僕のヒーローアカデミア ネタバレ 142話【ヒロアカ 画バレ 143話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

僕のヒーローアカデミア ネタバレ 142話【ヒロアカ 画バレ 143話】

週刊少年ジャンプ連載中僕のヒーローアカデミア142話「盾と盾と矛と盾」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、感想まとめ。

ジャンプ表紙にデクとオーバーホール。

『力、この時のために─』

000


Cカラーはデクと切島。

『ぶち破れ障壁! 突き進め地下迷宮!!』

002


なんとか窃野達を倒した天喰。
天喰は窃野達に毒をもりタコの足で拘束する。

天喰
「毒を仕込ませてもらった 死には至らんが…しばらく満足に歩けもしないだろう」

006


天喰
「あとマスク 外しとくよ…何仕込んでるかわかったもんじゃない」

煽り
『3対1の激闘を制したのは、サンイーター!!』

「フゥ…」と息を吐く天喰。
顔面は血で染まっている。

『ドクドク…』

007


天喰
(手こずりすぎた…!
皆はちゃんと進めているだろうか…俺も行かなきゃ─)

クラっと立ちくらみがして倒れてしまう天喰。

『ドサ』

天喰
(あれ……顔面…今になって…)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事



アジト深部へ向かうデクサイドへ場面転換。

煽り
『サンイーターが稼いだ時間!!
突っ走れヒーロー!!』

天喰を心配する切島。

切島
「先輩…大丈夫かな…やっぱ気になっちまう」

デク
「うん…」

ファットガム
(後輩からの信頼ゼロやな…!!
まー、口で大丈夫言うてもな…あいつ小っさいとこばっか見せとるからしゃあない)
「ただ!! 背中預けたら信じて任せるのが男の筋やで!!」

振り向いて切島に強く言うファットガム。

000


切島
「先輩なら大丈夫だぜ!!」

デク
「逆に流されやすい人っぽい」

r_017


切島
「心配だが信じるしかねえ!!
サンイーターがつくってくれた時間! 1秒も無駄にできん!」

ロックロック
(暑苦しいなァ…)

サー
「上に戻ろう」

ファットガム
「あの階段やな!」

相澤が違和感に気付く。

相澤
「妙だ」

デク
「…!」

相澤
「地下を動かす奴が何の動きも見せてこないのは変だ」

デク
「そういえば…グネグネしません!」

相澤
「何の障害もなく走ってるこのタイミングで邪魔をしてこないとなると…地下全体を正確に把握し、動かせるわけではないのかもな
サンイーターに、上に残った警官隊もいる
もしかするとそちらに…意識を向けているのかもな」

ロックロック
「把握できる範囲は限定されていると?」

相澤
「あくまで予測です 奴は地下に 入り込んで操っている
同化したわけじゃなく、壁面内を動き回って 見たり 聞いたり してるとしたら
邪魔をしようと地下を操作する時、本体が近くにいる可能性がある そこで目なり耳なり、本体が覗くようなら…」

ミミックが壁から目を出して様子を覗っている。

ミミック
(ただ1人しか足止めできていないとは…!!
ゴミとは言え、能力はある3人だ!
…! そうか、あいつだ!!)


隠し扉前にいるバブルガールとセンチピーダー、警官たち。
個性員は拘束されている。

バブルガール
「まさか総出で妨害してくるなんて…おとなしくしていればよかったのに…正気とは思えない」

r_018


構成員
「正気さ 今捕まりに行ってる奴は皆、正気だよ
おとなしくしてたら…オーバーホールに命奪られちまうからよ」

バブルガール
「…オーバー…治崎のことね」

オーバーホールのやり方が気に食わない構成員がベラベラと話し始める。

構成員
「ああそうさ、組長が倒れて実権を握り始めてから使うようになった名だ
組長は昔気質の極道を重んじた この時代にあって極道が生きる道を模索していた」

r_019


構成員
「ヴィランとは違う、八斎會は侠客であらねばならない
指定敵団体なんて呼ばれ方に未だ憤慨してたよ
俺達が惚れたのは組長だ
ヴィラン紛い名を名乗り…ヴィランを取り込み…独断で組の意向に沿わねェシノギに手ェつけて…やりたい放題だ、あいつは組長がモノ言えぬお身体になったのも絶対に…」

「おい…」

バブルガール
「…嫌ってる割に彼が捕まるとは思ってないんですね」

構成員
「ああ…!
いいか、正気じゃねェってのは後先考えねェ人間のことだ
そういう人間はな…強えんだよ」


再びデクサイド。
突如壁から巨大な腕のようなものが出現し相澤を捕獲。

001


相澤
(俺を狙って…!! やはり 見られる ことを嫌がって…)

一同
「イレイザー!!」

ミミック
(ククク…あの3人で無理なら1人ずつ確実に減らすまでだ!!)」

通路を挟んで反対側の壁には穴があいている。
そこへ相澤を押し込もうとするミミック。

それをファットガムが突っ込み阻止。

ファットガム
(こいつに良いようにされとったら環がつくってくれた時間、無駄んなる イレイザー、お前消せこいつ!)

相澤
「すまない!」

穴へと消えていくファットガム。

ファットガム
「気にすんな!!」

002


ファットガムは穴の中を転がっていく。
行き着いた場所でファットガムの下から声が聞こえてくる。

「ん~…!!」

その声は切島だった。

切島
「ぷはっ!!」

ファットガム
「雛か!! 何しとん!?」

r_020


切島
「俺も先生庇おうとして飛び出しました 俺ならダメージねェと思って…!! そしたらファットに沈んじまって…」

ファットガム
「まァしゃーないわ!! それより気ィ張っとけ…」

そこへ八斎衆の一人が出現。

切島
(拳!! 砕けても知らねえぞ!!)

r_021


アンブレイカブルを発動し臨戦態勢をとる切島。
敵がファットガムと切島に猛烈な連打を浴びせてくる。

『ボボボボボ』

003



「俺は思うんだ、ケンカに銃や刃物は不粋だって 持ってたら誰でも勝てる、そういうのはケンカじゃない
その身に宿した力だけで殺し合うのが良いんだ…わかるかな」

ファットガム
「烈怒(レッド)ー…」

切島は吹っ飛ばされて壁に埋まってしまっている。

r_022


腕の硬化が解けてしまっている。

切島
「はっ! はっ!!」

r_023


ファットガムは敵にパンチするがバリアのようなもので阻まれてしまう。

ファットガム
(ハァ!? バリア!? 何やコレ!?)

そこへバリアを出した別の敵が出現。


「ファットガムと…身体を硬化できる少年…2人か…フム
2人とも防御が得意な個性だ 乱波よ、残念だったな」

乱波がファットガムにラッシュをしかける。

ファットガム
「ぐおっ ゲホッ」
(俺の脂肪でもここまでの衝撃が来るとは…まるで弾丸!!)」

乱波
「防御が得意? 受けきれてないぞ?
まァ、ミンチにならなかっただけでも充分…
…ん?」

r_024


ファットガム
(こいつら個性登録にはいなかった…外部の人間か 弾丸のような連打(ラッシュ)と防御(バリア)…こりゃ面倒な組み合わせやな…)


「我々は矛と盾 対してあっちは盾と盾」

乱波
「待て…ケンカにならないぞ? まいったな…」

r_025



「もっとも…そっちの少年は 盾と呼ぶにも半端なようだが…」

切島
「はっ…はっ…!っぐううう…!!
(割れた…!! 痛え!! 受け切れなかった!)」

爆豪の『倒れねーってのはクソ強ェだろ』という言葉を思い出す切島。

切島
(もう1回連打来たら…受けらんねェ…強くなれた気でいた!! ちくしょう…!!
俺はまた…)

r_026


ファットガム
「その状態(アンブレイカブル)解くな!! 心まで折れたらホンマに負けや!
ヴィラン退治はいかに早く戦意喪失させるかや!
こっちが先に喪失してどないすんねん!」


「我々に勝つつもりだ、やったな乱波」

乱波
「わかってくれたか、良いデブだ!」

ファットガム
「こんな三下とっとブッ飛ばして皆のとこ戻るぞ!!」

煽り
『ファットガムに勝算あり!!』

004


僕のヒーローアカデミア ネタバレ 143話に続く。

アニメ情報

005


最新記事

2017年06月22日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年06月23日 14:34
    • いつの間に時間との勝負になったんだっけ…
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年06月23日 01:10
    • 拘束した鉄砲玉をフクロにするものの何十秒の手間と最大戦力のサンイーター戦線離脱って損得釣り合ってるか?
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年06月22日 15:46
    • 頑張れ切島‼

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます