銀魂 517話「それぞれの侍」のネタバレ画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 517話「それぞれの侍」のネタバレ画バレ

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂517話「それぞれの侍」 のネタバレ画バレ。

銀魂 517話のネタバレ画バレ1


銀魂 517話のネタバレ画バレ2


銀魂 517話のネタバレ画バレ3

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ネタバレ:
・場面は前回ラストのチビ銀さんが松陽先生に連れていかれるところから
 始まる。
 松下村塾(しょうかそんじゅく)、吉田松陽。

・銀さんと高杉は引き続き激しい戦いを繰り広げている。
 高杉が銀さんを吹っ飛ばし倒れたところへ突きを放つ。
 手でガードした銀さんの左手首を刀が貫通して負傷。
 高杉も左肩を木刀で斬られ負傷。
 お互いは顔を見合わせて笑う。

・子供時代の回想。
 高杉は銀さんのいる松下村塾へ道場破りを決行する。
 しかし簡単に銀さんに敗北してしまう。

・高杉は本当は松陽先生と試合をやりたかったらしい。
 松陽先生は勝者が得るものは自己満足と慢心くらいなもの、
 敗者はそんなものより意義なもを得られると高杉に説く。

・銀さんは生き残るために強くならざるを得なかった特殊な子供だから
 負けても恥じることはないと言う松陽先生。

高杉
「あれもアンタが拾ったのか」

松陽先生
「さあ私が拾ったのか私が拾われたのか
 今じゃよくわかりません」

・高杉はあんなガキ達を集めて手習いや剣を教えて侍になれるとでも思っているのか、
 と松陽先生に聞く。
 どうなるんでしょう、わたしも楽しみですと松陽先生は返す。

・松陽先生の武士道は主君に忠義を尽くすだけが侍ではなく、
 弱き己を律して強き己に近づこうとする意志、
 自分なりの美意識に沿って精進する志をさす。

・松陽先生の武士道からすると高杉も自分の意志で道場破りに来たため
 立派な侍だと松陽先生は言う。

・松陽先生と高杉の会話が気になり盗み聴きしている銀さん、
 外から様子を伺っている桂。
 銀さんと目が合い立ち去る桂。

・松陽先生は君は君の思う侍になればいいという言葉を送る。

・その日から高杉は顔中アザだらけになりながらも何度も銀さんへ挑戦する。
 講武館でも他の子供にヒソヒソ話されたり、親に一族の面汚しと言われ
 ご飯まで抜かれるという逆境に立たされながらも銀さんに挑み続ける高杉。

・神社で1人でいる高杉の元へツナマヨおにぎりを持って現れる桂。


「何か見つかったのか?」

高杉
「何も・・・ただ
 俺が弱いことはわかった 俺より強い奴が山ほどいるのはわかった
 ならせめてあいつらより強い侍になりてぇ」

・そして高杉は突きで銀さんから一本を取る。
 松下塾の門下生は歓声を上がる。

・銀さんは道場破りされたことと、無敗神話が崩れたことに怒る。
 そんな銀さんに笑顔でおにぎりを見せみんなで握ろうと言う桂。

・銀さんは得体の知れない奴が握ったおにぎりなんか食えるかと言うが、
 握るだけだと桂は言う。
 しかし松陽先生はすでに食べてしまい、それをみんなで笑う。
 そして高杉にも笑顔が。

・銀さんと高杉は互いに一閃。

高杉
「強ぇな やっぱりお前は 銀時」

 銀さんの左肩から大量の血が吹き出し崩れ落ちる。
 それを見て笑みを浮かべる高杉。

銀魂518話に続く。

2014年11月07日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しのユーザー
    • 2014年11月08日 17:46
    • いつもの見下し笑顔とは違うように見える
    • 1. 名無しのユーザー
    • 2014年11月08日 13:01
    • 高杉ええ笑顔や

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます