようだ」
「下民が星果祭の楽しいムード壊すなよまったく…!」

アスタはシスターの言っていたが言葉を思い出す。

シスターの言葉
『上の界では高魔力の人しか生きていけない 低魔力の下民への差別があるの……同じ人間なのにね…』

アスタ
「……」

ノエルが女の子の元へ駆けよっていく。

ノエル
「どうしたの? 何をそんなに泣いているの?」

女の子
「うぇぇえぇえん」

r_044


ノエル
「ほらっ! 泣いてばかりじゃわからないじゃないのっ! しっかりなさいっ!」

女の子
「うぇえぇえん」

アスタ
「見てろよ~! ほっほっほっ」

アスタは大道芸を始める。
そこへカホノとキアトも加わる。

カホノ
「ポンポンポーン♪ なんでもできるぞ超人アスター♪ 背ぇ小さいけど声デカイー♪ あったらワルイけど筋肉モリモリ♬」

r_046


アスタ
「なんか悪意ない!?」

カホノ
「魔法使えないけどどんな魔法もいっとーりょ-だん♪ 魔法使えないけど不可能なんてない超人超人超人アッスッタぁー♪」

ノエルも魔法で水のエフェクトを加える。

r_045


周りで観ていた人からは歓声が上がり女の子も笑顔を浮かべる。

女の子
「わぁ~! すごぉーい!」

キアト
(海神の女神よ…! 見てくれ キミに捧げる舞いを…!)

ノエル
「アナタの名前はなんていうのかしら?」

女の子
「エマ!」

ノエル
「カホノ! 歌魔法でこの子の名前を周りに伝えられないかしら!?」

カホノ
「そうかー! 任せて~!」

カホノは歌魔法でエマという名前は町中に響かせる。
そのおかげでエマとお母さんが再会。

アスタ
「よかったな! 母ちゃん来てくれて」

エマ
「おねーちゃん達ありがとー」

母親
「お母さんは働きに来ているんだから…アナタもじっとしていなきゃダメだって言ったでしょ!?」

エマ
「こめんなさい…お祭り…楽しそうだったから…」

母親
「本当にありがとうございました…!」

エマの母親は頭を下げてお礼を言う。
その時にノエルの服の装飾を見て王族だということに気付き慌てる母親。

母親
「その飾り………!! 王族…シルヴァ家の……!? も…申し訳ございません!!」

r_047


住民達もノエルが王族だと気づき慌ただしくなる。

住民
「お…王族…!?」
「銀髪…! シルヴァ家だ……!」

母親
「娘が何か粗相をしませんでしたでしょうか…!?」

ノエル
「そう 私は王族よ この国で最も魔力が優れているとされる者…だからこそ 誰にも手を差し伸べるべき…! 自分の方が上だと自惚れ 周りを蔑むなんて そんなもの心が貧しい者のすることだもの」

ノエルはエマを差別するような物言いをしていた人たちに向けて言い放つ。

ノエル
「エマもお祭りを楽しんでいいのよ…! 王族も貴族も平民も下民も関係ないっ!! みんな一緒に楽しみなさいーっ!!!」

r_048


ノエルの平等主義に住民達は歓声をあげる。
アスタはカホノに訊かれたことを思い出す。

アスタ
「そうだなぁ ノエルのこと 好きっちゃ好きみてーだなぁ」

r_049


赤面するノエル。

ノエル
「─……!! なっっ…何言ってんのよ急にー!!? 頭オカシイんじゃないの~!!?」

r_050


アスタはノエルに吹っ飛ばされる。

アスタ
「うぉぉーすげぇ~ さすが王族」

カホノ
「やれやれ 鈍感男とツンデレ娘なんだから」

どこまでの勘違いするキアト。

キアト
「アスタ…オレに気をつかってとんでってくれたのか…!?」

カホノ
「それじゃーノエル! 今度は私とデートしよっ!」

キアト
「えっ」

水魔法でびしょ濡れになってしまったアスタ。

アスタ
「ちくしょ~ ノエルのヤツ いきなり何すんだ めっちゃ飛んだよ!?」

r_051


祭の参加客が明らかに高貴な女性を見てテンションを上げている。


「オイ! アレ見ろよ!」
「うおーすっげー美人…!」
「可憐だ…! どこかの名家のご令嬢か…?」
「ちょっとオマエ声かけて来いよ!」
「いやムリだろ!」

r_r_7


アスタもその女性に見惚れる。

アスタ
「ほえー…」
(確かにすげーキレーな人…
フィンラル先輩喜びそう)

そこへ酔っ払った男爵がやってくる。

男爵
「お~うむうむ 麗しい! よし! 今宵の相手はそなたに決めた!」


「あれは…バミルトン家のバルマン男爵…!」

男爵
「まずは一緒に祭りを楽しもうか さぁついて参れ」

r_052


女性にスルーされる男爵。

男爵
「ん~!? この私を無視するとは…イイ度胸じゃないかい! 私を誰だと思っている!? 私は─…」

男爵はその女性の髪を鷲掴みにする。
アスタは男爵を止めようとする。

アスタ
「…オイ」

男爵は魔法で現れた茨に囲まれる。

『ゾバァ』

アスタ
「え」

女性
「…貴様こそ…」

そこへソル・マロン登場。

ソル
「せっかくのお祭りなんですから もう少しおめかししちゃいましょうよ~♪ って……」

r_r_9


女性
「私を誰だと思っている」

剣から茨を大量に出す女性。

r_053


ソル
「何してんですか!? 姐さんっ!!」

その女性は碧の野薔薇の団長だった。

アスタ
「この魔法は……!! 碧の野薔薇の団長ぉぉー!?!」

煽り
『戦乙女参る!!』

r_r_10


ブラッククローバー ネタバレ 104話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年03月23日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます