ブラッククローバー ネタバレ 106話【ジャンプネタバレ 画バレ 107話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ブラッククローバー ネタバレ 106話【ジャンプネタバレ 画バレ 107話】

週刊少年ジャンプ連載中、ブラッククローバー106話「ここまで来た」のネタバレ画バレ(画像バレ)。

煽り
『国民熱狂!!』

アスタとユノに熱狂する国民達。

レベッカ
「アスター!!」

ユノ
(昨年からの伸びは黒の暴牛の方が圧倒的に大きい)
「アスタ 相当な数の星を獲ったみたいだな…だが…魔法帝になるのはオレだ」

r_036

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



アスタとユノはいものように押し問答を始める。

アスタ
「オレだっつーの!! つーかオマエの団の方が勝ってるだろが! オマエこそ調子に乗るなよ!? 今回は負けたけど次はオマエの2倍星獲るもんね!!」

ユノ
「じゃオレはその2倍」

アスタ
「にゃにををを!? じゃーオレはその5倍じゃああ!!」

ユノ
「今オマエはオレの何倍獲ることになってる?」

アスタ
「えっ!? え~10倍??」

ユノ
「20倍だバカ」

アスタ
「ムキィィィ」

ユリウス
「いやぁーすごい登場だったね 彼は黒の暴牛で最も活躍した新人(ルーキー)アスタだ!」

照れるアスタ。

アスタ
「いやぁ~どうもどうも」

r_038


アスタのユノのすごさを解説するユリウス。

ユリウス
「ユノくんとアスタくんは共に新人の中で星修得数1位2位の期待の新星だ
彼らは入国してたった半年で素晴らしい功績をあげた!
しかも同郷の幼馴染で二人とも弱冠16歳だ」

国民
「おお…! 若いのに凄い二人だ─!」
「どこの貴族だろうか…!?」

しかし観客の一人がアスタとユノの出自を「いや あの二人最果ての下民らしいぜ!!」と明かす。
その観客はセッケだった。

セッケ
「しかもアスタってヤツは 魔力が全く無いインチキ野郎だとか─!!」

『フッハ!』

r_037


セッケの言葉を聞きざわつく国民達。

セッケ
(アスタのヤロ~どんなセコイ手使ったか知らねーがガンガン結果出しやがって…!
もうこうなったら極限まで足を引っぱってやるぜ…!)

再び邪推する単純な国民たち。

国民
「下民だって……!?」
「うそ……」
「本当に実力で勝ち取ったのかしら…!?」

頭にきているレベッカ。

レベッカ
(またコイツらこんなことを~)


ユノはベルに合図を出す。

ユノ
「ベル」

ベル
「なに─?」

ユノ
「全力だ」

ユノは強力な魔力を群衆に見せつけ黙らせる。

r_039


団長はユノの行動に驚く。
ワクワクするユリウスに怪訝そうな顔をするノゼル。

アスタ
「? ユノ何してんだ?」

ユノ
「アスタ…二人でした修行思い出すな」

アスタ
「ん?」

r_040


ユノはアスタな魔法を打ち放つ、それをアスタは断魔の剣で切り裂く。
その攻防で生じた衝撃と風が会場を満たす。

観客
「うぉあああ!!!」


アスタ
「って…毎度いきなり何すんじゃオマエはぁあ~!!!
晴れ舞台で殺す気かユノ テメ コノヤロー!!」

ユノ
「生きててよかったな
アレで死んだらオマエはそれまでの男」

アスタ
「何ををを」

チョロイ国民達。

国民
「……何て威力の魔法なんだ……!!」
「…そしてその魔法を防いだぞ…!!」

セッケもレベルの違いにビビる。

セッケ
(全っっ然レベルちげぇ~!!)

ユリウスが演説で繋げる。

ユリウス
「……二人の力を見てまだその功績を疑う者がいたなら出て来てほしい
…確かに二人は下民だ
だが誰よりも努力しこの場所へ辿り着いた…!!
誇り高きクローバー国民よ!!
二人の新人魔法騎士に拍手を!!
そして身分の違いを乗り越え一丸となってこの国を勝利へと導こう!!!』

国民達が完全に落ちる。

観客
「魔法帝…!!」
「下民も…やるんだなぁ……」
「そうだ…身分がどうとか言ってる場合じゃないかもな…!
「我々も…共に頑張ろう!!」

r_043


大歓声を上げる観客たち。

アスタ
「ユノ…」

ユノ
「ああ」

アスタ
「オレ達…」
(ここまで来たんだな…!!)

熱狂的な歓声に包まれるアスタとユノ。

1


ユリウス
「とっても盛り上がって来たところで…残りの順位発表していくよ─!!」

r_042


ユリウス
「3位銀翼の大鷲!! 星の数95!!

ノゼル
「……」

r_044


ユリウス
「4位碧の野薔薇!! 星の数83!!」

しかしその頃シャーロットはまだ酒でつぶれていた。

ソル
「姐さんっっ! 去年より一つ上がりましたよっ!」

ユリウス
『5位紅蓮の獅子王!! 星の数76!!』

女性の団長
「…あの馬鹿共…!」

ユリウス
「6位翠緑の蟷螂!! 星の数69!!」

ジャック
「去年と同じかよ にしてもヤミのヤロォ~~」

ユリウス
「7位珊瑚の孔雀!! 星の数67!!」

目を閉じてぐーぐーと寝ているドロシー。

r_045


ユリウス
「8位紫苑の鯱!! 星の数51!!」

団長
「まぁ仕方ないですね…」

ユリウス
「9位水色の幻鹿!! 星の数49!!」

最下位に落ち込むリル。

リル
「さ…最下位…!!
な…何で!? どうして!?」

ジャック
「オマエがアホな絵ばっかり描いてしっかりしてねーからだろ」

アスタにしがみついていくリル。

リル
「アスタく~ん! 何でそんないっぱい星もらえたの~~!? 教えてよ~~」


アスタ
「わっ リルっっ!? はなしなさい はしたない!」

呆れた表情を浮かべているユノ。

ユノ
(この人本当に団長か…?)

r_046


ソリドの悔しがっている。

ソリド
「黒の暴牛に…ノエルのいる団に負けただとォォ~…!?」

嬉しそうなカホノ。

カホノ
「やったね ノエル~♪」

ノエル
「フンっ当然よ!」

カホノ
「次は1位だねきっと~♪」

r_047


観客
「今期も頼むぞ魔法騎士団~!!」

そしてクローバー国王が登場。

国王
(フ…余興にしては上出来な盛り上がりじゃな…
さぁ最高の歓声で迎えよ民衆共
クローバー王国国王の登場じゃ!!)

煽り
『王 来る!!』

ブラッククローバー ネタバレ 106話


ブラッククローバー ネタバレ 107話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年04月13日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます