【ナルト】ホモっぽい迷言集と珍場面集を集めてみた|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

【ナルト】ホモっぽい迷言集と珍場面集を集めてみた

7 :ナルトネタバレ速報
■うずまきナルトの原作迷言集■

サスケ「オレはお前とも闘いたい」→ナルト「ドキン」
「オレはお前を…大蛇丸なんかに取られたくねーんだってばよ…」
「お前は大蛇丸なんかにゃやらねーってばよ!」
「何だこの気持ち…下腹のあたりがキュンとする
「それにゾクゾクする
「サスケ!お前は大蛇丸なんかにゃやらねーってばよ!」

―――――ここから2部―――――
「サスケの方がカッコイイ……じゃなかった…マシだってばよ!」
→ナルト「ちょっとじゃねーってばよ! サスケの方がぜんっぜんマシだってばよ!!」
「オレの前で自分のものみてーにサスケの名を口にすんじゃねーってばよ!!」
「オレは大蛇丸からサスケを奪い返してやるんだってばよ!」
脳内妄想で後ろを向くサスケに対して「待てって…待ってくれ……サスケェ…」
大蛇丸に「お前を倒してサスケを連れ帰る!」
寝る前に昔を思い出して「…サスケ…」
「オレってばサスケとの相性良かったんだな…」
「サスケェ!!!!」「もう逃がさねーぞ!
サスケに一方的に「お前の憎しみを背負って死んでやる」
サスケ始末決定→ 「冷静になんてなれっかよ!」
「サスケに手なんか出させねェ!」
「お前の憎しみを受けてやれんのはオレしかいねェ!その役目はオレにしかできねェ!
オレもお前の憎しみ背負って一緒に死んでやる!」



8 :ナルトネタバレ速報
◇◇迷言&チン場面集◇◇

■ 一部 ■

◆何故かサスケの生態を把握済みのナルト
ナルト「…サスケがスキ見せんのは飯食ってる時だけだ…」
サスケ「ぬおおお!」「てめェ…ナルトだな!!」
ナルト「くそ!!おとなしく…」 ドタドタバタ  しー…ん
これまでも何度もサスケをストーキングし襲っていた模様

◆サクラの「サスケくんただ一人にみとめてもらいたいだけ」を聞いて
「サスケ君だけにみとめてもらいたい。そのためならなんだってやるよ」
と言ったサクラに禿同的な流れで
ナルト「サクラちゃんをなんで好きなのか…今やっと分かった気がする」
惹かれたのは推しメン一致の仲間意識 。ほんとの自分の気持ちに気づいた瞬間

◆白からナルトを庇って仮死状態のサスケに九尾化
「ゆるさねえ…殺してやる!!!」

◆中忍試験開始前、我愛羅とリーに絡まれるサスケを見て
「どいつもこいつもサスケサスケってうるせーーってばよ!!」

◆第三試験開始前
サスケ「オレはお前とも闘いたい…」→ナルト「ドキン」

◆病院の屋上対決前
「何だ…この気持ち 下腹の辺りがキュンとする」「それに・・・ゾクゾクする」

◆君麻呂にサスケを器にする話を聞いて九尾化
「サスケは絶対渡さねェ…」




9 :ナルトネタバレ速報
■終末の谷■

「お前ボッコボコにして引きずってでも連れ帰る!!」

◆幼年期からのサスケとの繋がりを回想して
「オレってばホントはお前みたいになりたかったんだ」
「お前はオレの憧れだったんだ」

◆サスケに刺されながら
「オレはお前を大蛇丸なんかに取られたくねーんだってばよ」

◆サスケの手首折って九尾化
「サスケ!お前は大蛇丸なんかにゃやらねーてばよ!」
「オレがお前の手足の骨全部折ってでも止めてやらぁ!!」
サスケ「お前は一体…何なんだ…?」
ナルト「友達だ」 サスケ唖然
   「だからお前を大蛇丸なんかにゃやらねーって言ってんだ!」
   「…だからお前の手足折ってでも止めるって言ってんだ!」

◆サスケを動けないように押さえつけて
「いい加減目が覚めたかよ!」
「まだ覚めねってんなら本当にバキバキにして動けねーようにして連れてくぞ!!」

サスケ「初めから独りっきりだったてめーに!! オレの何がわかるんだってんだ!!!」
ナルト「分かんねェ…けど想像して思うんだ…」
   「…お前といる時…兄弟ってこんな感じかなぁ…ってよ…」
サスケ「何でそこまでしてオレに…」
ナルト「やっとできた繋がりなんだ」



10 :ナルトネタバレ速報
■ 二部 ■

◆サイ加入
「サスケの方がカッコイイ……じゃなかった…マシだってばよ!」
「ちょっとじゃねーてばよ! サスケの方がぜんっぜんマシだってばよ!!」
◆サイの挑発に
「その仲間を救う為ならなんだってやるさ」「お前とだって組んでやる」

◆天地橋で大蛇丸を見るなり九尾化し
ナルト「………サスケを…返せ……」
カブト「返せは無いだろズレてるよそれ」
「サスケ君は望んで我々の元へ来たんだ。男のくせに未練たらしいね
カブト、ナイス突っ込み

◆大蛇丸「私のサスケ君」
ナルト尻尾3本「てめーのもんじゃねェ…」
「オレの前で自分のものみてーにサスケの名を口にすんじゃねーってばよ!!」

◆精神世界でサスケの後姿を追いかけ
「待ってって…待ってくれ……サスケェ…」→九尾の檻へ入りさらに暴走

◆サイに何故サスケを連れ戻したいのか聞かれ
「サスケはオレの友達だから…やっとできた大切なつながりだから…」
「腕がもがれりゃケリ殺す 脚がもがれりゃ噛み殺す 首がもがれりゃニラみ殺す
 目がもがれりゃ呪い殺す」(笑顔で)
「たとえバラバラにされようがオレは大蛇丸からサスケを奪い返してやるんだってばよ!」

◆サスケに逃げられ
「オレは……弱えェ……」みんなの前で突っ伏して泣く

◆性質変化でサスケの雷に強いと言われ
「…オレってばサスケとの相性良かったんだな…」



11 :ナルトネタバレ速報
◆サスケを探してイタチに遭遇
イタチ「何故そこまで弟にこだわる?」
ナルト「少なくともお前なんかより…アイツのこと兄弟だと思ってるからだ!!!」

◆影分身ナルト「サスケェ!!!!」
サスケ無言で千鳥「ナルトか…うっとうしい奴だ」
ナルト本体「もう逃がさねーぞ!サスケ!!」

◆兄弟戦後サスケに会えず夜ベットで
「お前 いま…どうしてんだサスケ……無事だよな…?」

◆ダンゾウがサスケ始末許可
「冷静になんてなれっかよ!サスケに手なんか出させねェ!」

◆オモイとカルイにサスケの情報を聞かれて
「サスケを売るなんて事はできねェ」
「気の済むまでオレをぶん殴ってくれ オレにはそれぐらいしか…」

◆雷影に泣きながら土下座してサスケの助命嘆願
「オレはサスケを許してもらえるよう説得する!」
「サスケもそいつに利用されてるだけだってばよ」

◆雷影に説教された後宿でゴロゴロしながら
「サスケ…お前は今どこに居て…何を考えてんだ?」

◆仮面マダラにイタチとサスケの話を聞いて
「お前がサスケをそんな風にしたのか!?」
「サスケはおめーのオモチャじゃねェー!!」

◆サクラ嘘告白&サスケを連れ戻す約束はもういい
「サクラちゃんとの約束がなくなっても関係ねーよ」
「オレはオレ自身でサスケを助けたいと思ってる」



12 :ナルトネタバレ速報
■二部 サスケと再会■

「お前みたく強くてかっこよくなりたくてずっとお前の後を追いかけてた」
「オレもお前の憎しみ背負って一緒に死んでやる!」

サスケ「何でオレにそこまでこだわる!?」
ナルト「友達だからだ!!」
「もし行き着くところまで行ってお互い死んだとしても…うちはでもなく九尾の
 人柱力でもなくなってよ 何も背負わなくなりゃあの世で本当に分かり合えら!」
サスケ「死ぬのはお前だ」

◆穢土転生イタチと
イタチ「サスケはお前にまかせる」
ナルト「ハナからそのつもりだ!」
イタチ「…やはりお前に託して正解だった…」
ナルト「信頼してくれてありがとう もう心配ばかりしなくていい…」
   「後はオレに任せてくれ」
イタチ「…弟はお前のような友を持てて幸せ者だ」



13 :ナルトネタバレ速報
■作者&製作側の迷言集■

岸本
「サスケは子供で流し目の二枚目キャラ」
「二部サスケには艶を求めた」
ナルトはサスケに片想い
「無償の兄弟愛―それがこの物語の主題です」 サスケイタチ戦について
「ナルトを描くときはいつも頭の片隅にサスケを置いている(対比的な意味で)」
ブロマンス質問に対しての岸本の発言
「確かに、そういった要素はありますよね。
かつては親友だったのに宿敵となってしまったサスケとナルトの関係はまさにブロマンスで、
あの2人はやはり特別です。」

映画脚本家
二人の関係は友情なのかと考えると違う気がする

バイマイサイドEDの演出
「サスケの助けを呼ぶ声は幻想かもしれない、最期に手をつなげないかもしれない
それでも、ナルトには抱きしめるしか道はないと信じて進んでほしいと、
自分に出来なかった願望をこめて、作りました。」
泣きながら作ったらしい



17 :ナルトネタバレ速報
まとめて読むとより怖いな



20 :ナルトネタバレ速報
エロい設定だなあ



21 :ナルトネタバレ速報
つまりサスケはナルトが言ったように愛情深く感受性強いツンヤンデレ
愛のために弱冠13歳で命を投げ出せる振り切れっぷり
顔よし、強し、いさぎよし
これはモテるだろ

つーわけで、やっぱりナルトはサクラと押しメン一致の萌え友達



25 :ナルトネタバレ速報
いや…即座にネジの死から立ち直って
ずっと掲げてきた自らの忍道を放棄し
すぐさま新しい方針で自己正当化してきたのはさすがだと思った
あれは王道主人公とは違う



28 :ナルトネタバレ速報
やべえナルトの忍道全く思い出せねぇw
そういえばサスケを木の葉に取り戻す以外になんかあったよーな

2013年04月09日| |コメント:11Edit

コメント一覧

    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2016年06月18日 12:53
    • ※9
      お前童貞だろw
    • 10.
    • 2014年06月22日 00:05
    • お色気の術の後遺症かな?
    • 9.
    • 2014年06月15日 02:54
    • そんな大事な人なら手足ボキボキに折ったりできませんよ
      相手の気持ちなんかお構いなしで一方的
      これは愛なんかじゃなく狂気
      平たく言えばストーカー
    • 8. 名無し
    • 2014年03月17日 21:29
    • 上に賛成
      それはよく分かる
      皆さんそういう人いるでしょうよ
    • 7. 名無し
    • 2014年02月18日 19:06
    • 好きとかじゃないけど近くにいて安心する同性の友達とかいるじゃん?
      ナルトにとってきっとサスケは近くにいてほしい存在なんだよ、たぶん
    • 6.
    • 2014年02月10日 15:10
    • ナルトにとってサスケは
      子供の頃は憧れの自分、闇落ちしたサスケもナルト自身(一歩間違えば闇落ちしたのはナルト)
      サスケは鏡に映した自分、恋愛ではないけど愛に賛成です。
    • 5.
    • 2014年02月04日 18:57
    • 良質ではないと思う…w
      単体の兄弟愛でも恋愛でもない、何の愛なのかよく分からないが
      とりあえず愛なのは確かか
    • 4.
    • 2013年11月18日 21:01
    • 本当にサスケのことを思ってるならイタチが
      「別天神でサスケに幻術かけて木の葉の里を守らせる」
      って言ったことに対してナルトが何も言わないのはないだろ
      イタチもナルトもサスケの意思をまったくこれっぽっちも考えてない
      イタチはそのことに自分で気づいたけどナルトは完全スルー
      大切に思ってるっていうのとは違うんだよなあ…
      なんかナルトは失った半身=サスケを取り戻そうとしているように見える
    • 3. 加藤
    • 2013年07月31日 16:22
    • ナルト「サスケさえいれば木の葉なんかどうにでもなれ」
    • 2.
    • 2013年07月06日 00:51
    • サスケは特別なんだろ
      でもホモとかそういうんじゃなくて大親友みたいな立ち位置
      イタチが他の誰でもなくサスケを誰よりも大切に思っていたように、
      ナルトもサスケをある意味、唯一の兄貴みたいに思ってんじゃねーか
      ただのライバルキャラだとか、好敵手とか親友とかだけじゃなくて
      もっと運命的で、唯一の相手というか「サスケだから」こんなに大切に思ってるんじゃね
      ただし恋愛要素は無し
      どっちかっていうと良質な兄弟愛に近い
      兄弟いる奴ならなんとなく分かると思うんだけどな
    • 1.
    • 2013年06月08日 22:33
    • ナルト名言集~絆~では
      恋愛感情としてではなく兄弟愛的な感じで見てください
      みたいな事が書いてあったから
      ホモではない
      でもホモっぽいんだよなぁ…
      なんとかサクラとヒナタで中和してる感じだよな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます