銀魂 ネタバレ 630話【画バレ 631話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 630話【画バレ 631話】

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂630話「武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり」のネタバレ画バレ。

煽り
『宇宙との通信が回復し…』

喜々と通話するそよ姫。

そよ姫
「もしもし 私は徳川茂々の妹…そよです 喜々様…ですよね」

000


喜々
「……!!」

坂本
「どうした将軍様 地球にいる家臣団と連絡をつけるんじゃなかったがか」

喜々
「……」

喜々はそよ姫と話すことができないといった様子で通信機を坂本に渡す。

000

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



坂本
『もしもし 今将軍様からかわった』

そよ姫
「……」

坂本
『わしゃ快援隊の坂本辰馬という者じゃ
ゆえあって将軍様と行動を共にしておる
心配めされるな
将軍様は元気にしておる
解放軍との交渉がこじれ一度捕まりはしたが 解放軍幹部 紫雀提督一派を味方につけ』

紫雀の部下が紫雀を牢屋から解放する。

紫雀の部下
「提督!!」

坂本
『今 牢獄から脱出した所ぜよ』

紫雀
「すまぬな そなたらまで裏切りに加担させる事になってしまった」

紫雀の部下
「いえ 我々は最初から提督について解放軍に加わりました 今の解放軍はもう……」

紫雀
「私が獄につながれる間なにかあったのか」

紫雀の部下
「提督…圓翔皇子はもう……」

坂本
『これよりわしらは紫雀提督の協力 そして 提督の母国 央国星のドラゴニア皇子 そしてバカ…ハタ皇子等と協力し 解放軍方部 母艦天鳥舟(アマノトリフネ)を制圧する』

001


坂本
『数々の協力を得てなお兵力差は覆し難いが わしらは既に母船内部 状況を利用すれば何とかなるやもしれん 何よりこの戦を止めるには最早その強攻策しかない ゆえに地球で戦う連中にも伝えてくれ あと少しだけ踏ん張ってくれと そして必ず 生きて地球で会おうと』

地球の銀さん達は路地を駆ける。

002


坂本
「これでいいか将軍様…」

喜々
「……」

部下から話を聞いた紫雀が叫ぶ。

紫雀
「何だとォ!?
そっ それは真実(まこと)か!!」

坂本
「提督どうした」

紫雀
「……すまぬ 地球の友よ 遅かった 何もかも」

圓翔が地球に向けて破壊兵器を使おうとしている。

圓翔
「…既に破滅への舵はきられた 舵をきったのは地球人(おまえたち)だよ 破壊兵器火之迦具土神(ヒノカグツチ)」

001


煽り
『終末を導く』

破壊兵器火之迦具土神について軽く説明する圓翔。

圓翔
「天鳥船(アマノトリフネ)とはただの解放軍の母船ではない
宇宙の技術の粋を集め作られたこの巨大兵器の台座なのだ
一撃で惑星一つを消滅させる威力(ちから)を有し禁忌の兵器と恐れられ長らく封印されていたが聖戦に望み我等が改良し復活させた
その使用には膨大なエネルギーと時間を要したがそれも昔の話だ
既に火之迦具土神(ヒノカグツチ)は発射準備に入った
つまりあと6時間後 あの青い星は宇宙から姿を消す
そなたらの国は夜が明ける前に 永劫の宇宙(よる)に消える」

地球の周りには大艦隊が待機している。

003


圓翔と通信している源外。

源外
『要は地球に近づけねェなら 宇宙(そと)から一発でカタつけちまおうって話かい
脅しにしちゃあ説得力に欠けるな
これだけの犠牲を払った戦を自ら無に帰すと
まだこの地球(ほし)で戦う 同じ大義のために集った同志ごと』

圓翔
「それがゆえだ 同じ大義の下戦い犠牲になっていった同志の思いを無駄にしないためにも我等はこの聖戦に敗北するワケにはいかぬ そのためなら地球にいる仲間も喜んで勝利の礎となろう」

しかし圓翔は自分の部下に銃口を向けられ問い詰められる。

圓翔の部下
「…皇子 我々は一体何と戦っているんですか
天導衆から星を人々を解放する
…だが我々が今戦っているのはその人々ではないのですか
その上そのために同志ごと星を滅ぼすと
それでは我々は天導衆と同じじゃないですか」

他の部下達も注目している。

圓翔
「……その通りだ この戦に大義などない…いや 大義などは理由がなければ戦えぬ弱者のために用意された詭弁に過ぎぬ 私は最初からしっていたよ 天導衆を倒しても我等が失ったものは返ってこない」

圓翔は家族の写真が入っているペンダトを取り出す。

圓翔
「星を…人々を解放しても我等が失ったものは返ってこない
ならば何故戦うのか
戦うしか…のこっていないからだろう」

圓翔に敵対していた部下達が銃殺される。

004


圓翔
「この憎しみを この悲しみを 癒す術すら失った我々は 戦いの業火にそれらをくべ燃やし続けるしかない 憎しみも悲しみも燃え尽き 灰になるまで…戦い続けるしかない」

再び源外に向かって話しをする圓翔。

圓翔
『見た通りだ
既に我々は同志の屍を踏み越えて戦う覚悟を決めている
このまま夜が明ける前に地球(ほし)と消えるもよし
それまでにバラまいたナノマシンウイルスを止め我等を迎え入れ打ち滅ばされるもよし
いずれにせよ貴様らには滅びの道しか…』

圓翔の部下
「皇子」

戦艦のモニタに脱走している坂本、紫雀達の姿が映し出されている。


坂本の通信機にそよ姫から通信が入る。

そよ姫
『応答願います 坂本さん
地球がもうじき消えるってどういう事ですか
破壊兵器って…坂本さん!!』

戦闘モードに入る坂本たち。

坂本
「なんも心配いらん いつ滅んでもおかしくなかった星がいつ滅ぶかハッキリしただけぜよ」

そよ姫
『ええ!?』

通路の壁には迎撃用の銃が格納されていた。
それがウィーンと起動、気付いた紫雀が叫ぶ。

紫雀
「走れェェェ!!」

002


紫雀
「どうやら我々の動きは既に把握されているようだ!! 最早この船も解放軍も 圓翔(あのおとこ)の道具となり果てた」

圓翔の部下は逃げる坂本たちを追ってくる。

紫雀
「時間はない 勝算も…」

坂本
「だからどうした そんなもんあろうがなかろうが わしらのやるこたァ一緒ぜよ」

天井に向かって銃を撃ちスプリンクラーを起動させる坂本。
坂本達は敵兵と戦闘へ。

坂本
(何も変わりゃせん
武士道とは死ぬ事と見つけたり
とはよう言うたもんぜよ)

005


一方、ハタ皇子、桂たちがいる艦。

『本国より援軍到着しました』

桂達の艦の周りに集まって来る援軍の艦。


「うむ 直ちに解放軍レーダー網境界線上に布陣しろ 敵の艦隊を引きつけできるだけ母船から引きはがせ 我等はその虚を突きステルス艦にて敵母船に奇襲をしかける
とドラゴニア皇子はおっしゃられている」

003


坂本
(たとえ一秒後に
最後の瞬間(とき)が訪れようとも)

ハタ皇子
「なんでこんな事になった」

坂本
(悔いなきよう精一杯生きる
それがわしらの侍というもんぜよ
1秒が夜明けまでにのびた
何を嘆く事があろう
喜べ侍ども
我等はまだ戦える)

坂本の心の声と共に路地を走る新八たち。

坂本
(悔いなど
一片も残らぬまで
戦い切る事ができるのだから)

銀さんは新八の背中から降り自分で歩き出すが、また吐き気に襲われ激しく嘔吐する。

銀時
「もう二度と飲まねェェェ!!」

000


一方、坂本は戦闘している最中に通信機を落としてしまう。
そよ姫は坂本の通信機に話し続ける。

そよ姫
『…本さん 坂本さん』

そよ姫からの声が入って来る通信機を拾い上げる喜々。

喜々
『案ずるな
江戸は…この国は 必ず私が護る そなたの兄上なら きっとそう言うのだろうな本物の将軍なら
きっとそう言うのだろうな
生憎私はそれを言う資格も器も持ち合わせていないが幾つもの命を踏み台にし頂(ここ)に立った私には国のためその踏み台になる資格ぐらいはある
護りたいものも護れぬまま散っていった者達の残していったもののために…散る資格ぐらいはある」

茂々の描写が入る。
喜々は静かにそよ姫に謝る。

喜々
『……すまない』

004


そよ姫
「……許さない」

そよ姫は涙を流す。

そよ姫
『生きて…帰ってこないと許さない 地球(ここ)に帰ってきて
兄上の墓前(まえ)で一緒に報告してください』

006


通信機を床に置き死地に向かう喜々。

そよ姫
『私達は…江戸を護ったって…じゃないと私…許さないから』

005


煽り
『その胸に、芽生えし決意は。』

銀魂 ネタバレ 631話に続く。

みんなの感想


銀魂についての最新記事


2017年04月07日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年04月12日 23:49
    • 喜々好きだな
      この人は周りに利用されて悪人にされて銀魂世界でも現実世界でも悪く言われてその度に辛い思いをしたけど、そよ姫と和解できる活路がたとえ少しでも見いだされていてよかった
      一度は後ろめたさから自分の本音を伝えることができなかったけど、最後、しっかりと自分の弱さを受け止めそよ姫に謝っていて純粋に凄いと思った
      茂々が死んだのは厳密には喜々を利用しようとしていた奴らのせいであって彼は悪くないけど回るはそう見てはくれないし彼自身、自分のせいだと申し訳なく思っている
      そんな中で喜々はそよ姫に自分の意思を伝えた
      自分がしたことを後悔している加害者に限り、永遠に罪の意識に苛まれるので被害者よりも辛い
      喜々は今誰よりも辛いはずなのに作者からさえも酷い扱い受けて大変だけど、彼には幸せになってほしい
      作者がそれを許さないならせめてかっこよき潔く死んでほしい
      せめて私だけでも彼を好きでいたい
      喜々、銀魂の中で一番好きだ
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年04月07日 17:50
    • これは坂本一行死亡フラグたった?
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年04月07日 15:57
    • 感動した

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます