僕のヒーローアカデミア ネタバレ 138話【ヒロアカ 画バレ 139話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 138話【ヒロアカ 画バレ 139話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア138話「GO」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

煽り
『突入作戦決行目前─!!』

デクのナレーション
『ナイトアイが構成員のその後を見た 結果
八斎會邸宅には、届出のない入り組んだ地下施設が存在しその中の一室に今回の目的である女児が匿われていることが確定した
構成員の男は、地下への入口から女児の部屋まで一切の寄り道をせずその為、地下全体を把握することは適わなかったが男の歩く道はそのまま目的への最短距離であり、八斎會の広い敷地を捜索するにあたって最も有益な情報となる』

AM8:00 警察署前

大勢の警察官と強力して死穢八斎會の拘束にかかるヒーローたち。
機動隊員の姿もある。

警察から渡された資料を見ているヒーローたち。

警察
「しかし目指すにしても 個性 を駆使されれば捜索は難航する
そこで、わかる範囲だが八斎會の登録個性をリストアップしておいた 頭に入れといてくれ!」

ヒーロー
「こういうのパッと出せるって良いよな」

警察
「隠ぺいの時間を与えぬ為にも全構成員の確認 捕捉等可能な限り迅速に行いたい」

煽り
『ここからは進むのみ!!』

001


切島、天喰たちも突入の準備を進めている。

切島
「決まったら早いスね!」

天喰
「君は朝から元気だな…」

お茶子
「緊張してきた」

梅雨
「探偵業のようなことから警察との協力…知らないことだらけ」

顎に人差し指を当てて不思議そうにしている梅雨。

ねじれ
「ね! 不思議だね」

ねじれも梅雨のポーズを真似している。

ねじれ
「これ クセ?」

002

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事



リューキュウ
「こういうのって学校じゃ深く教えてくれなくて、新人時代苦労したよ」

鳥頭のヒーロー
「うんうん、わかる」

切島
「プロ 皆落ち着いてんな! 慣れか!」

デク
「皆……グラントリノがいないよ…どうしたんだろ」

サー
「あの人は来れなくなったそうだ」

デク
「え…」

警察
「塚内が行ってる連合の件に大きな動きがあったみたいでな 悔しそうだったよ、だがまァこちらも人手は充分 支障はない」

デク
「そっか…」

切島
「八斎會とヴィラン連合、一気に捕まったりしてな」

デク
「それだ! っし…!!」

鼻息を勢いよく吐くデク。

相澤
「おい」

デク
「あいっ レイザーヘッド!」

相澤
「俺はナイトアイ事務所と動く意味わかるな?」

デク
「はい…!」

警察
「ヒーロー、多少手荒になっても仕方ない 少しでも怪しい素振りや反抗の意志が見えたらすぐ対応を頼むよ!」

サー、ミリオ、バブルガール、センチピーダーが並ぶ。

019


ファットガム、切島、天喰のチーム。

ファットガム
「環、コレ食うとき カジキ」

天喰
「…何でカジキ いただいておきます」

020


サー
「相手は仮にも今日まで生き延びた極道者
くれぐれも気を緩めずに各員の仕事を全うしほしい!
出動!」

リューキュウ、ねじれ、お茶子、梅雨のチーム。
今回の作戦に参加するヒーロー達のカットが入る。

003



オーバーホールは寝たきりで呼吸器を鼻につけた組長の元へ挨拶をしにきている。

006


オーバーホール
「すいません組長(オヤジ)
うるさくなりそうだ」



AM8:30 決行!!

オーバーホールの自宅前に整列する警察とヒーローたち。

警察
「令状読み上げたらダーッ!!と!行くんで! 速やかによろしくお願いします」

色黒ヒーローの名前がロックロックだと判明。

ロックロック
「しつこいな、信用されてねえのか」

ヒーロー
「集中しましょ、ロックロック」

ファットガム
「そういう意味やないやろ、いじわるやな」

ロックロック
「フン、そもそもよぉヤクザ者なんてコソコソ生きる日陰者だ ヒーローや警察見て案外縮こまっちまったりしてな」

警察がインターホンを鳴らそうとボタンに手を近づける。

その時、構成員の一人が個性を発動しオーバーホールの自宅の門をぶち破り奇襲してくる。
大振りな右フックで吹っ飛ばされる警察官たち。

「何なんですかァ」

004


色黒ヒーローたち
「!!」

「朝から大勢でぇ…」

イレイザーヘッド
「助けます」

イレイザーヘッドは包帯で警察官を捕獲、デクも飛び上がり警察官を助ける。

021


デク
「大丈夫ですか!?」

警官
「大丈…夫だ ありがとう、早く…行って」

デク
「座ってじっとしてて下さい」

ロックロック
「オイオイオイ 待て待て!! 感付かれたのかよ!!」

ヒーロー
「いいから皆で取りおさえろ!!」

構成員
「少し元気が入ったぞー…もぉ~」

リューキュウが警察官たちの前に素早く出る。

リューキュウ
「離れて!!」

構成員
「何の用ですかァ!!」

そう言いながら攻撃してくる構成員。

リューキュウが個性を発動。
ドラゴンの姿になる。
奇襲してきた大柄な構成員の攻撃を容易く止めるリューキュウ。

リューキュウ
「とりあえずここに人員割くのは違うでしょう
彼はリューキュウ事務所で対処しまう
皆は引き続き仕事を」

005


構成員を地面に叩き伏せるリューキュウ。

リューキュウ
「はい 今の内に!」

アジトに突入を開始するヒーローたち。

ねじれ
「サポート!」

お茶子
「はい!」

ファットガム達も突撃開始。

ファットガム
「ようわからん もう入って 行け行け!!」

切島
「梅雨ちゃん 麗日! 頑張ろうな!」

デク
「また後で!!」


構成員
「おォい、何じゃてめェら! 勝手に上がり込んでんじゃねー!!」

警察
「ヒーローと警察だ! 違法薬物製造・販売の容疑で捜索令状が出てる!」

切島
「こてこての人だ、すげえ…!!」

構成員は個性 葉操を発動し松の葉を飛ばして攻撃してくる。

構成員
「知らんわ!!」

松の葉を弾き飛ばしながら構成員に接近し捕縛する鳥頭ヒーロー。

鳥頭ヒーロー
「っと、おとなしくしといて!」

022


ロックロック
「でけえ奴といい…怖くねえのかよ!」

案外ビビっている?ロックロック。

ファットガム
「まっすぐ最短で目的まで!!」

内部へ突入開始するファットガムたち。



オーバーホールとクロノスタシスが地下道を歩いている。

クロノスタシス
「大人数が同じ方向に全速力で走ってる つまり行きたい場所が決まってる
多分ここの事もバレてやすね 見つかったらおじゃんだ」

オーバーホール
「いつかこういう事態になるとは想定していたが…早かったな…今、見つかるわけにはいかない
俺はここにいない あいつらが勝手に暴れたそういう事にしよう
その為に育てた駒だ」

オーバーホールは戦闘員を出動させる。

ナレーション?
『治崎は傍に置く人間を選定するとマスクを着用させた
傍に置くということは汚い仕事をさせるということ
汚れた人間と同じ空気を吸いたくないから着用させる…
信頼ではなく駒の証』

「鉄砲玉 八斎衆」

「はははは」

『彼らが時間を稼ぐ その間に壊理もろとも全てを運んで隠し通せ』

見た目の個性も強い八斎衆全員のカットが入る。

煽り
『待ち受ける地獄の番犬たち!!』

007


僕のヒーローアカデミア ネタバレ 139話に続く。

最新記事

2017年05月18日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月19日 12:12
    • リューキュウさんカッコイー!
      流石ビルボードランカーは違うね
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月19日 00:03
    • ※1
      同意
      ワンパンマンくらいあっさりでいい
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月18日 23:49
    • おおー
      やっと進みそうかな?
      ホンマに細かい説明とかせんでええから、もうちょいテンポ上げてこうぜ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます