弱虫ペダル315話「落ちる坂道」のネタバレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

弱虫ペダル315話「落ちる坂道」のネタバレ

週刊少年チャンピオン掲載、弱虫ペダル315話「落ちる坂道」のネタバレです。


315話のメインは小野田。
今年もインハイ優勝への壁は箱根学園。
その壁を越えるため巻島の「ショ」という口癖を真似して
テンションを上げる小野田、今泉、手嶋、鳴子達。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小野田
「突破するしかないショですね」

今泉
「突破するしかないショだ小野田」

手嶋
「ショだよ」

鳴子
「ショや」

小野田は普段教室でもショって言っていると今泉に指摘される。
そんな子供っぽい雰囲気を漂わせる総北に「やつら 何だ塔一郎」と
黒田は泉田に聞く。

小野田が総北のムードメーカーで、この空気を作り出していると言う泉田。
泉田は小野田の主人公補正(チート)を恐れているのではなく
チームの雰囲気を良くする力を警戒している模様。

しかし黒田は小野田はそこまでのオーラがあるようには見えないと指摘する。
銅橋も小野田が前インハイで買ったのもマグレだと力説していたしと
付け加える黒田。

まず泉田は総北の鍵である小野田をレースから消すことを先決する。
ここで銅橋、鏑木、青八木スプリント組が合流。
銅橋を迎え入れる葦木場。
鏑木が負けたことをからかう(励ます)鳴子と今泉。
そんな二人に他のみんなは優しかったですよとこぼす鏑木。

手嶋は小野田になるべくおれ達から離れるなとオーダーを出す。
手嶋はいち早く気付いていた。
箱根学園は加速して後続を引き離していたように見えて実は
それはフェイク。
気付かれないようにスピートをコントロールして後続の集団を
引き入れていた。

初心者小野田は集団に慣れていないと判断した泉田は小野田を
消すため後続の集団に落とすというのが泉田の策だった。
泉田の策にまんまとハマリ集団に飲まれる総北。

集団の中に入った小野田はモブ達に引っ付かれるという
真のスポーツマンシップ攻撃を受ける。
しかし小野田はそれもスポーツの歴とした戦術であることを
理解していなく、危ないからもう少し離れてくれませんか?と
モブに頼む。

モブ
「悪いな わざとやってるんだ」

小野田またもや完全に孤立。

またこの展開かよっw
小野田さんのチートを今年もまた見せつけられるんですね。
てか手嶋とか今泉とか鳴子は小野田に集団でのポジション争いとか
教えてあげてなかったのか・・・。

そんな小野田にゼッケン1の本当のプレッシャーを始めて体験するだろう、
と思わせぶりな発言をする手嶋。
泉田は「悠人を出すまでもなさそうだな」と気を抜いてしまっている。

この調子だと今年の箱根学園も小野田にやられそうです。
小野田を要注意人物としておきながらやはり油断してるかんじが
しますね。

弱虫ペダル316話へと続く。

2014年10月15日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます