ブラッククローバー ネタバレ 104話【ジャンプネタバレ 画バレ 105話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 104話【ジャンプネタバレ 画バレ 105話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー104話「茨乙女の憂鬱」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

煽り
『この美しい薔薇 トゲだらけ!?』

貴族のおっさんを茨で拘束するシャーロット。

アスタ
「碧の野薔薇の団長ぉぉ─!?!
ついて参れ?」

おっさん
「いだだだ」

悶絶するおっさん。

シャーロット
「私を貴様の飾りにでもするつもりだったのか? 私の合意も無くどういう了見だ?
何がベミルトン家だ 私はローズレイ家だぞ? 私が女だから軽々しく接して来たのか?
貴様に私より勝るものが何か一つでもあるか? どうした? 貴様の魔法で私の荊をどうにかしてみろ」

ギリギリと締め上げられ悲鳴を上げるおっさん。

おっさん
「ぎゃあああ」

その様子にビビるアスタたち。


r_026

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



アスタ達とは違いソルは一人で興奮していた。

ソル
「流石っス姐さん! しびれるぅ~!」

人物紹介
『碧の野薔薇団 三等中級魔法騎士 ソル・マロン』

アスタ
「いや止めなさいよ!! いい加減死んじゃうって…あ」

ソルに近づこうとし躓いてラキスケするアスタ。

『ばふっっ』

r_r_r_2


ソル
「ん? オマエ……」

ソルは片手で軽々とアスタを持ち上げる。

ソル
「戦功叙勲式の時にいたチビ!!」

r_027


アスタ
「誰がチビじゃぁぁぁ!!」

ソル
「いや紛うことなきチビじゃん」

アスタ
「うるせえええ デカ女ぁぁぁ!!」

ソル
「あん? なんつった子ネズミ 踏み潰しだろか」

アスタ
「やめてくださいいい」

『ぽーい』

放り投げられるアスタ。

ソル
「そんなことより姐さんっ! とてつもなくイカしたドレス見つけたんスよ~!! 絶対似合いますよ姐さんっ!!」

シャーロット
「なっ…やめろソル…!」

シャーロットはソロに着替えさせられる。

『じゃーん』

シャーロット
「……」

r_r_r_3


褒めまくるソル。

ソル
「イカすっス姐さんっ!! いつものカブトもイカしてますけどこれもイカすっス!!」

さっきまで縛り上げられていたおっさん達も騒ぎ始める。

r_028


シャーロット
「騒ぐな男共 見せ物ではないぞ…!!」

ソル
「姐さんの美しさに盛り上がっていいのは碧の野薔薇の団員だけなんだよ」

激怒する二人に怯える男達。

男達
(えええ)

r_030


シャーロット
(それにしてもこんな格好他の団長には見せられんな…)

即フラグ回収するヤミ。

ヤミ
「何かココ騒がしいな 祭り盛り上がってますか~?
おう小僧 盛り上がってるかバカヤロー」

アスタ
「ヤミ団長! 盛り上がってます」

ヤミのほぼ全裸の祭衣装に恥じらうシャーロット。

シャーロット
(ヤヤヤヤミ─!?! よりにもよって
いかん…団員(ソル)の前で取り乱しては……!!
おちつけおちつけ まてまてこの格好だ 気づかんかもしれん)

ヤミ
「あ トゲトゲツンツン女王 ぶわははは どーしたそんなキラっキラな格好して」

『どっっきーん』

心臓が口から飛び出すシャーロット。

r_029


シャーロット
(平常心平常心…)
「貴様こそ何だその妙な衣装は…」
(特にその下半身本当に何だ~!!! ほぼ裸!!)

ヤミ
「わははははは」

r_r_r_4


ソル
「あッッ!! オマエはムサ苦しい男 クサイ男の中のNo1黒の暴牛の団長!!!」

r_031


ヤミ
「あ? 何だこのガングロ娘は? 団員の教育がなってねんじゃねーかバラ女」

ソル
「うるさいっっ! 変な格好で私の姐さんに近づくんじゃなーい!!」

シャーロット
「や…やめろソル…!」

そこへ酔っ払ったバネッサがやってくる。

バネッサ
「いたいたぁ~団長ぉ! 何やってるんですか~!? 一緒に飲みましょーよ~!!」

ヤミ
「おうバネッサ」

バネッサとシャーロットは一瞬で互いを敵視する。
シャーロットもヤミに好意を寄せているらしい。

バネッサ
(ナニこの女…なぜかしら…)

アスタ
「碧の野薔薇団長ですよ」」

バネッサ
(この女には負けちゃいけない気がする!!)

シャーロット
(この女…ヤミに何て慣れ慣れしいんだ…黒の暴牛団員か…羨ましい!!)

出店の店主
「クローバー王国産の黄金麦芽を使ったクローバービールは如何かな~!」

バネッサ
「だ…団長! 団長はお酒飲める女好きよね!?」

ヤミ
「あ? 何だ急に まぁ 好きっちゃ好きだなー 一緒に呑めるし 何で?」

r_032


バネッサ
(私が勝てる要素)

いきなりシャーロットに飲み比べ勝負を挑むバネッサ。

バネッサ
「そこの女!! 私と酒飲み対決で勝負よ!!」

シャーロット
「……!? 馬鹿馬鹿しい…功績発表まで時間も無い…誰がそんなこと…」

喧嘩っ早いソル。

ソル
「はぁぁぁん!? 姐さんが負けるハズないだろ!! さぁ勝負っス姐さん!!」

アスタ
「勝負するんかいぃぃぃ!!」

r_033


テーブルが用意されその上にビールが並べられる。

バネッサ
「ルールは簡単!! 制限時間一時間の間に何杯のお酒を飲めるかで勝敗を決めるわ!! 勝負で使うお酒はこのクローバービール 王国の逸品地ビールよ! ただし一気飲みは厳禁! 味わうのがマナーよ!」

その隣で白目を向いているシャーロット。

シャーロット
(なぜこんなことに…)

r_034


バネッサ
「それじゃー勝負開始っ!!」


ソル
「ファイトっス姐さん!!」

アスタ
「何かよくわかんないけど頑張れバネッサ姐さん!!」

シャーロット
(この女…かなりの酒豪と見える…
厳しい戦いになりそうだな…)

しかし即酔いつぶれむにゃむにゃと眠っているバネッサ。
バネッサは既に飲んでいたため墓穴を掘る。

シャーロット
(ええー
コイツよく見たら既に出来上がっていたのか! よくこんな状態で勝負を挑んできたな)

r_r_r_6


バネッサ
「私ゃーまだまだイケるぞぉー
むにゃむにゃ」

シャーロット
(勝てる!)

ここぞとばかりに酒を飲むシャーロット。
しかしシャーロットは下戸中の下戸だった。

シャーロット
「はにゃふにゃあ~」

r_r_r_7


ビールを一口飲んだだけでへろへろになるシャーロット。

ソル
「ね…姐さん!」

アスタ
「ハイパー酒弱ぇぇぇ!!」

ソル
「でもそんな姐さんも可愛いっス~!!」

r_035


ヤミ
「何やってんのこの人達」


シャーロット
「……」
(ヤミのことでムキになってしまった…
何を…やっているんだ…私は…)


シャーロットの回想が入る。

人影
「呪いだ…!! 呪ってやるローズレイ家…!! その娘が齢18になった時呪詛魔法が発動する…オマエ達全てを飲み込み時の檻に閉じ込める呪いがな…!!」

幼いとシャーロットとその父と母。

「あぁ…! 何ということだ…シャーロット……!!」

「泣かないでお父様 お母様 私強くなる…! 誰よりも…!! そして呪いにも打ち克ってみせるわ……!!」

それからシャーロットは碧の野薔薇に入る。

「何という強さだ…!! あの碧の野薔薇の新人……!! そして…何という美しさ……!!」

「シャーロット様…!どうか私と結婚…」

シャーロット
「私に勝てぬ者など我が呪いを受け止めれん
どいつもこいつも口先ばかりの貧弱な男ばかり 私は…自分自身の力でどうにかしてみせる…!!」

ローズレイ家が茨で覆われてしまう。

「呪いだァァァァ!! ローズレイ家の呪いが発動したー!! ダメだ…止められない!! 逃げ あ…」

r_r_r_8


シャーロットは茨を抑え込むことができないでいる。

シャーロット
(止まら…ない…!! このままでは…街が……!!
くそ…!! 情けない…情けない…!! ごめんな…さい……
お父様…お母様…)

そこへ。

『ズバズババ』

茨をいとも簡単に切り裂くヤミ。

ヤミ
「食ってたスープパスタぶちまけちまったじゃねーか どーしてくれんだテメーコノヤロー」

シャーロット
(……!! ヤミ・スケヒロ…!!
こんな男のこのような無様な姿を…不覚……!!)

r_036


ヤミ
「任務でいつも清ました顏で 我先にと勇んでる女がざまーねぇな 強えー女は好きだぜ? だがたまには誰かに頼ってもいんじゃねーの? そんな頼れる強ぇーヤツらがいっぱいいんのが オレ達魔法騎士団だろ?」

r_037


ヤミに落ちるシャーロット。

ナレーション
『男に心を奪われる それが呪いを解く方法だった……
あんな野蛮な男なのに……! あんな腹立たしい男なのに……!』



ビールを持つ手が震えているシャーロット。
シャーロットからボールを奪うヤミ。

シャーロット
「!」

ヤミ
「酒弱ぇーんだろ? あんまムリすんな…みてーなこと昔言わなかったっけ?」

r_038


シャーロットのビールを飲み干すヤミ。

シャーロット
「……」

『かあああ』と頬を染めるシャーロット。

r_r_r_9


シャーロットはそのまま倒れる。

「この勝負引き分けー!!」

ソル
「か~よくやったっス! よくやったっスよ姐さんっ」

アスタ
「何だったんだこの不毛な戦いは ん?」

r_039


市民
「大広間で魔法騎士団の功績発表が始まるぞ!!」
「今回は団長がみんな集まるんだってよ!」
「紅蓮の獅子王と紫苑の鯱の新しい団長も来るんだって! どんな方かしら!?」

アスタ
「団長全員…? ……」

ヤミ
「行き遅れたヤベー どうしよう」

煽り
『発表間近! 急げヤミ!!
次号 表紙&巻頭カラーで騎士団順位発表! 初の人気投票も開催!』

次号予告
『ついに始まる聖果祭! 魔法騎士が揃い踏み!』

ブラッククローバー


ブラッククローバー ネタバレ 105話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年03月30日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます