進撃の巨人 ネタバレ 96話【画バレ無し 97話】|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

進撃の巨人 ネタバレ 96話【画バレ無し 97話】


別冊少年マガジン連載中、進撃の巨人96話「」の最新話ネタバレ。
画バレ、画像の掲載はありません。


簡易

別冊マガジン表紙はエレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ。
今月は前話との2話収録。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


最新記事



ライナーを庇ってユミル巨人に食われたマルセル。

ライナー達は全速力で逃げ切る。

作戦失敗でマーレに帰還しようという話になるがライナーはそれを拒否。

アニ
「確かに…あんたはこのままじゃ帰れない
このままマーレに戻ればあんたはこの失態で鎧を剥奪され次の戦士に食われる
…私の知ったことじゃないけど」

しかしライナーはそれが自分だけだと言えるのかと言い返す。

アニ
「……は?」

驚いた表所を見せるベルトルト。

ライナー
「3人共逃げた責任を俺だけが問われるのか?
自分達だけは粛清されないと確信を持って言えるか?
それに…顎の回収も得策じゃない
そいつに顎の巨人を使って逃げられたりしたらどうするんだ?
あの走力じゃ車力の巨人でもない限り俺らの巨人じゃ捕まえられっこないだろ!?」

アニの顔にも恐怖がうつる。
顔が青ざめているベルトルト。

ベルトルト
「…そんなすぐに巨人の力が使えるもんか!」

ライナー
「お前はすぐに超大型を使いこなしただろうが!!」

ライナーの必死な叫びにビクッとするベルトルト。
顎を追って巨人の力を使い果たせば巨人に食われて終わり、このままマーレの停泊船に失態だけ持ち帰っても終わりだと叫ぶライナー。

自分達が故郷に帰るには始祖を獲得するしかないと言うライナー。

アニ
「何で…その冷静さの百分の一でも発揮してくれれば…さっきは顎も…マルセルも失わずに済んだのに
自分の身を守るためなら私達を脅すってわけ?」

しかし分からないだ俺はと返すライナー。

そんなライナーの顔面を思いきり蹴り上げるアニ。
マガトに全ての責任は自分にあると言えとブチギレるアニ。
ブチギレアニは倒れたライナーの顔面を何度も踏みつける。

アニ
「何が名誉マーレ人だ!!
選ばれし戦士だ!!
マーレもエルディアも全部クソッったれだ!!
全員嘘っ吐きで!! 自分の事しか考えてないくせに!!
私もそうだ!! 生きて帰んなきゃいけないんだよ!!」

ライナーは死ぬはずだった、悪いと思ってるなら罪を被って死ねとアニはライナーの顔面をさらに蹴る。
地面に転がるライナー、涙を浮かべているベルトルト。

気絶したかと思われたライナーであったが、白目をむきながら突如として立ち上がる。
アニの目にも涙が浮かんでいる。

ライナーは白目のままアニに飛びついてそのまま地面に押し倒す。

アニにチョークスリーパーを極めながらライナーは死んだと言うライナー。
これからは自分がマルセルになると血だらけのライナーが言う。

その光景をベルトルトが涙を流しながら見ている。

ベルトルト
「…もうやめてくれ…」

アニがバタバタと暴れるが放そうとしないライナー。

ライナー
「これが…俺達が故郷に帰る唯一の手段だ…」

ライナーにもうわかったからと言うベルトルト。
帰ろうみんなで故郷にと言うライナー。


アニが巨人化し、その首に縄をつけて乗るライナーとベルトルト。
そしてアニの叫びの能力で無知性巨人を大量に集める。

しかしアニの体力が尽きそうになり壁まで辿り着けそうにない。
本来は顎と交代で行くはずだった道のりを女型一人で進んでいるためアニはとっくに限界を迎えていた。

ここでベルトルトが壁を発見。
ライナーがアニと交代し巨人化。

予定より集まってきた巨人の数が多いと不安を覚えるライナー。
そしてついにライナー達はウォールマリアの前まで辿り着く。

ライナー達の作戦は巨人の侵入の混乱に乗じて住民に紛れ込み、フリッツ王の出方を見てから始祖への手掛かりを探るというもの。

ベルトルトが超大型巨人に変身。
巨人化したベルトルトとエレン、アルミン、ミカサの目が合う。
そしてベルトルトの蹴りがウォールマリアを破壊する。

しかしライナーとアニの元へ無知性巨人が殺到、腕を振るい退ける。
そしてベルトルトの元へ走るライナー。
が、巨人化を解いたベルトルトの元へダイナ巨人が迫っていた。
ベルトルト危うしと思われたがダイナ巨人はベルトルトを無視して壁の中へ入っていく。

ライナーがベルトルトを回収し、鎧のまま壁を登る。
壁の上まで辿り着きベルトルトとアニを下ろす。

ライナーは自分が戦士になりたかったこと、そして母の願いを叶え父を3人で幸せに一緒に暮らせると思っていたこと、そう望む父がどこにもいなかったこと、母が叶わない夢を見続けていること、自分は選ばれるはずのない戦士で今日死ぬはずだったことを独白する。


アニが目を覚ますとそこはトロスト区の住民がいるウォールローゼの避難所だった。
ライナーはベルトルトとアニを抱き寄せ謝罪する。
そして本当の戦士になると誓う。

そのすぐ近くには家族を亡くしたエレンとアルミンとミカサの姿があった。

ライナー達は壁の中の住民に紛れ込み情報を集め始める。
初期に出て来たライナー達の故郷が巨人に襲われた風の回想はこの時会ったおっさんの回想だった。

中央を仕切っているのは百年前フリッツに取り入った多人種系エルディア人。
その家に取り入ろうとするが手段がない。
アニはその家の男の嫁になるかと言うがベルトルトが全力で阻止。
男をたぶらかせるような魅力は自分にはないしとアニが言うと全力でそんなことないよとベルトルトが否定する。

ライナーは兵士になって中央憲兵に接近する方法を口にする。

ここまで来るのにライナー達は2年かかった。
アニが情報を集めライナー達は木を引っこ抜く土木作業していた。
そのためライナーの筋肉は発達した模様。

アニは残された10年を兵士ごっこに費やせというのかと否定的。
しかしライナーは人類の運命は自分達の手にかかっているんだとマーレの国が巨人に踏み潰されているところ思い浮かべる。
巨大な切り株を引っこ抜くライナー。

ライナー
「それが! 俺達がここにいる意味なんだってな!」

そして訓練兵になるライナー達。
教官に「貴様らは何しにここに来た!?」と問われ「人類を救うためです」と一番に答えるライナー。

煽り
『その決意、固くエレンらを滅ぼさんとする』

【進撃の巨人】ネタバレ 97話に続く。


最新記事


2017年08月04日| |コメント:6Edit

コメント一覧

    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月09日 02:06
    • 過去編やっと終わったな
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月05日 10:28
    • ※4アスぺ乙
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月05日 09:53
    • やっぱマーレについてるエルディア人は殲滅しないとダメだな
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月05日 04:45
    • よく話が練られてるし、淡々としてる。好きな話の進め方。
      殺し合いしてて、問題が片付いてないのに抱き合って、世界が悪いなんて問題ぶん投げられたら、しらける。妥協できない殺し合いしかできないこともある
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月05日 01:37
    • 話が!!全く!! 進まない!!!
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2017年08月05日 00:23
    • 始祖の巨人の洗脳は純潔エルディア人ほど効く訳か
      だから東洋人や多人種系には効かない訳ね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます