銀魂 ネタバレ 633話【画バレ 634話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 633話【画バレ 634話】

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂633話「遊び人と賢者は紙一重」のネタバレ画バレ。

─攘夷戦争時の回想─

煽り
『正義と不義を分つのは…』

焚火の周りに銀さん、桂、坂本、少し離れた岩の上に高杉がいる。

銀時
「勝てば官軍 負ければ賊軍? オイヅラ 俺達ゃ 賊でもねェし負けてもいねェのにいつまで賊軍なんてコケにされんだ どこまで勝ち続ければ官軍とやらに転職できんだ やっぱり悟りの書みたいな奴が必要なワケ」


「何を思い戦っていようと 国に仇なす者は皆賊軍と呼ばれる 天人どもを退け 幕府を転覆させ 新しき国をうち建てねば官軍にはなれんぞ」

銀時
「何その無理ゲー まだ魔王バラモスに転職する方が楽そうだよ」

坂本
「安心せい銀時 遊び人は悟りの書がなくてもレベル20で官軍になれるぜよ」

銀時
「それ賢者」

r_000

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



高杉
「官軍なんてのは国の言いなりのバカにつけられる仇名だろ それとも何か この中に国のために民のために戦うなんて 殊勝な奴がいたか」

銀時
「バカヤロー攘夷戦争の半分は優しさでできてんだよ 確かに一番ではない でもモテたい 八つ当たりしたいの次くらいに国を思う気持ちはあるよ」

高杉
「攘夷戦争ほぼガラクタでできてんだろうが
何と呼ばれようが構やしねェだろ 誰に理解されなくても 俺達のやろうとしている事は 俺達がしっている それで充分じゃねェか それにてめェらが官軍なんてガラか」

坂本を逆賊、桂を国賊、銀さんを賊軍と呼ぶ高杉。

高すぎ
「どいつもこいつもお似合いの仇名をつけてもらったじゃねェか」

銀時
「てめェは中2病だからお気に入りかもしんないよ
鬼兵隊なんて真顔で名乗れるセンスですから 俺には耐えられんね」

高杉
「鬼兵隊の何が悪いんだ」

銀時
「そんな恥ずかしい呼ばれ方する位なら俺は珍走団を名乗る方がマシだね」

高杉
「珍走してんのはてめェだけだろ」

坂本
「いやわしのチン◯もほとばしっとるぞ」

r_001


言い合いする3人に溜息をつく桂。


「…官軍か たとえ国がひっくりかえる日が来ても 俺達がそう呼ばれる事はなさそうだな 賊軍(きかんぼう)はどこまでいっても賊軍(きかんぼう)だ」

そう言って月を見上げる桂。

─回想終了─


突撃してくる突撃艇に銃を放つ解放軍のみなさん。

解放軍
「止めろォォ!! あの突撃艇を黙らせ……」

高すぎが次々と解放軍を屠っていく。

解放軍
「ひっ ひィイ!!」

r_002


剣幕で高杉が突撃命令を出す。

高杉
「鬼兵隊突撃ィィィ!!」

次々に鬼兵隊のモブが突入、解放軍を切り裂いていく。

坂本
「来よったぜよ 鬼兵隊(おにども)が…宇宙に乗り込んできよった 待たせてくれたのう だが…必ず来ると思うとったぞ高杉ィ!!」


「怖じ気づき宇宙の片隅で震えているかと思ったが この俺に斬られに戻ってきたか高杉ィ!!」

坂本、陸奥、桂、エリザベスも息を吹き返し攻勢に出る。

高杉
「構わねェぜ 先にてめェらとやったって どのみち宇宙中と大喧嘩しなきゃならねェんだ」


「国盗りの次は宇宙でも盗るつもりか!! 貴様のホラ癖は宇宙でも治らんらしい!!」

坂本
「この際じゃ その大ボラ 現実にしてもらおう 解放軍(アイツら)に滅ぼされるよりマシかもしれんぞ」


「ほざけ!!」

会話しながら無双する3人。

r_003


高杉
「へッ 国を盗るのも宇宙を盗るのも変わらんさ いくつ城を落としてもいくつ星を落としても 必ずあそこで アイツが立ち塞がる」

銀さんの後ろ姿の描写が入る。

高杉
「あの地球(ほし)にアイツがいる限り アイツを倒さねェ限り国も宇宙も盗れねェよ」

坂本
「なるほど じゃああのバカがいる限り地球は安泰 わしらは安心して暴れられるゆう事じゃな」

高杉
「違ェ 邪魔者のいねェ宇宙(ここ)なら俺達で盗れるってこった」

背中合わせになって構える高杉達。

r_004



「…やれやれこの期に及んではそれ程の覚悟がなければ…貴様の力をも借りるまでせねば勝機は掴めんという事か」

高杉
「……何だってやってやるさ あの地球で生まれた 全てを 希望も 絶望も」

松下村塾で過ごした日々、銀さんが松陽の首を刎ねた時の情景がフラッシュバックする。

高すぎ
「善も 悪も 仲間も 敵(かたき)も その全てをひきずり出してでも この戦争を止める あの男をブッ潰す
それが今 俺がここに生きている意味だ」

ドヤ顔の虚。

r_005


高杉
「松下村塾の弟子高杉晋助も 鬼兵隊総督高杉晋助も ここにいるよ この一戦に 俺の全てをぶつけてやらぁ」

ここへ来てさらに解放軍の増援が到着する。

紫雀
「増援か!! 地球の友よ急げ!! 敵の数は圧倒的だ 足を止めれば囲まれ押しつぶされるぞ!!」

高杉
「いけ」


「!」

高杉
「あのバカでけェ破壊兵器は俺が止める 大将首はてめェらにくれてやらぁ」


「お前…」

高杉
「ついでにこっちの大将にも頼まァ」

喜々
「!」

高杉
「よォ まだ首が繋がってるようで安心したぜ とんだ時に将軍に担ぎ上げて悪かったな おめーとは 裏切り 裏切られもしたが 安心しな コイツらは裏切らねェよ お前もこの国も 見捨てたりしねェよ
だから国(おまえら)も侍(コイツら)を…」

喜々
「高杉っ……」

大爆発が起き、爆風に身を屈める桂たち。

高杉は爆風をもろともせずに解放軍に斬りかかっていっていた。

高杉
「いけェェェ」

r_006


桂、坂本、陸奥、エリザベス、喜々が進軍。

r_007


喜々
(高杉
言わずとも私はしっている
この国が真の喜々に瀕した時家臣達の誰もが国を見捨て私を見捨て逃げ散っていった時この私に手を差し伸べたのは誰であったのかを
国に仇なし国賊と呼ばれながらそれでもこの国を護らんと戦ったのは誰であったのかを
そなたらは誰にもしられる事なき戦場で今も戦い続けていたのだな)

攘夷戦争時代の服装で並ぶ銀さんたちの描写。

r_008


喜々
「国に捨てられた者達よ この国は もう二度とそなたらを裏切らぬ もう二度と そなたらを見捨てぬ そなたらが戦うならば 最後まで国も共に戦おう そなたらがここで滅びるならば 国も共にここで滅ぼう
将軍徳川喜々は…錦の御旗はそなたらと共にここにあるぞ
もう誰にもそなたらを国賊とは言わせぬ 時代にとり残された負け犬とは言わせぬ
胸を張れ
そなたらこそは我が国の誇る正規の軍
官ぐ…」

桂は喜々の言葉を切る。


「賊軍でいい 俺達は それでいいのさ」

喜々
「…そうか そなたらをおさめるには足りぬ器であったな ならば私も そなたらと共に賊軍となろう この国…この地球(ほし)一つが そなたらと共に全宇宙に立ち向かう 賊軍だ」

敵を斬り伏せて行く高杉、坂本、桂、銀さんたち。

r_009


煽り
『もはや、言葉はいらない…!!』

銀魂 ネタバレ 634話に続く。

みんなの感想

最新記事


2017年05月02日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月04日 13:59
    • 俺の中の喜々株が急上昇してるんだが……。
      喜々ってこんなに格好いいキャラだったけか?
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月02日 23:05
    • ここは俺に任せて行けとか高杉順調に死亡フラグ立ててね?
      こんなとこでまさか死なないとは思うけどさ
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年05月02日 22:49
    • 5 高杉かっこよ杉

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます