キングダム ネタバレ 523話【ヤングジャンプ ネタバレ 画バレ 524話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

キングダム ネタバレ 523話【ヤングジャンプ ネタバレ 画バレ 524話】


週刊ヤングジャンプ連載中、キングダム最新話523話「秦軍右翼の刻」のネタバレ、画バレ(画像バレ)、確定。

煽り
『秦軍総大将・王翦の目が蒙恬の隠れた真価を鋭く捉える。
その勧誘に対し、蒙恬の答えは…!!?』

蒙恬からの回想で始まる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新(ランダム)記事



─蒙恬の回想─

王翦に強気な発言をする蒙恬。

蒙恬
「もたついたら主攻の座をうちがもらいますからね」

立ち去ろうとする蒙恬を引き止める王翦。

王翦
「……待て」

蒙恬に昇進のチャンス到来。

王翦
「見事に左の役目を果たした暁には我が側近として幕僚に加えてやってもよいぞ 蒙恬」

王翦の言葉に驚く麻鉱。

麻鉱
「!?」

蒙恬
「……笑えないな」

王翦の言葉を突っぱねる蒙恬。

王翦
「!」

麻鉱
「!」

「……小童…」

蒙恬は王賁?を推す。

蒙恬
「俺を入れるくらいなら…その前に入れるべき男がいるのではありませんか?
王翦将軍」

王翦
「! ……」

目を細める王翦。

r_003


─回想終了─


戦場を見つめる王賁。

煽り
『鋭き眼がつかんだ―…、』

土埃が舞い大軍勢が迫ってきていることが確認できる。

番陽
「賁様
いよいよ
趙左翼の姿が見えてきましたぞ」

煽り
『滅すべき大軍勢―。』

r_004


『趙軍 左翼 兵三万』

馬南慈、岳嬰達3人の将軍が会話をしている。

馬南慈
「……さて
ではまずは
この中で誰が一番槍を…」

岳嬰
「俺が行く」

省gん
「待て 槍使い 勝手だぞ」

岳嬰
「お前達のことをほとんど知らぬ
そんな奴等にこの戦場の第一刃を任せられるか」

r_006


将軍
「この巨躯に李牧様の副官という肩書きで馬南慈殿が十分只者ではないと察しがつくと思うが…」

岳嬰
「…そういうあんたはどこの馬の骨だと聞きたいが」

将軍
「……馬の骨とは厳しいな岳嬰殿」

r_007


馬南慈
「元趙三大天 藺相如が側近 趙峩龍殿だ
中央軍にいる尭雲殿と二人して長年王都圏の秩序を守られてきた影の英傑だ」

馬南慈の言葉にたじろぐ岳嬰。

岳嬰
(藺相如の側近…!?)

馬南慈
「つまり分かりやすく言えば同時期の元三大天 廉頗側近 四天王 介子坊・輪虎の類の男だということだ」

介子坊、輪虎を背景に凄まじいオーラを放つ趙峩龍。

r_008


押し黙る岳嬰。

岳嬰
「……」


『秦軍 右翼』
亜光軍の背後に控える玉鳳隊。

亜光軍 兵二万。
玉鳳隊 兵五千。

玉鳳隊にはまだ戦闘の指示が飛んできていない様子。

番陽
「どうなってる! 亜光軍は横陣を広げているのに玉鳳(うち)にはまだ何の指示も来てないぞ
関常 本当に亜光将軍から伝者が来るのか!?」

関常
「どなりなさんな そう聞いてる」

番陽
「じゃあなぜまだ来んのだ! 敵は見えておるのだぞ!」

関常
「知らん! どなるな!」

王賁が何かに気付く。

王賁
「!」

王賁達の元を訪れる亜光。

番陽
「あっ…亜光将軍!!」

亜光の登場に張り詰める空気。

王賁
「……」
(王翦軍第一将 亜光―)

亜光
「……作戦を伝えに参りました 若君」

一同
「!」
(作戦…)

関常
「……」
(若君と来たか)

r_009


玉鳳隊に下された指示は待機だった。

亜光
「開戦の激突は亜光軍が請け負います故玉鳳隊は横陣に入らず乱戦の場から離れ本来の持ち味を出す一撃必殺の遊撃隊に好機が来ましたら伝者を送ります故それまで待機を」

関常
「……」

王賁
「……誰の練った策だ」

亜光
「…私と王翦様です」

r_010


王賁
「愚策だ
今から練り直すぞ」

一同
「!?」

王賁の発言で怯える玉鳳隊。

玉鳳隊
(…うわ)

亜光が王賁を睨む。

亜光
「……愚策ではありませぬが」

王賁は自分の意見を真っ直ぐにぶつける。

王賁
「……
なぜ玉鳳を合戦の中へ入れぬ
はっきり言って今の玉鳳は一万の敵とも対等に戦う
兵力で劣る秦軍(こちら)は 玉鳳こそ中に入れて力の拮抗をはかって然るべきだ
玉鳳を横陣の左翼の組み込め 左から戦局を動かしてみせる」

r_011


亜光
「なりませぬ 若君
それでは初日から玉鳳の血が流れすぎます」

王賁はギリっと歯を噛みしめ怒号をとばす。

王賁
「妙な特別扱いをするなと言っておるのだ亜光!」

亜光
「!」

玉鳳隊
「!
……
賁様…」

王賁
「この状況で玉鳳を外に外すまっとうな理由などありはしない
それともお前と父はこの玉鳳隊に全くっ…」

王賁の態度に亜光も強く出る。

亜光
「うぬぼれなさるな若君!
誰もあなたを特別扱いなどしてはいない!」

r_012


亜光のオーラに気圧される玉鳳隊。

玉鳳隊
「!
……
…うっ」

亜光を睨む王賁。

王賁
「……」

亜光
「……それは無論
よくも悪くも双方の意味です」

玉鳳隊
「!?
!? よくも悪くも?」

番陽
「……」

王賁の心情を説明してくれる関常。

関常
「……」
(さすが亜光将軍 分かっておられる
父君 王翦様が策に関わったとするならこの場合若は本戦に加えられなかったことは傷つけぬための親心などとはとらず…期待されていないととる
その理由は……)

そこへ伝令が入って来る。

田r寧
「亜光様 敵の第一陣が動いて来ました!
お急ぎをっ!!」

亜光は去り際にもう一度王賁に言葉をのこす。

亜光
「今行く
……若君…」

r_013


亜光
「この開戦の時に亜光が自ら伝えにきた重みをくみとって頂きたい
玉鳳の力が必要な時 その力が半減していては戦術がそこで終わるのです
どうか時がくるまで冷静に」

王賁
「……」

亜光
「それに案じられずとも…この右の戦場は亜光軍・玉鳳隊共に死力を尽くさねば勝ちは見えてきませぬ」

亜光は王賁の前から去っていく。

亜光軍
「敵 およそ一万来ます」

亜光
「こちらも一万出せ!」

亜光軍
「あの旗の集まり…敵将も中にいる模様です」

亜光
「ならば俺も出る!」

r_014


玉鳳隊
「亜光軍が出たぞ」
「ぬっ!?」
「あっ 亜光将軍も中に入って出陣してるぞ」
「何ィ!?」

王賁
「……」

番陽
「何と…」

敵方は趙左翼の第一陣、岳嬰軍。
関常達が亜光と麻鉱について解説する。

関常
「亜光将軍は小細工を好まぬ武人です」

番陽
「関常」

宮康
「攻めは第二将 麻鉱将軍が強いと言われてるけど麻鉱はけっこう策を使う」

松琢
「あ 呼び捨て」

関常
「一方 亜光将軍は正面から堂々と思いきり敵にぶつかりに行く
兵も亜光の分身みたいな奴らしかいないので何の恐れも抱かず突き進む」

r_015


宮康
「はっきり言って亜光兵はマジでやばい連中ス
王翦軍いたころ何度か亜光軍の下につけられたけど」

松琢
「本当に悪夢だったな」

宮康
「あそこにはもう入りたくないス」

その話を聞いただけで戦慄する玉鳳隊。

r_016


玉鳳隊
「……」


岳嬰
「秦の犬共を串刺しにするぞ」

趙兵
「オオ」


玉鳳隊
「見ろ 趙兵側がさらに加速したぞ」
「いや亜光軍もだ」
「……ぶっ
ぶつかる
ぶつかるぞっ」

関常
「……父君に認めて頂きたいのならよく見ておくといい」

王賁
「……」

関常
「あれが」

r_017


関常
「父君王翦の最大の信頼を得る男 第一武将亜光です」

王賁達の目の前で敵兵を人形のように蹴散らす亜光。

煽り
『王翦軍随一の漢が戦場を駆け抜ける!!
知られざる王翦の懐刀のその武力や如何に―!!?』

キングダム ネタバレ 524話に続く。

みんなの感想

キングダムについての最新記事


2017年07月01日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月04日 21:37
    • アコウはコロッと逝って右翼の指揮権を王ホンが一時的に預かって右翼逆転勝利で親父に少しは認めらるって流れを予想。
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年07月02日 00:22
    • かっこよすぎやろアコウちゃん、そしてリンコポジの超ちゃんは若君の出世の養分になるのかな?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます